• « 2010·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターの パルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※お友達へお願い♪ ブログ、FB、Twで拡散希望だよ~♪


2010’10.12・Tue

最近購入したお買い得チーズ1011他

いつもの「最近購入したお買い得チーズ」と、それに加えてお買得だった輸入食材です。定期的にという訳ではなく、購入したレシートなどが溜まってまとめて処分する前に、記録する意味で書いています(前回はこちら)。

9/10日
よく購入するロワゾー氏熟成のブリー・ド・モー(Brie de Meaux)A.O.C.、ポーションカット品88gを50%offの299円で購入(下写真)。
ブリーチーズの王様と呼ばれるチーズです。
このチーズに関する詳しい説明は以前の記事に書いています。

IMG1009100.jpg


9/13日
↑と同じくロワゾー氏熟成のブリー・ド・モーA.O.C.。ポーションカット品それぞれ98g、88gを、今度は70%offの199円、179円(下写真左)。
そして以前も購入しているクール・ド・ヌーシャテル (Coeur de neufchatel)A.O.C.200g、50%offで450円での購入です(下写真右)。
このクール・ド・ヌーシャテル の詳細な説明は、以前の記事に書いています。

IMG1009130.jpg


9/15日
イタリアのウォッシュチーズ、タレッジョ(Taleggio)D.O.P.、ポーションカット品それぞれ78g、71gを70%offの133円、121円で購入(下写真左)。
このチーズは熟成するにつれ、オレンジ色の皮がニュイドール(Le Nuits D'or)のようなベトベトした表面と臭いを出します。
以前は苦手だったニュイドールの臭さもいまは大好き!だから、臭いウォッシュチーズ好きにはこの表面がいいのだけれど、この店のポーションカット品は、表面の皮を切り取ってしまって売られており、これでは全くいいところがない。
タレッジョに関する詳細な説明は以前の記事に書いています。
そして、これも時々購入するペコリーノ・ロマーノ(Pecorino Romano)、30%offで190g503円で購入(下写真右)。
このチーズは我が家ではパスタの必需品。このチーズに対する説明は以前のこの記事に書いています。

IMG1009151.jpg


9/24日
↑のペコリーノ・ロマーノを今度は50%offで、それぞれ173g、165gを327円、312円で購入(下写真)。


IMG1009240.jpg


9/25日
いつも買う大好きなベルトー社のエポワス(EPOISSES)A.O.P.、250gを、50%offの1150円での購入(下写真上)。
ウォッシュチーズの王様と呼ばれるチーズですが、とても臭~~いチーズなのでご注意を!。
このチーズの詳細な説明は以前のこちらの記事に書きました。
そして、ライターブリー、227gを50%offの385円で購入(下写真下)。
これは今回初めて買ったチーズです。殺菌牛乳を使ったブリーチーズなので、まあ当然ながら、大人しい普通の味です。

IMG1009251.jpg


9/27日
Cantorelのフルム・ダンベール(Fourme d'Ambert)A.O.C.、125g。70%offの240円で購入(下写真)。
このチーズの説明は以前の記事で書いています。

IMG1009270.jpg


9/29日
ドイツ黒ビール、カプツィーナ(KAPUZINER)500mlが275円/1瓶。
10瓶くらいありました。このスイングトップのビール瓶が欲しかったので、全部買いたかったのだけれど、歩いて持ち帰るには重すぎるし、泣く泣く4瓶だけで我慢しました(下写真)。
中身の黒ビールは勿論美味しかったけれど、このスイングトップの瓶だけでも275円は安い。

IMG1009291.jpg


10/7日
↑でも購入しているクール・ド・ヌーシャテル (Coeur de neufchatel)A.O.C.200g、50%offで450円での2個購入です(下写真)。

IMG1010070.jpg


10/8日
これは長男が買って来ました。
私の夕食のチーズプレートを、横からつまんでいる長男は、知らず知らずの内に、輸入チーズを常食する習慣がついてしまっているようで、時々買って来ます。
私も時々買うマンステール・リスベス(MUNSTER LISBETH)A.O.C.125g。30%offなので558円での購入でしょう(下写真左)。
このチーズの説明は以前のこちらの記事に書いています。
そして、スコティッシュ・レッド・チェダー16ケ月熟成のエクストラ・マチュア(長期熟成)物。360g933円と、これは定価での購入です(下写真右)。
このチーズの説明は以前のこちらの記事以前の記事に書いています。

