FC2ブログ
2013’11.15・Fri

ベランダトマト他1115

南向きベランダの1間幅で水耕栽培しているトロ箱水耕栽培トマトと、半間幅でPETボトル水耕栽培しているペッパー類の状況です。
※全ての写真はクリックすることで、大きなサイズで見ることができます。

10/14日
コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)を3個(407.0g)、サンマルツァーノ(San Marzano)を2個(50.1g)収穫。
チレ・アルボル(Chile de Arbol)を1本(延べ49本)、ペルー(Peru Yellow)を2本(延べ91本)収穫。

IMG13101400.jpg




10/24日
ダレペーニョを9本(延べ51本)、ハンガリアン・ホット・ワックス(Hungarian Hot Wax)を3本(延べ24本)、チレ・アルボルを3本(延べ52本)、ペルーを3本(延べ94本)、ハバネロ(chile habanero)を4本(延べ31本)収穫。

IMG13102400.jpg


結局、10月のこれ以降の収穫は無く、この日の収穫が10月の最終収穫になりました。
なので、とりあえず10月までの月毎収穫をまとめておきます。
まずトマト類。
月別ベランダトマト収穫量(個数&重量)
CJ個CJ重SM個SM重R 個R重EG個EG重GW個GW重月計(重)
6月4386.3g00.0g00.0g00.0g00.0g386.3g
7月131486.8g171326.7g341240.8g2375.0g2824.0g5253.8g
8月3241.3g143.6g480.9g2302.0g31084.5g1752.3g
9月3281.5g9510.8g00.0g5390.3g2629.5g1812.1g
10月121067.5g7185.9g00.0g00.0g00.0g1253.4g
累計353463.4g342067.0g381321.7g91067.3g72538.5g10457.9g
ここで、
CJ:コストルート・ジェノベーゼ、SM:サンマルツアーノ、R:V.F.ローマ
EG:エバーグリーン、GW:グレイトホワイト

次にPETボトル水耕栽培のペッパー類は
月別ペッパー類収穫量(本数)
ダレペーニョフ ィ ッ シュH H Wカイエンアルボル島  唐鷹 の 爪ペ ル ーハバネロ
6月110000000
7月112281230000
8月123310202575594413
9月31422161972514
10月241640831254
累計518624345297679431




11/2日
コストルート・ジェノベーゼを2個(209.0g)、エバグリーン(Evergreen)を1個(161.1g)、グレイトホワイト(Great White)を1個(331.5g)収穫。


IMG13110201.jpg


フィッシュを4本(延べ90本)、カイエンペッパー(Cayenne pepper)を3本(延べ37本)、チレ・アルボルを4本(延べ56本)、ペルーを3本(延べ97本)、ハバネロを3本(延べ34本)収穫。

IMG13110200.jpg




11/7日
コストルート・ジェノベーゼを2個(176.1g)収穫。
ダレペーニョを5本(延べ56本)、フィッシュを1本(延べ91本)、カイエンペッパーを3本(延べ40本)、チレ・アルボルを2本(延べ58本)、ペルーを1本(延べ98本)収穫。

IMG13110701.jpg




11/14日
コストルート・ジェノベーゼを3個(303.0g)収穫。
ダレペーニョを4本(延べ60本)、フィッシュを1本(延べ92本)、ハンガリアン・ホット・ワックスを1本(延べ25本)、カイエンペッパーを5本(延べ45本)、チレ・アルボルを8本(延べ66本)、島唐辛子を1本(延べ98本)収穫。

IMG13111400.jpg


これまでトマト類は、
コストルート・ジェノベーゼを42個(4151.5g)、サンマルツァーノを34個(2067.0g)、V.F.ローマ(Roma)を38個(1321.7g)、エバグリーンを10個(1228.4g)、グレイトホワイトを8個(2870.0g)収穫。
トマト類総重量で11638.6g。
ペッパー類は、
ダレペーニョを60本、フィッシュを92本、ハンガリアン・ホット・ワックスを25本、カイエンペッパーを45本、チレ・アルボルを66本、島唐辛子を98本、鷹の爪を67本、ペルーを98本、ハバネロを34本を収穫。

ベランダトマトの樹勢はまだまだ衰えず、ジャングルのままですが、このところの寒さで実のほうはなかなか色づかず、収穫周期が開くようになりました。
でも味はグンと乗ってきて、生食でも濃くて大変美味しい味、加熱調理にいたってはトマトだけで出汁が取れる程、旨みもかなり強くなっています。
もともと我が家では、加熱時に大変旨みの強い種類を選んで栽培しており、この旨みの強さは、日本種のトマトでは想像できないレベルです。
北の地方では、かなり雪が降っている所もあるようですが、着いている実の数を考えれば、我が家の秋冬トマトはこれからが本番(の筈)です。


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(10) TOP

 |TOP