------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターの パルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※お友達へお願い♪ ブログ、FB、Twで拡散希望だよ~♪


2016’01.30・Sat

2016年度トマト&ペッパーの種を蒔いたよ

2016年度栽培するトマト類とペッパー類の種を蒔きました。・・・1/29日

2011年から使いまわしている100均のピルケースに、リードペーパータオルを切って敷き、水で湿らせ、タネをセット。
同じナス科のトマトやペッパーの種はどれもそっくり。
もし混ざってしまったら、どれがどれやらもう判らない。
ピルケースへの播種は、あまりスペースを取らないで多種類を混ざらない様に管理できて、お奨めです。
この中で発根させ、発根した種は、リードペーパータオルの内部に根があまり潜り込まないうちに、ピンセットで摘まみスポンジ培地に移します。

蒔いたトマト種は、レッド系のコストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)、サンマルツァーノ(San Marzano)、ポーターハウス・ハイブリッド(Porterhouse Hybrid)、ピンク系のジャーマン・ジャイアント(German Giant)、緑系のエバグリーン(Evergreen)、白系のグレイトホワイト(Great White)の6種(下写真)。

IMG16012900.jpg

ジャーマン・ジャイアントは750~1500gサイズの実がなるという超大玉トマトで、semireyさんに頂いた種です。
我が家ではベランダの1間幅でのトマト栽培なので、5種5株と決めています。
なのでポーターハウス・ハイブリッドはジャーマン・ジャイアントが発芽しなかった場合の保険ですが、ポーターハウス・ハイブリッドも450g~2kgサイズの実がなるという超大玉トマトで、我が家では一昨年に665gの実を収穫しています。
今年はジャーマン・ジャイアントを無事発芽させて、これで1kg超の果実を狙いたいと思っています。

こちらはペッパー類の播種。
ラインナップは昨年と全く同じで、鷹の爪、島唐辛子、硫黄島唐辛子、フィッシュ(Pepper Fish)、ペルー(Peru Yellow)、ハラペーニョ(chile Jalapeño)、ハバネロ(chile habanero)、チレ・アルボル(Chile de Arbol)、カイエンペッパー(Cayenne pepper)(下写真)。

IMG16012901.jpg

ペッパー類は嫌光性の種なので、ピルケースの蓋をアルミホイルで遮光し、ケース内に一切光が入らないようにしています。

トマト、ペッパーとも高い発芽温度を要求するので、この時期に発芽させるためには加温が必須です。
我が家では100均のプラスチック米びつ(100円商品ではない)に水を張り、温度設定ができる熱帯魚用のヒータを放り込んだものを発芽器として使用していますが、これも2009年からずっと使いまわしているもの。
この中に種を播種したピルケースを浮かべて、温度は30~32℃くらいを設定すると、早いものは2日くらいで発根してきます(下写真)。

IMG16012902.jpg

とは言え、特にペッパー類の発芽には毎年苦労しています。
今年は大分古くなった種も多いし、無事発芽する・・・かな?

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2016’01.28・Thu

魚二題

2ヶ月前のことですが、本鮪のカマを買ってきました。
特段割安でもないし、普段なら絶対に買わないのですが、近大マグロのシールが貼ってあったので、味見をしてみようと思ったのです(下写真)。

IMG15112801.jpg

近大マグロは、近畿大学水産研究所が世界で初めて完全養殖に成功したクロマグロ(本鮪)です。
天然稚魚を捕獲して育てる畜養殖と異なり、人工孵化から行う完全養殖なので、天然クロマグロ資源を減らしません。
そして、味も美味しいとの評判(又は売り文句?)なのです。

カマなので綺麗な柵取りは出来ないけれど、取り合えずカマトロの刺身にして見ました。
脂の乗りもなかなか♪(下写真)

IMG15112802.jpg

で、肝心の味はと言えば・・・・
うーん、勿論美味しいのだけれど、普通に養殖臭い味。
養殖なので養殖臭いのは当たり前と言えば当たり前だけど、確か天然並みに美味いとか聞いていたから、ちょっと期待が大き過ぎました。
でも、クロマグロの頭数が減って捕獲禁止になっても、これは食べられる訳だし、その時にはこの味でも十分有り難い♪
関係者の皆さん、頑張ってください。フレー♪~~ヽ(∇ ̄* 三 * ̄∇)ノ~~フレー♪



