FC2ブログ
  • « 2019·12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2009’07.06・Mon

見切り処分&傷物トマトを使ってストック用トマトソース作り

ベランダで自家栽培しているイタリアントマトは勿論、完全無農薬栽培だ。果実ものなら、残留硝酸塩も殆ど無い。
なので、この自家栽培イタリアントマトで、トマトソースを100%自給できるのが理想だけれど、たった2株ではなかなかそうも行かない。
先回のように立派なトマトを頂くこともあるけれど、普通は見切り処分や傷物として安く出回る国産トマトを、逃さずゲットして、その都度ストック用のトマトソースを作る。
痛みすぎは勿論無理だが、ソース用には、このような少し熟れ過ぎで見切りとなるようなトマトが、かえって美味しいソースとなる。
さてこちらが今回ゲットした、愛知県産イタリアントマトの見切り品(左)と地場産トマトの傷物品(右)だ(下写真)。

IMG0907046.jpg


地場産の傷物トマトは1297gもあって、これで100円(下写真)。

IMG0907047.jpg


イタリアントマトは510gもあって95円(下写真)。もっと買いたかったがこれ1パックのみしかなかった。

IMG0907048.jpg


いつもの1年は常温保存できる作り方で、今回は300cc保存瓶に4瓶完成した。瓶には遊びのオリジナル食材シール(下写真)。 ・・・7/4製作
この位の値段で購入できれば、安全だけでなく、大変経済的でもある。

  トマトソースの作り方はこちらの記事
  常温で1年間は持つ瓶詰め方法はこちらの記事

今年になっての製作数は延べ20瓶となった。

IMG0907049.jpg


実は、裏にも食材シールを貼っている(下写真)。
製作した瓶詰めなど、自家製食材は、このシールの製造年月日を元に、当ブログの製作記事で詳細を見ることが出来るので、完全なトレーサビリティを持っていると言える。

IMG090704a.jpg


  ※なお自家製トマトソースの瓶詰め保存にこだわっている理由は こちらの記事に書いています。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieトマトソース  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
たったの200円で、安心国産トマトのソースが4瓶、もちろん手間はかかりますが、安心、おいしいの上にさらに、経済的であります。
そのシール真似したいのだけど、瓶を買っただけで、まだソースも作ってないし、シールも作ってない。裏のシールいいですね。

katteni:2009/07/06(月) 21:43 | URL | [編集]

> katteniさん
美味しい・安全・安い(=自給、自作)とすると、何だかどこかのブログテーマですね(爆)

表シール、後からでも貼れます。せっかく自作食材ですから、ゆっくり自分らしいラベルをデザインしてみたらどうでしょうか♪
裏シール、記憶はすぐ彼方へ遠ざかりますから、製造年月日と原材料が明記されるのは重要です。
 ※このシール、ラベル屋さんHOMEというフリーのソフトで印刷しています。

duckbill:2009/07/06(月) 22:54 | URL | [編集]

200円でこんな美味しそうなトマトソースが4瓶も作れるなんて、スゴイ!!

duckbillさんのサイトには、愛知県産のイタリアントマト、という言葉が何度か出てきましたが、愛知県って、そんなにトマト作ってるんですか!知りませんでした。

愛知県に住んでいるのに、我が家の近所のスーパーでは、イタリアントマト、見たことないんですよ。

わたしも、長期保存できる食材作りに挑戦したいです。
それにはまず、アバウトな性格を矯正するところからはじめなければ・・・汗;;;

yaefit1500(すくすく水耕栽培):2009/07/07(火) 00:27 | URL | [編集]

> yaefit1500さん
このイタリアントマトはJA豊橋で作っているようです。他県では一切扱いを見たことはありません。
  //www.ja-toyohashi.com/brand/yasai/tomato/tomato_mame.html
JA豊橋に電話で尋ねれば、購入するルートが判るかもしれません。
このトマト、トマトソースで実に美味しいのです。

ぜひぜひ保存食作りに挑戦してください。
このブログに時々コメントしてくれる料理ブログの方々は、全員が保存食の達人さんですが、その全員が自称アバウトとおっしゃっています、だから大丈夫♪

duckbill:2009/07/07(火) 00:59 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL