• « 2017·03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2017’02.22・Wed

ベランダ水耕トマトの撤収他

南向きのベランダの1間幅でトロ箱水耕栽培しているトマト類と、コーナー半間幅でPETボトル水耕栽培しているペッパー類の収穫状況です。

1月/6日
コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)を1個(197.1g)収穫(下写真)。

IMG17010600.jpg




1/10日
ジャーマン・ジャイアント(German Giant)を2個(423.5g)、エバグリーン(Evergreen)を1個(162.6g)、ハバネロ(chile habanero)を4本収穫(下写真)。

IMG17011001.jpg


また鳥にやられました。
これは網の袋を被せて覆っていたトマト。
多分その網袋を嘴で引っ張って外したようです、被せていた網袋は下に落ちていました。
今年の鳥は異様にしつこいです(下写真)。

IMG17011002.jpg


NETで見つけたフクロウの写真を窓に貼り付けてみたけれど・・・
やっぱりなぁ(笑)・・今年の鳥には何の役にも立ちません(下写真)。

IMG17011605.jpg




1/15日
ジャーマン・ジャイアントを1個(324.9g)、エバグリーンを1個(280.9g)を収穫。 煮込みに使えるかもと、鳥に食べられていたジャーマン・ジャイアント(多分)も取りあえず採ったけれど、これはカウント外(下写真)。

IMG17011500.jpg




1/21日
コストルート・ジェノベーゼを2個(261.5g)収穫(下写真)。

IMG17012104.jpg




1/28日
エバグリーンを2個(268.0g)収穫(下写真)。

IMG17012802.jpg




2/8日
夜間にかなり冷え込む日も多く、枯れ枝が目立ってきたので撤収することにしました。
室内追熟で色づくサイズだけを収穫。
コストルート・ジェノベーゼを8個(661.0g)、エバグリーンを9個(648.0g)収穫。

IMG17020800.jpg


これで2016年度トマト&ペッパーは終了ですから集計をしました。

2016年度ベランダトマト収穫量(個数&重量)
CJ個CJ重SM個SM重GG個GG重EG個EG重GW個GW重月計(重)
7月00.0g3289.5g2857.0g00.0g2663.3g1809.9g
8月61464.5g6561.9g2628.5g3639.5g1219.5g3513.9g
9月00.0g3138.1g00.0g00.0g00.0g138.1g
10月00.0g00.0g1182.8g00.0g00.0g182.8g
11月00.0g00.0g3410.0g00.0g2373.5g783.5g
12月00.0g00.0g91942.0g3527.0g3546.2g3015.2g
 1月3458.6g00.0g3748.4g4712.0g00.0g1919.0g
 2月8661.0g00.0g00.0g9648.0g00.0g1309.0g
累計172594.1g12989.6g204768.7g192526.5g81802.5g12671.4g
ここで、
CJ:コストルート・ジェノベーゼ、SM:サンマルツアーノ、GG:ジャーマン・ジャイアント
EG:エバーグリーン、GW:グレイトホワイト

ペッパー類は、
2016年度ペッパー類収穫量(本数)
ハラペーニョフ ィ ッ シュカイエンアルボル島  唐鷹 の 爪ハバネロ
7月51300400
8月25492644264
9月0101516361121
10月1011264600
11月28125849013
12月26280604223
 1月0000004
 2月0000000
累計21801061062397965


毎年南向きベランダの1間幅の領域を使って20kg前後のトマトを収穫してきたのだけれど、今年は不調でした。
でも理由は明白。
地元のお百姓さんから60坪超の畑を借りて土耕でやっていた時もそうだったけれど、畑に行った時間、つまり手間暇かけた時間に、収穫量は比例するのですな。
2016年度は何だか時間が取れず、苗が十分育っても定植する時間が取れなくて定植時期が遅れてしまったり、ウドンコが広がったり、ザビダニが来ても手当する時間がなくて対処が遅れたり・・・の連続でした。
で、今年はしっかりやらなきゃと思いながら、育苗どころかつい数日前に播種したばかりだったりします。(^^;ゞ
何処かで遅れを取り戻さなきゃ・・・

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(8) TOP

2016’12.31・Sat

ベランダ水耕トマト&ペッパーの収穫状況1230

南向きのベランダ1間幅でトロ箱水耕栽培しているトマト類と、コーナー半間幅でPETボトル水耕栽培しているペッパー類の収穫状況です。

11/24日
ピンク系トマトのジャーマン・ジャイアント(German Giant)を1個(226.5g)、白系トマトのグレイトホワイト(Great White)を1個(176.5g)収穫。
ペッパー類は、カイエンペッパー(Cayenne pepper)を6本収穫(下写真)。

