• « 2017·02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  •  »
2015’06.02・Tue

山菜苗の頂き物他

あきちゃんから、「お家山菜の苗を送りました~」とメールを頂いたのです。
そして翌日送られてきたトロ箱を開けてみたら、入っていたのは、アマドコロ、アシタバ、ヤブジラミ、山ミツバ、トゲ無しタラ、山蕗、ノビルの苗。
土を取り除いた根の部分を湿らしたキッチンペーパーで包んで、トロ箱に入れ、動かないようにエアパッキンを被せクール便での輸送です。
根回りの土が無い分、根付けで失敗する可能性はあるけれど、株自体はとても良い状態で届いています(下写真)。・・・5/14日

IMG15051403.jpg


良い状態のまますぐプランターに移植し、根付くまで日陰で養生させ、ほぼ2週間経過。

アシタバは一応根付いたかな。(^^)v (下写真)・・・5/27日

IMG15052720.jpg


こちらは山三つ葉(下写真)。
これもしっかり根付いたようです。
アシタバと山三つ葉だけでも、しっかり増えてくれたら、賄いうどんや賄い蕎麦で天麩羅の種には困りませんね。
ちょっといいかも~♪

IMG15052721.jpg


アマドコロ(下写真右)と山蕗(下写真左)
アマドコロは大好きな山菜なのですが、食べ頃の若芽だと私には毒のスズランやコバイケイソウ、ホウチャクソウとの区別が良く判らないし、食べられるギボウシ系とだって区別がつきません。(^^;ゞ
取りあえずで出自がはっきり判っているお家山菜なら安全この上ないし、毎日見ていればそのうち区別だって出来るに違いない!(笑)。
・・・ということで、中でもこれには必ず根付いて増えて欲しい♪ (^^)

IMG15052722.jpg


タラは大きい株は枯れて、脇の小さなほうが根付いて伸びてきました(下写真)。

IMG15052723.jpg


怪しげなのはこの二つ。
ノビル(下写真左)は地上部は枯れたけど、もともと球根なのでそのうち新芽が出てくる・・・かも。
ヤブジラミ(下写真右)はどうやら根付かず枯れた模様ですね。(^^;ゞ

IMG15052724.jpg IMG15052725.jpg

あきちゃん、ありがとうございました。m(_ _)m
頂いた苗のその後はこんな状況です。
一部に怪しげなのはあるけれど、大方は大丈夫そうです。
お陰さまで、そのうち我が家もお家山菜で楽しめる・・・かな♪



山菜がお題ですから、このところ野で見かけた山菜も紹介。

天候と時間が許せば、毎週末は低山や里山を散策しています。
山菜の季節ですから、散策路で色々な山野草を見つけました。

これは猛毒のトリカブト。(下写真)
食べられません!
一服盛る時に使います(ウソウソ、ウソですよ~!笑)

TIMG15050915.jpg


こちらは食べられるヤブレガサ(下写真)。
でも食べるのはもっと若く傘が開いていない時期。

TIMG15052315.jpg


山菜の王様とも言われるシドケ(モミジガサ)。(下写真)
私の大好きな山菜で、このお浸しはたまらない♪

TIMG15052327.jpg


もう開いちゃってるワラビ(下写真)。

TIMG15052316.jpg


これもトリカブト?それともニリンソウ?
切れ込みが中途半端だと何だか難しい(下写真)。

RIMG0830.jpg


これはシャクなのかヤブジラミなのかドクニンジンなのか、はたまた別のスットコドッコイな奴なのか、今の時点の私には判別不能です(下写真)。

TIMG15052314.jpg


滝のすぐ下流の綺麗な流れに若いクレソンが沢山生えていました(下写真)。
千切って口に入れたら清々しいクレソンの香りと辛み。
これは少し摘んで帰って夕食にクレソンサラダで頂きました。
当然ながら八百屋クレソンよりはるかに美味しい♪
「行いが悪いから、お前の来世はイモムシだ~!」とか神様に言われたら、「出来ればクレソンにつくイモムシにしてね」って頼もうかな(笑)。

TIMG15052324.jpg


食べても美味しくないヘビイチゴ(下写真)と、

TIMG15052306.jpg


食べて美味しい草イチゴもこの季節はあちこちに(下写真)。

TIMG15052311.jpg


クサソテツがありました(下写真)。
クサソテツの丸まった新芽がコゴミになります。
ちょっと前まで他の緑のシダ類とクサソテツの違いが判らなかったけれど、白樺湖山荘でよく観察してから、しっかり判定ができるようになりました。
場所にもよるのだろうけれど、クサソテツってあまり見ません。
この日の徘徊散策コースも、緑色のシダ類はあちこちに沢山自生しているのですが、クサソテツはこの一株だけ。
株元を良く見たら、コゴミの状態で摘まれた跡が何箇所もありました。
やっぱり知っている人は見逃さないのですね(笑)。

