2012’04.28・Sat

凍み豆腐

凍み豆腐と言っても高野豆腐ではなく、単に冷凍した豆腐です。
一旦冷凍した豆腐は中に細かいスが入ってしまい、元の豆腐のようには戻らないのですが、そのスに出汁が滲み込みやすく、返って美味しかったりします。
なので我が家では、煮物に使う時は、わざわざ前日に冷凍庫に入れて冷凍してから使っています。
これも筍と薩摩揚げと一緒に八方だしで炊いたもの(下写真)。

IMG1204151.jpg


これが、冷凍した豆腐の断面(下写真)。
ほら!こんなに細かく繊維状にスが入って、この中に出汁が滲みる、滲みる!
ちょっと歯ごたえも増して、でも高野豆腐くらい固くは無く、普通の豆腐と高野豆腐の中間くらいの食感もなかなかのもの!

IMG1204152.jpg


この前の凍み筍もなかなかだったし、この手の煮物には冷凍してスカスカになったものが、意外に捨てがたい(笑)

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(16) TOP

2012’04.26・Thu

最近購入したお買い得チーズ他0426

いつもの「最近購入したお買い得チーズ」と、それに加えてお買得だった輸入食材です。
定期的にという訳ではなく、購入したレシートなどが溜まってまとめて処分する前に、記録する意味で書いています(前回はこちら)。



2/25日
プチ・カマンベール・ロイヤル125gを50%オフの425円で購入
熟成が進むと中までトロリとしていて、値段の割りにはまあまあ美味しいチーズです。
そして、ベルトー社のエポワス(EPOISSES)A.O.P.、250gを50%オフの1150円で2個購入。
エポワスは私の大好きなチーズで、割引で見つけたら必ず買うチーズ。
でも、このチーズ、とても臭~~いチーズですからご注意を!(笑)。
このチーズの詳細な説明は以前のこちらの記事に書いています。

IMG1202254.jpg




3/3日
ミモレット(Mimolette)18ケ月熟成、ポーションカット品54gを80%オフの113円で購入。
パトリック シュバリエ ヌーシャテル(P.CHEVALIER NEUFCHATEL)A.O.C.のポーションカット品、67gを50%オフ167円で購入。
ペイザン・ブルトン社(Paysan breton)のゲランドの塩を使った発酵バター250gを50%オフの600円で購入。
プロヴァンスのチョコレートメーカー、オリヴィエ・フォンテーヌ(Olivier Fontaine)のチョコレート、65円×4個で購入。

IMG1203030.jpg




3/5日
ピカンドゥ・フレ(Picandou)40gを50%オフの250円で購入。
ブシェット・ド・シェーヴル(Buchette de chevre)ナチュール150gを50%オフの450円で購入。
ロックフォール・ダルジェンタル(ROQUEFORT D'ARGENTAL)A.O.P.100gを50%オフの450円で購入
Cantorelのフルム・ダンベール(Fourme d'Ambert)A.O.C.125gを70%オフの240円で2個購入。

IMG1203050.jpg




3/7日
ロワゾー氏熟成のクローミエ(coulommiers)のポーションカット品、77gを50%オフの261円で購入。
クローミエに関するもう少し詳しい説明はこちらの以前の記事にかいています。


IMG1203072.jpg




3/27日
↑↑でも購入しているブシェット・ド・シェーヴル(Buchette de chevre)ナチュール150gを50%オフの250円?で購入。
このチーズ50%オフなら450円の筈なので、値段を書き間違えてしまったようです。
私ならすぐ気づくから、教えてあげたのだけれど、購入してきたのは家内なので、わかる筈もありません。
結局72.3%オフで買ったことになります。
デリス・ダルジャンタル(Delice D'argental)100gを50%オフの600円で購入。
フランス、ブルゴーニュ地方で作られる白カビチーズです。
乳脂肪分が72%(トリプルクリーム)で、とてもクリーミィな日本人好みのチーズです。

IMG1203270.jpg




3/30日
フランスのグランドルジュ社(E.GRAINDORG)のカマンベール・ド・ノルマンディ(Camembert de Normandie)A.O.P.250gを50%オフの875円。
カマンベール・ド・ノルマンディはカマンベールの中のカマンベールであって、生乳(無殺菌乳)を使用し、定められた昔からの作りかたで作ったもの以外この名前をつけられません。いわゆる本物のカマンベールのみに許された名前です。
このチーズに対する説明はこちらに記述しています。
ドイツのミルカチョコレート(Milka Alpine Milk)100gを105円で2個購入。
プランターズ(PLANTERS)のソルトピーナッツ49g(原産国アメリカ)が30円と格安なので10袋購入。


IMG1203303.jpg




4/8日
フランス産青カビチーズ、サンタギュール(Saint Agur)125gを、80%オフの340円で3個購入。 このサンタギュールは牛乳で造られた青かびチーズなのですが、口の中でホロホロ解けるその食感は、ロックフォールにとても似ていて(概観もソックリ)、大好きなチーズです。
この値段なら、あるだけ買占めます(笑)。
Heroアンチョビ入りオリーブ105円で2缶購入。
ブリア・アモール(AMOUR DE BRILLAT)200gを50%オフの750円で購入。
トリプルクリームタイプの白カビチーズ、「ブリアサヴァラン」を熟成させ、コクと風味を濃厚にしたチーズと言われる通り、乳脂肪分75%と大変クリーミィなチーズで、日本人好みの味。
クール・ド・ヌーシャテル( Coeur de neufchatel)のような、ハート型のチーズです。
カッチェス(Katjes)ゼリーフルーツ200g を30円で購入。
カサフィエスタ グァカモレ シーズニングミックス(CASAFIESTA GUACAMOLE SEASONING MIX)28gを38円で購入。
ココアファーム(cocoa farm)のワインチョコレート40gを、1個48円で2種(メルロー、シラーズ)購入。
ワインの香りプンプンで結構美味しい♪

IMG1204086.jpg




4/15日
モンタニャール(Montagnard)200gを50%オフの925円で購入。
フランス、ボージュ地方のウオッシュチーズで、1999年にフランス農水賞の金賞を受賞したボングラン社のウオッシュタイプの自信作だそうです。
ウオッシュとは言え、臭みは全然無く、かなりクリーミィなので、ダブルクリームかトリプルクリームなのでしょうか?裏の丁度乳脂肪分が書かれたところを、輸入業者のシールで覆われて見えません。
覆うなら隠される基本的な情報を、隠すシールに記載すべきで、食材情報に無頓着な、食材輸入業者は好きではありません。

IMG1204150.jpg




4/18日
ラ・カンパニョーラ サルサティ(La Campagnola Salsati)ホールトマト400g缶を68円で2缶購入。
トマトの原産地アンデス産のホールトマトだそうです。あまりに安いので味見に購入してみました。
紙パックタイプのミラソル(MIRASOL)ダイストマト390gを60円で2個購入。
上でも購入したブリア・アモール(AMOUR DE BRILLAT)200gを50%オフの750円で購入。

IMG1204181.jpg




4/20日
スイングトップの瓶に入ったドイツビール2種がそれぞれ50%オフの250円で購入
モンヒスホーフ・ランドビア(Monchshof Landbier)ドルトムンター度数5.4%
モンヒスホーフ・オリジナル(Monchshof Original)ジャーマン・ピルスナー度数4.9%
この値段ならスイングトップの瓶代でも元が取れます(笑)。
オールモルトですから、なかなか美味しいです。
久しぶりのニュイドール(Le Nuits D'or)、又はニュイサンジョルジュ(Nuits Saint Georges)250gを50%オフの775円で購入。
これはフランス、ブルゴーニュ地方コート・ドール(黄金の丘)地区北部にあるニュイ・サン・ジョルジュ村のチーズ屋さんが作ったウオッシュタイプのチーズで、表面はベタベタで少し糸を引き、恐ろしく臭~~いチーズです。
そして割引なら必ず購入するライターブリー、ポーションカット品243gを50%オフの413円で購入。
何処といって特徴のない殺菌乳のブリーチーズだけれど、普通に美味しいし、コストパフォーマンスはいいチーズです。

IMG1204200.jpg




4/21日
これも久しぶりのクール・ド・ヌーシャテル( Coeur de neufchatel)200gを50%offで450円での購入。
そして、上でも購入しているお気に入りのベルトー社のエポワス(EPOISSES)A.O.P.、250gを50%オフの1150円で購入。

IMG1204210.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieチーズ  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2012’04.24・Tue

続10・賄いパスタ7種

私が仕事休みの日(休祭日やズル休みの日)は、家族全員が私が食事を作るものだと思っており、それって誤解なのですが、みんな口を開けて待っているだけなので、作らざるをえません。(^^;
で、作らざるを得ないその休日の、特に昼食を、私は「賄い」と言っているのですが、そんな賄いで作ったものの中で、これまで掲載機会がなかった、それもパスタだけを7つ集めるシリーズです。(先回は続9・賄いパスタ7種)。
賄いですから、冷蔵庫内の残り物や、在庫食材などで作るのがルールです。
いつもの通り、パスタ名には怪しげなイタリア語名も付けていますが、添削大歓迎です(笑)。



これは2月初めの頃に作った賄いパスタ。
この時期の頃は近所の八百屋に、長野産のビーツが大変安く出回っていて、ビーツ好きの我が家の野菜庫には、いつもビーツが常備していました。
スフォーリア・アンティーカは、たまたま50%オフで見つけた時に購入していたものです(その記事)。

[ スフォーリア・アンティーカのビーツソース ]
Sfoglia Antica alla barbabietola( スフォーリア・アンティーカ・アッラ・バルバビエートラ)

さて問題は、どう作ったのだったか、全く記憶に無いこと(笑)。
大抵料理は、その場の思いつきで作るので、覚えているうちに記事にしないとすぐ忘れてしまう(爆)。
しょうがないのでこのレシピは、又次のビーツの季節にまとめることにしましょう。(^^;ゞ

IMG1202040.jpg




↑で使用したスフォーリア・アンティーカがまだ残っていたので、今度はアラビアータに仕立てたものです。

[ スフォーリア・アンティーカのアラビアータ ]
Sfoglia Antica all'arrabbiata(スフォーリア・アンティーカ・アッラッラッビアータ)

