• « 2017·03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2015’06.17・Wed

山菜狩り

山菜やきのこのベテランの方々に誘って頂いて、秘密の場所♪へ山菜狩りに行ってまいりました。

きのこの季節にはまだ早いけれど、きのこも少しだけ見つけました。
倒木から生えていて傘裏は少し赤っぽい。
ウラベニガサ(可食)に違いないようです(下写真 1枚目:傘表、2枚目:傘裏)。

IMG15061300.jpg
IMG15061301.jpg


ヌメリツバタケモドキ(食菌)。
2枚目の写真のように傘裏のヒダが皺くちゃになっているのが特徴。
皺くちゃになっていない真っ直ぐなヒダならモドキの付かないヌメリツバタケ(食菌)。
酢の物にすると、絶品だとか・・・私はまだ食べたことはありません(下写真 1枚目:傘表、2枚目:傘裏)。

IMG15061304.jpg
IMG15061305.jpg


ヌメリスギタケモドキ(食菌)。
これまでヌメリスギタケモドキは何度も食べているのに、ヌメリスギタケ(食菌)との区別が今一良く判らなかったのですナ。
今回、傘だけではなく柄もぬめっているのがヌメリスギタケ、柄はぬめっていないのがヌメリスギタケモドキと教えて頂きましたので、これからは正しく判別ができそうです(下写真 1枚目:傘表、2枚目:傘裏)。
勿論これは採取してきました。

IMG15061302.jpg
IMG15061303.jpg


さて、肝心の山菜はと言えば、
まずコシアブラと細い根曲り竹数本(下写真)。
※モザイクは決してヤバイものが写っているからではありません(笑)。
 特定の店名が入っているレジ袋なので、消しました。

IMG15061306.jpg


立派なイタドリとコゴミ(下写真)。
イタドリは誰も採ろうとしないけれど、我が家はこれが大好きなものだから、沢山採ってきました。
我が家のイタドリレシピはこちら

IMG15061307.jpg


行者ニンニク(下写真)。
とても良く似た強毒のコバイケイソウと混じって生えていました。(^^;ゞヤバイゾ!
大株のコバイケイソウなら間違いようもないけれど、まだ小株のコバイケイソウと少し大株の行者ニンニクならその違いは結構微妙。
そんなところで採取するのは勿論リスクもあるけれど、返ってその違いは良く判ったかも♪
WEBではスズランの若芽とも紛らわしいとの記述も多く、今度はその違いをやはりフィールドで覚える必要があるかな。

IMG15061309.jpg

行者ニンニクは大きな株になるまでに何年もかかる植物。
そのため、採り過ぎず、採取は株元をナイフかハサミで刈り、根は残すように教えて頂きました。

アマドコロの類(たぐい)とわらび(下写真)。
アマドコロの類(たぐい)と十把一絡げの中の右側の太い奴はオオナルコユリ。
問題は細い方だな・・・。
アマドコロなのかナルコユリなのかユキザサなのか、はたまた毒草のホウチャクソウなのか、今の私のレベルでは区別がつきません。
ホウチャクソウは独特の臭気があるから区別できると書いてあるWEBもあるけれど、間違いなく「これがホウチャクソウだ!」って奴を前にして、その臭気とやらを嗅いでみないことには判るものやら判らんものやら・・・(笑)
毒性はそんなに強くなさそうなので、毒見で判定したりして・・・(^^;ゞあはは

IMG15061308.jpg

これ以外にハリギリをほんの少しだけ採取。
タラの芽もあったけれど採りませんでした。
ハンゴンソウ、シオデも教えて頂いたけれど、見極め方も含めて一度には覚えられないので、これらも今回はパス。
又ゼンマイやヤマドリゼンマイらしいのも沢山あったけれど、雑多なシダ類の丸まった奴と区別が出来ないのでこれらもパス(笑)。

でも思っていたより随分収穫できました。
見極めも又一段アップできたか・・・かな(笑)。
誘って頂き、色々教えて頂いた諸先輩方々、本当にありがとうございました。m(_ _)m

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(6) TOP

Next |  Back
女王が沢山、いいですね~(*^_^*)
こちらじゃ結構な大木になってるので木登りしないと採取できません。

山道に生えてる実生苗を採取してきて移植してますけどタラと違って成長が遅いのでまだ食べるまでに育ってないんです(^_^;)

沢山の種類の山菜が収穫できて、ここに山葵や岩魚が混ざってるとイーハトーブ帰り間違いなしですね♪

akicici:2015/06/17(水) 23:16 | URL | [編集]

> あきちゃん
だんだん採集生活になってます(笑)。
きのこ狩りと同じで山菜狩りもまるでトレジャーハンティング。楽しかったです♪
コシアブラ似の木が一つあって、それとの区別は教えてもらったのだけれど、まだちょっと怪しい(笑)
アマドコロ類とホウチャクソウの見分けも、穂先を割るか根を見るかでは覚えたけれど、外見だけではまだ区別ができません。

ここに山葵や岩魚が加わったら、そりゃ文句なし(笑)。
これで、今年の山菜は終わり・・・かな。
次はいよいよきのこです♪

duckbill:2015/06/18(木) 08:16 | URL | [編集]

山菜狩り・・・
チャドクガやマダニにご注意をば。。。m(__)m
マムシもか・・・。f(^^;)

う~ん、いろんな所に危険は潜んでたんですね。
まさか自分ちの庭でやられるとは・・・。(笑)


akkyan:2015/06/18(木) 11:40 | URL | [編集]

> akkyanさん
チャドクガはあんまりフィールドでの被害は聞かなくて、公園や街路の生垣などでの被害が多いような気がします。
でも今回の山菜狩りでもマダニやマムシの注意はありましたね。
私は蛇が平気な方で、マムシも平気で捕獲できますが、マダニはちと敬遠したい(笑)
里山や低山でも長袖では暑くてどうしても半袖になってしまうので、マダニは防ぎようがないもの。(^^;

duckbill:2015/06/18(木) 19:54 | URL | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-:2015/06/19(金) 09:27 | | [編集]

> 鍵コメさん
記事見てきました。
葉が枯れていっているのはウドンコのせい。
写っている害虫は、大きさと形からすれば、サビダニではなくアザミウマだと思います。

アザミウマにはアーリーセーフもコロマイトも効果が無いです。
薬も殆ど効かない強敵だけれど、株を頑健にしておけば、トマチンを嫌ってひどく蔓延することは無い筈。

duckbill:2015/06/19(金) 09:56 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL