• « 2017·03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2011’05.22・Sun

香菜再生

以前は良く出回っていた根付きの香菜(シャンツァイ、又はパクチー、又はコリアンダー)ですが、私の周りでは最近みんな根がついてないものばかりで、根付きのはなかなか見ないのです。
この前、いつもの近所のスーパーで久しぶりに根付きを見つけて購入しました。
でも撮り忘れたから、写真はありません。(^^;
この香菜、初めて食べた頃は、大抵の人がそうであるように、このカメムシ臭が何ともいやで嫌いでした。
でもアジアンな料理にはとても合うし、馴れてくると、無いと無性に食べたくなる、何とも変な葉っぱです。

久しぶりで手に入れたものだから、酸辣(サンラー)なスープに仕立てたフォーで、この香菜をタップリ乗せて食べたいなぁと、我慢ができなくなってフォーを探しました。
もともと2ケ月くらいは買い物に行かなくたって十分食いつなげられる、我が家の(と言うより私の)隠し在庫(笑)。
フォーだっていつもは我が家に普通に在庫しているのですが、たまたまこの前食べてしまって、在庫切れだったのです。
フォーなんてマイナーな食材がこんな小さなスーパーにあろう筈もありません。
・・・と思ったら
秋田こまちで作った「こまち麺」なる物を発見!!(下写真)
フォー程、パリパリに乾燥しておらず、結束バンドみたいな外観(笑)だけれど、米の粉で作った麺なら、明らかに国産フォーとも言えるものでしょ。
迷わずゲ~~ット!

IMG1105170.jpg


豆板醤、ナンプリック・パオ、ラー油、鷹の爪、酢、自家製魚醤、鶏がらスープで、野菜タップリで酸辣々(サンラーラー)なフォーを作って、さっそく香菜をトッピング(下写真)。
う~~ん、アジア~~ン!!久しぶりな味で美味しい♪
「こまち麺」もしっかりフォーです。

IMG1105171.jpg


さて本題はここから。

なんで根付きの香菜を探しているかと言えば、種を植えるより、購入した根付きの香菜の根を植えて栽培した方が、手っ取り早く香菜が栽培が出きるからです。
以前も何度もやっているのですが(その記事)、でも最近ではこれまでの方法ではうまく根付かないことも多いのです。
今回の物も根付きといっても、根は根元の直根部分だけで髭根が殆どない状態、おまけに水耕栽培の根なので、このままバーミュキュライトにセットしたり、土に植えても根付かないような気がします。
上はさっぱり切断して水に浸けておいて利用し、根だけを一旦発根させてから植えた方が確実に思えます。
水に浸けて発根させてもいいのですが、植物の性質上、根の部分は光を遮断した方がより発根します。
そこで砂培地にセット。
砂は思っているよりずっと、吸水力、保水力があって、下の受け皿に水を注いだ瞬間、砂培地全体に水がいきわたります。
まさに挿し芽に打ってつけ(下写真)。

IMG1105180.jpg


セットして3日目、枯れることなく新しい芽が伸びているので、このままもちょっとしたら、根もしっかりでる と思われますナ(下写真)。
植え替えはそれから。(^^)

IMG1105210.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie野菜再生  トラックバック(0) コメント(14) TOP

2008’03.18・Tue

再再々生ダイコン

再再々生ダイコンは結構葉が伸びてきていたが、一寸水代えを油断して腐らせてしまった。少し暖かくなっ てきているので、管理が結構大変。油断して腐らせる前までは収穫可能な状態だったので、取りあえず再再々生 まではいけると言うことだ。

!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie野菜再生  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’03.15・Sat

ネギ再生器

ネギ再生器の経過(前回状態)はなかなか順調。3~4台くらいあれば再生ネギだけで消費がまかなえるような 気がする。

IMG0803150.jpg


ということで、2号機を製造。初号機は材料も探し(100円均で)、適当にその場で考えながら試行錯誤で作るけど、 2号機からは作り方が既に決まっているので簡単。

IMG0803151.jpg


※ネギは根元(根が出る部分)まで、液肥(水でも同じ)に漬かってしまうとすぐカビが生えたり腐ったりして駄目になります。
 なのでそこまで水位を上げないように管理するのがポイントです。

!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie野菜再生  トラックバック(0) コメント(10) TOP

2008’03.01・Sat

再再々生ダイコン

再再々生に挑戦中のダイコン。なんとか葉が出てきた。めげないものだ。

IMG0803018.jpg


!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie野菜再生  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’03.01・Sat

豆苗

液肥で再生すれば多数回の再生が可能かどうか実験中の豆苗(前回)。 水での再生と同様に再生2回目(再再生)ではもう何故か元気がない。肥料の問題でもなさそうだ。再生2回目 は取れてもひょろひょろの茎で本数も少なくなるので、1回の再生でしっかり根元まで収穫することを考えたほ うが良いようだ。これはもう撤収して実験は終了。

IMG0803012.jpg


豆苗パート2(前回)。再生一回目はこんなに元気。明日収穫の予定。再生は一回きりとして、根元までしっかり 収穫だな。

IMG0803013.jpg


!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie野菜再生  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’02.24・Sun

ルッコラ再生断念

洗い砂培地で発根させようとしていた再生ルッコラ、残念ながら全く 発根しないので断念撤収。代わりにスポンジ培地に蒔種。

IMG0802240.jpg


!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie野菜再生  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’02.19・Tue

豆苗追加

奥方が豆苗を買ってきたので、再生する豆苗が又増えた。取りあえずイチゴパックにバーミキュライトを入れて、 その半分まで液肥を入れ、豆苗の根元を上に乗せる。

IMG0802194.jpg


!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie野菜再生  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’02.17・Sun

ネギ再生器その後

ネギ再生器のその後。結構順調、もっとぎゅうぎゅう詰めでも良さそう。

IMG0802170.jpg


!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie野菜再生  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’02.17・Sun

再々生大根&豆苗

コップにセットした方の豆苗を収穫。自家製ベーコンとニンニクと炒めて味見(量的に味見にしかならない量だ)。 結構美味しい。お昼のけんちんソバで再々生大根の葉も消費。又液肥につ けて再再々生。ここまできたら記録として挑戦だぁ。

!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie野菜再生  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’02.16・Sat

再々生大根その後の経過

再々生中の大根その後の状態。もう収穫しても、チャーハン一人前分くらいには使用できる。 前回状態

IMG0802162.jpg


Categorie野菜再生  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack