• « 2017·05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2017’05.25・Thu

所要がてら小旅行

宮城県に所要があって行ってきたのですが、折角ですので温泉でゆっくりしようと、鳴子温泉に1泊したのです。
ホテルにチェックインする前に、散策がてら鳴子ダムに行ってみました。
目当ては最近ちょっとホットなダムカード(笑)。
鳴子ダムまでは駅から4km程度。
経由するバスがすぐ出るそうなので、行きはバス、帰りは歩いて(下りだし)帰ってくることにしました。

バスに乗り、12分位で、もうダムに到着(下写真3枚)。

IMG17051700.jpg
IMG17051701.jpg
IMG17051702.jpg

この鳴子ダムは昭和16年に計画立案、昭和27年に着工、その5年後の昭和32年に完成。
日本で初めての日本人の技術者だけで作ったアーチ式ダムなのだそうです。

まずは、ここよりさらに上にあるダム管理所に寄って、色々な資料をゲット。
そして目当てのダムカードも無事ゲットです(笑)。v(^^)v (下写真2枚)

IMG17051703.jpg
IMG17051708.jpg


ダムに降りて、アーチの中央から、下流→ダム直下へとパン・ダウン(下写真3枚)。

IMG17051706.jpg
IMG17051705.jpg
IMG17051704.jpg


そして、反対側のダム湖側(下写真)

IMG17051707.jpg

ダムの方式は、アーチ式、重力式、ロックフィル型など色々あるけれど、やっぱりアーチ式が一番美しいゾ♪

さて翌日、ホテルをチェックアウトし、東京に帰るには古川駅から新幹線に乗るのですが、この古川駅から北6.5kmの所に化女沼という沼があり、今は廃墟となった化女沼レジャーランドがあるのです。
この廃レジャーランドは廃墟マニアの聖地とも呼ばれる所。
鳴子温泉で湯泉楼という廃ホテルも見たことだし(勿論許可なく立ち入りは出来ないので外観だけ)、これはぜひ立ち寄って見なければなりませんナ。
・・・えっ? はい、廃墟マニアでもありますナ(爆)。

車なのであっという間に着きました。
これが化女沼の廃レジャーランド(下写真)。
youtubeでは何度も見たけれど、実物は初めて見ます。
勿論、関係者以外立ち入り禁止なので、外から見るだけです。
うーん、廃墟はいい!
色々な人の思いを幾重にも重ねながら、この終わった感が何とも言えないのです。

IMG17051800.jpg


古川は丁度、藤の季節。
通常の藤と白い藤が隣り合った見事な藤棚がありました(下写真)。

IMG17051801.jpg

初めて見ましたが、白い藤も随分綺麗なものですね。
でもこれが沢山増えると、藤色という概念が紛らわしくなるかな(笑)

そうそう、後で調べていたら、化女沼にも小さなゾーン型アースフィルダムがあって、ダムカードもあったようなのです。
廃レジャーランドばかりに気を取られて、気づきませんでした。残念!!!
又の機会には忘れずにゲットしなくちゃ。(^^;ゞ

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2017’05.23・Tue

随分遅れたけど、やっとトマト&ペッパー類を水耕容器に定植

少し別件で忙しいこともあるけれど、今年はどうにもこうにもテンションが上がらず、ブログ更新も途絶えがち、育苗中の苗だってずっと放置のままで、とっくに定植時期を過ぎています。
定植は土耕なら、手を抜けば取りあえず植えるだけだけれど、水耕栽培はまず容器作りからなので、テンションが上がらないとなかなか取り掛かれないのですナ。(^^;ゞ
初期成長の遅いペッパー類でも、この時期まで放置したら流石に大苗になり、トマト類苗だってもうしっかり蕾が着いて、これ以上放置したら、今年のベランダ菜園は休園になってしまいそう。
止む無く、重い腰を上げてまずはPETボトル水耕容器を10個作成し、ペッパー類苗をセットしました(下写真)。・・・5/13日

PETボトル水耕容器の詳細な作り方は過去の記事で見ることが出来ます。
  PETボトル水耕容器製作と苗セット

IMG17051301.jpg


ペッパー類の定植は例年から1ヶ月程の遅れです。
今年のラインナップは、フィッシュ(Pepper Fish)、カイエンペッパー(Cayenne pepper)×2、チレ・アルボル(Chile de Arbol)×2、島唐辛子、鷹の爪、ハラペーニョ(chile Jalapeño)×2、ハバネーロ(chile habanero)の7種10株。