こちらはつい最近の話。
久しぶりに市場に行ってきたのです。
購入して来たのは、下写真一番下が今年の自家製味噌用大豆とよまさり2kg。
中段左から右へ、ブロンズダイスのパスタ500g袋×5(リゴーリ(LIGOURI)スパゲッティ 1.9mm2袋、モリサーナ(MOLISANA)キタッラ2袋、カペッリーニ1袋)、ギャバン(GABAN)のドライミント50g。
上の段左から右へ、何とタダで頂いてしまったバスマティライス約1kg、トリッパ、ゴッコ、ギャバン(GABAN)のブラックペッパー420gとクローブ70g(下写真)。

IMG16012500.jpg


で、この中のゴッコ(布袋魚)が二つめのお題です。
この所ずっ~と見かけたことが無かったゴッコ2匹で1635gが540円(税込み)と超安値(下写真)。
速攻で買いました。
調べてみたら2012年の丁度同じ時期に買った以来なので、まる4年ぶりのゴッコです。

IMG16012501.jpg


このゴッコちゃん、いつ見ても何とも愛らしい外観なのです♪(下写真)

IMG16012502.jpg


上から見たらまるで巨大なオタマジャクシ(笑)。

IMG16012503.jpg


どんな味かと言えば、コラーゲンタップリで、アンコウよりは淡白だけれど、でもアンコウのような味です。
捌き方にはちょっとポイントがあります。
このまま捌こうとすると、全身ヌルヌルであっちへ滑り、こっちへ滑り、無理やり捌くと手を切ってしまいそう。
ポイントは、捌く前に熱湯を全身にかけてやること。
こうすればヌルヌルが白濁して固まるので、その後水洗いをすれば、もうヌルヌルはなくなります。
内蔵を無駄に傷つけないように刃を上にして、肛門から吸盤まで刃を入れ(何と顎下に吸盤があるのです)、吸盤を切り取り、下顎付け根を切り離し、鰓ごと内臓を外す。
2匹とも雄だったようで、白子がありました。
白子、肝、胃袋、心臓、吸盤は食べるので取り置きます。
幽門垂や腸、何なら鰓まで食べられないことは無いのですが、開いて中を洗うのが面倒なので、こちらは捨てます。
頭、ヒレ、身の方は、骨が柔らかいので、そのまま鍋用にぶつ切り。
アンコウのように皮がデロンデロンでまさに全身コラーゲン(下写真:それぞれ一匹分ずつ)。

IMG16012505.jpg

内臓を除いて一匹分はPE袋に入れて次回鍋用に冷凍庫へ。
二匹分の内臓と一匹分の身を、この日の夕食にゴッコ鍋で頂きました。
叩いた肝と味噌を合わせ、出し汁に味噌漉しで漉して溶いたスープを使った鍋。
ゴッコはアンコウ同様に肝味噌味が合います。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie魚貝類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2016’01.19・Tue

ベランダトマトの撤収

南向きのベランダ1間幅でトロ箱水耕栽培しているトマト類と、コーナー半間幅でPETボトル水耕栽培しているペッパー類の収穫状況です。

1/10日
コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)を2個(124.3g)、サンマルツァーノ(San Marzano)を4個(165.4g)、エバグリーン(Evergreen)を3個(309.5g)、グレイトホワイト(Great White)を2個(231.5g)収穫。
ペッパー類は、硫黄島唐辛子を43本収穫(下写真)。
硫黄島唐辛子はこれで撤収です。

IMG16011000.jpg




1/12日
例年のことですが、この季節は回りに赤く熟した実が殆ど無くなり、餌のなくなった野鳥が我が家のベランダトマトを狙ってくる時期なのです。
今年もシジュウカラ、メジロ、ヒヨドリが毎日欠かさず日参。
油断をすると大事なトマトがみんな突かれます。
彼らは色で見分けるようで、いくら熟していても白トマトのグレイトホワイトや緑トマトのエバグリーンは決して突かず、赤系の熟したトマトだけを突きます。
なのでこの時期は突かれないうちにと、どうしても早採りになります。
この日も野鳥が来ていたものだから、突かれそうなレベルに色付いたトマトを収穫しました。