IMG16112400.jpg




12/03日
この季節はヒヨドリ、シジュウカラ、メジロの攻撃が凄いのです。
折角色づいた大事なトマトも、気づいたらこんな有様(下写真)。
何時もなら網をかけているのだけれど、その網は干し柿を啄まれないようにそちらにかけたまま。
本来なら干し柿はとっくのとうに出来上がっているのだけれど、今年はそのまま放置中。

IMG16120300.jpg




12/05日
グレイトホワイトを1個(188.5g)収穫(下写真)。

IMG16120502.jpg




12/17日
ジャーマン・ジャイアントを1個(375.5g)、グレイトホワイトを1個(129.2g)収穫。
ペッパー類は、カイエンペッパーを10本収穫。
ジャーマン・ジャイアントもグレイトホワイトも少し鳥に突かれています。
昨年までは赤くなったトマトしか狙われなかった筈が、今年はほんの少し色づいただけで、又白トマトまで突かれます。
今冬は特に食べる物が無いのでしょうか(下写真)。

IMG16121701.jpg




12/25日
ジャーマン・ジャイアントを3個(518.0g)収穫。
ペッパ類は、フィッシュ(Pepper Fish)を2本、カイエンペッパーを14本、島唐辛子を32本収穫(下写真)。
トマト毎に小さな網の袋を被せました。
もう以降は鳥に突かれないかな。
トマトはこれ位の色づき具合で早採りしても、室内で追熟させればしっかり完熟して、味も木成りと変わりません。
暖かい室内なら熟すのも早く、冬季は早採りがお奨め。

IMG16122501.jpg




12/26日
緑トマトのエバグリーン(Evergreen)を1個(144.0g)収穫(下写真)。

IMG16122601.jpg




12/27日
ジャーマン・ジャイアントを4個(769.0g)収穫(下写真)。

IMG16122700.jpg




12/28日
エバグリーンを2個(383.0g)、グレイトホワイトを1個(228.5g)収穫(下写真)。

IMG16122800.jpg




12/30日
ジャーマン・ジャイアントを1個(228.5g)収穫。
緑トマトのエバグリーンと思って収穫したら、どうやらジャーマン・ジャイアントのようです。
でも室内追熟で問題なく真っ赤に完熟します。

IMG16123000.jpg


この日が年内の最終収穫になる筈なので12月までの月毎集計をしました。

2016年度ベランダトマト収穫量(個数&重量)
CJ個CJ重SM個SM重GG個GG重EG個EG重GW個GW重月計(重)
7月00.0g3289.5g2857.0g00.0g2663.3g1809.9g
8月61464.5g6561.9g2628.5g3639.5g1219.5g3513.9g
9月00.0g3138.1g00.0g00.0g00.0g138.1g
10月00.0g00.0g1182.8g00.0g00.0g182.8g
11月00.0g00.0g3410.0g00.0g2373.5g783.5g
12月00.0g00.0g91942.0g3527.0g3546.2g3015.2g
累計61464.5g12989.6g174020.3g61166.5g81802.5g9443.4g
ここで、
CJ:コストルート・ジェノベーゼ、SM:サンマルツアーノ、GG:ジャーマン・ジャイアント
EG:エバーグリーン、GW:グレイトホワイト

ペッパー類は、
2016年度ペッパー類収穫量(本数)
ハラペーニョフ ィ ッ シュカイエンアルボル島  唐鷹 の 爪ハバネロ
7月51300400
8月25492644264
9月0101516361121
10月1011264600
11月28125849013
12月26280604223
累計21801061062397961


例年年間20kg前後のトマトを収穫する我が家のベランダ菜園だけれど、今年は絶不調。
年明け1月の撤収時にはまとまった収穫量が加わるけれど、それを加えても13kg程度で終わりそうです。
理由は、忙しくてなかなか手がかけられず、放置気味だったことにつきます。
畑でやっていた時もそうだったけれど、土耕にしろ水耕にしろ、かけた時間と収穫量は比例しますな(反省)。 (^^;ゞ

この記事が今年最後の記事になります。
今年も沢山の方に閲覧頂いて、また沢山のコメントも頂きましたこと、本当に感謝申し上げます。
ブログやオフ会で知り合ってとても仲良くして頂いたお友達に感謝申し上げます。
2017年が皆様にとって良き1年になることを祈念して止みません。
それでは皆様、「良いお年を!!!」

