FC2ブログ
2019’06.21・Fri

自家製麺 2019 No.30 ~ No.32

この日の賄い昼食はシチリアのショートパスタ、アネッリ(Anelli)。・・・6/7日
Anelli はイタリア語でリングとか指輪などの意味ですが、名前の通り指に巻いて作るショートパスタです。
我が家は大抵、ロングパスタなら一人当たり粉重量100g、ショートパスタなら一人当たり粉重量60gで作るのですが、今日はそれでは足りなそうだったので、一人当たり粉重量65gとしました。
使った粉はパン用や二郎系の中華麺に使われるオーション。
この粉でピチ(2019 No.27)やウンブリチェッリ(2019 No.29)を打ってみましたが、パスタへの適性も中々のものです。

○2019 No.30 アネッリ 2人前
 オーション 130g、水67.6g(52%)、塩3.3g、オリーブオイル大匙1弱
 ※手打ち麺は1年通しのロットナンバーを入れています(2019 No.29はこの記事

生地を厚さ3、4mm位に延し、幅5mm、長さ5cm位に切り分けて(下写真)、

IMG19060700.jpg


指に巻きつけ重ね部分にちょっと水を付けて留める。
回しながら指から外して出来上がり。
加水率が高かった所為か生地が伸びて、かなりユルユルの指輪になりました(下写真)。

IMG19060701.jpg


ピリっと辛い物を食べたかったので、この日はこのアネッリをアラビアータに仕立てたのです。

[ アネッリのアラビアータ ]
Anelli all'arrabbiata.
アネッリ・アッラッラッビアータ

このレシピは別途パスタ記事の方に掲載する予定です(下写真)。

IMG19060703.jpg




この所、貯まりに貯まった食材の在庫整理を行っています。・・・6/9日
早速見つかったのがちょっと古くなった地粉の残り。
確か佐久の産直で買ったものです。
元々コシが無い(蛋白量が少ない)上に、古くなってさらにコシがなくなっている筈。
うどんで食べるには少し無理があるので、麦かっけで食べる事にしました。

○2019 No.31 麦かっけ 2人前
 信州地粉 200g、水100g(50%)、塩9g
 ※手打ち麺は1年通しのロットナンバーを入れています(2019 No.30はこの記事先頭)

延しは手抜きでパスタマシンを使用ww
切って畳んで、3角形に(下写真)。

IMG19060900.jpg


これが麦カッケ。 今日の具は、かしわ、コンニャク、葱、お揚げさん(下写真)。

IMG19060901.jpg




貯まりに貯まった食材の在庫整理はまだまだ継続中!・・・6/13日
今度は古い蕎麦粉が随分出てきました。
手打ち蕎麦は自家製粉する程凝っていますから、こんな古い蕎麦粉で蕎麦を打つのは抵抗があります。
そこでパスタで使うことにしました。
蕎麦粉のパスタ、ピッツォッケリ(Pizzoccheri)。
イタリアはロンバルディア州ヴァルテッリーナ地区のショートパスタです。

○2019 No.32 ピッツォッケリ 2人前
 蕎麦粉 80g、オーション 40g、水46%?(計測せず)
 ※手打ち麺は1年通しのロットナンバーを入れています(2019 No.31は↑の記事)

蕎麦粉と小麦粉(オーション)は2:1で、加水量は蕎麦打ちの要領で蕎麦粉自身が自分で纏まってくる量になります。
加水量を自由に決められるうどんと違い、蕎麦の加水は蕎麦粉が決めます。
取りあえず、捏ねて延して(下写真)、

IMG19061300.jpg


畳んで切る。
ピッツォッケリは通常拍子に切る(短冊形)のですが、日本の蕎麦かっけと比べてみたいので、かっけ形(3角形)に切りました(下写真2枚)。

IMG19061301.jpg
IMG19061302.jpg


アーティチョークの在庫も出てきたので、これ幸いとピッツォッケリと合わせカシューナッツソース仕立にしてみました。
アクセントをつけるために砕いたカシューと酢漬けケッパーもトッピング。

[ ピッツォッケリとアーティチョークのカシューナッツソース ]
Pizzoccheri e carciofi con crema di anacardi.
ピッツォッケリ・エ・カルチョーフィ・コン・クレマ・ディ・アナカルディ

このレシピは別途パスタ記事の方に掲載する予定です(下写真)。

IMG19061303.jpg

濃厚で美味い♪
この手のソースは外れがありません。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2019’06.09・Sun

ボンベイ・サファイアのバルーングラス

ボンベイ・サファイアの記事が続きます。

飲みかけのボンベイ・サファイア(750ml)がまだ残っているのに、コストコに行ったついでだからって購入した大瓶のボンベイ・サファイア(1750ml)(この記事)もまだ未開封で在庫。
でも近所のスーパーで、バルーングラスとやらがサービスでセットされたボンベイ・サファイアを見たら、迷わず又買っちゃってしまいました(笑)。

IMG19052000.jpg


ステムがボンベイ・サファイア瓶と同じサファイア色で結構綺麗です。
今晩はこのグラスでジントニックをと作ったら、思ったよりこのグラスがデカくて、 氷が少ないとウィルキンソンの500mlのトニックウォーターが1杯に入っちゃう。
こりゃ飲み応えがあるww(下写真)

IMG19052001.jpg


このバルーングラスがあまりにも綺麗なものだから、家内が自分の分も欲しいと、ボンベイ・サファイアを又買って来ましたww(下写真)。

IMG19052200.jpg


この時点でボンベイ・サファイアの在庫は、飲みかけの750ml瓶が1本に、開けていない750ml瓶が2本、開けていない大瓶1750mlが1本。
こりゃ~、晩酌の消費量を上げなきゃww

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2019’06.06・Thu

久しぶりのコストコ

1ヶ月ちょっと前ですが、久しぶりでコストコに行ってきました。・・・4/30日
購入したものはコーヒー、日高昆布、パルミジャーノ・レッジャーノ、ペコリーノ・ロマーノ、ボンベイサファイア大瓶、そして家内が買った緑の蓋の何だかよく判らない奴ww(下写真)。

IMG19043000.jpg


コストコは山のように買う人が多いけれど、我が家は近いのでいつも目的の物をだけをちょっと買う、近所のスーパーの買い物と同じスタイル。
この日はパスタ用のチーズの補充が目的でした。
大抵のパスタに使うパルミジャーノ・レッジャーノ、そしてローマ系のパスタにはペコリーノ・ロマーノが欠かせない。

ついでにボンベイ・サファイアの大瓶を購入してきたのですが、コストコはこのボンベイ・サファイアが安いのです。
ジントニック好きの我が家はジンの消費量も多い。

それにしても大瓶は大きいゾ!
下写真左がその大瓶(1750ml)、そして右がいつも飲んでいる750ml瓶のボンベイサファイア。
酒屋さんに置いてあるのは大抵750ml瓶のものです。

IMG19043001.jpg


我が家は、高いクラフトジンを除いて、タンカレー、プリマス、ビフィーター、ゴードン、ギルビー、シュリヒテ シュタインヘイガー など、廉価なジンが色々在庫してるけれど、中ではこのボンベイ・サファイアが一番好みかな。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2019’05.30・Thu

スパイス類収納

やっとキッチン&リビングのリフォームが終わりました。
終われば今度は、新しい食器棚や引き出しに、退避していた物を収容していくのが一仕事。
使いやすく収納するのはどの道、長期戦だけれど、この日(5/26日)はスパイス類と格闘したのです。
システムキッチンの吊戸棚の底に付けた昇降棚に、スパイス類を格納できたら、結構使いやすい。
下写真1枚目:格納状態、2枚目:引き下げた状態。

IMG19052606.jpg
IMG19052601.jpg


でも置いてみたら、今のスパイス瓶(下写真右2瓶)の高さがほんのちょっと高くて、昇降棚が閉まらない。
そこで新たなスパイス容器(下写真左端)を100均で探して来ました。
これなら高さ的にも大丈夫。

IMG19052602.jpg


そこで、100均にあるだけ買って来て詰め替えし、取りあえず使用頻度が高い23種を何とか昇降棚にセットしました(下写真)。

IMG190526013jpg


でも、手持ちのスパイス種はこんなものでは済まない。
使用頻度が多少低い奴はカゴに入れて、上の吊戸棚に収納(下写真)。

IMG19052604.jpg


でもね、さらにダンボール箱1個に入りきらない程のスパイスが有ったりしますww(下写真)。
これらは、500gや1kg単位の大袋や大缶入りのもので、どちらかと言えば詰め替え補充用の在庫がメイン。
なのでこれはキッチンではなく、食材保管部屋に収納と決定。

IMG19052605.jpg


これで、取りあえずスパイス類は片付いたかな。
スパイスだけでも、何だか随分疲れたナ。(^^;ゞ
・・・そして2日後。
又、スパイスが大量に届きました。┛)"0"(┗ オーマイガ!! (下写真)。