収穫したものは、サンマルツァーノを6個(289.5g)、ポーターハウス・ハイブリッド(Porterhouse Hybrid)を2個(530.8g)。(下写真)

IMG16011200.jpg


トマトは積算温度で色付きます。
早採りしたとしても、室内追熟させることで完熟するし、この季節なら暖かい室内に取り込んだ方が早く色付きます。
味的にも木なり完熟と変わらないし、この時期のトマトは夏のトマトと比べ味が濃くて、数段美味しいのです。
室内には追熟中のトマトが沢山あって、完熟したものからどんどん食べているけれど、溜まる一方(下写真)。


IMG16011201.jpg




1/16日
ヒヨドリがベランダに来ていたので、突かれないうちにと、さらに早採りです。
サンマルツァーノを6個(247.5g)、ポーターハウス・ハイブリッドを1個(174.7g)、エバグリーンを4個(172.7g)収穫(下写真)。


IMG16011608.jpg


やっぱり突かれている実がありました(下写真)。

IMG16011609.jpg




1/17日
天気予報ではこの日の夜間から雪、大分冷え込みそうです。
着果しているトマトが凍結してしまう可能性があるし、そうでなくてもこのままでは残った実を全部鳥に突かれてしまいそうなので、全て収穫して撤収することにしました。
収穫した実はこれくらい(下写真)。

IMG16011700.jpg

あまり小さい実は廃棄にし、追熟させられるサイズのものを選別。

ポーターハウス・ハイブリッドは6個(780.0g)。
一部はやっぱり鳥に突かれています。(^^; (下写真)

IMG16011701.jpg


サンマルツァーノは18個(503.0g)。(下写真)

IMG16011702.jpg


エバグリーンは9個(488.0g)。(下写真)

IMG16011703.jpg


こちらは廃棄分(下写真)

IMG16011704.jpg

廃棄分を除いて撤収による収穫量は1,770g

これで2015年度のベランダトマト&ペッパー収穫は下表の通りとなりました。

2015年度ベランダトマト収穫量(個数&重量)
CJ個CJ重SM個SM重PH個PH重EG個EG重GW個GW重月計(重)
6月3445.5g165.7g00.0g153.0g00.0g564.2g
7月121288.7g241518.1g00.0g4803.0g1114.2g3724.0g
8月8624.2g15982.1g2738.0g2339.5g51833.5g4517.3g
9月4432.0g243.3g2621.5g00.0g00.0g1096.8g
10月173.1g11453.1g00.0g2308.5g00.0g834.7g
11月11976.7g4155.6g1261.5g2188.8g1433.5g2016.1g
12月8637.2g9569.2g3863.0g3257.5g91486.5g3813.4g
1月7426.8g501890.3g111821.9g171017.9g91481.6g6638.5g
累計544904.2g1165677.4g194305.9g312968.2g255349.323205.0g
ここで、
CJ:コストルート・ジェノベーゼ、SM:サンマルツアーノ、PH:ポーターハウス・ハイブリッド
EG:エバーグリーン、GW:グレイトホワイト

庇のある南向きベランダ1間幅で水耕栽培しているトマト類の総収穫量は、毎年20kgをノルマにしているけれど、何と今年は23.2kgと16%もアップしての着地です。

ペッパー類は、
2015年度ペッパー類収穫量(本数)
ダレ?ペーニョフ ィ ッ シュカイエンアルボル硫黄島島  唐鷹 の 爪ペ ル ーハバネロ
6月 000000000
7月121525000010
8月1428836041372821
9月401180617181
10月1527111622510376
11月1113218199271627
12月0202313507178
1月0000430000
累計568566101971119811763


ペッパー類の収穫量は例年に較べてちょとダウン。
でもこれだけ採れれば、激辛好きの我が家の1年分でも楽勝で賄えます。

この撤収での収穫を加え、追熟中のトマト在庫はこれだけあります(下写真)。
トマトは夏野菜のイメージがあるけれど、我が家では今が1年中で一番トマトに恵まれる時期です。

IMG16011800.jpg


そして翌日。
やっぱり昨夜から大雪になり、この日の外は真っ白。
撤収したといっても実を取っただけで、枝葉はまだ片付けていません。
朝から野鳥が枝を行ったりきたりしてトマトを捜しているけれど、もう無いもんね~♪ (*^▽^*) エヘヘ!
これまで随分突かれたので、ちょっとだけ小気味が良いかな(笑)
でもね、多少萎びかけた実を2個だけ残してあげてます。(^^) (下写真)

IMG16011801.jpg


枝葉を片付けたら、もう2016年度のトマトの準備です。
今年のラインナップはどうしようかな・・・

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(6) TOP

2016’01.16・Sat

名古屋で仕込んだグアンチャーレの完成

北のベランダで乾燥&熟成中のグアンチャーレ、サイズが少し小さい分乾燥が速く、予定より少し早いけれど完成させることにしました(下写真)。

IMG16011605.jpg


それぞれパッキングサイズに切り分け(下写真)、

IMG16011600.jpg


発色は思ったほどでは無かったけれど、この程度ならまあまあ。
パッキング保存中にもう少し発色するかな(下写真2枚)。

IMG16011601.jpg
IMG16011602.jpg


加熱&味見テスト。
火にかけたフライパンにスライスしたグアンチャーレを乗せると(下写真)、

IMG16011603.jpg


たちまち脂肪がす~っと透明になってくる(下写真)。
脂の融点が低いグアンチャーレならでは。
融点の低い脂がとても甘く、味はかなりいい出来♪

IMG16011604.jpg


表面を軽くパストリーゼで殺菌し、アルコール分少し残っているうちに真空包装(下写真2枚)。
残ったほんの少しのアルコールで袋内はゆっくりと完全殺菌されます。

IMG16011606.jpg
IMG16011607.jpg

私のグアンチャーレの作り方&パッキングの仕方は長期冷蔵保存が出来るやり方で、既に何度も長期保存の実績があります。

  6ヶ月保存
  1年保存
  2年と9ヶ月保存

在庫のグアンチャーレは沢山あるので、これも冷蔵庫で暫く置いて、熟成グアンチャーレにする予定。

ところで、グアンチャーレの使い方はカルボナーラやアマトリチャーナなどが有名だけど、薄~くスライスしてラルド代わりに使えたりしますよ♪

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie自家製グアンチャーレ  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2016’01.14・Thu

生本鮪のツノトロ

最近嵌っている生本鮪のツノトロ。
脳天の左右に1本づつある非常に脂の乗った部位。
形がツノのような三角の形状なのでツノトロと呼ばれるのでしょうか。
1本の鮪から2本しか取れない希少部位です。
これでツノトロ2本と半分に切れてしまった1本分なので、マグロ1.5本分になりますナ。(下写真)

IMG15111803.jpg


ツノトロやカマトロの脂の融点は大トロ(アバラ部分)よりも低いのです。
やはり魚でも獣と同じなのですね。
豚でもバラ肉の脂と首肉の脂の融点では首肉の融点の方がずっと低いのは、パンチェッタとグアンチャーレの違いをみても明らかです。
融点が低いので大トロよりさらに口の中で溶けて無くなります。
でも融点が低い分、室温や手の温度で溶けてグズグズに崩れやすいから、ネギトロには出来ても、お刺身に作るのはちょっと大変。
これでツノトロ1.5本分、つまり前の写真の半分量(下写真)

IMG15111801.jpg


ほら!アップで見たら如何に美味しいかが一目瞭然でしょ♪(笑)。(下写真)
ツノトロの断面は多層リング状の白い筋が入るのが特徴です。
でもこの白い筋は筋ではなく脂なのですナ。
なのでちっとも筋っぽくはなくて、トロっと口の中で溶けてなくなります♪

IMG15111802.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2016’01.11・Mon

最近購入したお買い得チーズ他0110

いつもの「最近購入したお買い得チーズ」と、それに加えてお買得だった輸入食材です。
定期的にという訳ではなく、購入したレシートなどがたまってまとめて処分する前に、記録する意味で書いています。
こんな記事を書いているせいか(笑)、ますますコンペジターが増えてなかなか買えなくなってきており、前回記事(こちら)から随分久しぶりの更新になってしまいました。(^^;ゞ

6/17日
グレ・シャンプノア(gres champenois)150gを、50%オフの675円で購入(下写真)。
これは、シャンパーニュ地方のトリプルクリームの白カビチーズです。

IMG15061700.jpg




6/20日
デンマークのチーズ、クリームロイヤル(CREME ROYALE)150gを50%オフの550円で購入(下写真)。
フランス産のブレスブルー(BRESSE BLEU)と同じく、表面が白カビ・内側が青かびタイプのチーズ。
乳脂肪分が70%もあるのでとてもクリーミーなチーズです。

IMG15062007.jpg




7/4日
フランス産ウォッシュチーズのルクロン( Roucoulons)59gポーションカット品を50%オフの230円で購入(下写真)。
ウォッシュチーズだけれど、匂いはそれ程強くはありません。

IMG15070485.jpg




7/11日
ペイザン・ブルトン社(Paysan breton)ライターブリー、ポーションカット品178gを50%オフの400円で購入(下写真)。

IMG15071111.jpg




9/21日
在庫のスパイスでなくなりかけているのを補充しました。
ブラウンマスタードシード(ホール)100g、カスリメティ(ドライ)20g、ターメリック(パウダー)100g、3種合わせて760円(税込み)で購入(下写真)。

IMG15092100.jpg


ちなみにスパイスを良く使う我が家ではこの大きい400ml瓶をスパイス瓶として使っているので(下写真)、前の写真のように小分けで買ってきては補充をします。

IMG16011100.jpg


この瓶に入れてるスパイスだけでもこんな感じ(下写真)。

IMG16011101.jpg

あとはこの瓶が足りないので別の瓶だったり、袋のままだったり、缶のままだったり(笑)
とにかく多くて保管スペースを随分取るけれど・・・でもみな結構な頻度で使っているからね。(^^)



11/10日
イタリア産、ローマベッラ(ROMA Bella)の水牛乳のモッツアレッラ100g50%オフの245円で購入。

IMG15111001.jpg




11/28日
フランスのグランドルジュ社(E.GRAINDORG)のカマンベール・ド・ノルマンディ(Camembert de Normandie)A.O.P.250gを50%オフの900円で購入。
このチーズ随分久しぶりに買えました。
以前は頻度良く買えたのですが、最近はお買い得値段ではなかなか買えません。
カマンベール・ド・ノルマンディの名が付いたカマンベールは、生乳(無殺菌乳)を使用し、定められた昔からの作りかたで作られている、いわゆる本物のカマンベールです。(下写真)。

IMG15112800.jpg




12/25日
ペイザン・ブルトン社(Paysan breton)ライターブリー、ポーションカット品526gを60%オフの946円で購入(下写真)。

IMG15122501.jpg




1/2日
スタンダードのタバスコ(TABASCO)226円(税込み)とゲランドの塩189円(税込み)/1kg×2袋を購入(下写真)。
気付いてみたら我が家にはタバスコが何本もあるのだけれど、みんなメキシコ風のチポートレペッパーソースなのです。
メキシコ人って何で唐辛子まで燻製にするかなぁ・・・その分辛さも弱いし、ちょっと飽き飽き。
ってことで、スタンダードのタバスコを買ってきたのです(やっぱ、これだよ!)。
その側にゲランドの塩を見つけました。
値段も随分安いし・・・ゲランドの塩で出回っているものは殆ど在庫してるけれど、この袋のゲランドの塩は初めて見ます。
粒の粗さはグロ・セル(粗粒)。 迷わず2kgをゲットしました。
この値段なら全部買い占めても良かったけれど、ことある毎に買うものだから、現在我が家には塩の在庫が20kg超もあって・・・あきらめました。(^^;ゞ
明らかに 購入ペース > 消費ペース なのだな。
こんどは原木生ハムもゲランドの塩を使って漬けちゃおうっかな~♪(笑)

IMG16010203.jpg




1/5日
又、イタリア産、ローマベッラ(ROMA Bella)の水牛乳のモッツアレッラ100g50%オフの245円で出ていたので購入。

IMG16010501.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorieチーズ  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2016’01.08・Fri

ベランダトマト&ペッパーの収穫状況0107

南向きのベランダ1間幅でトロ箱水耕栽培しているトマト類と、コーナー半間幅でPETボトル水耕栽培しているペッパー類の収穫状況です。

12/30日
エバグリーン(Evergreen)を2個(156.2g)、グレイトホワイト(Great White)を3個(705.0g)収穫。
ペッパー類は、フィッシュ(Pepper Fish)を2本、鷹の爪を7本収穫。
フィッシュ、鷹の爪はこれで撤収となりました。