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(10) TOP

2016’11.23・Wed

ベランダ水耕トマト&ペッパーの収穫状況1123

記事に完成させる時間がなかなか取れないで、下書きが溜まる一方です。
順不同になるけれど、アップしやすいものからアップロード中

南向きのベランダ1間幅でトロ箱水耕栽培しているトマト類と、コーナー半間幅でPETボトル水耕栽培しているペッパー類の収穫状況です。

10/6日
ハラペーニョ(chile Jalapeño)を7本収穫。

IMG16100601.jpg




10/18日
ジャーマン・ジャイアント(German Giant)を1個(182.8g)。
ペッパー類は、フィッシュ(Pepper Fish)を1本、チレ・アルボル(Chile de Arbol)を6本、島唐辛子を13本収穫。

IMG16101800.jpg




10/24日
黄化葉巻病になったサンマルツァーノ(San Marzano)を他に伝染しないうちにと早めに撤収させたのだけれど、どうやらその隣のグレイトホワイト(Great White)にも伝染してしまったようです。
怪しい枝を切って見ましたが、どうみても黄化葉巻病の葉(下写真)。

IMG16102402.jpg

新芽や新たな開花、着果には影響が甚大だろうけれど、この時期から着果する分はどの道撤収(予定では翌1月)までには肥大が間に合わない。
既に着果している実を肥大させる分にはあまり影響は無いと見て、このまま栽培を続けることにしました。



10/26日
ハラペーニョを3本、カイエンペッパー(Cayenne pepper)を12本、島唐辛子を33本収穫。

IMG16102600.jpg




11/6日
ハラペーニョを2本、フィッシュを8本、カイエンペッパーを6本、島唐辛子を25本収穫。

IMG16110600.jpg




11/19日
ジャーマン・ジャイアントを2個(183.5g)、グレイトホワイトを1個(197.0g)収穫。
ペッパー類は、チレ・アルボルを58本、島唐辛子を24本ハバネロ(chile habanero)を13本収穫。

IMG16111900.jpg

トマトは少し早採りのようだけれど、この位で採って室内で追熟させる方がずっと早いし、完熟の味も木成りと変わりません。
チレ・アルボルは沢山採れたのだけれど、実は気づかないで回復不能までシオシオさせてしまい、止む無くの撤収だったのです。

ようやく秋冬トマトが採れ始めました。
これから2月までは(撤収は翌1月予定だけれど)トマトに困らない期間になります(下写真15枚)。

IMG16112201.jpg IMG16112202.jpg
IMG16112203.jpg IMG16112204.jpg
IMG16112205.jpg IMG16112206.jpg
IMG16112207.jpg IMG16112208.jpg
IMG16112209.jpg IMG16112210.jpg
IMG16112211.jpg IMG16112212.jpg
IMG16112213.jpg IMG16112214.jpg
IMG16112215.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(6) TOP

2016’10.01・Sat

ベランダ水耕トマト&ペッパーの状況0930

南向きのベランダ1間幅でトロ箱水耕栽培しているトマト類と、コーナー半間幅でPETボトル水耕栽培しているペッパー類の状況です。

まずは収穫から
9/21日。
フィッシュ(Pepper Fish)を9本、チレ・アルボル(Chile de Arbol)を5本、島唐辛子を18、鷹の爪を11本収穫。

IMG16092100.jpg


9/25日
サンマルツァーノ(San Marzano)を2個(82.0g)、フィッシュを1本、カイエンペッパー(Cayenne pepper)を9本、島唐辛子を1本収穫。

IMG16092501.jpg


さて、この前サンマルツァーノにイヤーな枝を見つけてカットしてよく見てみたのです。
これって明らかに黄化葉巻病?(下写真)

IMG16092000.jpg

他も良く調べてみたら、サンマルツァーノだけ、全ての新芽がすべてこの状態。
黄化葉巻病はウイルス性、残念ですが、他にうつったら元も子も無いので、サンマルツァーノだけ撤収・廃棄しました。
いくつか実もついていたのに~。(┳Д┳)
もっと早い時期なら、撤収で空いた空間に他種のトマトが伸びてきてその分収穫量を増やし、全体収穫量としては変わらないのですが、この時期では、これから枝が伸びてきて開花、着果ではもう遅すぎて収穫までは至れません。
サンマルツァーノの分がソックリ収穫量減になりそうです。

さて、他のトマトの状況。
初収穫まで出遅れたせいで、春夏の収穫は例年に比べ半分位。
その所為か、暑さが過ぎたらこれまでの分を取り戻そうと一気に開花。
でもミニトマト並みに同じ果房にこんなに花を付ければいいってもんじゃない・・・だってこれ超大玉のジャーマン・ジャイアント(German Giant)ですから(笑)。(下写真)

