FC2ブログ
2019’01.11・Fri

毎年末恒例のコンニャク作り

昨年末の記事が続きます。
これはおせち用に毎年作っている自家製こんにゃくの記事。

所用で外出した際、産直で3年玉のコンニャク芋を見つけ購入していました(この記事
そのコンニャク芋の一部を使って、昨年末にコンニャクを作ったのです。・・・12/27日

コンニャク芋100%で作った自家製コンニャクは市販のコンニャクと食感が違って、大変美味しいのです。
市販のコンニャクは噛んだ断面がつるっとしている感じで、多分これは増粘剤、つまり糊剤を使っているせいなのでしょうか。
断面もつるっとしている分、煮汁のしみ込みも良くありません。
一方100%コンニャク芋で作った手作りコンニャクの断面は、微小な凹凸があって、煮汁のしみ込みも抜群だし、噛んだときの食感がまるで違う。
市販のコンニャクがデレン、テレンとした感じなら、手作りコンニャクはブリッ、ブギッという小気味のいい感触。
一度自家製したら止められず、もう30年位続いています。

3年玉のコンニャク芋となると大きいので、4回位作れます。
今回切り取った量は450g位。
たったこれだけでも、結構な量(1.5~1.7kg)のコンニャクができます(下写真)。

IMG18122801.jpg


皮の泥を洗って、適当なサイズに切る(下写真)。

IMG18122802.jpg


柔らかくなるまで40分位煮る(下写真)。

IMG18122803.jpg


煮上がったコンニャク芋の皮を剥き、2.5~3倍の水を加えミキサーでペースト状に。
空気が入らないようにヘラで静かに撹拌し、粘りが出たら30分位置く(下写真)。

IMG18122804.jpg


凝固剤(炭酸ナトリウムか水酸化カルシウムの水溶液)を加え、ゴム手袋をした手でよく混ぜ、固まるまで30分位放置する(下写真)。

IMG18122806.jpg


小さなサイズに切り分けて(下写真)、

IMG18122807.jpg


鍋で1時間程茹で、あく抜きをして完成(下写真)。

IMG18122808.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorieその他自家製食材  トラックバック(0) コメント(4) TOP

 |TOP