• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターのパルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※FB、Twで拡散希望♪

紹介されているサイトのページ
パルテノン多摩 http://www.parthenon.or.jp/people/3088.html
るるぶ http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=P30587
ことさが http://cotosaga.com/event/1581183/?f=eventedit_new
イベントナビ http://www.event-navi.ne.jp/d_top.php?eventID=0000045925
イマdeタマ https://imatama.jp/event/detail?id=1236
イベ活 http://event21.co.jp/ibekatu/user/0003436.htm
スポットクリップ https://spotclip.jp/spots/345613


2015’03.10・Tue

乾麺の刀削麺他

2月の上旬に家内が私のブログのお友達(FujikaさんOnoさんMiyakoさんポメマルさん)と台湾女子会ツアーに行き、色々とお土産を買ってきました(下写真)。

IMG15021208.jpg


買ってきた物のどれが何かとかはさておいて、この記事のお題はこれ!
乾麺の刀削麺(ダオシャオミエン)。(下写真)

IMG15021209.jpg


こちらはもっと沢山入っている別の刀削麺(下写真)。

IMG15021210.jpg

刀削麺用の包丁(刀削麺切)があったら買ってきてと頼んでいたのですが、包丁が見当たらなかったので、刀削麺そのものを2種類ほど買ってきたという訳です。
生麺の刀削麺とは大分違うのかも知れませんが、乾麺の刀削麺というのも実に興味深々♪
どんなレシピがいいか早速色々試してみたのです。

WEBで刀削麺のレシピを検索してみたら麻辣(マーラー)仕立てが圧倒的に多そうです。
なので最初のトライはまず麻辣刀削麺でいってみました。
ホワジャオ(花椒)の在庫があると思ったら見つからなかったので、麻の方は冷凍でタップリ在庫がある青山椒での代用、そして大好きな香菜(シャンツァイ)をタップリトッピング(下写真)。

IMG15021204.jpg

まあ普通に美味しいけれど、これなら特段、刀削麺じゃなくても良いような気もします(笑)。

次は、揚げタマネギと揚げニンニクをタップリトッピングした坦坦刀削麺(下写真)。
我が家では練りゴマの代わりに、炒ったカシューナッツを摺り潰したカシューナッツペーストを使用します。

IMG15030900.jpg


こちらは麻辣仕立てよりもずっといける感じ。
刀削麺のスイトン風な食感とマッチしてかなり美味い♪(下写真)
それにしても、揚げタマネギと揚げニンニクは香ばしくて美味しすぎ(笑)。

IMG15030901.jpg


次はとろみラーメン仕立てのとろみ刀削麺(下写真)
これも普通に美味しいけれど、パンチのある↑の坦坦刀削麺に比べたらちとパンチ不足。(^^;ゞ

IMG15021500.jpg


抜群に美味しかったのが刀削麺を使ったきしめん(下写真2枚)。

IMG15021300.jpg

IMG15021301.jpg

実は私にとってはこれは意外でもなんでもなく、最初からド本命でした。
もともと平打ち麺が好きな私は大のきしめん好きで、讃岐うどんの粉を使って良く手打ちで作ります。
でも段々と普通のきしめんでは物足りなくて、一旦綺麗に打ったきしめんをさらに指で不揃いに潰したりしています。
こうすることで、この不揃いからくる食感(薄い部分はつるつるトロン、厚い所はモチモチとした腰)が実に良いのですが、でも1本1本を手で潰していくのは結構面倒な作業なのです。
そこで中が厚くて周辺を薄く延ばすような手持ちローラーを作って、それで潰した形状が理想かなぁなんて考えていました。
切ったきしめんをそのローラーでグルグルっと潰せば、薄く延ばされた左右両端はひらひらする筈ですから、まさにこの乾麺の刀削麺が乾麺になる前の形状そのもののような気がします。
くの字型に曲がった刀削麺包丁で削っていく生の刀削麺は、この乾麺の様には長くないし均一でも無いのですから、本来は別物なのですが、この乾麺の刀削麺に限っては、私の頭の中の理想のきしめんの形にかなり近いと思えたのです。
予想はどんぴしゃ!思った通りの食感でした♪
残りは全て(ってもう殆ど残ってないけれど、笑)、きしめんで食べよう♪