IMG19052805.jpg

ああそう言えば、在庫切れしそうなやつを注文していたんだっけww。
さあて・・・どこに仕舞うか。(^^;ゞ

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2019’04.05・Fri

花見2019

この日は私が所属している東京きのこ同好会の有志による花見会。・・・3/31日
料理は自由に持ち寄りなので、我が家は花見には必ず作る定番の手捏ね寿司。
鰹で作ることが多いのですが、今年は漬けマグロの手捏ね寿司にしました(下写真)。

IMG19033102.jpg


それと自家製のフィオッコ(Fiocco)をスライスして、持ち込みました(下写真)。

IMG19033103.jpg


他の皆さんは電車で来ているけれど、我が家は自宅から徒歩1分の公園です。
で、肝心の桜はと言えば、
ほら!満開の桜(下写真)。

IMG19033101.jpg


・・・って、実は大嘘ww
咲いている所を撮ったから、満開に見えるだけで、全体はまだ1分~2分咲き程度。
この公園は広い芝生の両側に180本の桜がずっと先まで続きます。
いくら桜が綺麗でも、道路脇ではシートも広げられない。
その点、この公園は芝生の何処にでもシートを広げ放題ですから、まるで花見のためにある公園のようです(下写真)。

IMG19033104.jpg


その芝生のいい場所に陣取って、ビールと焼酎と日本酒で、早速花見会の開始(下写真)。

IMG19033100.jpg

始まりは少し寒かったけれど、日も照って段々温かくなり、なかなか良い花見でした。
皆さん、大分高齢になって来て大変だけれど、これからも出来るだけ長く、花見ができるといいな。


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2019’02.01・Fri

市場での買い物

久しぶりで市場に行ってきました。・・・1/19日
クラテッロ&フィオッコ仕込みのための国産豚原木を頼んでくるのが主目的だけれど、行ったらついつい色々買っちゃうよ~ww

まずは、下写真左上から時計回りに、ウズラ卵2パックとサービスで貰った茹で卵1個(ウズラ卵の上の白袋)、かつお薄削り節、鰹節粉500g、今年の自家製味噌仕込み用のとよまさり1kg×2袋、S&Bのホワイトペッパー(パウダー)1kg。
ホワイトペッパーは半値(1,440円)だったので即買いでした(下写真)。

IMGIMG19011900.jpg


次に鮮魚。
、下写真左上から時計回りに、700gサイズのマトウダイ3匹で1,080円、1.4kg強の真鱈が540円、840gの真鱈卵が540円(下写真)。

IMGIMG19011901.jpg

この日はお買い得な鮮魚が沢山あって、大きな水蛸頭や、格安な活〆平目、シマアジなど・・・みんな買いたかったけれど、二人でそんなには食べられない。
必死に我慢しました(笑)。

市場の帰りに、聖跡桜ケ丘の富澤商店に寄って、スーパーキング2.5kg、ゴールデンヨット2.5kg、ライ麦全粒粉1kg、サフドライイースト、粉末かん水を購入(下写真)。

IMGIMG19011902.jpg


さて自宅に帰り、鮮魚は鮮度の良い内に処理をしなければなりません(下写真)。
マトウダイ3匹は3枚に下し、皮を剥き、極薄く振り塩し、半身づつ昆布で包み(昆布締め)、さらにその上からキッチンペーパーで包み、PE袋に入れて冷蔵庫へ。
当面食べるのは半身1枚か2枚なので、残りは2日後に水分を吸った外側のキッチンペーパーだけ交換し、真空引き後冷凍庫へ。
こうしておけば、いつでもマトウダイの昆布締めお刺身が食べられます。
捌いてみたらとても良い肝がタップリ入っていました。
3匹分の肝と胃と皮、そしてアラ(頭と中骨)だけでも、お腹が一杯になりそうww


IMGIMG19011903.jpg


ちなみにこれは、後日解凍して薄造りにした昆布締めマトウダイの一皿。
これが一匹の半身分です(下写真)。

IMGIMG19012112.jpg


さて次は真鱈。
真鱈の口から尾っぽが出ているので、引っ張ってみたら、そこそこのサイズの魚が(下写真)。

IMGIMG19011906.jpg


取り出してみたら・・・どう見ても共食い!(下写真)
いっけない奴め~ww
お前には正義の裁き・・・いや捌きをしてやろう(笑)
ええ~い、二枚下しにしてくれるわ(爆)


IMGIMG19011907.jpg


半身は塩を刷り込みバカラオに仕立て、冷蔵庫内の怪しい長期熟成コーナーに保管ww
頭、骨付き半身はブツに切って、この日の夕食の鱈鍋に。
頭の入った鱈鍋は、コラーゲンたっぷりで、アンコウにも負けない濃厚な鍋になりますナ。