IMG16092302.jpg


他もあちこち大分咲き始めました(下写真2枚)。

IMG16092303.jpg IMG16092304.jpg


それから5日後。
沢山花を付けたジャーマン・ジャイアントの果房でも、結構な数は着果した模様(下写真)。
沢山ついたら一個一個は小さくはなるけれど、小さいっていっても超大玉の小さい奴は普通の大玉くらいはあるから、つるが持つか?(笑)

IMG16092800.jpg


ジャーマン・ジャイアント以外もあちこちで着果始めました(下写真6枚)。

IMG16092801.jpg IMG16092802.jpg
IMG16092803.jpg IMG16092805.jpg
IMG16092806.jpg IMG16092807.jpg

以前も書いているけれど、夏場は着果から45日くらいで完熟したトマトも、寒くなるにつれ60日~90日と必要になってきます。
それを考えれば、撤収(12/中旬~翌1/中旬)までに木成り完熟させるなら9/末までの着果。
完熟まで至らなくても、撤収時にある程度収穫サイズになっていれば、収穫後室内で追熟させることができるので、収穫後の室内追熟まで考えれば、10/中旬までの着果が限度。
なので10/中旬まで出来るだけ着果数を稼がなければなりません。
台風来るんじゃないぞ~!!

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2016’09.21・Wed

ベランダ水耕トマト&ペッパーの収穫状況0920

南向きのベランダ1間幅でトロ箱水耕栽培しているトマト類と、コーナー半間幅でPETボトル水耕栽培しているペッパー類の収穫状況です。

8/12日
ハラペーニョ(chile Jalapeño)を2本、チレ・アルボル(Chile de Arbol)を13本、鷹の爪を6本収穫(下写真)。

IMG16081200.jpg




8/17日
コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)を2個(407.0g)収穫。
ペッパー類は、フィッシュ(Pepper Fish)を15本、鷹の爪を5本、ハバネロ(chile habanero)を4本収穫(下写真)。

IMG16081704.jpg




8/29日
フィッシュを10本、カイエンペッパー(Cayenne pepper)を3本、チレ・アルボルを13本、島唐辛子を29本、鷹の爪を15本収穫(下写真)。

IMG16082903.jpg


この日が8月の最終収穫なので、これまでのように8月までの月毎収穫集計を行いました。

2016年度ベランダトマト収穫量(個数&重量)
CJ個CJ重SM個SM重PH個PH重EG個EG重GW個GW重月計(重)
7月00.0g3289.5g2857.0g00.0g2663.3g1809.9g
8月61464.5g6561.9g2628.5g3639.5g1219.5g3513.9g
累計61464.5g9851.5g41485.5g3639.5g3882.8g5323.8g
ここで、
CJ:コストルート・ジェノベーゼ、SM:サンマルツアーノ、GG:ジャーマン・ジャイアント
EG:エバーグリーン、GW:グレイトホワイト

ペッパー類は、
2016年度ペッパー類収穫量(本数)
ハラペーニョフ ィ ッ シュカイエンアルボル島  唐鷹 の 爪ハバネロ
7月51300400
8月25492644264
累計755392648264




9/8日
サンマルツァーノ(San Marzano)を1個(56.1g)収穫。
ペッパー類は、チレ・アルボルを11本、ハバネロを7本収穫(下写真)。

IMG16090800.jpg




9/17日
カイエンペッパー(Cayenne pepper)を6本、島唐辛子を17本、ハバネロを14本収穫。

IMG16091700.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2016’08.11・Thu

巨大トマト記録更新ならず!他

このところ、仕事と私事でバタバタしていた上、オリンピックが始まってからは毎日睡眠不足。
何とか気力を振り絞って、久しぶりのブログ更新です。(^^;ゞ
南向きのベランダ1間幅でトロ箱水耕栽培しているトマト類と、コーナー半間幅でPETボトル水耕栽培しているペッパー類の収穫状況です。

7/25日
我が家のこれまでの記録を更新するか?(この記事)と期待していたジャーマン・ジャイアント(German Giant)の実を収穫しました。
重さは650.0g!(下写真左) 我が家のこれまでの記録はポーターハウス・ハイブリッド(Porterhouse Hybrid)の665.0g(この記事)なので、残念ながら記録更新には15.1g不足でした。(;´o`)ゞアチャー!! 残念
下の写真ではそんなに大きく見えないけれど、その右隣のグレイトホワイト(Great White)も478.5gと巨大な実なのです(笑)。
ということで、この日の収穫は、
サンマルツァーノ(San Marzano)を1個(53.6g)、ジャーマン・ジャイアント(German Giant)を1個(650.0g)、グレイトホワイト(Great White)を個(478.5g)収穫(下写真)。

IMG16072500.jpg


ペッパー類は、フィッシュ(Pepper Fish)を1本、カイエンペッパー(Cayenne pepper)を10本収穫(下写真)。

IMG16072501.jpg


収穫した巨大ジャーマン・ジャイアントは、3日程室内追熟させた後、切ってみました。
いかにもビーフステーキタイプらしい断面(下写真)。
出来ればこの特大サイズトマトから自家採種をしたかったけれど、トマトトーンで無理やり着果させただけあって、残念ながら種はありませんでした。
味はこの季節のトマトにしてはベタ甘で、大抵の人なら美味~いという味だと思うけれど、個人的にはもう少し酸味があった方がいいかな(笑)。

IMG16072800.jpg




7/31日
サンマルツァーノを2個(236.0g)、ハラペーニョ(chile Jalapeño)を3本、カイエンペッパーを9本、島唐辛子を4本収穫(下写真)。

IMG16073100.jpg


この日が7月の最終収穫となったので、集計しました。
トマト類は1809.9g収穫。
内訳は、サンマルツァーノを3個(289.6g)、ジャーマン・ジャイアント(German Giant)を2個(857.0g)、グレイトホワイト(Great White)を2個(663.3g)収穫。
ペッパー類は、
ハラペーニョを5本、フィッシュを1本、カイエンペッパーを30本、島唐辛子を4本収穫。



8/2日
コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)を1個(189.0g)、サンマルツァーノを3個(307.0g)、ジャーマン・ジャイアントを1個(344.5g)収穫。


IMG16080200.jpg


サンマルツァーノの色々なF1種が種や苗で出回るけれど、我が家のサンマルツァーノは固定種のサンマルツァーノ。
ミニやミディサイスなサンマルツァーノF1種に対し、固定種のサンマルツァーノは元々大きいのだけれど、その中でもこれはかなり大きい。
中が中空タイプなトマトなので見かけよりは軽く、大抵は80g~120g位なのだけれど、これは154.4gもありました(下写真)

IMG16080202.jpg


ジャングル化した葉の陰に隠れて、緑トマトのエバグリーン(Evergreen)が熟していたのを見つけて喜んだら、何と憎っくきオオタバコガの幼虫に食い荒らされていました(下写真)。
エバグリーンは未だ1果も収穫していないのに・・・ヽ(`⌒´)ノ くそぉ!

IMG16080201.jpg




8/4日
サンマルツァーノを1個(101.0g)、ジャーマン・ジャイアントを1個(284.0g)、エバグリーンを1個(280.0g)、グレイトホワイトを1個(219.5g)収穫(下写真)。

IMG16080400.jpg




8/8日
コストルート・ジェノベーゼを1個(377.0g)、エバグリーンを1個(214.5g)収穫。
ペッパー類は、カイエンペッパーを6本、島唐辛子を15本収穫。
今年はハダニの被害がひどく、葉だけじゃなくトマトの表面もざらざら(下写真)。

IMG16080804.jpg


着果数が少なくて1果も惜しいのに、今度はグレイトホワイトがオオタバコガにやられました(下写真)。

IMG16080805.jpg




8/9日
コストルート・ジェノベーゼを2個(491.5g)、サンマルツァーノを2個(153.9g)、エバグリーンを1個(145.0g)収穫(下写真)。

IMG16080900.jpg


ペッパー類は、フィッシュ(Pepper Fish)を29本収穫(下写真)。

IMG16080901.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2016’07.21・Thu

巨大トマトが肥大中♪

どど~ん!!と、これがお題のトマト(下写真)。
これはsemireyさんに種を頂いて、今年初めて栽培ラインナップに入れたジャーマン・ジャイアント(German Giant)。
カタログ上は約750~1500gの実が成るという超大玉トマトです。
とは言え、カタログサイズを収穫するのは結構難しい。

IMG16072000.jpg

この前の記事(その記事)では500gは超えていると思われると書いたけれど、その位で色づいてくるかと思ったら、まだまだ肥大の途中だったらしくさらに一回り大きくなって、これまでの我が家の記録665g(その記事)は超えてきたようにも思われます。
プリーツの具合からすると、まだもう少し肥大するかな♪
勿論元々の目標は1kg超えだけれど、まあ少なくとも初の700g超え、出来ればカタログサイズ下限の750g超えはして欲しいゾ。