  • 鍋にオリーブオイルを入れ、ニンニクスライス、刻んだ自家製ベーコン、種を取って粗く刻んだ鷹の爪好きなだけを入れて炒め、オイルに香りを移す。ニンニクは焦がさない。
  • アンチョビー魚醤を加え(小さじ1/1人当り)、弱中火で炒め魚醤臭さを飛ばし旨みだけを残す。
  • 缶詰のホールトマトをマッシャして鍋に加え、少し油が分離し始めるまで煮詰める。
  • スフォリア・アンティーカは1%の茹で塩で茹でる。
  • 茹で上がったスフォリア・アンティーカを湯きり、鍋に投入し、手早くパスタにソースを絡める。
  • 皿に盛り、刻んだイタリアンパセリを飾り、パルミジャーノ・レッジャーノをピーラーで削る、香り高いEx.V.オリーブオイルをタラリとかけて完成(下写真)。


IMG1203105.jpg




豚モツが好きで、市場によく買いに行きますが、この時は、今まで食べたことがないフワ(豚の肺臓)も買ってきたのです(その記事)。
フワという呼び名は食感がスポンジのようにフワフワするかららしいのですが、実際はスポンジとコンニャクの中間のような食感で、旨みはあります。
豚モツは、色々な部位を入れると、それぞれ食感も違って、楽しめます。
この時は、白モツ(腸)、ガツ(胃)、豚マメ(腎臓)、フワ(肺臓)と筍をいれて、トマト煮にしています。
トリッパのトマト煮同様、豚モツにもトマトは相性抜群です(レシピはこちら)。
夕食で食べたこの豚モツトマト煮の残りを使って、翌日の昼に賄いパスタに仕立てたのです。

[ 豚モツのパスタ、スープ仕立て ]
Conchiglie e fusilli in zuppa di frattaglie di maiale(コンキリエ・エ・フズィッリ・イン・ズッパ・デ・フラッタリーエ・デ・マイアーレ)

  • 鍋に豚モツトマト煮の残りを入れて水で薄め火にかけ、沸騰したら、コンキリエとフズィッリを各々の茹で時間に合わせ鍋に投入。
  • 茹で上がる直前に塩、胡椒で味を調える。
  • 茹であがったら、皿に盛り、下したパルメジャーノレッジャーノ、刻んだ香り葉(この日はイタリアンパセリ)をかけ、香り高いEx.V.オリーブオイルをタラリとかけて完成(下写真)。

IMG1203120.jpg




お友達のcreamatさんから頂いたスタッグのチキンチリ(STAGG Chicken Chili)缶詰を使って、昼の賄いパスタに仕立てました。
この缶詰めはチキンと2種類の豆をトマトと辛くないチリで煮込んだもので、いわゆるチリコンカルネの味です。

ショートパスタ(コンキリエ&フレーグラ)のチリコンカルネ風
Conchiglie e Fregula alla 'Chili Con Carne'(コンキリエ・エ・フレーグラ・アッラ・チリコンカルネ)

  • チキンチリ缶を開けて鍋に入れ、水で適当な濃度まで薄めて火にかけ、沸騰したら、コンキリエと細粒フレーグラを各々の茹で時間に合わせ鍋に投入。
  • 茹で上がる直前に塩、胡椒で味を調える。
  • 茹であがったら、皿に盛り、刻んだ香り葉(この日はイタリアンパセリ)を乗せて完成(下写真)。

IMG1203304.jpg




叔母がサボイキャベツ(Savoy Cabbage)を送ってくれたのです(その記事)。
イタリアではヴェルツァ(Verza)と言うこのキャベツ、縮れた葉を持ち、肉厚で緑色が濃く、加熱で素晴らしく甘くなり、長く煮込んでも煮崩れません。
以前はアーリオ・オーリオ系に仕立てても素晴らしく美味しかったけれど(その記事)、今回はスープパスタに仕立ててみました。

[ サボイキャベツのショートパスタ(コンキリエ&フレーグラ) ]
Conchiglie e Fregula in zuppa con verza e pomodoro(コンキリエ・エ・フレーグラ・イン・ズッパ・コン・ヴェルツァ・エ・ポモドーロ)

  • 鶏腿肉はこま切れ、人参、セロリは茎の部分を何れも1cmのサイの目、シメジは小房に分ける。
    サボイキャベツは3、4cmサイズくらいのザクに切る。
  • 鍋にEx.V.オリーブオイルを入れ、ニンニク、鷹の爪の微塵切りを入れて炒め、香りがオイルに移ったら、刻んだ自家製ベーコン、微塵切りの玉葱を入れ、玉葱がしんなりするまで炒め、人参、セロリ、鶏腿肉を加え、鶏腿肉の表面が白くなるまで炒めて、サボイキャベツ、トマトのペースト(缶詰ホールトマトをマッシュして使っても可)、ブロード(無ければ水で可)を加え、10分程煮る。
  • コンキリエ(30g/1人当たり)、細粒フレーグラ(30g/1人当たり)とも煮上がり8分前に鍋に投入。
  • パスタの煮上がりの直前に、塩胡椒で味を調える。
  • 途中アクはまめに取る。
  • パスタが煮上がったら、器に盛り、おろしたパルミジャーノレッジャーノをかけ、香り葉(この日イタリアンパセリ)を散らし、香り高いEx.V.オリーブオイルをタラリとかけて完成(下写真)。