水耕容器にセット直後は根がまだ新しい環境に適用していないので、日差しの強い外に出したら、すぐシオシオになってしまいます。
室内に6日程置いて新しい培地に少し根張りさせた後に、いつものベランダの南東コーナーにセットしました(下写真)。・・・5/19日

IMG17051900.jpg


さて、こちらはトマトの方。
トマトの水耕容器はずっと使いまわしで、消耗品(培地、給水布、内張り袋等)を取り替え、傷んだ所をリペアーするだけなので、新たに作るよりはずっと楽だけれど、大きいし、個数もあるのでそれなりに大変です。
使いまわしと言っても、もう今年で9年目の使いまわし。
騙し騙し、何とかなるもんですナ(笑)。
今年の水耕容器仕様も2011年度の仕様。
2013年からずっと2011年度仕様を採用していて、この形式が私の中の一つの完成形となっています。
これまでの我が家のトマト水耕容器の作り方は以下の過去記事に掲載しています

  2008年度:バケツ水耕シシリアンルージュ
  2009年度:トマト水耕栽培容器の製作
  2010年度:2010年水耕容器製作とトマト苗セット
  2011年度:2011年水耕容器製作とトマト苗セット
  2012年度:2012年度水耕容器製作とトマト苗セット

例年は5株栽培していたけれど、今年は4株で、レッド系のコストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)とサンマルツァーノ(San Marzano)、緑系のエバグリーン(Evergreen)、白系のグレイトホワイト(Great White)というラインナップ。
こちらも室内で3日程置いた後、ベランダにセットしました(下写真)。・・・5/19日
例年からは大幅遅れになってしまったけれど、元々我が家は秋冬トマトがメインなので、春夏は諦めます(笑)

IMG17051902.jpg


定植前から着いていた蕾はしっかりした蕾だけれど、新しい培地で未だ根張りが十分ではないので、着果したらラッキーかな(下写真)

IMG17052200.jpg

テンションが低いなりに、一応今年の水耕栽培もスタートです。(^^;ゞ

さて、そのベランダに聞きなれない小鳥の声がするので、出てみたらコゲラの雛がいたのです(下写真)。

IMG17052201.jpg

まだあまり飛べないようで、近づいても逃げません。
親を呼んで鳴いていて、親鳥の声も近くでしてますから、心配して近くに来ているようです。
余りにも可愛いものだから手に取って撫でてやりたいけれど、親鳥がそれを見て諦めて去ってしまったら、この子は多分生きていけない筈。
触るのは我慢をして、写真だけ撮ってそのまま隠れて観察。
程なく親鳥が来て、無事一緒に帰って行きました。(^^)v

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2017’04.27・Thu

続48・野のキノコ

常々キノコに詳しくなりたいと思っているので、それが食べられるキノコであろうと、食べられないキノコであろうと、散策に見かけたキノコは写真を撮って、知らないキノコなら後でNETや図鑑で調べ、できるだけ何のキノコであるか推定をしています。
時々は山菜も加わります。
勿論まだ知識不足ですから、推定できなかったり、推定間違いだったりすることも多い筈です。
掲載したキノコや山菜のそんなケースで、正しい名前をお判りの方がおられましたら、ぜひにも教えて頂けると大変嬉しいのです。・・・宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
なお、この記事で食べられる、又は食べたと掲載したキノコや山菜の安全を保障するものではありません。
特にキノコは食菌と知られていても、人によっては中毒を起こしたりすることもあります。
野のキノコや山菜を食べて楽しむのはあくまで自己責任でお願いいたします。
※全ての写真は、クリックすればより大きなサイズでご覧になれます。
このシリーズの前回はこちら



3/24日
トガリアミガサタケが出始まったとの声も聞こえてきたこの時期、私の周りではキノコらしいキノコはまだ欠片もない状態。
全くキノコらしくは無いけれど、雑木林の枯れ枝の表面をルーペでよく見たら、直径1~1.5mm位のこんなキノコがありました(下写真)。
これは多分、スティクティス科クリプトディスクス属ロパロイデスCryptodiscus rhopaloides Sate)か・・・な
属名Cryptodiscus(クリプトディスクス)の意味は、ラテン語で、Crypto-(隠れた)+discus(円盤)。
成程ね!ただの枯れ枝もルーペで良く見たら、こんな円盤が隠れていたって訳です。
種小名rhopaloides(ロパロイデス)の意味は、rhopalo-(棍棒の)+-oides(~に似ている)。
それが由来かどうかは判らないけれど、上から見たらラッパ型も、横から見ると確かに棍棒型ではあります。