皮が斑で一見グロテスクな真鱈の卵。
通常のいわゆるタラコ(こちらは助宗鱈の卵)に比べると巨大です(下写真)。

IMGIMG19011904.jpg


おっ、カラスミにしたい・・・と思う方も多いかもしれないけれど、この真鱈卵をカラスミにするのは結構難しい。
脂の含有量のせいなのか、ねっとり感が出ず、カラスミとタラコの中間的な食感になってしまいます。
煮て食べてもいいけれど、我が家はこれを、袋を破いて中身をしごき出し、醤油漬け(醤油、日本酒、本味醂)にします(下写真)。

IMGIMG19011905.jpg


ユルユルに漬けた醤油漬けも、30分も経てば卵が吸収し、パンパンに(下写真)

IMGIMG19011908.jpg


1日目からでも食べられるけれど、冷蔵庫に保管して2~3日後からの方が味が落ち着いて旨くなるかな。
北海道、青森、秋田、岩手、宮城、山形の方で食べられてるようです。
このまま酒のアテにもなるけれど、ご飯で食べると結構嵌ります。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2018’11.22・Thu

コンニャク芋他の購入

所用で外出した際、たまたま立ち寄った店にコンニャク玉が売っていたのです。・・・11/11日
それも3年玉(この大きさはその筈)で1000円だったので、即買いしました。
コンニャク芋は4月、5月に生子か種芋(1年玉や2年玉)に植えて、11月に掘り上げて貯蔵。
生子を植えたものは収穫時1年玉に、1年玉、2年玉を植えたものは夫々2年玉、3年玉になります。
我が家は毎年のおせちのコンニャクは自家製に決めているので、最低年1回はコンニャクを自家製するのですが、いつも手に入っているのは、小さな1年玉か2年玉で300g前後。
今回購入したコンニャク玉は、帰って計ってみたら1.9kgありました。
何時もの量なら6回位作れます。
取りあえず、今年のおせち用のコンニャクは手に入りました。

ちょっと品揃えが変わっているスーパーがあるので、ついでに途中下車して寄ってみました。
狙いはキンカン(鶏の胎内卵)です。
ここではキンカンとフランクフルト、煮干しを購入しました。

この日の購入品、写真左上から時計回りに、国産キンカン2種(キンカンだけと玉ひも付きのもの)、フランクフルト、コンニャク芋、煮干し(下写真)。

IMG18111100.jpg

煮干しは賞味期限近くと言うことで半額品。
こんな乾物の賞味期限ってあんまり意味が無いと思うけれど、そのお陰で200gが182円(税込)と超格安。
こんな値段なら、ケチらないで煮干し出汁が取れますww

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2018’04.25・Wed

100円のスマホ用マクロレンズが凄いゾ!

この日出席していたキノコの研究会で、100円均一のスマホ用マクロレンズを持っていた方がいたので、借りてイタチタケの襞をスマホで撮影してみました。
これが100円の実力? 想像していたよりずっと凄~い♪♪
私のマクロに強いコンデジ、リコーCX-5より遥かに分解能が高いのですな(下写真)。

IMG18042302.jpg


その研究会の帰りにセエリアに寄って、早速スマホ用マクロレンズを買いました。
我が家の水耕トマトについた未だちっちゃな蕾も、これだけ写るゾ(下写真)。

IMG18042400.jpg


トマトの葉面もこんな感じ(下写真)。
これなら楽勝でサビダニが写ります。

IMG18042401.jpg


今年の夏は100円のスマホレンズでサビダニチェックをしよう!!


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(10) TOP

2018’04.10・Tue

山野草の美味しい季節

山野草が美味しい柔らかい若い芽や若葉を出す季節。
この所の散策で見た、又は採取した山野草の記事です。

3/24日
この日は週末の散策日。
この所少し右膝を壊しているので山には行けず、専ら平場を歩いています。
この日の散策コースは京王片倉駅からスタートし、里山の道を選びながら狭間駅までの10.8kmのコース。
片倉城址公園のカタクリが真っ盛り(下写真)。
でもこのカタクリはわざわざ植えて保護しているものですから、当然採取は厳禁ですww。

IMG18032401.jpg


途中の農道脇に土筆が沢山発生していました(下写真)。
こちらはいくら採っても大丈夫。

IMG18032402.jpg


ものの10分でレジ袋にどっさり。
あまり採っても、後の処理が大変です(この記事)。



3/31日
右膝が具合は良くならず、週末散策は専ら平場を歩いています。
この日は、東秋留~滝山城址公園~昭島までの11kmのコース。
そろそろ滝山城址公園も桜祭りの筈で、そこで缶ビールを飲もうと思ったら、桜祭りはその翌日から。
桜祭りの準備は始まっていたけれど缶ビールは無し、残念!(下写真)。

IMG18033102.jpg


途中の畔道でカンゾウ(萱草)とオカジュンサイ(別名ギシギシ)を見つけたので夕食用に摘んで来ました。

IMG18033103.jpg


早速その日の夕食で頂きました(下写真 1枚目がオカジュンサイ、2枚目はカンゾウのぬた)。
こんな風に、摘んできた野のもので1品、2品を作り、それをアテに酒を飲むのは、結構自分の中の理想に近い・・かな。

IMG18033100.jpg
IMG18033101.jpg




4/8日
この日も週末の散策日。
右膝の具合が相変わらず良くならず、今回も平場です。
自宅最寄り駅の2つ先の駅から散策スタートで、里山の道を選びながら歩き、13.6kmのコースとなりました。
このルートの大半は8年ぶりになるけれど、歩いてみると結構記憶していました。
途中で、カンゾウとイタドリを見つけて採取。
ようやく大好物のイタドリが採れ始めました(下写真)。

IMG18040800.jpg


皮を剥いて一晩水に漬けシュウ酸を抜き、今朝炒め煮にしました(下写真)。
イタドリは自身の持っている酸味とシャキシャキな食感が身上。
火の通し過ぎは超~厳禁です。(我が家のレシピはこちら

IMG18040900.jpg


ところで、酸味の主体はシュウ酸なのに食べていいの?と心配する方もいるかも知れません。
少なくとも調理されたイタドリ(若い茎でシュウ酸抜きがなされた)の酸味の主体は、シュウ酸ではなくリンゴ酸、酒石酸、クエン酸、及び未同定の酸です。
イタドリの茎に含まれるシュウ酸の量は、食用に出来るごく若い茎の場合は元々少量であって、ホウレンソウと比べても少ない上、水に晒したり、茹でることで相当減少し、食べても血中カルシウム不足等の保険上の問題はないと思われるそうです。
             興味がある方のための参考文献:
 ’細管式等速電気泳動法によるイタドリ中のシュウ酸分析’,児嶋佳世子,八木孝夫,奥田拓男



4/9日
前日の散策でイタドリが採れたものだから、お昼にアミガサタケのチェックも兼ねて、自宅回りのイタドリスポットもチェックしてきました。
残念ながらアミガサタケは欠片も無し。
あちこちで採れてる話は入ってくるけれど、今年は未だ一個も見ていません。
ひょっとして誰かに採られてる?(笑)
アミガサタケは駄目だったけれど、イタドリの方は出始めていました(下写真)。

IMG18040901.jpg


これまで気づいてなかったけれど、あちこちにハリギリが随分生えています(下写真2枚)。

IMG18040902.jpg
IMG18040905.jpg


採り頃の芽もあったけれど、株自体がまだ小さいので2、3年見逃してあげる事にしましたww(下写真)。

IMG18040903.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(8) TOP

2018’04.03・Tue

花見2018

この日は私が所属している東京きのこ同好会の有志による花見会。・・・4/1日
会場は自宅から徒歩1分のいつもの公園。
この公園は芝生を挟んで両側に180本の桜がずっと先まで続きます。
ビール以外の、酒&料理はそれぞれ自由に持ち寄り。

我が家は花見での定番料理、手捏ね寿司。
今年はヅケまぐろと鯛の昆布〆の手捏ね寿司にしました(下写真)。

IMG18040100.jpg


そして、土筆のキンピラ(下写真)。

IMG18040102.jpg


そして、我が家のちょい特別なピノ・ノワール(下写真)を持って出かけました。

IMG18040103.jpg


この日は風も無く快晴、花見には最高な暖かい日です。
花見客も随分出ていました(下写真)。

IMG18040104.jpg


1週間前には随分咲いてしまって、途中で強風の日もあったものだから、散っちゃうかなぁって心配だったけれど、しっかり残っています(下写真)。

IMG18040105.jpg


この場所で東京きのこ同好会の花見をやるのは恒例だけれど、今年が今までで一番花見日和。
楽しい花見になりました♪
東京きのこ同好会の皆さん、お疲れ様でした~(下写真2枚)。

IMG18040106.jpg
IMG18040107.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

 |TOPBack