IMG1204111.jpg


トマトペーストは、お友達のcreamatさんから頂いた缶詰(Contadina Tomato Paste)を使ったのだけれど、この缶詰、開けてビックリでした。
ピューレの少し濃い目くらいのものを想像していたら、しっかり煮詰めて濃縮させた凄く濃いペーストです。
これ1缶でホールトマト缶の8缶くらいを濃縮させた感じです。
だから少しで十分。この一缶で何度も使えて、随分お徳な缶詰めです。
こうして見ると、やっぱり日本と比べアメリカは物が安~~い!



いつも行く近所の八百屋さんに立派なポロネギが売られていたので購入したのです(180円)。
真ん中に置いた100円玉と比較すると直径6cm強くらいでしょうか(下写真)。

IMG1204153.jpg


早速、賄いパスタに使ってみました。

[ ポロネギのパスタ ]
Pasta con i porri(パスタ・コン・イ・ポッリ)

  • ポロネギは4mm幅くらいに輪切りにする。
  • 鍋にオリーブオイルを入れ、ニンニクスライス、刻んだ自家製ベーコン、種を取って粗く刻んだ鷹の爪好きなだけを入れて炒め、オイルに香りを移す。ニンニクは焦がさない。
  • アンチョビー魚醤を加え(小さじ1/1人当り)、弱中火で炒め魚醤臭さを飛ばし旨みだけを残す。
  • 鍋にポロネギを加え、しんなりするまで炒める。
  • トマトペースト(缶詰ホールトマトをマッシュして使っても可)を加え、ブロード(無ければ水で可)で適切な濃度まで薄め、少し油が分離し始めるまで煮詰める。
  • パスタは1%の茹で塩で茹でる。
  • 茹で上がったパスタを湯きり、鍋に投入し、30秒加熱しながらパスタにソースを絡める。
  • 皿に盛り、おろしたパルミジャーノ・レッジャーノをかけ、刻んだ香り葉(この日はイタリアンパセリ)を飾り、香り高いEx.V.オリーブオイルをタラリとかけて完成(下写真)。
使用したトマトペーストは↑でも使用したContadina Tomato Paste。

IMG1204170.jpg




ホタテの稚貝が安く出回る時期になりました。
貝は小さいけれど、貝サイズに比して身は大きいですから、値段を考えると大きいホタテよりずっと割安です。
身は美味しいし、出汁はしっかり出るし、値段は安いし、ほんとに優等生な食材。
大抵は夕食時に酒蒸しで食べるけれど、この日は賄い昼食でパスタに仕立ててみました。
貝の身は、加熱し過ぎると固く縮んでしまいますから、鍋への投入時間が重要です。

[ 稚貝のパスタ ]
Capesante in Bianco(カペサンテ・イン・ビアンコ)

  • 稚貝は表面をタワシで洗って汚れを取り、海水濃度の塩水に暫く漬け、泥、砂を吐かせる。
  • パスタは1%の茹で塩で茹でる。
  • 鍋にオリーブオイルを入れ、スライスした国産ニンニク、自家製鷹の爪を入れ、ニンニクの香りをオイルに移し、辛味も出す。
  • 自家製ベーコン、微塵切り玉葱を投入し炒める。
  • パスタの茹で上がり2分前に、鍋に稚貝を投入し、パスタの茹で汁(大さじ2/一人当たり)、酒(又は白ワイン)を加え、蓋をして、強火で酒蒸しし、黒胡椒をふり、塩味を調える(多分塩は不要)。
  • 茹で上がったパスタを湯きりして鍋に投入し、加熱しながら、数十秒、一気にかき混ぜて余分な水分を飛ばし、乳化させてパスタと絡める。
  • 器に盛り、オリーブの香り高いE.V.オリーブオイルをタラリ~ンとかけ、香り葉(この日はイタリアンパセリ)を散らし、出来上がり(下写真)。

IMG1204180.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(8) TOP

2012’04.20・Fri

桜と手捏ね寿司

もう私の所では、ソメイヨシノの時期は過ぎてしまったけれど、これはまだ満開だった丁度1週間前の話です。

桜の季節には毎年作る手捏ね寿司。
今年は休日(4/7、8日)を過ぎてから一気に満開になって、次の休日の土曜には天気が崩れるとのことで、このままでは、花見のチャンスが無くなってしまい、年に一度の手捏ね寿司も作れません。
それではあまりに悲しいと、天気が崩れる前の金曜日(4/13日)の午後から仕事をサボって(笑)、急いで手捏ね寿司を作り、缶ビールも持参して、家内と桜の下で花見を兼ねた昼食をしました。