こちらは、フルーツのような味が気に入って、今年で8年連続栽培しているグレイトホワイト(Great White)。
これもカタログサイズ450g~900gの白系超大玉トマトで、これまでの記録は638.0g(この記事
果房に2個ついているので、これはそんな大きなサイズにはならず400g台と思われます(下写真)。

IMG16072001.jpg


加熱で美味しいトマトの代名詞でもあるサンマルツァーノ(San Marzano)。
色々なサンマルツァーノ系F1が出ているけれど、こちらは元々の固定種。
F1はどれもミニからミディサイズだけれど、固定種はこんなに大きい。
でも果実内に空洞があるタイプなので見かけ程は重さがなく、80g~110g程度の重量です(下写真)。

IMG16072002.jpg

このトマト、違う土地ではこのトマトの美味さを出せないとイタリアではD.O.P.(Denominazione di Origine Protetta)に指定されているけれど、騙されてはいけないゾ(笑)。
それ(D.O.P.指定)は味の問題ではなく、単に保護政策に違いない。
だって、我が家のサンマルツァーノは、イタリアから輸入されたD.O.P.表示のあるサンマルツアーノ缶詰より、数倍美味しいもの(笑)。

このところの収穫はまだペッパー類だけだけれど、香り高い青唐辛子状態で利用できる良い季節。
青唐辛子を使ったサルサは最高です♪

7/10日
ハラペーニョ(chile Jalapeño)1本とカイエンペッパー(Cayenne pepper)を3本収穫(下写真)。

IMG16071000.jpg


7/14日
ハラペーニョ(chile Jalapeño)1本とカイエンペッパー(Cayenne pepper)を4収穫(下写真)。

IMG16071400.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(6) TOP

2016’07.09・Sat

ベランダトマト&ペッパーの近況0709

南向きのベランダ1間幅でトロ箱水耕栽培しているトマト類と、コーナー半間幅でPETボトル水耕栽培しているペッパー類の状況です。

もう必要無いトマトの予備苗だけれど、実がついているのでその収穫までとポリポットのまま残していました。
でもその予備苗にウドンコとハダニが大分発生してきて、このままだとトロ箱水耕トマトの方にも拡がりそうなので、ついている実を少し早めに収穫して、撤収しました。・・・7/4日
収穫はジャーマン・ジャイアント(German Giant)が1個(201.0g)とグレイトホワイト(Great White)を1個(184.8g)。
ついでに調理に使いたかったのでPETボトル水耕のカイエンペッパー(Cayenne pepper)を4本(下写真)。
トマトは早めに収穫しても、室内でしっかり追熟できるし、木成り完熟との味の差はありません。

IMG16070401.jpg


案の定、3日後には室内でもう完熟しました(下写真)。

IMG16070702.jpg


さて、トロ箱水耕栽培のトマトの近況です。
そのトマト、今年は何だかいつになく不調なのです。
草勢も状態も全く悪くは無く、開花する花も十分立派な花なのですが、何故か着果率が悪いのです。
着果をさせようとトマトトーンを使い、そのトマトトーンが結構古いものだったのが墓穴を掘ったのかも知れません。
まあそれでもこれ位は何とか着きました。

まずはジャーマン・ジャイアント(下写真2枚)。
このトマトは約750~1500gの実が成るという超大玉トマト。
そこまでとはいかないまでも下写真右の実は既に500gは超えていると思われます。

IMG16070800.jpg IMG16070801.jpg


緑系大玉のエバグリーン(Evergreen)(下写真3枚)。
根が弱く、栽培が少し難しい種ですが、上手に栽培してしっかり完熟させれば、ビックリするほど美味しいトマトになります。
私の知っている中では、生でも加熱でも断トツに美味いトマトだけれど、でも他の方が大抵求める「甘~い」トマトではありません。
甘さはあるけど凄く甘いって程でもなく、酸味はあるけれど穏やかな酸味、じゃ味が薄いかと言えば、味は凄く濃い。
甘さも酸味も程々で味が濃いのだから、トマトの味は甘さと酸味だけじゃない・・・ってのがよく判るトマト。
食べてみると、成程なぁと納得するような美味しさ・・・かな。

IMG16070802.jpg IMG16070804.jpg
IMG16070806.jpg


コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)(下写真4枚)。
レッド系の高プリーツなちょっと小ぶりの大玉で、生食でも加熱でも美味しいトマト。