TIMG15052332.jpg

山菜も只今勉強中!
少しずつではあるけれど、判る種類が増えてきています。 v(^^)v

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
ヤブジラミは日陰者みたいで日向だと根付かないみたいです(^_^;) うちでも移植したものの2割位しか生き延びてません。

その他はカモノハシ様の手厚い擁護に預かりきっと元気に育つことでしょう(*^_^*)

ところで、モミジガサが生えてるなんて良いフィールドですねぇ、こちらじゃとんとお目にかかりませんし、苗を植えたけど消滅しちゃいました(T_T)
ミズとかモミジガサとかは環境があわないとダメみたいです。

シダ植物はシノブは強くてどんどん増殖しますが、わらびやクサソテツはなかなか根付きません。
因みにシノブは食えまへん(-_-;)
若芽を囓ってみたら、ぺぺぺのペッ~ものでした。

こちらでもクサソテツは生えてる場所が限られてます。
もっと増えてほしいなぁと思うけど、どうしてかあまり繁殖しませんね。

ヤブジラミだってそうですけど、新芽が摘まれてるというか囓られてる?
猪がかじるのかなぁ?
クサソテツは生で齧ってもわらびよりアクがないです。
ヤブジラミも生で齧っても香りもよく美味しかった。
土筆だって穂先をムクドリが啄んじゃいますものね。

食べられる山菜って似てても違うと大変です。
生で齧るとよくわかります。
竹だって、女竹はほんとにアクがなくて美味しいけど、女竹と似てても普通の笹だとめっちゃぺぺぺのぺーっで食べられません。
(女竹は道路に進出してた根っこを採ってきてプランターに移植してます(^_^;)

こちらのクレソンはすこし紫がかっているので私は西洋クレソンって呼んでますがいかにもオランダカラシっぽいです。

最近発見した山菜っていいますか食べ方。
自然薯の蔓の若芽です。
生食でもオッケー、タンニンなし毒無し。
お浸しでも炒めてもオッケー。

自然薯の味そのもので少し粘りが有り美味しいです♪
今の季節若芽がどんどん生えてきてますから散策でのターゲットにいかがでしょうか(^^♪

圭くん殘念でしたね~

akicici:2015/06/04(木) 00:21 | URL | [編集]

> あきちゃん
今日からようやく日向に出しました。
タラやアシタバなどは日向好きだから、いつまでも日陰者には出来ないもの(笑)

モミジガサが自生するところは、自宅からは結構遠い所(電車で1.5時間)でコースも結構タフ。
最近体力が落ちていて、そうそうは行けないのです(笑)
ミズは散策中では見たことが無い。
まあもっとも有っても判らないけれど。(^^;ゞ
ゼンマイだって、ぺぺぺのペッ~なシダのくるっと丸まってるやつと区別がつくかどうか・・(^^;ゞ
そうそう、篠竹のタケノコが出ていて、柔らかで美味しそうだったので先端を齧ってみたらペッペでした(笑)
同じ篠竹のタケノコでもアクの無い地方もあるようですね。
クレソンは同じ日にもう一箇所で見つけて、そちらは紫がかっている奴でした。
まだ若いから綺麗な緑と思っていたけれど、紫のものとは種類が違うのでしょうか。
自生している自然薯のツルは時々見ますから、今度食べてみます。

圭君は中断したところで、見てたらやっぱり負けるなと思ったから、暫く見ないでいたら2-2と戻し、安心して寝たら、朝のニュースで負けてました。残念!!

duckbill:2015/06/04(木) 07:03 | URL | [編集]

小さい時に食べてたからヘビイチゴと野イチゴは区別つくんだけど、
トリカブトはわからないですね・・・。/(゚o゚)ゝ

私のような無知なヤツが採って加工してたら怖いなあ。(笑)
ヨモギ餅がトリカブト餅だった・・・なんて~事はさすがに無いでしょうけど、
ヤブレガサ餅とか売ってても食べないようにしよっと。。。f(^^;)

akkyan:2015/06/04(木) 14:24 | URL | [編集]

> akkyanさん
ヘビイチゴと野イチゴは取りあえずどちらも食べられるけれど、トリカブトは猛毒なので大変。
ヨモギとトリカブトって私は全然似てないと思うけれど、[ヨモギ トリカブト]で検索すると、一応間違えやすい同士になっているようです。
さすがに売られているヨモギ餅でトリカブトと間違えた例は今まで無いと思うけれど、キノコでは毒キノコが売られる例がありましたね。(||゚Д゚)怖ァ...

duckbill:2015/06/04(木) 22:36 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL