FC2ブログ
2018’09.06・Thu

自家製フィオッコをそろそろ食べてみようかな-スライス編

自家製フィオッコをそろそろ食べてみようかな-下処理編」の続きです。

白ワインで表面を覆って丸3日経過しました(下写真)。
フィオッコ(Fiocco)の下処理はこれで終わりです。

IMG18090404.jpg


包んでいたキッチンペーパーを開け、表面の白ワインをキッチンペーパーで拭き取りました。
うん、綺麗になった♪(下写真)

IMG18090400.jpg


それを真ん中から一刀両断。
発色も良く、断面は凄く綺麗です(下写真)。

IMG18090401.jpg


それを取りあえず今日の酒のアテ分だけ、電動スライサーでスライス(下写真)。
フィオッコは小さい分乾燥も早く、途中でパテ付けはしたものの、その時点でもう固く乾燥し過ぎだったかなぁと心配していました。
でも、スライスしてみたら固さもいい感じです。
イタリア、ジベッロ村のクラテッロ、フィオッコでは普通やらないパテ付けだけれど、パテ付けしたのは大成功です。
霧の多いジベッロ村と違い、日本の気候では乾燥し過ぎてしまいます。
日本で作るには、日本の気候に合わせた作り方が必要ということですね。

IMG18090402.jpg


残りは取りあえず真空引き(下写真)。
剥き出しでは乾燥してすぐ固くなります。
次にスライスするまでこの状態で冷蔵庫保管すれば、乾燥はしません。

IMG18090403.jpg


さて、肝心の味です。
おぉ!原木生ハムとはまた違う香りです。
勿論、カビ臭さなど一切ありません。
洗った白ワインからくるのか、膀胱ケーシングの所為か、はたまたその融合か、とてもいい香り。
それと多分、空調をかけない部屋で酷暑の夏を越させた所為か、思ったより熟成が進んでいて、かなり美味しいです。
フィオッコだし、期間が短いから若い味だろうな~っと考えていたけれど、これは嬉しい誤算です。
これ相当美味しいよ♪♪

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie生ハム  トラックバック(0) コメント(6) TOP

 |TOP