FC2ブログ
  • « 2019·12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2009’06.01・Mon

パスタ2種

お友達から珍しいパスタを頂きました。
コイン型のパスタでクロゼッティ(Croxetti)と言うそうです。私も初めて見ました。

IMG0905280.jpg


このクロゼッティが通常どんな風に調理されるのかは判らないけれど、この手のショートパスタなら、まずは順当にソース系だろうということで、5/30(土)の昼食にトマトソースで作ってみました。

[ クロゼッティのトマトソース ]
クロゼッティの袋に20分~25分と書いていたので、取りあえず茹で時間は20分。茹で塩はしっかり。
茹でている間、鍋にE.V.オリーブオイル、自家製ベーコン、ニンニク微塵切り、刻み鷹の爪を 入れ加熱。
ニンニクの香りが油に移ったら、鶏肉、玉葱微塵切りを加え炒める。
次にナス、椎茸を加え少し炒めたらトマトソース、ホールトマトを加え煮込む。使用したトマトソースはストック中の自家製トマトソース。
他に使った野菜、今日はセロリ、ピーマン、キャベツ。
キャベツは芯(葉脈の部分)と葉の部分に切り分け、セロリは葉と茎に分け、キャベツ芯、セロリ茎は5mm幅にスライス、キャベツ葉は5cm角位に手でちぎり、ピーマンは種を取って、1cm角くらいに切りそろえる。
キャベツの芯部分、セロリ茎、ピーマンは茹で上がる1分半前、キャベツの葉部分は茹で上がる30秒前に投入。
茹で上がる直前に茹で汁少々をソースに入れる。
黒胡椒を少々、塩味はトマトソースや、茹で汁についているので、丁度良い状態の筈だが、足りなければ加える。
茹で上がったら、湯きりをしてソース側に投入、1分位加熱しながら、少しソースを吸わせて火を止め、残っているセロリ葉を加えて出来上がり。
皿に盛ったら、パルミジャーノ・レッジャーノを削ってかけ、バジルを飾る。

さて、このクロゼッティ、かなり美味い。
意外に懐かしい味、そう・・なんだかちょっとモチモチして、スイトン見たいな感じがする。
ソース系ならロングパスタより、私はこのクロゼッテイの方が好みだ。
このクロッゼッティ、入手は難しいけれど、コイン型のショートパスタを生パスタで作るのは簡単だ。
なので、今度は生パスタで自作してみることにしよう。生パスタなら、さらにすいとん風な感じが出せる筈だ。

IMG0905300.jpg


パスタもう一種。
こちらはさらに一週間前の日曜日(5/24)の昼食で作ったもの。ブラックオリーブペーストのパスタだ。
当家でブラックオリーブを食材に使うのは大変難しい。
何故なら食材にする前に、私がそのままツマミで食べてしまうためだ(爆)
この日は皆外出していて、昼食は長男と2人分のみ。2人分位ならブラックオリーブも残っていたので、早速ブラックオリーブペーストのパスタを作った。

[ ジェノバソース風ブラックオリーブペーストのパスタ ]
フープロにアーモンドを8個入れ、細かく砕く。(中国産松の実は使わないので)
そこに種無しブラックオリーブ20個、アンチョビー4枚、ニンニク1片、パルミジャーノレッジャーノ多少、E.V.オリーブオイル、ブラックペッパー、塩を入れ、ペーストにする。
アンチョビーが塩味を出すので、塩の量は味見して好みの量を追加。出来たペーストは大きめのボウルに移す。
パスタが茹で上がる直前に、ゆで汁を少々ペーストに加え混ぜる。
湯切りしたパスタをペーストのボール入れ、ペーストと絡める。
皿に盛ったら、パルミジャーノ・レッジャーノを削ってかけ、バジルを飾る。

ジェノバソース風のブラックオリーブソースのパスタだ。ブラックオリーブの香りプンプンで、私はジェノベーゼよりはるかに美味しいと思う。

IMG0905242.jpg


最近大好きなイタリアンパセリがアブラーでやられて壊滅した(むしろ退治液による人災といううわさもあるけれど)のと、やられていないものは見事にトウ立ちをして葉が無くなってしまっている。
なのでパスタへトッピングするハーブが、スイートバジルばかりになるのが少々残念だ。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieパスタ  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
僕もパスタ大好きでよく作るのですが、レベルが違いすぎ。かっこよすぎます。
コメントすらできません。
それはそうと、保存瓶をお勧めのネットショップで買ってしまいました。
あとイタリア産のホールトマト缶3種類。
スーパーの熊本産調理用トマトは中玉4個で350円って高すぎて手が出ないので。
今度はイタリアンパセリの栽培にも挑戦したくなってきました。

katteni:2009/06/01(月) 18:28 | URL | [編集]

ここの保存瓶は安くて種類豊富で、応対も丁寧ですからお奨めです。katteniさんのお役に立てば幸いです。
ソース用トマトは無理買いをしないで、安い時には迷わず買いがいいと思います。
私は、国産トマトなら熟れ過ぎの見切り品(トマトが大玉3個100円位)、イタリアントマトなら小サイズの大玉4~5個くらいで198円位の時買っています。
でもトマトはあせらなくても、水耕では、脇芽は取らず、出来た花房は全て着果させるという作戦で、シシリアンルージュも随分取れる筈です。
パスタにイタリアンパセリはお奨めです。
栽培は結構簡単で勝手にこぼれ種で発芽してきますが、水耕では栄養豊富なせいかすぐトウ立ちしてしまって、私はあんまりうまく行ってません。
ぜひ挑戦してみてください。(^^)

duckbill:2009/06/01(月) 22:28 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL