FC2ブログ
2014’07.17・Thu

イタリアンパセリにウドンコ蔓延中

毎年トマトで大変苦しめられるウドンコ病が、珍しく今年はまだ発生していないと思ったら、逆にこれまでウドンコにやられたことが無いイタリアンパセリに蔓延中です。・・・7/17日
写真では葉の表面が反射でテカッているように見えるけれど、そうではなく、全部ウドンコです。
我が家ではイタリアンパセリは料理に最も使うハーブなので、ちょっとこれはピンチかなぁ!(下写真)

IMG14071700.jpg


早速、カリグリーン+展着剤で迎撃。
カリグリーンは重曹(重炭酸Na)のナトリウム(Na)がカリウム(K)に置き換わった重炭酸K剤で、重曹と同じく、食品添加剤としても使える安全なもので、使用回数制限などもありません。
ウドンコ病には、特に展着剤と併用することでかなり効き目が有りますが、カリ肥料としても効果もある分、重曹より葉へのダメージも少ないようです。

---------------------------------------------------------------------

ベランダでトロ箱水耕栽培しているトマトとPETボトル水耕栽培しているペッパー類の状況です。
今年は仕事が忙しくて定植時期が遅れてしまったものだから、収穫もかなり出遅れています。 (^^;ゞ

これは7/4日の収穫(下写真)。
コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)が1個(201.5g)。
ペッパー類は、ハラペーニョ(chile Jalapeño)が2個、フィッシュ(Pepper Fish)が5個。

IMG14070400.jpg


これがコストルート・ジェノベーゼの今期初果になります。
この後、5日位室内追熟させてから食べたけれど、今年の味もなかなか良い味です。
ハラペーニョ、去年は形も細長く、色も明るいグリーンで、表面のテカリもなく、全くハラペーニョらしくなかったものだから、ダレペーニョ(誰?ペーニョ)と呼ばれました。
今年は色も濃緑、テカリも出て、形もズングリ、やっとハラペーニョらしくなったと思ったら、何だかズングリ過ぎてない?
ピーマンみたいだから、今度はハラペーマンとでも呼んじゃいましょうか(笑)。
変な奴だけど、味はハラペーニョそのものなので、大きいだけ得かも。
ちなみにこの種は一昨年の自家採種ですから、昨年のダレペーニョと兄弟なのですが、何とも変わった兄弟です。

これは7/10日の収穫(下写真)。
プリーツが全く無いパッツンパッツンなコストルート・ジェノベーゼが1個(102.3g)。
ペッパー類は、ハラペーニョが2個、フィッシュが4個。

IMG14071005.jpg


そして、7/17日の収穫(下写真)。
ハラペーニョが2個、フィッシュが5個、カイエンペッパー(Cayenne pepper)が4個。

IMG14071702.jpg


---------------------------------------------------------------------

今年1kg果を狙う期待の新人、ポーターハウス・ハイブリッド(Porterhouse Hybrid)の第一果は、お尻の一部が少し色づき始めたので、この大きさで止まってあとは熟するようです(下写真)。・・・7/17日
期待に違わず、初果から片手オーバーのかなりのサイズ♪
でも、このサイズでは1kg超えはちょっと無理で、我が家のこれまでの最重記録(638g)の更新にもちょっと足りない・・・かな?
ま、今期も先は長いですから、1kg超えのチャンスはまだまだこれから♪

IMG14071701.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(6) TOP

 |TOP