IMG16070803.jpg IMG16070805.jpg
IMG16070807.jpg IMG16070810.jpg


白系のグレイトホワイト(下写真2枚)。
約450g~900gの実が成る超大玉サイズのトマトだけれど、我が家ではこれまで638gの実が最大で(この記事)、900gはなかなかに難しい。

IMG16070808.jpg IMG16070809.jpg


加熱トマトで超有名なサンマルツァーノ(San Marzano)(下写真2枚)。
色々このトマトのF1種が出ているけれど、これは元の固定種。

IMG16070811.jpg IMG16070812.jpg

さて、この今ついているトマトでの推定収穫量は4.5kg程。
猛暑で着果できなくなる時期を挟んで、前半に着果した分で例年なら8kg~9kg位採っています。
今の時点で例年の半分だもの・・・猛暑前に何とかもう少し着果させなきゃ。(^^;ゞあせるぜい!

次にPETボトル水耕のペッパー類の状況。
こちらはみな順調に着果中です。
フィッシュ(Pepper Fish)(下写真左)と鷹の爪(下写真右)。

IMG16070813.jpg IMG16070814.jpg


ハバネロ(chile habanero)(下写真左)と島唐辛子(下写真右)。

IMG16070815.jpg IMG16070816.jpg


カイエンペッパー(下写真左)とペルー(Peru Yellow)(下写真右)。

IMG16070817.jpg IMG16070818.jpg


ハラペーニョ(chile Jalapeño)(下写真左)とチレ・アルボル(Chile de Arbol)(下写真右)。
我が家のハラペーニョは交雑しまくりで誰?ペーニョとか呼ばれていたけれど、今年のものは大元のタネからなので、正当なハラペーニョの筈♪

IMG16070819.jpg IMG16070820.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2016’06.20・Mon

テントウムシ来る♪他

ちょっとチェックを怠っているうちに、PETボトル水耕栽培しているペッパー類に、アブラムシが付き始めました。
そこでいつものように指で潰そうとしたら、テントウムシの成虫が来ているのを見つけたのです。
何だかこのテントウムシが卵を産んでくれそうな気がしました。
卵を産んでくれて、それが孵化した時に餌が無くては可哀想です。
卵は確認できなかったけれど、当面アブラムシ退治を中止することにしました。

さて、アブラムシ退治を中止している間、日に日にアブラムシは順調に増えて、かなりビッシリ。
さすがにこれ以上は放置できないな~と指で潰そうとした日のこと。
・・・あれ!アブラムシが少なくなっている。
理由はすぐ判りました。
テントウムシの幼虫があちこちでアブラムシを殲滅中(下写真3枚)。
やっぱり卵を産んでくれてたんだ♪

IMG16061700.jpg
IMG16061701.jpg
IMG16061702.jpg

テントウムシの幼虫は何匹いるか判らないくらい。
残ったアブラムシも早晩全滅する筈。

ところで、「テントウムシを呼ぶ方法」という検索ワードでこのブログに来られる方も結構おられますナ。
テントウムシを呼ぶ(拉致ではなく)秘訣は、栽培している植物をアブラムシまみれにすること・・・です(笑)。
テントウムシだって餌が無いところには来ないし、卵だって産む筈がない。
えっ!、アブラムシまみれにしたのに来なかったらどうするって?
まあ、運が悪きゃそういうこともあるかな(爆) ‥…━━━ΣΣΣ≡ヘ(*-ω-)ノ知~らないっと!

一番開花が早かったカイエンペッパー(Cayenne pepper)は随分着果してきました(下写真)。

IMG16061703.jpg


我が家のペッパー類はPETボトル水耕の超隣接栽培(場所が無いので)。
縦にしか伸びる空間がないので、毎年ペッパーもグリーンカーテン状態になります(下写真)。

IMG16061704.jpg


トロ箱水耕栽培のトマトの具合はどうかと言えば、
順調に肥大してきているジャーマン・ジャイアント(German Giant)(下写真右側)と、グレイトホワイト(Great White)(下写真左側)。
何だか順調そうだけれど・・・でもこれ、実は予備苗に着果しているもの(笑)。
予備苗はもう不要ですが、この実を収穫するまでは撤収しません。

IMG16061705.jpg


本物のトロ箱水耕の方はこちら。
まずサンマルツァーノ(San Marzano)(下写真)
樹ボケ気味だったものだから、まだまだ着果数が少なく、これからです。

IMG16061706.jpg


こちらはグレイトホワイト(下写真)。
白系の超大玉トマトです。

IMG16061707.jpg


そしてこちらはピンク系の超大玉トマトのジャーマン・ジャイアント。
このトマトの種はsemireyさんから頂いたものですが、超大玉なのに花房当たりの着果数が多そうですから、結構豊産な種なのかも知れません(下写真2枚)。

