FC2ブログ
2019’02.01・Fri

市場での買い物

久しぶりで市場に行ってきました。・・・1/19日
クラテッロ&フィオッコ仕込みのための国産豚原木を頼んでくるのが主目的だけれど、行ったらついつい色々買っちゃうよ~ww

まずは、下写真左上から時計回りに、ウズラ卵2パックとサービスで貰った茹で卵1個(ウズラ卵の上の白袋)、かつお薄削り節、鰹節粉500g、今年の自家製味噌仕込み用のとよまさり1kg×2袋、S&Bのホワイトペッパー(パウダー)1kg。
ホワイトペッパーは半値(1,440円)だったので即買いでした(下写真)。

IMGIMG19011900.jpg


次に鮮魚。
、下写真左上から時計回りに、700gサイズのマトウダイ3匹で1,080円、1.4kg強の真鱈が540円、840gの真鱈卵が540円(下写真)。

IMGIMG19011901.jpg

この日はお買い得な鮮魚が沢山あって、大きな水蛸頭や、格安な活〆平目、シマアジなど・・・みんな買いたかったけれど、二人でそんなには食べられない。
必死に我慢しました(笑)。

市場の帰りに、聖跡桜ケ丘の富澤商店に寄って、スーパーキング2.5kg、ゴールデンヨット2.5kg、ライ麦全粒粉1kg、サフドライイースト、粉末かん水を購入(下写真)。

IMGIMG19011902.jpg


さて自宅に帰り、鮮魚は鮮度の良い内に処理をしなければなりません(下写真)。
マトウダイ3匹は3枚に下し、皮を剥き、極薄く振り塩し、半身づつ昆布で包み(昆布締め)、さらにその上からキッチンペーパーで包み、PE袋に入れて冷蔵庫へ。
当面食べるのは半身1枚か2枚なので、残りは2日後に水分を吸った外側のキッチンペーパーだけ交換し、真空引き後冷凍庫へ。
こうしておけば、いつでもマトウダイの昆布締めお刺身が食べられます。
捌いてみたらとても良い肝がタップリ入っていました。
3匹分の肝と胃と皮、そしてアラ(頭と中骨)だけでも、お腹が一杯になりそうww


IMGIMG19011903.jpg


ちなみにこれは、後日解凍して薄造りにした昆布締めマトウダイの一皿。
これが一匹の半身分です(下写真)。

IMGIMG19012112.jpg


さて次は真鱈。
真鱈の口から尾っぽが出ているので、引っ張ってみたら、そこそこのサイズの魚が(下写真)。

IMGIMG19011906.jpg


取り出してみたら・・・どう見ても共食い!(下写真)
いっけない奴め~ww
お前には正義の裁き・・・いや捌きをしてやろう(笑)
ええ~い、二枚下しにしてくれるわ(爆)


IMGIMG19011907.jpg


半身は塩を刷り込みバカラオに仕立て、冷蔵庫内の怪しい長期熟成コーナーに保管ww
頭、骨付き半身はブツに切って、この日の夕食の鱈鍋に。
頭の入った鱈鍋は、コラーゲンたっぷりで、アンコウにも負けない濃厚な鍋になりますナ。

皮が斑で一見グロテスクな真鱈の卵。
通常のいわゆるタラコ(こちらは助宗鱈の卵)に比べると巨大です(下写真)。

IMGIMG19011904.jpg


おっ、カラスミにしたい・・・と思う方も多いかもしれないけれど、この真鱈卵をカラスミにするのは結構難しい。
脂の含有量のせいなのか、ねっとり感が出ず、カラスミとタラコの中間的な食感になってしまいます。
煮て食べてもいいけれど、我が家はこれを、袋を破いて中身をしごき出し、醤油漬け(醤油、日本酒、本味醂)にします(下写真)。

IMGIMG19011905.jpg


ユルユルに漬けた醤油漬けも、30分も経てば卵が吸収し、パンパンに(下写真)

IMGIMG19011908.jpg


1日目からでも食べられるけれど、冷蔵庫に保管して2~3日後からの方が味が落ち着いて旨くなるかな。
北海道、青森、秋田、岩手、宮城、山形の方で食べられてるようです。
このまま酒のアテにもなるけれど、ご飯で食べると結構嵌ります。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2018’11.22・Thu

コンニャク芋他の購入

所用で外出した際、たまたま立ち寄った店にコンニャク玉が売っていたのです。・・・11/11日
それも3年玉(この大きさはその筈)で1000円だったので、即買いしました。
コンニャク芋は4月、5月に生子か種芋(1年玉や2年玉)に植えて、11月に掘り上げて貯蔵。
生子を植えたものは収穫時1年玉に、1年玉、2年玉を植えたものは夫々2年玉、3年玉になります。
我が家は毎年のおせちのコンニャクは自家製に決めているので、最低年1回はコンニャクを自家製するのですが、いつも手に入っているのは、小さな1年玉か2年玉で300g前後。
今回購入したコンニャク玉は、帰って計ってみたら1.9kgありました。
何時もの量なら6回位作れます。
取りあえず、今年のおせち用のコンニャクは手に入りました。

ちょっと品揃えが変わっているスーパーがあるので、ついでに途中下車して寄ってみました。
狙いはキンカン(鶏の胎内卵)です。
ここではキンカンとフランクフルト、煮干しを購入しました。

この日の購入品、写真左上から時計回りに、国産キンカン2種(キンカンだけと玉ひも付きのもの)、フランクフルト、コンニャク芋、煮干し(下写真)。

IMG18111100.jpg

煮干しは賞味期限近くと言うことで半額品。
こんな乾物の賞味期限ってあんまり意味が無いと思うけれど、そのお陰で200gが182円(税込)と超格安。
こんな値段なら、ケチらないで煮干し出汁が取れますww

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2018’04.25・Wed

100円のスマホ用マクロレンズが凄いゾ!

この日出席していたキノコの研究会で、100円均一のスマホ用マクロレンズを持っていた方がいたので、借りてイタチタケの襞をスマホで撮影してみました。
これが100円の実力? 想像していたよりずっと凄~い♪♪
私のマクロに強いコンデジ、リコーCX-5より遥かに分解能が高いのですな(下写真)。

IMG18042302.jpg


その研究会の帰りにセエリアに寄って、早速スマホ用マクロレンズを買いました。
我が家の水耕トマトについた未だちっちゃな蕾も、これだけ写るゾ(下写真)。

IMG18042400.jpg


トマトの葉面もこんな感じ(下写真)。
これなら楽勝でサビダニが写ります。

IMG18042401.jpg


今年の夏は100円のスマホレンズでサビダニチェックをしよう!!


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(10) TOP

2018’04.10・Tue

山野草の美味しい季節

山野草が美味しい柔らかい若い芽や若葉を出す季節。
この所の散策で見た、又は採取した山野草の記事です。

3/24日
この日は週末の散策日。
この所少し右膝を壊しているので山には行けず、専ら平場を歩いています。
この日の散策コースは京王片倉駅からスタートし、里山の道を選びながら狭間駅までの10.8kmのコース。
片倉城址公園のカタクリが真っ盛り(下写真)。
でもこのカタクリはわざわざ植えて保護しているものですから、当然採取は厳禁ですww。

IMG18032401.jpg


途中の農道脇に土筆が沢山発生していました(下写真)。
こちらはいくら採っても大丈夫。

IMG18032402.jpg


ものの10分でレジ袋にどっさり。
あまり採っても、後の処理が大変です(この記事)。



3/31日
右膝が具合は良くならず、週末散策は専ら平場を歩いています。
この日は、東秋留~滝山城址公園~昭島までの11kmのコース。
そろそろ滝山城址公園も桜祭りの筈で、そこで缶ビールを飲もうと思ったら、桜祭りはその翌日から。
桜祭りの準備は始まっていたけれど缶ビールは無し、残念!(下写真)。

IMG18033102.jpg


途中の畔道でカンゾウ(萱草)とオカジュンサイ(別名ギシギシ)を見つけたので夕食用に摘んで来ました。

IMG18033103.jpg


早速その日の夕食で頂きました(下写真 1枚目がオカジュンサイ、2枚目はカンゾウのぬた)。
こんな風に、摘んできた野のもので1品、2品を作り、それをアテに酒を飲むのは、結構自分の中の理想に近い・・かな。

IMG18033100.jpg
IMG18033101.jpg




4/8日
この日も週末の散策日。
右膝の具合が相変わらず良くならず、今回も平場です。
自宅最寄り駅の2つ先の駅から散策スタートで、里山の道を選びながら歩き、13.6kmのコースとなりました。
このルートの大半は8年ぶりになるけれど、歩いてみると結構記憶していました。
途中で、カンゾウとイタドリを見つけて採取。
ようやく大好物のイタドリが採れ始めました(下写真)。

IMG18040800.jpg


皮を剥いて一晩水に漬けシュウ酸を抜き、今朝炒め煮にしました(下写真)。
イタドリは自身の持っている酸味とシャキシャキな食感が身上。
火の通し過ぎは超~厳禁です。(我が家のレシピはこちら