IMG1010080.jpg


10/11日
アメリカ産のスモークアーモンド、42gが38円/1袋。賞味期限が2010/12/27と後2ケ月ちょっとになっているための割引価格なのでしょうか?何にしても安いです。
目の前で大量に買った人がいて、残った3袋だけを買いました(下写真)。

IMG1010110.jpg


こちらは家内が買ってきました。
輸入チーズではありませんが、花畑牧場の国産カチョカヴァッロチーズ( Caciocavallo )が50%offの390円(下写真)。
イタリア語で「カチョ」はチーズ、「カヴァッロ」は馬を意味します。この名前は、袋を馬の鞍の左右にぶら下げて熟成させたことに由来するそうです。
イタリアのカチョカヴァッロは、色ももっと熟成した色だけれど、これは外見からはあまり熟成している様子はありません。

IMG1010111.jpg




下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieチーズ  トラックバック(0) コメント(12) TOP

2010’10.07・Thu

横型PETボトル水耕容器

仕事の締め切りでずっとバタバタしていて、記事のアップや、お友達のブログの訪問もこの所、とんとご無沙汰しております。m(_ _)m スミマセン!

今秋の葉物の栽培に予定している横型PETボトル水耕容器は、2008年度からの使いまわしですが、とっくに作り方をアップしていると思ったら、まだアップしていないようなので、取り合えずアップしておきます。

PETボトルの横片面にプラスチックコップが入る穴を3個開ける(下写真)。

IMG0803202.jpg


PETボトルを包むアルミ蒸着シートを下図のように加工する。
横の長さWはPETボトルに貼り付けたとき、口元から、底の中心を少し越える長さ程度。
縦の長さHはPETボトルに一周巻きつけて、のりしろ分が重なる程度の長さ。
3方に両面テープを貼り、左右は口に向かって絞られていくところから、反対側は底に折り曲げる部分から、下図のように切り込みを入れる。

IMG0803207_2.jpg


PETボトルに巻きつけて、貼り付ける(下写真)。
底部分はさらに上からアルミテープで止めると良い。

IMG0803203.jpg


コップが入る部分を、PETボトルに空けた穴よりは小さい円状に切り取り、写真のようにPETボトルに空けた穴のサイズまで、放射上に切り込みをいれる(下写真)。

IMG0803204.jpg


入れるプラスチックコップの下部には下写真のように、半田ゴテで、沢山穴をあける。

IMG0803205.jpg


PETボトルにセットして、セロテープで固定し、各コップには2~3cm高さくらいまで、バーミキュライトを入れ、これでPETボトル側は完成(下写真)。


IMG0803206.jpg


次はコップ苗側
プラスチックコップの底を丸く切り取り、プラスチック鉢底網を、そのコップの底に入れられるサイズに切る(下写真)。

IMG0902111.jpg


このコップに2~3cm高さまでバーミキュライトを入れ、このコップを入れてる容器に水を張って、いつもバーミキュライトが湿った状態にし、発芽した種をセットし、育苗する。
本葉が何枚か出てきた物から、上記したPETボトル容器のコップの中に、このコップごとセットします。

IMG0902112.jpg


PETボトル容器への液肥の追加は、キャップを開けて口から入れてもいいし、PETボトルにセットしてあるコップと、苗がセットしてあるコップとの隙間から入れても良い。
大きく育って根がしっかり這い回れば、株元から流し入れても良い。
液肥の減り具合は、このままちょっと持ち上げて、軽く前後に揺すると、手に伝わる感触ですぐ判ります。
キャップを緩めに締めておくと、液肥を入れ過ぎた場合流れ出して、オーバーフローを防いでくれます。

過去の栽培状況は、子カブの場合、そしてレタスの場合です。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

CategoriePETボトル水耕栽培  トラックバック(1) コメント(16) TOP

 |TOP