IMG16061708.jpg
IMG16061709.jpg


樹ボケ状態で遅れてしまったエバグリーン(Evergreen)とコストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)は、開花はしているけれど、まだ着果は未確認。
今年のトマトはすっかり出遅れてしまったけれど、もともと我が家のトマトは秋冬主体なのでこれからでも大丈夫。
でも着果数を確保しないうちに、サビダニやウドンコにやられたら大変。
チェックをこまめにしているけれど、一応まだどちらも来てはいないようです。
トマト類の草高は私の身長を超えて、もうグリーンカーテンになってきました(下写真)。

IMG16061713.jpg


こちらは土耕山菜の方。
あきちゃんに頂いたコシアブラの苗は4本中2本が根付いたようです。

IMG16061710.jpg


先般の山菜採り旅行でもコシアブラの苗を採取してきていました。
取りあえず植えてみたけれど、根付くかどうかはまだ不明(下写真)。

IMG16061711.jpg


週末の散策の折、山で小さな山椒苗を見つけた家内は自宅に植えようと採取してきました。
でも、どうせ採取するなら根周りの土ごと持ってくればいいものを、土をすっかり落として持ってきたのです。
ただでさえ植え替えにナイーブな山椒を、土をすっかり払った状態で持ってきたら、根付くものも根付く訳が無い。
・・・の筈が、運よく1本だけは根付いたようです(下写真)。
よほど家内に脅されたかな(笑)

IMG16061712.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(8) TOP

2016’05.25・Wed

ベランダの水耕トマト&ペッパーの近況0524

南向きのベランダ1間幅でトロ箱水耕栽培しているトマト類と、コーナー半間幅でPETボトル水耕栽培しているペッパー類の状況です

着果しなかったかなぁと思われたジャーマン・ジャイアント(German Giant)の第1花房は、やっぱり無理だったようです(下写真)。

IMG16051900.jpg
 

サンマルツァーノ(San Marzano)が着果しました~♪(下写真)・・・5/19日
でもね、これ予備苗の方なのです(笑)。
トロ箱水耕のサンマルツァーノ(San Marzano)はいつ着果するやら・・花もまだ咲きません。(^^;ゞ

IMG16051903.jpg
 

白系超大玉トマトのグレイトホワイト(Great White)も着果しました~♪(下写真)・・9/22日
でもね、これも予備苗の方なのです(笑)

IMG16052200.jpg
 

で、肝心のトロ箱水耕のグレイトホワイトと言えば、期待の第1花房の鬼花は着果に失敗したような気がします(下写真)。

IMG16052201.jpg
 

次の期待は同じ第1花房の別の花(下写真)。

IMG16051902.jpg
 
トロ箱水耕トマトはどれも何だか樹ボケ気味で着果は少し遅れそう。(^^;ゞ
少し供給ECを落とすかな。

草丈は80cm位になりました(下写真)。・・・5/22日

IMG16052202.jpg
 

次にペッパー類の状況です。
他のペッパーに先立って、カイエンペッパー(Cayenne pepper)だけが2株とも開花しました(5/19日)。(下写真2枚)
開花も着果もカイエンペッパーが先陣を切るのは毎年の事なので、早生なタイプなのでしょう。

IMG16051904.jpg
IMG16051905.jpg


そして5/22日には無事着果(下写真)。

IMG16052203.jpg

続々開花しているので、カイエンペッパーは今年も順調かな。
他のペッパー類は成長は順調だけれど、蕾はまだまだ先のよう。

予備苗の鷹の爪の葉があちこち穴だらけにされていました(下写真)。

IMG16051906.jpg


葉裏を精査したら犯人見つけ!(下写真)
なんでこんなにあちこち食い荒らすかなぁ・・・
あちこち箸を付けて残す奴は、我が家ではタコ殴りですナ(笑)。

IMG16051907.jpg

即、あちらの世界にワープして貰いました。

こちらは土耕だけれど、カレーリーフに今年も蕾が着きました(下写真)。
着果して毎年実がなります。
実は美味しく食べることができて、中の種を蒔くと結構簡単に実生で増やせます。
この葉は主に南インド料理で多用されます。
我が家でも最近は使う頻度が増えているものだから、この際株を増やそうかなぁ・・

IMG16051908.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(8) TOP

 |TOPBack