• « 2015·04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターのパルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※FB、Twで拡散希望♪

紹介されているサイトのページ
パルテノン多摩 http://www.parthenon.or.jp/people/3088.html
るるぶ http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=P30587
ことさが http://cotosaga.com/event/1581183/?f=eventedit_new
イベントナビ http://www.event-navi.ne.jp/d_top.php?eventID=0000045925
イマdeタマ https://imatama.jp/event/detail?id=1236
イベ活 http://event21.co.jp/ibekatu/user/0003436.htm
スポットクリップ https://spotclip.jp/spots/345613


2015’04.29・Wed

続35・野のキノコ

常々キノコに詳しくなりたいと思っているので、それが食べられるキノコであろうと、食べられないキノコであろうと、散策に見かけたキノコは写真を撮って、後でNETや図鑑で調べ、できるだけ何のキノコであるか推定をしています。
時々は山菜も加わります。
勿論まだ知識が無いので、推定できなかったり、推定間違いだったりすることも多い筈です。
掲載したキノコや山菜のそんなケースで、正しい名前をお判りの方がおられましたら、ぜひにも教えて頂けると大変嬉しいのです。・・・宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
なお、この記事で食べられる、又は食べたと掲載したキノコや山菜の安全を保障するものではありません。
特にキノコは食菌と知られていても、食べ方によって、又人によっては中毒を起こしたりすることもあります。
野のキノコや山菜を食べて楽しむのはあくまで自己責任でお願いいたします。
※全ての写真は、クリックすればより大きなサイズでご覧になれます。
このシリーズの前回はこちら



4/21日(火)
クライアント先で打ち合わせした帰り道、街路樹の脇に1本だけニョキっとアミガサタケ(食菌)が生えていました。
何本かあっても良さそうなのに、周りを随分探してもこの1本だけ(下写真)。
しかし、スーツにネクタイでキノコ探ししてると何だか変な目で見られますナ(笑)。
まあでもここに生えることは判ったのだから、今度ここを通る時はいつもキノコ眼で通らなきゃ(笑)

IMG15042100.jpg




4/22日(水)
4/20日の夜に結構な暴風雨があってその2日後。
地面もタップリ水を吸ったので、アミガサタケも随分発生しているのではあるまいかと気になってしょうがない(笑)。
昼休みに近くのマイスポットを回りました。

まずはハルシメジ(食菌)のスポットをチェックし早速発見(下写真)
ここはカリンの木の周りだけに発生します。
ウメ型のハルシメジ(ウメハルシメジ)とは異なり、サクラ型(ノイバラハルシメジ)に近いフォルム。
NETで調べるとニレに発生するものにさらに似ているように見えます。

IMG15042201.jpg


こちらはヒトヨタケ科のイタチタケに見えます(下写真 左:傘表、右:傘裏)。
イタチタケは食べられるようなのですが、幻覚性アルカロイドのシロシビンを微量に含んでいるそうで、毒菌扱いの記述も多いのです。

IMG15042202.jpg IMG15042203.jpg


アミガサタケのスポットに行ったらトガリタイプが2、3本だけと案外(下写真2枚)

IMG15042204.jpg IMG15042205.jpg


そのままいつもは殆ど発生しない方まで行ったら、ワォ~~♪(下写真)
今年はこちら側が当たりの場所のようです。

IMG15042206.jpg


この日の収穫はアミガサタケ(トガリアミガサタケを含む)が25本とハルシメジが15、6本(下写真)

IMG15042207.jpg


ようやくまとめて採れたアミガサタケ、10本ほどは早速パスタで食べて、残りを2つ割りして30分程水に漬けて虫出し(下写真)。

IMG15042314.jpg


自作ディハイドレーターでカラッカラに乾燥(下写真)して、在庫の補充。

IMG15042315.jpg




4/23日(木)
昼休みに今度は別のアミガサタケスポットを回りました。
正体不明のキノコを発見(下写真 左:傘表、右:傘裏)。
この季節に生えるキノコから該当を探すと、特徴である柄の鱗片も一致するし、コツブオオワカフサタケ(不食)が近いようにも思えますが・・・判りません。(^^;ゞ