ところで台湾で家内が撮って来た写真を見ていて、興味を引くのはやっぱり市場の写真。
日本とは違うものが色々並んでいます。
野菜にしてもちょっと興味を引くものがあります(下写真)。
Aの野菜は一見普通のネギに見えるけれど葉は筒状ではなく、リーキ(ポロ葱)のような扁平な葉。でも根元はリーキと言うよりネギです。
Bの野菜は茎レタスと呼ばれるもの?
Cの野菜は龍髭菜(ロンシューツァイ)。
Dの野菜は日本でも地域によって出回る金時草(別名水前寺菜、沖縄ではハンダマ)でしょうか。

IMG15021000.jpg


これは娃娃菜(ワー ワー チョイ)。
白菜の仲間だそうです(下写真)

IMG15021001.jpg


山蘇(シャンスー)、シダの仲間のようです(下写真)。

IMG15021002.jpg


見たことが無いフルーツも写っていました。
蓮霧(レンブ)という名前の果物だそうです(下写真)。
家内は食べてきたと言っていましたが、その味や食感を聞いても家内のちっとも要領を得ない話しでは全く想像ができないのです(笑)。
一体どんな味なのでしょう?

IMG15021003.jpg


下写真左端の緑のものはグアバで、その右上がスターフルーツ、さらにその右上(上端)はパッションフルーツ。
中央下の黄色の果物は何でしょう?仙桃と呼ばれる果物かなぁ(下写真)。

IMG15021004.jpg


魚屋さんだって、並んでいる魚にあまり馴染みがありません(下写真)。

IMG15021005.jpg


如何にも淡水魚に見える魚・・・草魚?(下写真)

IMG15021006.jpg


何と蛙は魚屋さんで売られているのだそうです(下写真)。

IMG15021007.jpg

距離的には近そうでも、やっぱり所変われば品変わるですナ。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(8) TOP

Next |  Back
うわぁ、刀削麺、すごく美味しそうで目眩がします〜(@@)

台湾の市場は、並んでいるのを眺めているだけでも楽しいですよね♪
わたしも一昨年、朝市を覗いてきましたが、細い路地に所狭しとお店が並んでいて、できれば、それぞれ調理するところを見たい&食べたいと思いながら眺めていました。
duckbillさんなら、その必要もなく、美味しい創作料理があっという間に完成しそうですね。じゅるる

yaefit1500:2015/03/10(火) 23:09 | URL | [編集]

> yaefit1500さん
刀削麺は乾麺でもかなり美味しいですね。作り甲斐があります。(^^)
私自身は台湾には行った事が無いのですが、市場の写真を見ているだけで、食べたいものや、使ってみたい食材など沢山あって、楽しそうです♪
写真だけでも随分料理の刺激を受けました(笑)。

duckbill:2015/03/11(水) 02:15 | URL | [編集]

第椀の食文化と言うか食材とても楽しそうですね、
この写真を撮って来た奥様も偉い、特に蛙(笑)

刀削麺全部食べちゃわないでご馳走して下さいね、m(_ _)m

緑色のシダのような植物は、最近関東でも売られているようになったオオタニワタリではないでしょうか、色々な食材がとてもそそられますね。

わらび:2015/03/11(水) 11:36 | URL | [編集]

> わらびさん
考えていたより食材が随分違うようなのでビックリです。
蛙が魚屋扱いとは日本人からみたら不思議ですよね。
普通に考えたら肉屋の領分に思えます。

> 刀削麺全部食べちゃわないでご馳走して下さいね、m(_ _)m
あれま!もう殆ど残ってな~い。|)゚0゚(| オー!!ノー!!!!
取りあえず残っている分は5月にでも白樺湖に持っていこうかな。

調べてみたら山蘇(シャンスー)はシマオオタニワタリということなので、オオタニワタリの極近種ですね。
味も殆ど一緒かもしれません。

duckbill:2015/03/12(木) 01:58 | URL | [編集]

>麻辣刀削麺

って、ベトナム料理のフォーみたいですね
でもきしめんそっくりっていいますか、縮れきしめん?

刀削麺って、こんなに長いものなのですか?
よくテレビなどで見るのは長くても30cmほどみたいですけど、なんか、機械で作ってそうな長さに見えますね。
どんなマシンで作るのかしら?

そうか、動画で見るのは曲がった刃物で削ってそのまま茹で鍋に投げ込みますから短いんですね。
袋に入ってる刀削麺の製法を想像しますと;

球形の生地を林檎の皮むき器にセットして・・・
くるくる回しながら削ってるんじゃないかしら?
皮の幅も厚みも不揃いになって、乾くと縮れる・・・
な~んて、試してみたくなりません?

台湾へは二昔前、仕事で3~4回行きましたけど、観光は殆できませんでした(お仕事ですから仕方ないですね(T_T)
でもクライアントやエージェントの方との会食に付き物の老酒での指名カンペー(乾杯)合戦では常に勝利できたのが自慢かしら? (`・∀・´)エッヘン!!

プラント試運転で真夏に2週間ほど滞在したときは毎晩仲間と球場の周りの屋台村で海鮮料理と陳年紹興酒を嗜み暑いけれども(๑╹ڡ╹๑)食生活でした(^_^;)
台湾の真夏って暑いから、夜涼しくなると、めっちゃ人出が増えて賑やかになって深夜まで出歩いてるんですよ。
今は昔のお話でした(^_^;)

akicici:2015/03/13(金) 01:21 | URL | [編集]

> あきちゃん
もともと中華麺と違ってかんすいは使わず、小麦粉と塩と水で作るのですからうどんと同じですね。
だからこの乾麺タイプは縮れきしめんが正解かも。(^^)
刀削麺切で削って作る生の刀削麺はこんなには長くないし、もっと厚みもあるし、ツルンとしてこんなひらひらでもないし、もっと不揃いですよね。
どんなやり方かは判らないけれど、乾麺は機械成形なので、幅方向は中央厚&両端ひらひらでも長さ方向は均一で長いです。
この乾麺タイプもなかなか美味しかったけれど、生の不揃いの方が断然美味しい筈。

私は台湾は1度も行ってないです。
でも以前は身内が仕事で何度も行っていて、その度高山茶を買ってきてもらってました。
高山茶は美味しいですね。

duckbill:2015/03/13(金) 09:04 | URL | [編集]

刀削麺の乾麺なんてあるんですねー!
紹介された味付け、全部試してみたいです。

娃娃菜、なんとなく最近こちらの産直でよく見かける
子持ち高菜に似てます。
味は白菜でした?

そしてオチのように最後にあるカエルにドン引きです…

caie:2015/03/14(土) 10:24 | URL | [編集]

> caieさん
私も知りませんでした(笑)
で、家内がお土産に買って来た時に、思わず「でかした!」と(笑)
調べてみたら台湾にいかなくても通販で買えるようですから、ぜひ試してみてください。
そうそう、刀削麺切(刀削麺用包丁)を自作しました♪
なので今度は生の刀削麺に挑戦しますよ~(笑)

娃娃菜ですが、生鮮品は持ち帰れないし、現地では食べなかったようです。
なので味は判りません。

> そしてオチのように最後にあるカエルにドン引きです…
あはは!でも魚屋さんでの扱いは私も引きます(笑)

duckbill:2015/03/15(日) 02:13 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL