• « 2014·04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2014’04.28・Mon

トマト&ペッパー苗を水耕容器にセット

期の変わりで本業が忙しく、育てていた苗の定植が随分延び延びになっていました。
定植が左程の時間を取るわけではないのですが、我が家はベランダでの水耕栽培なので、水耕容器の製作や補修などに時間がかかります。
簡易温室で育てていたトマト苗は3月の終わりにはもう定植サイズに達していました(下写真:3/30日の撮影)

IMG14033000.jpg


なので、4月の頭には定植と考えていたのですが、どうにも時間が取れず、そのまま1ヶ月近くズルズルと、温室内に放置してしまいました。
当然ながら、小さな温室の天井にはつかえてくるし、花房もでて来たので、さすがにこれ以上は無理!(下写真)

IMG14042603.jpg


何とか時間が取れるようになったこの日に定植に踏み切ったのです。・・・4/26日
小さな育苗ポットの間隔で放置して大苗にしてしまったものだから、徒長苗になってしまいましたナ(下写真)。
でもあんまり障害にはなりません。

IMG14042600.jpg


トロ箱水耕容器は去年のものを補修して使用しています。
考えてみれば、毎年補修しての使いまわしですから、一番古いトロ箱は今年で使いまわし6年目になります(笑)。

我が家のトマト水耕容器の作り方は以下の過去記事に掲載しています

  2008年度:バケツ水耕シシリアンルージュ
  2009年度:トマト水耕栽培容器の製作
  2010年度:2010年水耕容器製作とトマト苗セット
  2011年度:2011年水耕容器製作とトマト苗セット
  2012年度:2012年度水耕容器製作とトマト苗セット

昨年(2013年度)もそうですが、今年度も2011年度の仕様で製作しています。

今年もトマトは5種5株。
ラインナップは、毎年のレギュラー組から、レッド系のコストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)とサンマルツァーノ(San Marzano)、緑系のエバグリーン(Evergreen)、白系のグレイトホワイト(Great White)。
それに今年の新メンバーのポーターハウス・ハイブリッド(Porterhouse Hybrid)を加えた5種。
新顔のポーターハウス・ハイブリッド以外は、自家採種ものです。
いくら補修とはいえ、5箱も作るのはやっぱり大仕事(下写真)。

IMG14042601.jpg


ポーターハウス・ハイブリッドは、毎年600g台の巨大なトマトを収穫できているグレイトホワイトよりさらに巨大な大玉の筈ですから、今年はこれで1kgトマトに挑戦してみたいと思います。

毎年PETボトル容器で水耕栽培しているペッパー類も、定植をしました。
こちらは使いまわしではなく、毎年新規製作です。
空になった2LPETボトルが6個しかなくて、取り合えず6個だけ作って、苗をセット(下写真)。

IMG14042602.jpg



セットしたペッパー類は、フィッシュ(Pepper Fish)、カイエンペッパー(Cayenne pepper)、鷹の爪、島唐辛子、アルボル(Chile de Arbol)、ハラペーニョ(chile Jalapeño)。
育てた苗種はまだ、ペルーイエロー(Peru Yellow)、ハバネロ(chile habanero)、硫黄島唐辛子が残っていますので、現在PETボトルの空き待ち状態です。
水を沢山飲まなきゃ(笑)。

毎年、PETボトルとは思えないくらいの沢山の収穫をもたらすこのPETボトル水耕容器、これも作り方の詳細は過去の記事で見ることが出来ます。

  PETボトル水耕容器製作と苗セット

残留硝酸塩濃度に対する懸念から、私自身は葉物の水耕栽培は殆どやらなくなっていて、そのため記事にはあまり出てきませんが、横型のPETボトル水耕容器もあります。

  横型PETボトル水耕容器

ペッパー苗をセットしたPETボトルは、翌日にベランダにかけたワーヤーネットのホルダーにセット(下写真)。

IMG14042800.jpg


激辛好きの我が家のペッパー消費量は多いのです(笑)。
今年も沢山収穫できるかな?

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
スポンサーサイト

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2014’04.23・Wed

市田柿

下書きのままだった大分前の記事です。

私が干し柿好きなので、叔母が通販で干し柿を送ってくれました。
早速届いた箱には「かぶちゃん農園」と書いています(下写真)・・・2/7日

IMG14020700.jpg


箱を開けてみたら、一個一個包装された市田柿(下写真)。

IMG14020701.jpg


包装を開けてみたら、真っ白に粉が吹いて、ヘタの剥き方も綺麗です。
思わず見とれてしまいました。
さすが、売り物は違いますネ~(下写真)。

IMG14020702.jpg


中はほんとに綺麗なオレンジ色(下写真)。
市田柿を使った綺麗な和菓子が色々あるけれど(これとか)、確かにこれだけ綺麗なら和菓子に使えますね~。

IMG14020703.jpg


ついつい競争意識を出して、我が家の自家製物と比較。
自画自賛していた自信作だったのだけれど、こうして比べてみると、自家製物は果肉のオレンジ色が多少くすんでいます(下写真)。