IMG15123000.jpg


この日の収穫が12月の最終収穫になりましたので、12月までの月毎収穫を集計します。

2015年度ベランダトマト収穫量(個数&重量)
CJ個CJ重SM個SM重PH個PH重EG個EG重GW個GW重月計(重)
6月3445.5g165.7g00.0g153.0g00.0g564.2g
7月121288.7g241518.1g00.0g4803.0g1114.2g3724.0g
8月8624.2g15982.1g2738.0g2339.5g51833.5g4517.3g
9月4432.0g243.3g2621.5g00.0g00.0g1096.8g
10月173.1g11453.1g00.0g2308.5g00.0g834.7g
11月11976.7g4155.6g1261.5g2188.8g1433.5g2016.1g
12月8637.2g9569.2g3863.0g3257.5g91486.5g3813.4g
累計474477.4g663787.1g82484.0g141950.3g163867.716566.5g
ここで、
CJ:コストルート・ジェノベーゼ、SM:サンマルツアーノ、PH:ポーターハウス・ハイブリッド
EG:エバーグリーン、GW:グレイトホワイト

ペッパー類は、
2015年度ペッパー類収穫量(本数)
ダレ?ペーニョフ ィ ッ シュカイエンアルボル硫黄島島  唐鷹 の 爪ペ ル ーハバネロ
6月 000000000
7月121525000010
8月1428836041372821
9月401180617181
10月1527111622510376
11月1113218199271627
12月0202313507178
累計568566101541119811763




1/3日
サンマルツァーノ(San Marzano)を6個(296.0g)、ポーターハウス・ハイブリッド(Porterhouse Hybrid)を1個(188.4g)、グレイトホワイトを4個(708.0g)収穫。

IMG16010300.jpg




1/5日
コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)を2個(190.1g)、サンマルツァーノを7個(246.0g)、エバグリーンを1個(47.7g)、グレイトホワイトを2個(385.5g)収穫。

IMG16010500.jpg


今年度のこの日までの収穫総量は
トマト類が
コストルート・ジェノベーゼを49個(4667.5g)、サンマルツァーノを79個(4329.1g)、ポーターハウス・ハイブリッドを9個(2672.4g)、エバグリーンを15個(1998.0g)、グレイトホワイトを22個(4961.2g)収穫。
トマト類収穫総量が18628.2gとなりました。
ノルマの20kgまではあと1.4kg程。着いている実はまだ2~3kg程はありそうなのでノルマ達成は確実となりました♪
ペッパー類は
ダレ?ペーニョ(chile Dahlepeño)を56本、フィッシュを85本、カイエンペッパー(Cayenne pepper)を66本、チレ・アルボル(Chile de Arbol)を101本、硫黄島唐辛子を54本、島唐辛子を111本、鷹の爪を98本、ペルー(Peru Yellow)を117本、ハバネロを63本収穫。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2016’01.05・Tue

明けましておめでとうございますm(_ _)m

IMG16010100.jpg


皆様、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。今年もどうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m

昨年末は例年に無くバタバタしていて、クリスマスも年越しの夕食(牡丹鍋)も年越し蕎麦(鴨南蛮)の写真も一切撮り忘れたものだから、いきなり元旦の記事です。
元旦はいつも良い天気なのだけれど、特に今年は雲一つ無い快晴で、近所の公園から見える富士山も雲一つ無くクッキリ♪
この公園は両側のサクラ並木の中央に富士山が見えるように設計されているのです(下写真)。
日本を取り巻く環境も、この富士のように雲一つ無いのならいいのだけれど、内憂外患山積みに見えます。
取りあえず霊峰富士に今年の勝手なお願いをしました。
えっ、何をお願いしたかって? そりゃ~マル秘だよ!!