IMG17032402.jpg


こちらは5~10mm位で、シジミタケ科 シジミタケ属クロゲシジミタケResupinatus trichotis (Pers.) Sing.)(下写真)
属名Resupinatus(レスピナトゥス)はラテン語で「背着性の」の意味。実際裏面(ヒダ面)を上にしています。
種小名trichotis(トリコティス)は「毛の」の意味で表面は毛が生えています。

IMG17032401.jpg


ちょっと下がっている針の長さが短いけれど、これは多分シワタケ科アカギンコウヤクタケ属サガリハリタケRadulodon copelandii (Pat.) N. Maek. )(下写真)
属名Radulodon(ラドゥロドン)の意味は・・・多分ラテン語で、Radula(ヤスリ)+-odon(~の歯)
種小名copelandii(コペランディイ)はアメリカの生物学者Copeland, Herbert F.氏への献名

IMG17032400.jpg

キノコらしいキノコが無い時こそ、こんな地味なキノコに目を向ける数少ない機会です(笑)。



4/1日
桜も少し咲き始めたけれど、通常のアミガサタケより先に出るトガリアミガサタケも全く出ないのです。(^^;ゞ
こちらはディプロシスティス科ツチグリ属ツチグリAstraeus sp.又はAstraeus hygrometricus [non (Pers.) Morgan] sensu auct. jap.)(下写真)。
和名のツチグリは、従来はAstraeus hygrometricus (Pers.) Morganとされていたのだけれど、DNA解析の結果それとは違うことが判ったものだから、ツチグリ属の不明種(Astraeus sp.)とするか、又は日本の著者が使っている意味( sensu auct. jap.)でのAstraeus hygrometricusであって、Astraeus hygrometricus (Pers.) Morganではないよってことですナ。

IMG17040100.jpg


こちらはカンゾウタケ科ヌルデタケ属ヌルデタケPorodisculus pendulus (Fr.) Murrill (1907))(下写真)
属名Porodisculus(ポロディスクルス)はPorodiscusの愛称で、ギリシャ語で「気孔、細孔のある輪」。
種小名pendulus(ペンドゥルス)はラテン語で「下垂した」の意味で、実際少し下方を向きます

IMG17040101.jpg


これはヒメキクラゲ科ヒメキクラゲ属タマキクラゲExidia uvapassa Lloyd (1918))(下写真)
属名Exidia(エクシディア)は「滲み出る」の意味。
種小名uvapassa(ウウァパッサ)はラテン語でレーズン(Uva Passa)の意味と思われますが、確かに干しブドウのような外観ですからこの意味で妥当でしょう。
こちらは一応食菌だけれど、大抵の人はまず食べない・・・かな。

IMG17040102.jpg




4/10日
昨年はこの日が年初のアミガサタケとハルシメジだったなあと(この記事)気が付き、マイスポットを回ったけれど、全く出ていません。
でも土筆が出ていたので代わりに採取してきました(下写真)。

IMG17041000.jpg


早速、袴を取って夕食に土筆のキンピラと(下写真)、

IMG17041001.jpg


土筆の卵とじに(下写真)

IMG17041002.jpg

年初の土筆、このほろ苦さが如何にも春の味でたまりません♪



4/18日
何だか今年のキノコは異常です。
ハルシメジもアミガサタケも全く出る気配がありません。
代わりにようやく出始めたイタドリを採取してきました(下写真)。

IMG17041800.jpg


皮を剥いて一晩水にさらし、炒め煮に (レシピはこちら)(下写真)
イタドリって抜群に美味しいんですよ。
もともと持っている特有の酸味とシャキシャキっとした歯ざわりが実にいい。
でも美味しく食べるにはコツがあって、それは加熱し過ぎないこと。
火を通し過ぎるすぐとクタクタになってしまいます

IMG17042501.jpg




4/20日
相変わらずハルシメジもアミガサタケも出て来ません。
キクラゲ(食菌)を見つけたけれど、小さすぎてもっと育つまでパスです(下写真)
キクラゲ科キクラゲ属キクラゲAuricularia auricula-judae (Bull.) Quél. (1886))
属名Auricularia(アウリクラリア)は、ラテン語でAuricula(耳)+-aria(~のような)
種小名auricula-judae(アウリクラ-ユダエ) はauricula(耳)+judae(ユダの、又はユダヤ人の)の意味。

IMG17042000.jpg




4/24日
食べられない、又は食べる価値のないキノコですが、取りあえずようやくキノコらしいキノコが発生してきました。
ホウライタケ科モリノカレバタケ属の一種Gymnopus sp.)(下写真左:傘表、右:傘裏)
属名Gymnopus(ギムノプス)はラテン語で、Gymno-(裸の)+pus(足、キノコの場合は柄)の意味。
この属の種の無毛な柄に由来しているのでしょうか。
ツキヨタケ科(Omphalotaceae)と記述しているサイトもあるのですが、近年ツキヨタケ科自体がホウライタケ科 (Marasmiaceae)のシノニム とされたので、どちらにしろ間違いではありません。

IMG17042400.jpg IMG17042401.jpg


キノコらしいキノコを久々見たので、これは期待できるかもと、ハルシメジのスポットに行ってみたら、やっと発生していました♪♪
これは桜型ハルシメジ(ノイバラハルシメジ)で、このスポットでは毎年カリンの木の根元に発生します(下写真)。
イッポンシメジ科イッポンシメジ属ノイバラハルシメジEntoloma clypeatum f. hybridum)
属名Entoloma(エントロマ)のentoはギリシャ語のἐντόςで「内側」の意味、そしてlomaはλῶμ(α)で「縁、ヘリ」の意味で、 傘縁が内側に巻くことを言及しています。
種小名clypeatum(クリペアトゥム)はラテン語で「丸い盾」を意味します。
品種名hybridum(ヒブリドゥム)はいわゆるハイブリッド(hybrid)のことですが、ここでは一般的な「交配種の」という意味よりは「異なる要素を持った」ぐらいの意味でしょうか。
イッポンシメジ属は毒菌が多いのですが、これは美味しい食菌です♪♪

IMG17042402.jpg


そして、やっとアミガサタケ類も発生していました~♪♪
これはトガリアミガサタケ(食菌、生は有毒)になるのでしょうか(下写真)。
アミガサタケ類内の細かな分類分けは微妙過ぎて自信がありません(味の違いも無いし、笑)。
トガリアミガサタケなら
アミガサタケ科アミガサタケ属トガリアミガサタケMorchella conica Pers. (1818))
属名Morchella(モルケッラ)は「キノコ」を意味する古いドイツ語のmorchelに由来。
種小名conica(コニカ)はラテン語で「円錐形の」の意味。
トガリアミガサタケではなく普通のアミガサタケなら
アミガサタケ科アミガサタケ属アミガサタケMorchella esculenta (L.) Pers. (1801))
種小名esculenta(エスクレンタ)はラテン語で「食用の」の意味。

IMG17042403.jpg


こちらはヒロメノトガリアミガサタケ(食菌、生は有毒)?(下写真)
アミガサタケ科アミガサタケ属ヒロメノトガリアミガサタケMorchella costata Pers. (1801))
種小名costata(コスタタ)はラテン語で「肋のある」の意味。

IMG17042405.jpg


この日の収穫は、アミガサタケ類が8本、ノイバラハルシメジが大小合わせ13本、イタドリがドッサリ(下写真)。

IMG17042406.jpg


アミガサタケとハルシメジハは全部使って炊き込みご飯に(下写真)。
アミガサタケはこれまでクリーム系の洋風料理にだけ使っていたのだけれど、特段旨みがある訳じゃないし、食感だけで、何だか今一だなぁって思っていたのです。
初めて和風で使ってみたのですが、バターを少し加えた炊き込みご飯ではハルシメジより旨みがあって、凄く美味しかったのですナ。
バターとの相性良さは前から知っていたけれど、こんなに旨みがあるキノコだったなんて、ちょっと再認識です。