手捏ね寿司はカツオかアジのどちらかで作るのですが、今年はカツオで作りました。
カツオを少し薄めのお刺身に切り、おろし生姜、醤油、酒でヅケにし、冷ました酢飯にヅケ汁ごと手で混ぜ込みます(手捏ねの由来)。
あとは錦糸玉子、極細に刻んだ青シソ、刻み海苔、金胡麻を散らして出来上がり。
冷蔵庫に在庫していた青紫蘇の量が少なかったので、イタリアンパセリも散らして見ましたが、これは味的には無くても良かったようです(笑)。(下写真)

IMG1204138.jpg


肝心の桜は、散り始めてはいたものの、まだ十分な状態(下写真)。
天気の良い休日なら、花見客で満員なのですが、さすがウィークディ、仕事をサボッって花見をする不届き者はそう多くないってぇことでしょうナ(爆)。

IMG1204139.jpg


アップではこんな状態、十分です(下写真)。

IMG120413a.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(14) TOP

2012’04.18・Wed

サボイキャベツ

またまた仕事の締め切りに追われて、ブログ更新が滞っています。
計画的に仕事が出来れば良いのですが、締め切りが迫って修羅場にならないと、身が入らない何とも困った性格。(^^;ゞ
その修羅場の合間を縫っての、更新です。

イタリアなどで栽培され、イタリアではヴェルツァ(Verza)と言うサボイキャベツ(Savoy Cabbage)。
縮れた葉を持ち、肉厚で緑色が濃く、加熱で素晴らしく甘くなり、長く煮込んでも煮崩れません。 このキャベツ、調理に使って最高に美味しいキャベツで、大好物なのですが、最近の洋野菜ブームで、栽培する営農さんも増えてきたようです。
とは言え、私の周りには全然出回りません。
何とか手軽に入手する方法は無いかと、以前にNETで調べてみたら、国内でサボイキャベツの栽培に力を入れている町が、なんと叔母の住んでる町だったのです。
おう!抜かったぜ!何と言う灯台元暗しだ(笑)。
早速叔母に聞いたら、「季節にはスーパーに良く出回るけど、あんな固いキャベツ誰も食べないよ!」・・・だそうです。
ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン! 何と、宝の持ち腐れな(笑)。
その上、地元で出回っている値段も、随分安~いそうだ!
その時はもうサボイキャベツの収穫時期は終わっていたので、次の季節には何か他のものを送るついでに、送ってくれるように頼んでいたのです。

そして、又収穫できる時期が来て、サボイキャベツが送られてきました。(^^)v
1個168円の値札がついていますから、やっぱり、地元では随分安く出回っています(下写真)。
えっ!宅急便代の方が高い?
大丈夫!サボイキャベツだけを送って来た訳じゃないもの(笑)。

IMG1204090.jpg


早速、その日の夕食に、自家製ベーコンと煮込んでポトフにしました。
自家製ベーコンはふんだんにあるので、ゴロゴロの大きいサイズでタップリと。
人参、ジャガイモもゴロゴロのサイズ、シメジは小房に分けて、サボイキャベツは大き目のザク切り。
シャトルシェフにオリーブオイルを入れ、全ての材料を軽く炒めた後、ブロードを入れて、5分程沸騰させて、その間アクを取り、シャトルシェフの保温容器にセットして2時間程放置。
蓋を開けた時は、もう勝手に美味しくなっているので(笑)、塩、胡椒で味を調えて出来上がり(下写真)。
自家製ベーコンをタップリ使っているせいもあるけれど、サボイキャベツの甘みがスープ全体に滲みていて、何とも優しい、素晴らしい味です。

IMG1204091.jpg


そして、その翌日の夕食。
こちらは家内の作で、サボイキャベツのロールキャベツ(下写真)。
普通のキャベツよりずっと甘く、存在感もあって、これも凄く美味しいのです。

IMG1204102.jpg


季節柄、食感が出るように、ちょっと大きめに切った筍も入れています(下写真)。

IMG1204103.jpg


サボイキャベツ、もっとあちこちで栽培が拡がればいいのに♪

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(6) TOP

2012’04.13・Fri

蕾が来た~♪ファラオ様他

Ms.るぅさんに頂いた豆を蒔いて栽培した昨年のツタンカーメン。
今年はそのツタンカーメンから自家採取した豆で栽培しています。
この我が家のファラオ様は、草丈も70cmを超え、成長は順調なのに、奥手でちっとも色気づかず、蕾がつく気配が無かったのです(下写真)。

IMG1204130.jpg


でもこの所の暖かい陽気に誘われて、我が家のファラオ様にも春が来たようです(笑)。
いつの間にか、ほら!蕾が♪

IMG1204131.jpg


別のところにもついてます(下写真)。

IMG1204132.jpg


ツタンカーメンは花落ちが殆どなく、ほぼ100%着果するように思えます(昨年がそうでした)。
これからはあちこちに蕾がつくでしょうから、今年もピンク色の豆ご飯は約束されたような気がします。v(^^)v

次はトマト苗。
今年は仕事の忙しさに追われ、播種も遅れ、発芽後の苗の世話もあまりできず、本葉が出た後も殆ど成長せず、それはそれは悲惨な状況だったのです(笑)。
これではいかんと、とり合えず簡易温室を急遽しつらえて、遅ればせながら世話を始めたら、ようやく成長を始めてきました。
今年のトマト栽培ラインナップは、
コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)
グレイトホワイト(Great White)
スーパー・スノー・ホワイト(Super Snow White)
エバーグリーン(Evergreen)
そしてサンマルツアーノ(San Marzano)か、サンマルツアーノ・ルンゴ(San Marzano Lungo)かのどちらかで、全5種です。
この感じなら4/末くらいに、水耕容器への定植が行えそうです(下写真)。

IMG1204133.jpg


ペッパー類は、今年も海外種を色々蒔いたのですが、残念ながら殆ど発芽させられなかったのです。
これはその1回目の播種で発芽した苗の、その後の状態です(下写真)。
パプリカ系が、赤ピーマン、ガブリエル、色白プチ太郎Jr、そしてペッパー系はチレ・セラーノ(Serrano Tampiqueño)と札幌大長。
播種から1.5ケ月も経つのに、まだこんな程度。
唐辛子類は初期の成長がほんとに遅く、暖かくなって、根張りもしっかりしてからは、嘘のようにグングン来ます。

IMG1204134.jpg


Ms.るぅさんからまた種を送って頂いて(その記事)、蒔き直したペッパー類の中で、まずペッパー・フィッシュ(Pepper Fish)が先陣を切って、2粒発根しました~♪(下写真)
先回の失敗を元に、今回は種数を多く蒔いているのと、温度変動を入れています。
海外のペッパー類には、一定高温下ではなく、温度変動を刺激として与えないとなかなか発芽し難い種も多くあります。
勿論、ペッパー類は強い嫌光性を持つので、このケースは蓋を閉じた状態で完全に遮光されています。

IMG1204137.jpg


今我が家で、一番青々としているのは、イタリアンパセリで、我が家では調理に一番使うハーブです。
これは購入した今年苗を植えたもので、ハードな消費量に負けずガンガン成長中です(下写真)。


IMG1204135.jpg


そしてこちらは、冬を越した2年目のイタリアンパセリです(イタリアンパセリは2年草)。
暖かくなってくるのに合わせ、グングン大株になった後、トウ立ちする筈です(下写真)。

IMG1204136.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieベランダ菜園  トラックバック(0) コメント(12) TOP

2012’04.10・Tue

桜、桜、桜・・・間にちょっとお寿司

これは先週の土曜日(4/7日)。
都心はもう随分桜が咲いているけれど、多摩はまだちょっと早い状態。
とは言え、どのくらい咲いたか気になるものだから、近所の公園に開花状態を見に行きました。
この公園は、中央が芝生で両側に2列ずつの桜がずっと続いており、私も毎年花見をしている公園です。
まだ2部咲き程度ですが、気の早い花見客がちらほら(下写真)。

IMG1204075.jpg


中には気の早い木もあって、この木などはもう7部咲き位です(下写真)。

IMG1204071.jpg


アップはこんな感じ(下写真)。

IMG1204070.jpg


少し足をのばして、多摩市の天然記念物にも指定されている川井家のしだれ桜も見に行ってきました(下写真)。


IMG1204072.jpg


近所のスーパーにまた格安で、鮮度の良い平目が出ていたので、購入してきました(下写真)。

IMG1204060.jpg


桜の季節は、何故お寿司が食べたくなるのでしょう(笑)。
この前は押し寿司にしたので、今回は握りました。
半身は翌日用に昆布〆にして、残り半身を握って20貫出来上がり(下写真)。
右側奥の4貫がエンガワの握りです。

IMG1204061.jpg


潮汁にしたアラから、ヒラメのヒラメ(鯛中鯛)が出てきました(下写真)。
ヒラメの鯛中鯛って、何処となくヒラメに似ているとは思いません?(笑)

IMG1204062.jpg


翌日は日曜日
どんなに仕事が忙しくても週1回は散策をしないと、ストレスが溜まります。
大抵は日曜日に、アップダウンのある里山をあちこち歩くのですが、折角桜の季節です。 桜の名所として有名な尾根緑道を歩くことにしました。
この尾根緑道は別名「戦車道路」と呼ばれる道路。
第二次大戦末期まで、相模原にあった軍需工場で製造された戦車のテストコースとして使われていた道路です。
多摩境の小山内裏公園から尾根緑道に入って、町田市大賀藕絲館の出口まで、そしてその後町田駅に向かい、町田駅ちょい手前にある某手打ち蕎麦店で、ビールを飲みながら昼食という計画です。
最近は、朝からガンガン歩いて、お昼に美味しい手打ち蕎麦屋さんで、歩いて消費した倍以上のカロリーをビールで補充し、手打ち蕎麦を食べるのが、至福の時になってます(笑)。
さんざん歩いた後のビールって、何であんなに美味しいのでしょうか。これからの季節はますますそう!(笑)
でも折角、こだわりを持って美味しい手打ち蕎麦を出しているのだから、置くビールにも、もちょっとこだわりを持って美味しい銘柄を置いてくれたら、もっと美味しいのに(爆)。(^^;

さて、緑道に入ってみたら、小山内裏公園付近では、桜はまだまだ全然咲いていません。八王子側はやはり気温が低いのでしょうか。
飛びぬけて咲いている木で2分咲き程度です(下写真)。