IMG16010101.jpg


さらに別ポイントからの富士も(下写真2枚)。
富士山が見れると、何だか儲けたような気がしますナ。

IMG16010102.jpg
IMG16010103.jpg


富士山の写真を撮ってきたら、ささやかな元旦の祝い膳。

IMG16010104.jpg


お雑煮は、餅、椎茸、かしわ、結びかまぼこ、花人参、結び三つ葉、へギ柚子です(下写真)。

IMG16010105.jpg

そうそう、いつもと違うのはお餅。
例年は買ったお餅を焼いて入れるのだけれど、今年は我が家でついたつき立てお餅。
もっとも、ついたと言ってもパン焼き器を使ってだけれど。(^^;ゞ
実は、昨年暮れにMiyakoさんから自家栽培のもち米を頂いたものだから、今年はこれを使ってつき立てお餅にしたのです。
お陰さまでとても美味しいお雑煮になりました♪
頂いた物は、もち米以外に天然セリ&天然クレソン、籐九郎ギンナン、柑橘類(晩白柚、柚子、マイヤーレモン、八朔)、薬浴剤(下写真)

IMG15122102.jpg


藤九郎ギンナンも柑橘類も全部Miyakoさんのご実家で採れる自家産です。
晩白柚(バンペイユ)はこんな巨大なやつ(下写真)

IMG15122103.jpg

Miyakoさん、いつも有難うございます。
お餅があまりに美味しくて、元旦だけじゃなく、正月3ヶ日毎日ついていました(笑)。m(_ _)m 感謝

暮れは他にも沢山頂き物があったのです。
正月のお屠蘇はあきちゃんに頂いた秀峰の純米大吟醸原酒 出羽燦々。
美味しいお酒でしたヨ~♪
あきちゃんに頂いたものは、出羽燦々以外にも、大きい柿巻き、玉葱の粕漬け、カラスミの自家製食材です(下写真)。

IMG15122601.jpg


干柿好きな私は、早速柿巻きを切ってちょっとだけ頂いてみました。
綺麗な断面です!しっかり粉が吹いたら随分綺麗になりますね。
折角ですから、残りは保存して粉を吹かせます(下写真)。


IMG15122705.jpg

玉葱の粕漬け、カラスミはまだ食べていません。
今年はボラ卵に恵まれず、我が家は1個もカラスミを作らないでしまいました。
なのでこのカラスミは貴重品♪ 大事に食べようと思います。
あきちゃん、貴重なものをありがとうございました。
お陰さまで良いお正月になりました。m(_ _)m 感謝

クリスマス直前にFujikaさんからもプレゼントが届いたのです。
自家製ジャム類色々、自家栽培生サツマイモ(シルクスイート、あいこまち)、リボンがかけてあるのは自家製フルーツケーキ。
そしてジャム類の下にある箱には自家製干し芋(下写真)。 (下写真)。

IMG15122301.jpg

Fujikaさんには、いつも自家製ジャムを頂いていて、私は一年中朝食でFujikaジャムのお世話になっております(笑)。

こちらが干し芋(下写真)。
シルクスイートを使って作ったとのことです。
ちょっと炙って食べると絶品です♪

IMG15122302.jpg


フルーツケーキも凄く美味しかったです。
我が家のクリスマスケーキはこれでした(下写真2枚)。
本当にありがとうございました。m(_ _)m 感謝

IMG15122303.jpg
IMG15122400.jpg


onoさんからも自家製の月餅が届きました(下写真)。

IMG15122801.jpg


実はこの月餅、今まで何度も頂いているのですが、とんでもないお宝食材なのですヨ。
私はこのonoさん月餅を食べるまでは、月餅は好きでもなく、ちょっと高級な中華料理店で食事をするとお土産に付いて来るイメージでしかなかったのです。
でもこの月餅を食べてから月餅に対する評価はうなぎ上り(笑)。
とは言え、未だにこのonoさん月餅より美味しい月餅には出会ったことがありません。
オフ会のお友達の間でも大絶賛なのですナ。

この断面を見ても明らかだけれど、アーモンドやら、干しぶどうやら、ドライフィグやら、ドライフルーツ類とナッツ類がギッシリ。
んん・・・今回は白餡も入っている?そして柑橘の皮も。
ほんとに贅沢な月餅です♪(下写真)

IMG16010400.jpg

onoさんご夫妻は、去年の秋の白樺湖オフ会も、白川郷のナメコ狩も都合が悪くて参加なさらなかったものだから、ここ暫くお会いできませんでした。
なので、このお宝月餅とも久々の再会♪・・・もう飛び上がって喜びました(笑)。
本当にありがとうございました。m(_ _)m 感謝