IMG17042500.jpg




4/26日
年初のアミガサタケを採った2日後。
そろそろ又次のが出てるかなと見に行きました。
イタチタケがあちこちに出ていました(下写真左:傘表。右:傘裏)。
一応可食だけれど、食べるに値するかどうかは疑問。
ナヨタケ科ナヨタケ属イタチタケPsathyrella candolleana (Fr.) Maire (1937))
属名Psathyrella(プサティレッラ)はラテン語で、Psathyra+ella(小さいを表す接尾語)。
Psathyraはギリシャ語のpsathuros(砕けやすい、脆い)からきているので、「小さく脆い」の意味となります。
種小名candolleana(カンドッレアナ)はスイスの植物学者Augustin Pyramus de Candolle氏への献名。

IMG17042600.jpg IMG17042601.jpg


この日の収穫はアミガサタケ類が14本(下写真)。
このスポットで、もう一回くらい採れるかな。

IMG17042602.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2017’03.19・Sun

最近購入したお買い得チーズ他0319

いつもの「最近購入したお買い得チーズ&お買得だった輸入食材のシリーズです。
定期的にという訳ではなく、購入したレシートなどがたまってまとめて処分する前に、記録する意味で書いています (前回はこちら

12/23日
サン・エンタープライズ(SUN ENTERPRISE) ココナッツミルク 165g缶を38円(税別)/缶で10缶購入(下写真)。
乳化剤、増粘剤が入っているのが気に入らないけれど、このサイズはちょっと使うにはいいサイズです。

IMG16122300.jpg




12/30日
ドイツ ロマンチック街道 ミルクチョコを1箱155円(税別)で2箱。
スペイン 20ヶ月熟成イルベサ ポーションカット品151gを50%オフの407円(税込)で購入(下写真)。

IMG16123001.jpg




2/4日
マロワール(MAROILLES)A.O.C.200gを50%オフの800円で購入。
マロワールはフランスのベルギーに近いマロワール村で作られるウォッシュチーズです(下写真)。

IMG17020400.jpg




2/18日
ディチェコNo.18のズィタ(ZITA)500gを158円(税抜き)。
ソル・レオーネ社(SOLLEONE)のオーガニック大麦(オルツォ・ペラート ORZO PERLATO)400gを100円(税抜き)。
同じくソル・レオーネ社のオーガニック小麦(ファッロ・ペラート FARRO PERLATO)400gを100円(税抜き)で購入
ズィタは7mm位の穴が開いたロングマカロニとも言えるパスタ。
私はポメマルさんの作ったギリシャ料理のパスティチオ(Παστίτσιο)で頂いたことがあります。
中々出回らないパスタなので即買いでした(下写真)。

IMG17021800.jpg




2/21日
↑のオーガニック大麦とオーガニック小麦をもう少し買いたいと店に行ったけれど、残念ながらもう売り切れていました。
ズィタの方はまだ残っていたので2個追加補充(下写真)。

IMG17022100.jpg




3/15日
メテッリアーナ(Metelliana)ミックスビーンズ 缶400gを130円(税別)×3缶。
ペレグ(Pereg)のレッドキヌア(RED QUINOA)141gを276円(税別)×2箱購入。

IMG17031500.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorieチーズ  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2017’03.11・Sat

カレー色々0311

賄い昼食等で作った色々なカレーのシリーズです(前回はカレー色々1206)。

まず最初は
フィッシュカレーに美味くてコスパが良いツナ系魚は?
というお題のカレー。
レシピはいずれもこちらで、具の魚だけを変える。

モルジブやスリランカのフィッシュカレーに結構ハマっています。
まさに日本の鰹節のようにハガツオを乾燥させたモルジブフィッシュを砕いたフレークで旨みを、タマリンドで酸味を、ココナツミルクでマイルドさを出したカレーは結構尾を引きます。
魚を世界一食べるモルディブでは、その漁獲量の70%がカツオと言われますから、フィッシュカレーの具としてもカツオ等のツナ系は一般的とも言えるでしょう。
さてそのツナ系。
例えば、生で食べて美味しいマグロの赤身の所などは、加熱するとモサモサして喉の通りも悪く、案外今一なのです。
ネギマなどでは中心を半生位に火を通すと、モサモサしないで美味しく食べられるのですが、何度も火を入れたりするカレーではどうしても火は通り過ぎます。
勿論トロの部分はモサモサしないのですが、マグロの大トロや中トロをカレーで食べるなんて勿体なくて出来る訳がない。

