FC2ブログ
2010’07.22・Thu

真夏の夜のショー

まず、ベランダで水耕栽培しているトマトの前回以降の収穫状況です。

7/12日
コストルート・ジェノベージェ(Costoluto Genovese)を3個収穫(124g、74g、65g)。コストルート・ジェノベージェはこれで延べ9個です(下写真)。

IMG1007120.jpg


7/15日
やはりコストルート・ジェノベージェを5個収穫(119g、86g、80g、35g、30g)。 延べ14個(下写真)。

IMG1007150.jpg


7/20日
またまたコストルート・ジェノベージェを4個収穫(154g、116g、68g、38g)。
154gは去年なら小サイズの方ですが、今年のコストルート・ジェノベージェでは、ここまででこれが最大サイズです(下写真)。
例年そうだけれど、このトマトの赤の発色は本当に素晴らしい♪
木成りで、他のトマトならもう十分過ぎるくらいに真っ赤に熟した後で、さらに2日程その木成りのまま追熟させて、有りえないくらい真紅になった時点が、このトマトの完熟です。

IMG1007200.jpg


この日はサンマルツァーノ・ルンゴ(San Marzano Lungo)の初果を1個(26g)収穫しました。
これも例年サイズの半分サイズと、何だか今年はみな小型(写真)。

IMG1007201.jpg


サンマルツァーノ・ルンゴの去年の初果は甘くも酸っぱくもなく味も薄く、寝ぼけた味。
でも暑くなるに従いどんどん味が濃く、甘くなっていきました。
今年の初果は、去年と比べれば甘味も酸味も適度にあり、去年ほどには寝ぼけていません。
盛夏に向かって、この味がどう変わっていくか楽しみです。
でもこのトマトの真価は何と言っても加熱の味。
寝ぼけた味だったのに、丸ごと湯剥きをしてボールに入れていると、溜まってくる汁がビックリする程甘く、トマト自体も甘~く変化します。そして何と言っても圧倒する程の旨み。
さすがサンマルツァーノの名は伊達じゃないのですね。

ここまでで収穫したトマトの延べ個数は、コストルート・ジェノベージェ18個、サンマルツァーノ・ルンゴ1個、エバグリーン1個となりました。

さて唐辛子類が続々着果を始めてきました。
PETボトル水耕苗では給水布トラブルで遅れた分、プランター物が絶好調のハバネロ(下写真)。

IMG1007220.jpg


ようやく着果始めて来ました(下写真)。
水耕じゃない分、激辛ハバネロに成りそうな予感です。(^^)

IMG1007221.jpg


PETボトル水耕栽培の鷹の爪も着果を始めてきました(下写真)。

IMG1007222.jpg


会社からの帰りに地面を歩いているセミの幼虫(♂)を見つけました。羽化場所を捜しているのでしょう。
土の中に7年(とは限らないそうですが)もいて、やっと地上に出た途端、誰かに踏まれたのでは可哀想です。
家に持ち帰り、ベランダのトマト枝につかまらせたら、気に入った葉を見つけて動かなくなりました。
ほどなく羽化が始まる筈なので、時々見ていたら、案の定始まりました。
・・・ということで、

  ♪真夏の夜のショーの始まり始まり~♪
(嫌いじゃなければ、写真をクリックして拡大でも見れますョ)

IMG100721a.jpg


ちなみにこのセミはアブラゼミで、この後ゆっくりと茶色になっていきました。

思えば、子供の時です、何歳の頃だったのでしょうか?生家の松の木で、このセミの羽化を初めて見たのでした。
真っ白な色が夜の灯りに浮かび上がって、凄く感動した事を思い出します。
昆虫好きなものだから、以来、セミの羽化を目撃するのは50回を下らないと思うけれど、何度見てもやっぱり素晴らしい♪
翌朝にはもう飛び立っていなくなっていました。
・・・無事羽化出来て良かったね~♪ 一杯鳴いて、ナンパしまくるのだよ~(笑)

ところで、この羽化したセミが何故♂と判るかですが、以外に簡単なのです。
下写真左が今回の羽化した♂の抜け殻。そして右が比較のために取ってきた♀の抜け殻です。
下写真で「ここ」と矢印で示した部分が雌特有の器官、産卵管の部分です。

IMG1007223.jpg


この比較用の雌セミの抜け殻を取りに行って、不思議なことに気づきました。
抜け殻の殆どが雄なのです。雌は10匹に1匹位あるかないかです。
こんなに偏っているのはちょっと変ですね。単にサンプリングの偏りだったらいいのですが。

ついでに別のセミの抜け殻も見つかりました。
左からニイニイゼミ(多分)、アブラゼミ、クマゼミです(下写真)。

IMG1007224.jpg




下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(25) TOP

 |TOP