FC2ブログ
2011’11.08・Tue

野のキノコ

時間を見つけては良く里山を散策します、・・・いや散策というより半分探検に近いのかも知れません(笑)。
MAPに無い道や獣道のような細い道を見つけると、何処に続くのか、どんな景色が出てくるのかどうにも気になって、必ず分け入ってはウロウロ、かなりアップダウンのある里山道を早足で15km、4時間くらい歩いて(さまよって?)帰ってきます。
当然、季節には野生のキノコを良く目にするのですが、それがどんなキノコで、食べられるものなのか、そうでないのかも、全く判りません。
常々キノコに詳しくなりたいと思っていました。散策のついでに食べられる野生のキノコを採集してくるなんて理想です。
キノコは成長過程で全く異なった外観になるし、同じキノコでありながら個体差も激しく、図鑑だけ見ても皆目判りません。
現実のキノコを前に少しでも特定して、判別できるキノコを1個づつ増やしていけば、ひょとしたら何年後かには自分の判別で食べられる日が来るのかも知れません。
それを目標として、散策で見つけたキノコを写真に撮って、図鑑で調べています。
ここに載せたのは、その散策中に見つけた野のキノコです。
判らないなりに自分が推定したキノコ名を書いていますが、当然間違いが多い筈です。
もし推定が間違っているキノコの正しい判別名や、不明なキノコ名を判ってる方がおられましたら、ぜひにも教えて頂けると大変嬉しいのです。・・・宜しくお願いいたしますm(_ _)



7/2日
直径12cmくらいの不明なキノコ(下写真)。
カワリハツのようにも思えますが判りません。
カワリハツなら可食のようです。

IMGK1107020.jpg




8/13日
直径18cmくらいの大きなイグチ系キノコ。
管孔面は黄色、柄は縦方向の繊維模様。
後日、メールで写真をわらびさんに送って、キクバナイグチと教えて頂きました(下写真1枚目が傘側、2枚目が管孔側)。

IMGK1108130.jpg

IMGK1108131.jpg


ホコリタケの仲間には違いないでしょうが、そのどれなのでしょうか?
ノウタケかオオノウタケのように思えます(下写真)。

IMGK1108132.jpg


切り株の根元に生えていてナラタケのような外見のキノコ。柄にツバが無いのでナラタケモドキでしょうか?(下写真)
ナラタケでもナラタケモドキでも可食のキノコですが、ツバの落ちたコレラタケ(猛毒)だったりしても困るので、置いてきました(笑)。

IMGK1108133.jpg


直径15cmの不明なイグチ系のキノコ(下写真1枚目が傘面、2枚目が側面)。
管孔は黄色で、柄も黄色で柄は縦方向の繊維模様。
傷つけての色変性は確認していません。

IMGK1108135.jpg

IMGK1108134.jpg


同じく、不明のイグチ系のキノコ(下写真2枚が傘面と管孔面)。
直径11cm、管孔面は黄色、柄は縦方向の繊維模様。傷つけての色変性は確認していません。

IMGK1108137.jpg

IMGK1108138.jpg


同じキノコが傍に何本も生えていました(下写真)。

IMGK1108139.jpg




9/11日
直径22cmの巨大な白いキノコで表面はぶつぶつのイボがあります。
毒キノコのシロオニタケと推定しました(下写真)。

IMGK1109110.jpg


そのシロオニタケの傍に直径7cm位の、これはどう見てもムラサキヤマドリタケでしょ♪(下写真)


IMGK1109114.jpg


柄はムラサキ色で網目模様(下写真)。

IMGK1109111.jpg


管孔は真っ白で爪で傷つけても色変はありません(下写真)。
どこも欠けていないしほんとに綺麗なムラサキヤマドリタケだと思います。・・・威厳があるわぁ~!
超美味なお宝キノコの筈です。
この判別には自信があるけれど、野のキノコを自分の判別で食べるのはまだまだ先のこと。
残念ながら置いてきました。(^^;

IMGK1109112.jpg


傘の表面はでこぼこ、管孔面は黄色で、傷つけても色変は無し。柄は縦方向の繊維状。
シワチャヤマイグチと推定。ここには何本も生えていました。
食毒不明とされているようですが、食べて美味しかったという記述も見られます(下写真)。

IMGK1109113.jpg




9/24日
直径12cmの不明キノコ。
傘面は滑らかで、ヌメリは無し(下写真)。

IMGK1109240.jpg


傘裏は細かいヒダ状(下写真)。

IMGK1109241.jpg


柄はツバ等はなく、縦方向の繊維状で、縦に裂けます(下写真)。
匂いは美味しそうな匂いでした(笑)。

IMGK1109242.jpg


追記:
密なヒダ、そしてヒダの茶色のシミ。柄の根元の膨らみ。
これは、ひょっとして毒キノコのカキシメジ?

10/23日
直径15、6cmの白いキノコ(下写真)。
ヒダと柄の境に淡青色のリングが無いのでシロハツではなく、ツチカブリかシロハツモドキ。
実物を見た時は、結構ヒダが粗い感じがしていてツチカブリと推定したのですが、今写真を見ると、ヒダの粗さは粗いような細かいような、結構微妙です(下写真2枚目)。
裂いた時に(下写真3枚目)特段乳液が出たような記憶がないので、シロハツモドキかもしれません。
シロハツは可食、ツチカブリは不明、シロハツモドキなら毒だそうです。

IMGK1110230.jpg

IMGK1110231.jpg

IMGK1110232.jpg


10/29日
直径1cm~1.5cmのぶつぶつ模様のある小さな白いキノコ。
これはキツネノチャブクロ(ホコリタケ)の幼菌でしょうか。
白い幼菌のうちは食用で美味しいという記述がみられますから、この程度なら食用可に思えます。

IMGK1110290.jpg

IMGK1110292.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(18) TOP

 |TOP