そこで最初はメカジキです。
メカジキはマグロよりずっと脂が乗ってますから、加熱をしてもモサモサすることはありません。
しかしメカジキだってそこそこ高級魚。
特に天然物の生メカジキならさらに高級品です。
でもその天然物の生メカジキの切り落としが安く出ていました。
少し血合い混じりだけれど、カレーには返って打ってつけ(下写真)。

IMG16112602.jpg


流石、モサモサ感ゼロで、かなり美味しいです(下写真)。
このメカジキの量で6人前のカレーになっていますから、魚の原価は81.7円/一人とちょっと高め。

IMG16121300.jpg


さて次はマグロの背と腹の中間で血合いを含む部分(下写真)。
これは皮付きなので、冷凍のまま電動でカットされたもの。
築地で買って来たものですが、25cm位の長さのブロックが9本も入って300円でした。
生食では美味しくない血合いの部分も、実は加熱でカレー等に使うとあまり気にならない。
その上この部位は筋を含んでいて、生では固い筋も、コラーゲンなので加熱ですぐ柔らかくなり、返って美味しくなります。
さらにこのブロックは皮付であって、カレーの具としてはこの皮の処理でこの部位の価値が天と地程違ってきます。
マグロの皮は目立たないけれど結構ウロコが多くこのまま使ったら、カレーが台無し。
包丁で皮を削ぎ取るのは簡単だけれど、それでは美味しい所を捨ててしまう訳で、余りにも勿体ない。
ほんのちょっとだけ面倒でもウロコを丁寧に取って、皮ごとぶつに切って使います。
皮身にはコラーゲンがタップリ。
この皮&皮身、そして血合い部分の筋が加熱でトロトロになり、身のモサモサ感を防いで、カレーで美味しい具になる筈なのです。

IMG17012301.jpg


で、案の定なかなか行けます。
特に血合いの部分を使った感じもしないし、マグロの普通の赤身を使うよりは遥かに美味しいです。
ブロック2つで6人前のカレーの具になりますから、魚の原価は11.1円/一人とコスパは抜群(下写真)。

IMG17012302.jpg


またまた格好の素材を見つけました(下写真)。
これは多分マグロのハラスの薄皮の部分と思えます。
脂の乗りが少ないので、少し小さい型のマグロでしょうか。
この横に走っている筋はコラーゲンですから、加熱すると筋っぽさは完全に消えて、すぐトロトロ柔らかくなり、モサモサになるのを防ぎます。
見えている側は綺麗な身だけれど、反対側はきっと薄皮の筈。

IMG17021103.jpg


ほら~!やっぱり反対側は薄皮です(下写真)。
この白い薄皮はやはりコラーゲンを多く含んで、加熱で大変美味しくなる部分。
一部アバラ骨が入っているけれど、太い骨なので食べていて出すのは簡単で、そう気にならない筈。

IMG17021300.jpg


モサモサ感なんて欠片もない。
実に美味しいフィッシュカレーになりました。
このハラス1パックで6人前のカレーの具になりましたから、魚の原価は51.8円/一人。
↑の血合いブロックの原価に比べたら高いけれど、味的にはそれ以上の価値ありかな(下写真)

IMG17021301.jpg

三種のツナ系どれもそれぞれ美味しいけれど、要は
     
  • 脂は乗っている方が良い。  
  • 筋はある方が良い。  
  • 皮はある方が良い(ただし、体表側の皮はウロコをしっかり取り除く)
どれもいつでも手に入る部位ではないから、これはってものを見つけた時に購入して冷凍在庫しておく・・・かな
・・・とフィッシュカレーはここまで。



南知多町の徳吉醸造さんを見学させて頂いた時に、醤油を絞った後の醤油粕を見てすっかり興味深々。
レシピ研究用に頂いてきました(下写真)。

IMG17010921.jpg

この醤油粕、塩が全然きつくないのです(塩分濃度1%)。
要は長期熟成豆味噌の搾りカスのようなものですから、長期熟成の旨みも十分残っています。
味噌っぽいかと言えば、十分発酵してむしろ豆鼓のような味と香りです。
例えば四川麻婆豆腐。
豆鼓を入れればぐっとコクが出て欠かせない食材だけれど、豆鼓自体の塩がかなりきついので、豆鼓のコクを出そうとすると出来上がる麻婆豆腐はどうしたって塩辛くなる。
これは陳健一の店の四川麻婆豆腐もそうだったし、四川麻婆豆腐に詳しいお友達が作ったものもそう、自分で作る時だって入れたい量の1/3位であきらめないと塩辛くなってしまって大変。
何処の醤油粕でもそうかは判らないけれど、少なくともこの頂いて来た徳吉醸造さんの醤油粕なら、豆鼓代わりにもっと沢山使っても、塩辛くなることはないと思います。
と言うことで麻婆豆腐でも試さなきゃならないのですが、要は穏やかな塩味と旨みと複雑なコクが加わるのですから、おおよそ何にでも隠し味として使える筈です。
そこで、まずドライカレーで使ってみたのです。