IMG18040900.jpg


ところで、酸味の主体はシュウ酸なのに食べていいの?と心配する方もいるかも知れません。
少なくとも調理されたイタドリ(若い茎でシュウ酸抜きがなされた)の酸味の主体は、シュウ酸ではなくリンゴ酸、酒石酸、クエン酸、及び未同定の酸です。
イタドリの茎に含まれるシュウ酸の量は、食用に出来るごく若い茎の場合は元々少量であって、ホウレンソウと比べても少ない上、水に晒したり、茹でることで相当減少し、食べても血中カルシウム不足等の保険上の問題はないと思われるそうです。
             興味がある方のための参考文献:
 ’細管式等速電気泳動法によるイタドリ中のシュウ酸分析’,児嶋佳世子,八木孝夫,奥田拓男



4/9日
前日の散策でイタドリが採れたものだから、お昼にアミガサタケのチェックも兼ねて、自宅回りのイタドリスポットもチェックしてきました。
残念ながらアミガサタケは欠片も無し。
あちこちで採れてる話は入ってくるけれど、今年は未だ一個も見ていません。
ひょっとして誰かに採られてる?(笑)
アミガサタケは駄目だったけれど、イタドリの方は出始めていました(下写真)。

IMG18040901.jpg


これまで気づいてなかったけれど、あちこちにハリギリが随分生えています(下写真2枚)。

IMG18040902.jpg
IMG18040905.jpg


採り頃の芽もあったけれど、株自体がまだ小さいので2、3年見逃してあげる事にしましたww(下写真)。

IMG18040903.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(8) TOP

2018’04.03・Tue

花見2018

この日は私が所属している東京きのこ同好会の有志による花見会。・・・4/1日
会場は自宅から徒歩1分のいつもの公園。
この公園は芝生を挟んで両側に180本の桜がずっと先まで続きます。
ビール以外の、酒&料理はそれぞれ自由に持ち寄り。

我が家は花見での定番料理、手捏ね寿司。
今年はヅケまぐろと鯛の昆布〆の手捏ね寿司にしました(下写真)。

IMG18040100.jpg


そして、土筆のキンピラ(下写真)。

IMG18040102.jpg


そして、我が家のちょい特別なピノ・ノワール(下写真)を持って出かけました。

IMG18040103.jpg


この日は風も無く快晴、花見には最高な暖かい日です。
花見客も随分出ていました(下写真)。

IMG18040104.jpg


1週間前には随分咲いてしまって、途中で強風の日もあったものだから、散っちゃうかなぁって心配だったけれど、しっかり残っています(下写真)。

IMG18040105.jpg


この場所で東京きのこ同好会の花見をやるのは恒例だけれど、今年が今までで一番花見日和。
楽しい花見になりました♪
東京きのこ同好会の皆さん、お疲れ様でした~(下写真2枚)。

IMG18040106.jpg
IMG18040107.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2018’03.26・Mon

桜の開花具合

自宅から徒歩1分の公園に桜の開花具合を見にいきました・・・3/25日。

ここは芝生を挟んで両側180本の桜の公園。
ずっと先まで続きます。
両側の桜が作るパースペクティブの消失点には丁度富士山が見えるように設計されています。
この日も富士山は見えているのだけれど、露出を公園に合わせると写真では飛んでしまいます。
もう随分咲いている枝もあるけれど、全体としてはまだ1部咲きくらい。
天気が良いものだからもう気の早い花見客も出ています。
時間はお昼ちょい手前。
あまり気持ちが良さそうなので、我が家もお昼をここでしてもいいかなぁ・・なんて思ったけれど、花粉が酷そうなので止めました(笑)。
1週間後の日曜日はここで花見の予定なのですが、何とかそこまではもつ・・・かな(下写真)。

IMG18032502.jpg


この枝なんてほぼ満開だけれど、その背景は殆ど蕾(下写真2枚)

IMG18032503.jpg
IMG18032504.jpg


天気に誘われてもう少し足をのばし、樹齢200年のしだれ桜も見に行きました。
こちらは今、満開です。

IMG18032506.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2018’01.02・Tue

謹賀新年

皆様、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。m(_ _)m

元旦の空は今年も快晴。
毎年のように、自宅から徒歩1分の公園に富士山の写真を撮りに行きました。
雲一つ無い霊峰に今年の願を託し(下写真)、

IMG18010100.jpg


戻ったら、家族揃ってささやかな祝い膳。
我が家のお雑煮は、焼いた餅、椎茸、かしわ、結びかまぼこ、花人参、結び三つ葉、へギ柚子です(下写真)。

IMG18010116.jpg


祝い膳の後は、散策を兼ねて初詣に行きました。
我が家の方式は「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式。
小野神社を最終目的地にして、その途中であちこちの神社を梯子しようって寸法です。
あちこち行けば、どれかでご利益があるかも~(笑)

