--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2008’01.28・Mon

ハモンセラーノその後2

ハモンセラーノ原木、切り始めて1.5ケ月、大分切り進んだ。このペースだと8.3kgの原木は2.5ケ月で完食と なりそう。
部位で固さや味が大分異なり、それぞれみな味わいがある。これも原木で入手して食べて見ないと判らない ことだ。切り進むために除去していく皮、スープに入れると味といい感触といいとても美味しい。

IMG0801280.jpg


!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
スポンサーサイト

Categorie生ハム  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’01.19・Sat

再生大根収穫

再生中の大根葉を本日収穫し、昼食にアーリーオオーリオタイプのパスタにして完食。大根葉は油と相性が良い ので美味しかった。残ったヘタを又、液肥につけて2度目の再生は可能か?・・ってセコすぎる。

!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie野菜再生  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’01.19・Sat

イタリアンパセリ

当家ではイタリアンパセリの消費がとても激しい。パスタにはバジルよりもこちらが欠かせない。ベランダの プランターで栽培していて結構大株になっているのだけれど、需要量には追いつかず、時々保護期間中(収穫 禁止)になる。そのプランターで何本かこぼれ種から自然発芽しているのを発見した。収量を増やすために室 内でも水耕栽培をしようということでこの発芽苗を一本失敬して、ペットボトル水耕容器にセットした。早く 収穫できるようになっておくれ。

IMG0801190.jpg


!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

CategoriePETボトル水耕栽培  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’01.14・Mon

簡易紙コップ水耕栽培

冬場室内で栽培しようと1週間前にスポンジ培地にまいた種(サニーレタス、チンゲンサイ、ほうれん草、ニラ、小ネギなど)が大体 発芽してきた。

IMG0801140.jpg


ちょっと早いかもしれないが、紙コップを利用した簡易水耕栽培用にセットしてみた。勿論100円均材料で、さて どうなるか。この季節、ベランダでは殆ど育たないので、室内での水耕栽培が手っ取り早い。

IMG0801141.jpg


!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’01.13・Sun

ペットボトル栽培容器の詳細

ペットボトル水耕栽培容器の外側カバー、透明なペットボトルのままだと根の状態とか良く見えて楽しいけれど、 光が入る構造だとすぐ藻が発生する。当然肥料は藻が利用するので肥料効果も落ちる。光を遮断するように 黒いカバーにすると夏場は液肥が煮え湯になるし、冬は輻射放熱で凍ってしまう。理想的なものはぴかぴかの 反射表面を持つもの。で100円均の材料で作った外側カバー、ペットボトル栽培容器がすぽっと収まる。

IMG0801132.jpg

IMG0801133.jpg

下部に細工されている部分。これはカバーから容器をあまり出し入れすると根にストレスを与えるので、 容器を出さないで液肥の量を確認することが出来る窓。マジックテープでとまる。液肥の補充は上から入れ られる。

IMG0801134.jpg

ペットボトル水耕栽培は結構ハマる。殆どリサイクル使用されていると思っていた ペットボトルも殆どリサイクルされていない ようだし(結局リサイクルをだしにして、お役人が国税をたっぷり無駄遣いできる天下り先が欲しかっただけ)、 食料の自給率は低いので、そういう意味ではこのペットボトル水耕栽培は一石二鳥だ。国民全員が10個でも20個 でもペットボトル菜園を持てば結構エコ。おまけに無農薬でできるし、中国産野菜を食べるよりはずっといい。

!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

CategoriePETボトル水耕栽培  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2008’01.13・Sun

ミディトマト乾燥

栃木県産ミディトマト小ダンボール1ケース14個726gが298円、安いので購入。セミドライトマトのオリーブ オイル漬けが切れたので丁度良いタイミング。1個当たり4つ割りにして塩を振って、早速デハイドレート。

IMG0801130.jpg

726gが118gに、セミドライなのでこの程度の乾燥度。半分はオリーブオイルに漬け、半分は次回用に真空引きして冷凍保存。

IMG0801131.jpg

!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieドライトマト  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’01.12・Sat

安い国産イタリアントマト

また近所のスーパーに国産(愛知県産)の完熟イタリアントマトが安く出ていたので迷わず2パック購入。

IMG0801122.jpg

ドライトマトは今のところ在庫十分なので自家製トマトソース(といってもトマトと塩漬けバジルに使っているバジルソルトだけ)に。2パック(1.46kg)でほぼ3瓶分作れた。 さすが加熱調理用トマト、日本種トマトでこの重さなら2瓶がやっとだろう。
種も皮も取らず。そのままザク切りにしてマッシャーし、煮込む。種の部分は他の実の部分より旨み成分 を多く含んでいるし、又皮の部分はリコピンが多い。これを取り除くなんて勿体無い。
煮沸殺菌した保存瓶に煮詰めた熱々のトマトソースを詰め、フタがゆるい状態で湯せん煮沸25分、続いて フタを完全に閉め湯の中に完全に沈め25分煮沸。これなら1年保存も大丈夫だけど勿論そんなには持たない(すぐ食 べてしまうから)。

IMG0801123.jpg

!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieトマトソース  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’01.12・Sat

スイートバジル冬越し計画継続中

冬越し中の挿し芽更新したスィートバジルが順調。急に成長し始めて冬越しどころか冬の間に収穫ができ るようになるかも。どこが単年草なんだか、十分多年草だ。ペットボトル水耕栽培用にも挿してみたらすぐ発根して 成長し始めた。春になって2歳になったら水斗場次郎君と名前をつけてやろう。

IMG0801121.jpg

!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie野菜再生  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’01.12・Sat

再生野菜のペットボトル栽培

ベランダの簡易温室内で再生中の小ネギとミツバが、簡易温室の中とはいえ夜間はやはり相当冷えるので、 成長が遅い。なので室内でのペットボトル水耕栽培用に植え替える。

IMG0801120.jpg

!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

CategoriePETボトル水耕栽培  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2008’01.04・Fri

再生セリのペットボトル栽培

ベランダのプランターで再生中のセリが大分伸びてきたので、ペットボトル水耕栽培用に植え替え。 今後は室内なので大分成長が早くなるかも。

IMG0801040.jpg

セリは水分がたくさんある方が良いので、直接液肥に根を伸ばせるように入れ子の容器側にはスリットを たくさん開けていて、そこから培地のバーミキュライトがこぼれないように100均で買ってきたお風呂用 排水口ネットを被せている構造。

!! 励みになりますので、どれかをクリックして応援を頂けたら幸いです !!
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

CategoriePETボトル水耕栽培  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。