IMG15042310.jpg IMG15042311.jpg


早速アミガサタケを1本は見つけたけれど、周囲には全然見当たらず(下写真)。

IMG15042312.jpg


ようやくもう1本を見つけ、結局この日は2本だけ(下写真)。
このスポットは今年は不作のようです・・・それともコンペジターに採られちゃってる?(笑)

IMG15042313.jpg




4/25(土)
この日は週末の散策日。
最寄の駅に向かう途中の公園脇で群生しているキノコを発見(下写真)。

IMG15042500.jpg


乾燥してひび割れ、何だかよく判らない塊だったけれど、1本だけ採ってみたらイタチタケのようです(下写真 左:傘表、右:傘裏)。

IMG15042501.jpg IMG15042502.jpg




4/26日(日)
4/22日にアミガサタケを沢山採った場所に又行ってみました。
この前ほどでは無いけれど、一応チラホラ出ています(下写真2枚)。

IMG15042600.jpg IMG15042601.jpg


この日の収穫はアミガサタケ(トガリアミガサタケ含む)が11本と大量のイタドリ(下写真)。

IMG15042602.jpg


アミガサタケはいつものように2つ割りにして水に漬け虫出し(下写真左)。
アミガサタケはあまり虫のいないキノコだけれど、それでも結構いました(下写真右)

IMG15042700.jpg IMG15042701.jpg


虫がいなくなったアミガサタケはいつものように自作ディハイドレーターでカラッカラに乾燥(下写真)して在庫。

IMG15042702.jpg


イタドリの頂芽は洗って天ぷらにします。
穏やかな酸味とモチモチ感があって、美味しいです♪(下写真)

IMG15042703.jpg


枝葉を取り除いた軸の方は今回は塩漬けにして冷蔵庫で保存(下写真)。
昨年は皮を剥いてから塩漬けしたのだけれど、今年は実験的に皮付きのまま塩漬け。
塩抜き時に皮を剥いてみようかと考えています。

IMG15042704.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2015’04.24・Fri

簡易温室撤去他

寒波も去り暖かで穏やかな日が続くようになりました。
さすがにもう寒波も来ないだろうということで、ベランダコーナーに設置していた簡易温室を撤去したのです。・・・4/23日
このスペースは南向きベランダの半間幅のコーナーで、本来はPETボトル菜園の場所。
簡易温室を取り去って、PETボトル水耕のペッパー類はやっと本来の位置、ワイヤーネットで作ったホルダーに収まりました。
手前はトマトとペッパー類の予備苗で、トマトの方は高さは40cm位まで伸びていて蕾も付いてます(下写真)。

IMG15042300.jpg


小さかったペッパー類も随分成長してきました。
これはフィッシュ(Pepper Fish)。
今年もちゃんと斑入りになったようです(下写真)。

IMG15042301.jpg


これはチレ・アルボル(Chile de Arbol)。(下写真)

IMG15042302.jpg


そして、こちらは鷹の爪(下写真)。
今年は全てのペッパーが2本立てです。

IMG15042303.jpg


水耕栽培のサボイキャベツも大分成長してきました。
今こんな感じだったら、6、7月にはしっかり結球するかな♪(下写真)。

IMG15042304.jpg

サボイキャベツは初めての栽培なので、一応結球させてみようと思っていますが、料理に使う観点で考えたら結球させず、葉を欠きとって使っていくやり方の方が、何時でも使いたいときに使えて長く楽しめるし、栽培だってずっと簡単だと思うのですよ。
・・・まあ私は巻いた最内側のあのチマチマっとしたところも好きなのですが(笑)。

定植からほぼ1ヶ月になるトマトは、あんまり成長してなくて、まだ草高23cm程。
予備苗の方がもう草高40cmになっているのに、条件の良い水耕容器にセットされた方はゆっくり。(^^;ゞ
今は根を張る方にエネルギーを使っているのでしょう。(^^)
その根もようやく液肥面まで到達したので、これからはグングン来るかな♪  (下写真)