[ 醤油粕を使った挽肉とレンズ豆のドライカレー ]
  • レンズ豆は30分くらい前に水に漬けてから、20分程ヒタヒタの水で茹でる。
  • 鍋にオリーブオイル、砕いたシナモン片、割りを入れたグリーンカルダモンホール4、5個を入れて加熱する。
    スパイスの周りに泡が立ち始めたら、弱火にして2分、クローブホール5、6粒ほど入れてさらに1分、スパイスの香りを油に移す。
    鍋を火から遠ざけ少し油の温度を下げてから、ブラウンマスタードホール一つまみを入れ加熱し、ブラウンマスタードの周りに小さな泡が立ち始めたら、クミンホール一つまみを加える。
    クミンホールがパチパチはぜ始めたら、微塵切り玉葱を入れ(はぜるので一気に)、玉ねぎが狐色になるまで炒める。
  • 鍋に豚挽肉を加え、表面が少しカリカリになるまで炒める。
  • 鍋にピーマン微塵切り、生姜微塵切り、ニンニク微塵切り、唐辛子微塵切り好きなだけ、パウダースパイスを入れて、さっと炒めて香りを出す。
    使ったパウダースパイスとその比率は(カレー6人分位の量で1が小さじ1/2程度)、
      クミン
      コリアンダー4
      シナモン1
      ターメリック1
      クローブ0.5
  • 鍋に煮汁ごとレンズ豆、醤油粕微塵切りを加え、塩で味を調え、数分程少し煮詰めて水分を飛ばし完成(下写真)。


IMG17011600.jpg

醤油粕は結構入れたのだけれど、思ったよりは全然味噌臭くなく、でも存在感はしっかり感じる絶妙ないい感じに仕上がりました。
美味しいです♪



時々食べたくなる鶏のキンカン(胎内卵)。
以前は近所のスーパーでも普通に見かけたけれど、最近は何故かお目にかかりません。
売っていないとなるとますます食べたくなるもの。
近所のスーパーになくても市場ならあります。
生ハム仕込み会IN東京で使用する豚後ろ足を手配しに市場に行った際、やっと手に入れてきました。
醤油とみりんで甘辛く煮て食べるために買ってきたのですが、タップリ買ってきたのでカレーにも仕立ててみました。

[ 鶏キンカンと卵管のカレー ]
  • 鍋にオリーブオイル、砕いたシナモン片、割りを入れたグリーンカルダモンホール4、5個を入れて加熱する。
    スパイスの周りに泡が立ち始めたら、弱火にして2分、クローブホール5、6粒ほど入れてさらに1分、スパイスの香りを油に移す。
  • 鍋を火から遠ざけ少し油の温度を下げてから、ブラウンマスタードホール一つまみを入れ加熱し、ブラウンマスタードの周りに小さな泡が立ち始めたら、クミンホール一つまみを加える。
  • クミンホールがパチパチはぜ始めたら、微塵切り玉葱を入れ(はぜるので一気に)、玉ねぎが狐色になるまで炒める。
  • 鍋にパウダースパイスを加え、さっと炒めて香りを出す。

    使ったパウダースパイスとその比率は(カレー6人分位の量で1が小さじ1/2程度)、
      クミン
      コリアンダー4
      カルダモン1
      シナモン1
      ターメリック1
      クローブ0.4

  • 鍋に缶詰のホールトマト、ココナツミルクを加え、ヘラでホールトマトを潰す。
  • 鍋に、切り離したキンカンと一口大に切り分けた卵管、微塵切り唐辛子を好きなだけ、下し生姜、下しニンニクを加え、ブロード(我が家では親鳥で取ったチキンブロスを使用。水でも可)で適当な濃度にのばして加熱し、沸騰後弱火で15分煮て、塩味を調えて出来上がり(下写真)。

IMG17020100.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(4) TOP

 |TOPBack