FC2ブログ
2009’06.22・Mon

非情なトマト

現在水耕栽培中のコストルート・ジェノベーゼ
主枝第1果房、第2果房に続き、これが3番手となる第1脇芽の第1果房の生育状態。

IMG0906220.jpg


実はこの第1脇芽の第1果房まで着果して肥大を始めた後、その後着果した筈の全ての果房は、全然膨らまず、ただ単に花が萎んだ状態から、うんともすんとも言わなくなった。
その間、枝も成長が止まり、次の開花も無い状態。
結局、隣のサンマルツァーノ・ルンゴに草丈も追い越されてしまった。
そこでひょっとしたらと思い、与える液肥濃度をEC値1.3から2.0まで上げたら、それまで単に花が萎んだ状態で止まっていたあちこちの果房が一気に膨らみ始めた。
こちらが急に膨らみ始めた第1脇芽第2果房(下写真)

IMG0906208.jpg


同じく膨らみ始めた第1脇芽第3果房(下写真)

IMG0906209.jpg


同じく膨らみ始めた第2脇芽第1果房(下写真)

IMG0906205.jpg


同じく膨らみ始めた第2脇芽第2果房(下写真)

IMG0906206.jpg


同じく膨らみ始めた第3脇芽第1果房(下写真)

IMG0906204.jpg


ミニトマトならこんなことは無い。
大玉トマトを水耕栽培で栽培するのは初めてなので、良く判らないが、こういうものなのだろうか。
こういうものとは、つまり吸肥能力を超えて、沢山果実が着くと、軒並み小さな果実になるというのではなく、一部はしっかり大きくなり、他は休止状態となることだけれども。
何だか、例えば遭難時に、残った少ない食糧を、みんなで公平に分けて、全員餓死するか、中のたった一人にあげて、一人だけでも生かそうとするかの選択のようだ。
人間の場合であれば、これは悪魔の選択問題だけれど、トマトの戦略としては、一つもまともな果実を成長させられず、種を残せないより、少ない果実でも十分に肥大させ、種を成長させ、残す方が、勿論正しい選択だろう。
こうしてみると、この大玉トマトは賢くも有り、非情でもある。
生なのになんとドライなトマトだ!(・・ん、オチ話だったんか~い!)

下のランキングに参加しています。ポチッと応援クリックをと言っても、寒~いオチ話になってしまったもの、そりゃ無理だろうなぁ~!(;^_^A ハハハ・・・
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(6) TOP

 |TOP