まずは白山神社からスタート(下写真)。

IMG18010102.jpg


キティちゃんの本拠地、ピューロランドの前を通り(下写真)、

IMG18010103.jpg


八幡神社に(下写真)。

IMG18010104.jpg


そして諏訪神社(下写真)

IMG18010105.jpg


熊野神社(下写真)。

IMG18010106.jpg


ジブリ映画「耳をすませば」で杉村が雫に告白して振られた神社のモデルになった金比羅神社(下写真2枚)。

IMG18010107.jpg
IMG18010108.jpg


聖蹟桜ヶ丘の街に下って行くいろは坂の途中の公園(下写真)。
この坂は「耳をすませば」では聖司が自転車の後ろに雫を乗せて登ってくる坂です。

IMG18010109.jpg


そしてこの公園から見える奥の斜面が、「耳をすませば」で聖司が雫にプロポーズした場所である街を見渡せる高台、いわゆる耳丘です(下写真)。

IMG18010110.jpg


でも、沢山訪れた耳すまファンの中に、はしゃぎ過ぎた馬鹿が随分いて、地域住民の苦情で今は立ち入り禁止になっています(下写真)。

IMG18010111.jpg


九頭竜神社に立ち寄り(下写真)。

IMG18010112.jpg


やっと目的地の小野神社に到着。
小野神社は武蔵の国の一之宮。
格式が高い割には殆ど混まない神社で穴場なのですが、最近は初詣客も増えてきたようで、神社の外まで並んでいました。

IMG18010113.jpg


鳥居を過ぎて、山門を過ぎて、もうすぐです(下写真)。

IMG18010114.jpg

並んで40分でようやく参拝。
でも40分で済むのだから、やっぱり穴場です。
この日の神社巡りは10.13km。
ここから又10kmはちときついので、バスで帰ります。

実はここまで来る途中で黒トリュフ(セイヨウショウロ属イボセイヨウショウロ(広義))を見つけました(下写真)
この季節ですから、地面から完全に出ていて、見つけやすい。

IMG18010101.jpg


持ち帰り、切ってみたら断面はトリュフならではの綺麗なマーブル模様(下写真)。
これが今年の初きのこ。
初きのこがトリュフなんて、今年の金運、いや菌運はいいかも~♪

IMG18010115.jpg


もう20年くらい、元旦の夜はフグと決めています。
以前はトラフグのセットを頼んでいたのですが、ここ数年は身欠きで頼み、自分で作ることにしています。
これが大晦日に届いた1.2kgもの(身欠く前の重量)のトラフグ身欠きで、勿論、非冷凍もの(下写真)。

IMG17123100.jpg

届いてすぐ、3枚に下し、身から薄皮、赤身を除き、キッチンペーパーに包み冷蔵庫で寝かしておりました。
フグは2、3日寝かした方がアミノ酸も増えるし、包丁も入りやすくなります。
身皮、とうとうみ、そして身から取った薄皮、赤身は熱湯で30秒湯がいたのち氷水に取り、水に漬かった状態でPE袋に入れ、これも冷蔵庫に入れていました。
皮は湯がいてすぐ切ってしまうと、互いにくっついて大変ですが、暫く水に漬けていると切ってもくっつかなくなります。

さて、その1日寝かした身をテッサに、そして水に漬けていた皮を切ってテッピに。
これで半身分(もう半身は翌夕食に)。(下写真)

IMG18010117.jpg


そしてフグ鍋(下写真)。

IMG18010118.jpg

ヒレ酒を飲みながら・・・しかしいつ食べてもフグは美味しいですな。
身に毒を貯める理由が良く判ります。
動きが遅い上、こんなに美味いのだもの、毒でもなかったら、他の魚に食べられてすぐ絶滅するに違いないww

あっ、勿論〆めはフグ雑炊です。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2017’12.31・Sun

PCのキーボード洗い

年の暮れ・・と言えば大掃除。
大物もあるけれど小物だって大事。
仕事で使っているPCの内、デスクトップの2台のキーボードが随分汚れていたので、掃除することにしました。