IMG13121203.jpg


市販品のように硫黄燻蒸などしないのだから、仕方が無いのかもしれないけれど、まだまだ精進が必要かな。
大分上手にはなったけれど、もっと頑張らなきゃ(笑)。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie食材乾燥  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2014’04.23・Wed

今年の桜

今さら桜?という感じですが、忙しさに紛れて下書きのままなっていた、今年の桜の記事です。

家内が、「もう満開に咲いているわよ!」と言うので、お昼に急いで近所の公園まで確認に行きました。
確かに満開です。
2、3日前は殆ど蕾だった筈が、この2日間の陽気で一気に咲いたようです。・・・4/1日(火)

IMG14040100.jpg


毎年見に行っている川井家のシダレザクラの巨木まで足を伸ばしてみました。
こちらもまさに満開です(下写真)。
普通はこのシダレザクラはソメイヨシノより10日程度先行するのですが、同時なところを見ると、やはりここ2日間の陽気は色々な桜を一斉に咲かせたようです。

IMG14040101.jpg


さて5日後の週末日曜日。・・・4/6日
この日は花見です。
週始めには一気に満開になってしまったので、はたして、週末まで残っているか心もとなかったのですが、何とか持ってくれました。
まだ7分くらいは散り残っている状態です。
ここは毎年花見をやる自宅そばの公園。日曜日でこの桜で、この天気なら、例年ならもっと花見客が出ているのですが、この日は午後から天候が急に荒れるかもという天気予報だったので、そのせいかも知れません(下写真)。

IMG14040600.jpg


いつもは家内や子供との花見なのですが、今年は1年前に入会した東京きのこ同好会の有志による花見に参加させていただいたのです。
さすがきのこ同好会の方々ですから、野のきのこの話や山菜の話などで盛り上がって大変楽しかったのです(下写真)。

IMG14040601.jpg


残念ながら、天気予報通り、正午を過ぎた当たりでポツポツ雨が降ってきたので、早めの解散になってしまいました。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2014’04.18・Fri

イタドリ

期の変わりで、本業が忙しく、ブログは放置状態、記事ネタは溜まる一方です。(^^;ゞ
このブログは備忘録ですから、すっかり忘れてしまわないうちに、古いネタから記事にまとめて行きたいのだけれど、古いネタほど記憶も薄れていて、記事にまとめるのに時間がかかります。
ブログに時間が取れない折、あまりハードルを上げても放置状態が続くだけなので、取りあえず最新で書きやすいネタで更新しました(^^;ゞ。

4/13日(日)に秋川丘陵を12.58kmほど散策してきたのですが、途中秋川の土手でイタドリを見つけ、良さそうなものだけ採取してきたのです(下写真)。

IMG14041300.jpg


自宅に帰ってから、ひょっとしたら近所のイタドリスポットにも、もう生えているのではと思い行ってみたら、案の定ありました♪
でも、小さな株はたくさん出ているけれど、食べて美味しいのは、株が太くて、葉はあまり開いていない、ポキッと簡単に折れる柔らかいもの。
沢山生えていてもそんな株はあんまり無くて、とりあえずこれだけ採って来ました(下写真)。

IMG14041301.jpg


イタドリは別名スカンポと呼ばれる山野草で、噛んでみると酸味があります。
小さい頃からスカンポの名前と齧ると酸っぱいことは、知識としては知っていたけれど、あまり食べる機会もなくて、その美味しさを知ったのは、結構最近だったりします。

さて、秋川で採ってきたイタドリと合わせ、早速下処理です。

イタドリはシュウ酸が含まれているのでアク抜きが必要。
茎の皮を剥き、板ずりをして節を潰し、一晩水に漬けアクを取る。
その間何度か水を取り替える。

IMG14041400.jpg


さて翌日。
沸騰したお湯に水切りしたイタドリを入れて、再び沸騰したらすぐザルにとって流水で冷まし、水気を切る(茹で過ぎ厳禁!)。
別の鍋にごま油と種を取って輪切りにした唐辛子を入れ加熱し、油に辛味を移す。
イタドリを入れ軽く炒め、ソバツユ、お酒、味醂を加えさっと炒め煮にして出来上がり。
あくまで加熱し過ぎは禁物(下写真)。

IMG14041401.jpg


イタドリって美味しいんですよ。
もともと持っている特有の酸味とシャキシャキっとした歯ざわりがたまらないんです。
今回は葉も少し入れてしまったけれど、ちょっと開いてしまった葉は食感が悪くなるので、取った方がGood!

あまりに美味しかったものだから、その2日後に家内がまた近所で摘んできてました(笑)(下写真)

IMG14041600.jpg


イタドリを楽しめるのは春の短い一時。
ちょっと過ぎればすぐ大株になってしまって、もう固くて食べられません。
塩漬けで長期保存はできるのですが、その前に、塩漬けするほど採ってみたいものですナ(笑)。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(4) TOP

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。