楽子さんから2016年用のカレンダーが届きました。
このカレンダーは、沖縄伊是名島の海のカレンダーで、スキューバダイビングをおやりになっている楽子さんご夫妻が撮られた水中写真が入っているものです(下写真)。
毎年頂いていて、我が家のメインカレンダーはいつもこれなのです。
今年もありがとうございます。m(_ _)m

IMG16010116.jpg


さてさて、本題に戻って、
祝い膳を食べた後は腹ごなしの散策。
少し遠い神社まで初詣に行くのが習慣です。
まずは白山神社から(下写真)

IMG16010108.jpg


次に八幡神社(下写真)

IMG16010109.jpg


途中の熊野神社に寄って(下写真)

IMG16010110.jpg


ここが目的地の小野神社(下写真)。
この神社は武蔵野国の一之宮ですから、大きな神社なのですが、その割りには何故か殆ど混まないのです。

IMG16010112.jpg


でも今年は山門まで並んでますから、いつもに較べたら混んでいますナ。
どうして?(下写真)

IMG16010113.jpg


取りあえず30分程並んだら参拝できました。
この格式の他の神社なら2~3時間かかりますから、やっぱりここは空いている(笑)。

IMG16010115.jpg

最寄の駅からバスで帰り、歩いた距離は9.25km位。
この日は、お屠蘇の助けもあったせいか、距離の割には随分短く楽に感じました。

元旦の夜はもう何年もフグと決めています。
以前はフグのセットをネットで頼んでいたのですが、ミガキの状態で流通するようになってからは、ミガキで頼んで、自分で作っています。
今年も去年と同じく1.3kgサイズのトラフグのミガキで、勿論冷凍していないもの(下写真)。

IMG15123100.jpg

このミガキを31日に3枚に下し、身の方は薄皮、赤身を取り除き、キッチンペーパーに包んで冷蔵庫で寝かしていました。
こうすることで熟成して旨みも増すし、切りやすくなります。
下したすぐのフグの身は、ブリブリして結構切りにくいのです。

そして1日寝かした元旦の夕食に半身をテッサに造りました(下写真)。
1日寝かした位ではまだちょっと切り難い状態。
残りの半身はさらに一日寝かして明日の夕食でテッサに造りますが、明日辺りがベストに思えます。

IMG16010106.jpg


テッピ(フグ皮)も31日に熱湯で40秒ほど湯がいた後、氷水で締めて、氷水ごとPE袋に入れて1日冷蔵庫で保管していました。
テッピを湯がいて氷水で締めた直ぐに切ってしまうと、互いにくっついてしまうのです。
なので、切らない状態で氷水ごとPE袋に入れて保管し、翌日に切ります。
身から削除した薄皮や赤身もこのテッピに混じっています。
これがやはり半身分のテッピでもう半分は翌日用(下写真)。

IMG16010107.jpg

この後は酒が入って撮り忘れたけれど、フグ鍋、ヒレ酒、そして最後の締めは当然フグ雑炊。
あきちゃんから頂いた純米大吟醸原酒「出羽燦々」を燗酒にする訳にはいかないので、ヒレ酒用は普通の八海山。

そして正月2日目。
お正月なので奮発して、マグロのカマを買って来ました。養殖物だけど生本鮪です
カマトロが結構取れそう♪(下写真)。

IMG16010200.jpg


そして、取れたカマトロの一部(下写真)。
舌で溶けてなくなって、まるで飲み物のよう(笑)

IMG16010201.jpg

もう写真は撮らなかったけれど、これに加え昨日と同量のテッサとテッピ。
トラフグと本鮪のトロ、どちらかと言えば両極の存在だけれど、同時に食べてみると、やっぱりフグの勝ちかなぁ(笑)。
そう言ったら次男は、「いやいや、カマトロ派は多いと思うよ!」とのことですから、やはり人それぞれ好みの問題なのでしょう。

昨年の秋に白樺湖から山下げしてきた2年熟成の自家製原木生ハムも、正月の酒のつまみとして大活躍。
もう寛骨も出てきました(下写真)。

IMG16010202.jpg

仕事もしないで、美味しい食材に囲まれて、好きなだけ飲んだくれられる・・・いや~!日本の正月は素晴らしい♪♪
あとはこのツケ(体重とか緩みきった生活とか)をどうやって払うかだな(爆)

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(4) TOP

 |TOP