洗剤を付けて、歯ブラシでゴシゴシ汚れを落とし(下写真)、

IMG17123003.jpg


水をザアザアかけて、洗剤を綺麗に流しました(下写真)。

IMG17123004.jpg

あっ、勿論裏側からネジを外して分解し、基板の無いキーの側だけの水洗いです。
でも分解しないで丸洗いも何度かやっていますが、完全に乾かしてから通電するなら、丸洗いでも大丈夫です。
今回は分解しているので、すっかり乾いてから再度組み立て。
PCに接続して、キーが正しく動作するか確認。

ほらもう、すっかり新品同様(下写真)。
来年もしっかり働いてね。

IMG17123006.jpg


これが今年最後の記事になります。
今年1年、拙いこのブログを訪れて頂いた方、拍手やコメントを頂いた方に感謝申し上げます。
m(_ _)m
来る年が皆様にとって、そして私や家族にとっても良い年だといいな♪
それでは皆様良い正月を。(^^)/

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(6) TOP

2017’12.28・Thu

トレッキングシューズを新調

トレッキングシューズを新調しました。
足首を捻っての捻挫クセがあるので、今まで同様ハイカットの物。
そして最近よく滑るので、ソールのグリップが良さそうな物を選びました(下写真)。

IMG17120100.jpg


でもそもそも、何で新調したかというと、これまで履いていたトレッキングシューズが、
ほら!こんな状態(爆)(下写真)


IMG17120101.jpg

これまでも二度剥がれかけたのだけれど、物持ちの良い(いや単にケチなだけ?)私は、その都度皮、ゴム系の接着剤で張り付けて使用していました。
今回もまた接着剤で貼ろうと思ったのですが・・・
ソールを見たら凸凹が随分減っている。
歩き方が悪い所為か、いつも外側が特に減るのですが、その外側は殆どツルツルになりかけ(下写真)。

IMG17120102.jpg

道理で最近下りで滑ると思ったぜぃ(笑)。
大抵週末は山歩きをしていて、結構危ない箇所も通りますから、これでは事故の確率も高い。
物持ちが良いのも考えもの、と言う訳で新調に至ったのですが、それまでこんな靴で山歩きをしていた分、新しいトレッキングシューズにしたら、急な下りでも全然滑らない。
その分余分な力も要らず、これまでよりずっと楽で疲れません。
こんなことならもっと早く新調するべきだったかな(笑)。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2017’08.11・Fri

瓶詰め金麦を貰ったよ♪

長年お気に入りで使っていた群青平皿と同じ皿が、金麦の「幸せの、あいあい皿」キャンペーンで貰えると判ってから、いつも飲んでいるプレミアムモルツと別枠で(つまりプレモルの飲酒量は減らさず)、金麦を飲みまくって、無事京都たち吉の群青平皿を手に入れたのは、もう2年前のこと(この記事
目的は達したとは言え、一旦増やした飲酒量は戻る訳もなく、その後もプレモルと別枠で、金麦も飲む習慣となりました(笑)。

その結果、缶のポイントシールも溜まるもの。
途中で、又「あいあい皿」を貰った気がするけれど、それでも溜まったポイントシールで、今回は市販はされていない幻の瓶詰め金麦を申し込んだのです。

こちらが120ポイントで貰える「あいあい皿の瓶詰め金麦のセット」。
あいあい皿は好きなものを選べるのだけれど、濃藍茶碗ペアにしました(下写真)。

IMG17080500.jpg


これが、これまで缶のみしかない金麦の、瓶詰め版。
中身は缶と同じではなく、このキャンペーン用の限定醸造で、度数も缶の5%に対し、こちらは6%。
RICH MALTと書いてありますから、発泡酒の範囲内ながらきっとモルト分も多いのでしょう。
金色の金属光沢のラベルで、ラベル原価が高そうです(下写真)。
我が家の自家製ビールの銀ピカのラベルを思い起こしますな(このラベル)。
その銀ピカのラベルは、手作りの所為もあるけれど、原価が中身(ビール)の半分くらいしました(笑)。

IMG17080501.jpg

味? そりゃ我が家の自家製ビールは、旨いのなんのって。<(`^´)>エッヘン!
えっ!そっちじゃなく、瓶詰め金麦の方?
幻の瓶詰めだもの~、まだ勿体なくて飲めないよ!

ポイントがまだあるので、ついでに48ポイントで貰える「あいあい皿」も申し込みました。
こちらは藍浅葱丸鉢のペア(下写真)。
何を盛ろうかな♪

IMG17080200.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

 |TOPBack