FC2ブログ
2018’12.31・Mon

猪を半頭買い

猪年を明日に控えた大晦日の投稿です。
猪年を迎えるのに相応しい猪の記事で今年を締めたいと思います。

わらびさんから、「おっちゃん(ナカトモ君の叔父さん)から猪を一頭買うけれど、半分どうですか?」とメッセンジャーに連絡があったので、「ぜひ半分引き受けさせてね」と、半頭分を買うことにしたのです。
岐阜&愛知の方では猪の豚コレラ感染が騒がれています。
今の所、まだ岐阜&愛知県の狭いエリアに発生が限定されているようです。
ちなみにこのおっちゃん猪は福井の猪になります。

さて大変なのは家内です。
猪が来る前に冷凍庫のスペースを開けなきゃ・・ってことで、大格闘(笑)。
クリスマスの日(12/25日)に届くとのことで、その日はわらび亭で猪解体&晩餐ということになりました。

さてその日。
猪とご対面~。
皮だけ剥かれた状態(皮付きでも大丈夫だけれど)で来るのだと思っていたら、何ともう解体されて届いています。
うーん、何とも残念。
猪は毛皮剥ぎも解体も何度かやっているけれど、でも解体したかったのにな~・・・(下写真)。

IMG18122500.jpg


取りあえず左右でわらびさんと分け、背骨は上下で2分割して分けました。
各自、自分の調理で使いやすいサイズに小分けして、持ち込んだ真空包装機で真空パック(下写真)。


IMG18122501.jpg

これで冷凍保存すれば、多少保存期間が長くても冷凍焼けは有りません。
解体が無いので、何だかあっという間に出来てしまいました。

小分けに分けた際出た端切れ肉を使って、このままわらび亭で、猪の焼肉&鍋で晩餐。
こちらは焼き肉用(下写真)。

IMG18122502.jpg

しかし、おっちゃん猪恐るべしです。
締め後の処置が完璧なのでしょう。
全く臭味は無いし、柔らかで・・・旨~い♪
脂身も、豚の脂身なら途中で嫌になるけれど、猪の脂はさっぱりしていてほんとに旨い。
この猪、箱罠で捕獲したものを解体所で電気槍で締めます。
私も遊びに行ったことがあるのですが、解体所には冷やすためのプールも有り、締め後の処理(血抜きや冷却など)は理想的に行えます。

こちらは鍋。
猪の背ガラで出汁を取って、猪肉、里いも、ハタケシメジ、豆腐、葱、クレッソンがタップリ、そして来る直前に手打ちしてきた耳うどんをそのまま鍋に投入。
この耳うどんはそのまま投入できるように、塩無しで打ってきました(下写真)。

IMG18122503.jpg

いや~旨い。
わらびさん、ご馳走様でした。m(_ _)m
おっちゃん、最高の猪、ありがとう~♪

我が家の元旦のお雑煮はかしわを使うのだけれど、折角の猪年の元旦ですから、猪のお雑煮にしたいと思います。
元旦から猪を食べて、猪年を猪突猛進するゾ~!

これが今年最後の投稿になります。
今年一年お世話になったお友達、この拙いブログを訪れて下さった方々に感謝申し上げます。
皆様にとって新しい年が、穏やかで幸せな年でありますように心より祈念申し上げます。m(_ _)m
♪♪でわ、来年また~♪♪

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(6) TOP

 |TOP