IMG15042305.jpg


とっくについていたエバグリーン(Evergreen)の蕾も咲くまではまだ暫くかかりそう(下写真)。

IMG15042306.jpg


コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)にも蕾がつきました(下写真)。

IMG15042307.jpg


昨年は2個だけ着果したカレーリーフの蕾が今年もつきました(下写真)。
今年も何個かは着果するかな♪

IMG15042308.jpg


冬の間にカラカラにしてしまって枯らしたと思っていた山椒が、株元から新芽が出て復活です(下写真)

IMG15042309.jpg

上の枝の方は全部枯れてしまったようだけれど、邪魔に伸びてたからまあいいか!
でもこんなことばかり繰り返してたら、盆栽になりそう(笑)

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(8) TOP

2015’04.20・Mon

続34・野のキノコ

常々キノコに詳しくなりたいと思っているので、それが食べられるキノコであろうと、食べられないキノコであろうと、散策に見かけたキノコは写真を撮って、後でNETや図鑑で調べ、できるだけ何のキノコであるか推定をしています。
時々は山菜も加わります。
勿論まだ知識が無いので、推定できなかったり、推定間違いだったりすることも多い筈です。
掲載したキノコや山菜のそんなケースで、正しい名前をお判りの方がおられましたら、ぜひにも教えて頂けると大変嬉しいのです。・・・宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
なお、この記事で食べられる、又は食べたと掲載したキノコや山菜の安全を保障するものではありません。
特にキノコは食菌と知られていても、食べ方によって、又人によっては中毒を起こしたりすることもあります。
野のキノコや山菜を食べて楽しむのはあくまで自己責任でお願いいたします。
※全ての写真は、クリックすればより大きなサイズでご覧になれます。
このシリーズの前回はこちら



この日は週末の散策日。・・・4/18日(土)
電車で少し遠出をしての散策だけれど、最寄りの駅に行くまでの途中でアミガサタケ(食菌)のスポットをチェックしながら歩いていたら、1本発見(下写真)。
周りもよく見たけれど見つかったのはこの1本だけ。
今年はこの前までの寒波で発生が遅れたのでしょうか?これが今年のアミガサタケの初物です。


IMGIMG15041800.jpg




その翌日・・・4/19日(日)。
前日に1本だけだけれどアミガサタケを見つけて、一応発生しているのが確認できたのですから、別のスポットも気になります(笑)。
アミガサタケだけじゃなくひょっとしたらハルシメジ(食菌)も発生しているかも知れないと、別のマイスポットにチェックに行きました。
去年ハルシメジを採った場所にもうハルシメジが出ています♪(下写真 左:傘表、右:傘裏)

IMGIMG15041900.jpg IMGIMG15041901.jpg

このスポットのハルシメジはカリンの木の周りにだけ発生します。
まだ小さいのも随分出ていて、それらは1日~2日後に大きくなってから採りたいところだけれど、去年は1日待ったら誰かに採られてしまった苦い経験があるので、今年は待たずに採っちゃいました(笑)。

アミガサタケも探したけれど、トガリアミガサタケ(食菌)が1本見つかっただけでした(下写真)。
トガリアミガサタケということは、やはり発生が遅れていて、アミガサタケはこれからなのかもしれません。

IMGIMG15041904.jpg


倒木から生えているキノコがありました(下写真 左:傘表、右:傘裏)。
一瞬ハルシメジかと思ったのですが、ハルシメジが木から生える訳も無く、ヒダ面を見たら全く違っています。
傘径7.5cm、傘表は放射状の繊維紋、ヒダは密で湾生か離生、香りは土っぽいような匂いであまり良い匂いではありません。
この季節に生えるキノコはそう多くはないですから、ウラベニガサ(食菌)かその類のように思えますがどうでしょうか?