IMG1204080.jpg


町田市側に入って、尾根緑道出口の大賀藕絲館に近づくにつれて、咲いている桜も随分多くなってきました(下写真)。

IMG1204081.jpg


さらに行くと、ますます人も増えて屋台やテントも沢山出てきました。
テントでパンフレットを貰って見てみたら、この日は尾根緑道の町田さくらまつりだったようです(下写真)。

IMG1204082.jpg


尾根緑道を出て、忠生公園経由、町田駅に向かう途中の傳重寺というお寺さんに桜の木の巨木がありました(下写真)。

IMG1204083.jpg


町田駅のちょい手前にある某手打ち蕎麦店に着いたのが12h30m頃。
美味しい手打ち蕎麦とビールで今日の散策は打ち止め、町田駅から電車で帰りました。
散策時は大抵GPSロガーを携帯しています。
帰ってからログデータで確認したら、歩いた距離は14.5km。最寄の駅からの往復を加えれば18km位の散策です。
通常は同じ距離をアップダウン多い里山道で歩くのですから、平地が殆どのこの日は比較的楽でした。

さてさらにその2日後、先頭の写真で2部咲きだった近所の公園の桜は、この陽気であっという間に満開(下写真)。

IMG1204100.jpg


十重二十重に桜が重なって、これを満開と言わないで、どれが満開という状態です(下写真)。


IMG1204101.jpg


まずいですなぁ!(^^;ゞ まだお花見(宴会)をしていませんゾ。
休日の土曜日までこの桜、持つでしょうか?

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(8) TOP

2012’04.08・Sun

種を頂きました♪

お友達のMs.るぅさんから、また種を頂きました。
今年は、以前にMs.るぅさんから頂いていたペッパー類を色々蒔いたのです(その記事)。
その中の札幌大長は発芽したのですが(発芽率87.5%)、それ以外は発芽しなかったのです。
ペッパー類は気温が低い時期の成長は凄く遅いので、少し暖かくなったらもう一度蒔き直そうと思っていました。
そんな折、Ms.るぅさんから、「発芽の状況はどうですか?硫黄島唐辛子と白ピーマンの種をお送りしようと思っているので、もし発芽していないのがあったら、再度送りますので教えてください」とメールを頂いたのです。
そこでこれ幸いと、蒔き直しには残り種数が少し足りないものも一緒に送って頂いたのです。

下写真中央から左側が今回頂いた種、そして右側は以前頂いていた種です。
今回頂いた種は、硫黄島唐辛子、白ピーマン、ピーター・ペッパー(Peter Pepper Hot Pepper)、ペッパー・フィッシュ(Pepper Fish)、イタリアン・ホワイト・ワックス(Italian White Wax Hot Pepper)、ペルーイエロー(Peru Yellow Hot Peppers)。

IMG1204073.jpg


Ms.るぅさんにお聞きしたところ、ピーター・ペッパーとペッパー・フィッシュを20粒くらいづつ蒔いて、発芽が2、3粒だったということですから、もう少し種数を蒔いたほうが良さそうです(先回の蒔数はそれぞれ8粒くらい)。
あわせて発芽時の環境もお聞きしましたところ、土に蒔いて、土中温度が24.5度位だったそうです。
土ですから昼夜での温度変動も当然あったのでしょう。
そこで、今回はもう少し種数を蒔き、温度はちょっと下げ(27、28度)、夜間はヒーターを切って、昼夜の変動を与えることにしました。
蒔いた種は、ピーター・ペッパー、ペッパー・フィッシュ、アヒ・デュルセ(Aji dulce)、イタリアン・ホワイト・ワックス、白ピーマン、ボリビアン レインボー(Bolivian Rainbow)、硫黄島唐辛子、ペルーイエロー、ジミー・ナルデッロ(Jimmy Nardello Sweet Peppers)です(下写真) 。

IMG1204074.jpg


Ms.るぅさん、種をありがとうございました。
折角頂いた種を発芽させられなくて、本当に申し訳ありません。m(_ _)m
何とか今回で、発芽させられるように、頑張りますね~!(^^;ゞ

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(18) TOP

2012’04.06・Fri

好物便

私の干し柿好きを知っている、お友達のcreamatさんから、「新潟でおいしい干し柿を見つけたので、お送ったよ~!」とメールを頂いたのです。
今creamatさんは、毎週末に新潟へスノボに行くという、羨ましいことしておいでです(笑)。
我が家は私だけじゃなく、家内も負けずに干し柿好き。
ちょっと変わった干し柿と言うので、どんな干し柿がくるかとても楽しみだったのですが、creamatさんからの場合は、もう一つ楽しみなものがあるのです。

さて、翌朝、私はまだベットの中にいた頃、もう荷物が届いたらしく、受け取った家内の大笑いが聞こえてきました。
その笑い声で、そのもう一つの楽しみも、予想の通り期待を裏切らなかったことが判ったのです(笑)。
その楽しみというのは、荷物に貼り付けてある伝票の品名です。
creamatさんから送られてくる荷物の品名はいつだって、何だか変なのです(笑)。
で、今回の荷物はスキモノ便、あ、いやいや好物便です。
ほら!(爆)(下写真)。