IMGIMG15041902.jpg IMGIMG15041903.jpg


落ち葉の間に群生しているキノコを発見(下写真 左:傘表、右:断面)。
傘径4cm位、ヒダは密で湾生、柄は中空気味。
匂いはキノコらしい良い香り、齧ってみたら苦味は全くありませんでした(味だけチェックし飲み込まず吐き出します)。
モリノカレバタケ(食菌)と思えるのですが、どうでしょうか?

IMGIMG15041905.jpg IMGIMG15041906.jpg


イタドリも出てきてましたので、イタドリのマイスポットを3箇所程巡り採取(下写真)。

IMGIMG15041907.jpg


この日の収穫は大量のイタドリ、ハルシメジが大小、いや大きいのが無かったから中小20本位、トガリアミガサタケ、そして食べないけれど図鑑で確認のために取ってきたウラベニガサ(かな?)。(下写真)

IMGIMG15041908.jpg

イタドリの我が家の食べ方はこちらです。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(6) TOP

2015’04.13・Mon

サンマルツアーノに低温障害発生!

気をつけていたのだけれど、雪が降ったりしたここの所の大寒波で、レッド系トマト、サンマルツアーノの葉に低温障害の黒斑が出てしまいました(下写真)。

IMGIMG15040900.jpg

他のトマトやペッパー類には出ていません。
昨年もサンマルツアーノには低温障害の黒斑がでたような記憶があるので、この種類は特に低温に弱いのかも知れません。

でもね・・・何だか解せないのです。
時系列の気温予想は常にチェックして、夜間温度が低くなるときは室内に取り込んでいます。
雪が降った日(4/8日)は前日の夕方から室内に取り入れました。
取り入れた時には勿論低温障害の黒斑など出ていませんし、その日はそのままずっと室内。
少し日が照った次の日(4/9日)の昼にベランダに出し、取り込む時に低温障害の黒斑を発見したのです。
最初はこの日の昼にベランダに出したことで低温障害が出たのだと思い、油断したかなぁと反省したのです。
でもこの外に出した時のベランダ温度は12、13℃程度、10℃くらいに下がった時点ですぐ室内に取り入れてるし、よくよく考えたらこれで低温障害が出るとは思えない。
  ・・・・・・・
暫く考えて、何だか判ったような気がしました(笑)。
その推理を確かめるために、温度を測ってみたら、外が10℃のとき我が家の室内は12~13℃、外が13℃の時15~16℃。
ケチっている訳じゃないけれど、我が家はあまり暖房も冷房も点けない習慣なのです。
雪が降った4/8日の早朝は天気予報過去の気温データで確認したら0.7℃。
この時間は寝室で寝ていますから、人の居ない居間(ここに取り込んでいます)の温度は0.7℃+2~3℃、つまり2.7℃~3.7℃になっていたってこと?
そりゃ、低温障害もでるわ(笑)。
でもわざわざ室内に取り込んで、室内でトマトに低温障害がでる家ってどんな家だ~!(爆)

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(8) TOP

2015’04.08・Wed

トマトに花芽が着いたよ!でも寒波到来!!

3/29日にトロ箱水耕容器に定植したトマト5種の内、緑系のエバグリーン(Evergreen)に花芽が着いたようです(下写真)。・・・4/6日

IMG15040600.jpg


横から見るとこんな感じ(下写真)。
着いた花芽の直下が9枚目の本葉になります。

IMG15040601.jpg


根の方も培地カゴから大分飛び出してきました(下写真)。
もう少し伸びて近くの吸水布に触れたら、それに纏わりついて途中で乾かずに液肥まで到達します。

IMG15040602.jpg


・・・と、定植したトマトは至って順調ですが、何だか凄い寒波が来るようです。
この日の夜間、そして翌日の夜間と週間予報では最低気温が3℃になるのだそうですナ。
都心と私の所では2、3℃程違ったりしますから、場合によっては零下になる可能性もある・・・かな。
ペッパー類にはかなりきついし、トマトにも葉に低温障害が出そうですから、全てを室内に退避しました(下写真)。

IMG15040700.jpg

PETボトル水耕栽培のペッパー類は元々出し入れ自由。
トロ箱水耕栽培のトマトだって定植したとは言え、誘引していない当面の間は、室内への退避は楽々です。
4月末位までは何度か寒い夜間がある筈で、その都度の室内への退避は一応想定内かな。v(^^)v

低温に強いサボイキャベツも零下になっては大変。
安全のためにこれも室内に取り込みました(下写真)。

IMG15040701.jpg


サボイキャベツの根はもう液肥層に届いてガブ飲みが出来る状態。
吸水布に纏わりついた所ではモワモワの綿毛のような細根を生やし、水気耕領域を形成中(下写真)。

IMG15040702.jpg

このサボイキャベツはずっとパッシブ(ブクブクなし)でいくつもりなので、特にこの水気耕領域の充実が重要です。

・・・そして翌日朝(4/8日)。
ななっな~~んと、が降ってますゾ!! ォオ~!!(゚Д゚ノ)ノ 想定外!
室内に取り入れてて良かった~~♪
天気予報で時系列での温度予想が見られるようになって、夜間の管理はずっと安全になりました。v(^^)v

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2015’04.03・Fri

ペッパー類もPETボトルに定植

トマト苗を水耕容器に定植したので、ペッパー類の定植もやってしまおうと夜に頑張ったのです。・・・3/30日
我が家ではペッパー類は毎年PETボトル水耕です。
何年も毎年やっている慣れた作業。
まずは2LのPETボトルの上部で2つに切り離し(下写真)。

IMG15033004.jpg


今年のペッパー栽培種は9種類なのでPETボトルも9個(下写真)。

IMG15033005.jpg


ハンダ鏝を使い(下写真)、

IMG15033006.jpg


切り離した上の容器にハンダ鏝で多数の穴を開ける。
中央の口と少し細長い穴は吸水布用の穴、その他は根が下容器に飛び出る穴になります(下写真)。

IMG15033007.jpg


以降詳細な作り方は過去の記事で見ることが出来ます。

  PETボトル水耕容器製作と苗セット

このPETボトル水耕容器は毎年、PETボトルとは思えないくらいの沢山の収穫をもたらしています。

残留硝酸塩濃度に対する懸念から、私自身は葉物の水耕栽培は殆どやらなくなっていて、そのため記事にはあまり出てきませんが、横型のPETボトル水耕容器もあります。

  横型PETボトル水耕容器

ということで、PETボトル水耕容器に定植を終えた9種のペッパー苗は、硫黄島唐辛子、ペルー(Peru Yellow)、ハバネロ(chile habanero)、ハラペーニョ(chile Jalapeño)、フィッシュ(Pepper Fish)、カイエンペッパー(Cayenne pepper)、チレ・アルボル(Chile de Arbol)、島唐辛子、鷹の爪。
今年はみんな2本立てのまま栽培しようと思ってます(下写真)。

IMG15033008.jpg


PETボトルにセットしたペッパーは、本来ならベランダコーナー半間幅のPETボトル菜園のワイヤーネットラックに置くのだけれど、その場所はまだ時期が早いので簡易温室が占有しています(下写真)。

IMG15040200.jpg


中は水耕容器にセットされたサボイキャベツとトマト&ペッパーの予備苗(下写真)。

IMG15040201.jpg


仕方ないので当面はトマトの奥に置きました(下写真)。

IMG15040100.jpg


定植はしたけれど、ペッパー苗はまだこんなに小サイズ(下写真)。
高い気温を要求するペッパー苗に、今の時期の夜間気温はまだ低過ぎますから、4月下旬頃までは当面、夜間は室内取り入れで考えています。

IMG15040101.jpg


先回の記事で3/29日ではまだ1分咲きだった近所の桜も4日後のこの日にはもう9分咲き位になりました(下写真)。・・・4/1日

IMG15040102.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(8) TOP

 |TOP