IMG1203301.jpg


「好物」と書かれていて、わざわざ「スキモノではありません」と注意書きもあります(爆)。
確かに、私の好物を送って頂いたのですが、この伝票の品名って、送り先用というよりは、宅急便屋さんのためのものの要素が強い気がするのです。
自分が配達する物が何か判ることで、取り扱いの注意もするし、運送トラブルが起こった特の弁済にも重要なものです。
この品名をみたら、宅急便屋さんはきっと気になってしょうがない!(笑)
ましてパット見で「スキモノ」などど読んだ日にゃ、配達した後だって、「一体何が入ってたんだー!」って気になって、夜も寝られないかも知れません(爆)。
   うーん!????(-"-)????気になって仕事が手につかん←宅急便屋さん
座布団を10枚あげたいと思います。(^^)v
ちなみにこれまで頂いた便名は、

  カプサイシン's便
  めずらしいもの便
  古代の穀物とか便

さて頂いたものは、
下写真の左下が主役の干し柿。新潟「やま柿」と書いてます。
その右が塩麹。そしてその上と右はトワイニングの紅茶パック。
やま柿の上が柿の種チョコのキナコ味。この味が猛烈に美味しくて大人買いしてきたのだそうです(笑)。
食べてみたら確かに!外に塗しているキナコが、口に入れた瞬間にナメ~~っとして、何だか後を引いて、あっという間に完食でした。
右上がオリーブの王様カラマタオリーブの種付きもの。ちょっと食べ難いけれど、種付きの方が味は美味しいです。
その右がSTAGGのチリチキン缶、その右がトマトペースト缶(下写真)。

IMG1203302.jpg


さて、主役の干し柿を開けて見ました。
なんと、これは巻き柿ですね~♪(下写真)

IMG1204030.jpg


粉を吹いた干し柿の種を取って、何層にも巻いて竹の皮と藁などで包み、外側を紐や縄でグルグル巻きにして成型するもの。
これは四角なので、どんなやり方で成型するのでしょうか。
巻き柿の妙はその断面にあります。輪切りにすると、粉を吹いた柿の表面が層模様を描いて、とても綺麗なものです。
味も自然で上品、最高のお茶受けになります。
以前お友達のFujikaさんから手作りの巻き柿を頂いたことがあり、常々自分でも作りたいと思っているものなのですが、作った干し柿を、粉を吹くまで待てないで全部食べてしまう我が家では、作りたくても作れない憧れの巻き柿です(笑)。
お蔭様で、憧れの巻き柿にようやく2度目の対面となりました。
creamatさん、美味しいものを沢山ありがとうございました。改めてお礼申しあげます。m(_ _)m

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(6) TOP

2012’04.01・Sun

宝くじ

この所、当たり運の上昇を感じていたのです。
まず最初は、サントリーのプレミアムモルツキャンペーンに当たったのです(その記事)。
このキャンペーンに当たるのは3~4度目なので、それ程ビックリはしなかったのですが、その4日後に家内が、近所のスーパーのくじ引きで2等のフライパンを当ててきました。
で、次の月にいつもの市場へ行ったら、滅多に当たらない各店賞が、夫婦揃って当たったのです(その記事)。
そして、その2週間後、又、サントリーのプレミアムモルツキャンペーンに当たりました(その記事)。
良く考えると、安いのにしか当たっていないような気もするけれど(笑)、ここに至って、機運が熟してきたのを確信したのです。

こ、これは、・・・宝くじしを買うしかないっしょ!
ここで買わないで、何処で買うと言うのでしょうか!!!!

早速、家内に『東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじ』を買わせました。
復興支援の名のもとに、あぶく銭を当てようとする魂胆は、ちとさもしいような気もするけれど、勝負時は逃せません!
えっ!勝負時と言うからには、そんなに買ったのかって?
・・・・い、いや、いつもと同じ10枚しか買ってないけれど。 ・・・どうせ当たらんし (^^;ゞ
ところが、やっぱり機運が熟していたようで、なんと当たった♪♪♪のです。

もっとも、当たったのはたった1万円なので、安いのにしか当たらないのも続いてます(笑)。
でもね、宝くじで300円以外が当たったのって、初めてなんですよ~(笑)
10枚連続で買えば300円は必ず当たるわけで、だから今までは3000円買って、いつも2700円のマイナス。
何と今回は10300円当たりですから、7300円のプラス!!!!ヽ(*^。^*)ノ ワ~イ

当たり慣れないものだから、家内なんかは、
「換金に行って、当たってませんよ!とか言われたら、どうしよう!」 (;_; )オロオロ ( ;_;)オロオロ
って、たった1万円の当たりで、何処まで動揺してるんだか(笑)

で、無事10,300円ゲットした家内は、気を良くして、頼んでもいないのに私のお気に入りのビールも買ってきました(下写真)。
いや~!「よなよな」も「青鬼」も美味しいものだから、最近ちょくちょく購入して、変わりにプレミアムモルツの消費量がグンと減っています。

IMG1203300.jpg


家内殿、これで満足しないで、次は100万円ですよ!!!!

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(26) TOP

 |TOP