• « 2017·03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2015’07.01・Wed

続36・野のキノコ

常々キノコに詳しくなりたいと思っているので、それが食べられるキノコであろうと、食べられないキノコであろうと、散策に見かけたキノコは写真を撮って、後でNETや図鑑で調べ、できるだけ何のキノコであるか推定をしています。
時々は山菜も加わります。
勿論まだ知識が足り無いので、推定できなかったり、推定間違いだったりすることも多い筈です。
掲載したキノコや山菜のそんなケースで、正しい名前をお判りの方がおられましたら、ぜひにも教えて頂けると大変嬉しいのです。・・・宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
なお、この記事で食べられる、又は食べたと掲載したキノコや山菜の安全を保障するものではありません。
特にキノコは食菌と知られていても、食べ方によって、又人によっては中毒を起こしたりすることもあります。
実際、食菌として知られているきのこ(スーパーで売られているきのこを含み)の殆どは生で食べれば中毒を起こします。
野のキノコや山菜を食べて楽しむのはあくまで自己責任でお願いいたします。
※全ての写真は、クリックすればより大きなサイズでご覧になれます。
このシリーズの前回はこちら



6/20日(土)
この日は週末の散策日。
南東尾根コースで景信山まで登った後、高尾~陣馬縦走コースで陣馬山山頂まで行き、一の尾根コース、和田第2尾根コースで下山するルート。
前日は結構な雨だったので、最寄の駅に行く途中で早速テングタケ(毒菌)を発見(下写真)。
やっと夏きのこがスタートでしょうか♪

IMG15062000.jpg


そこから50mほど行った所で、今度はヤマドリタケモドキ(食菌)を発見。
ヤマドリタケや極近縁のヤマドリタケモドキなどはイタリア料理で出てくるポルチーニ茸で、日本でも採れるきのこです。
これは大分ナメクジにやられてとても採取できる状態ではないけれど、やっと今年のヤマドリタケモドキの発生です(下写真)。
昨年より10日ほど早いような気がします。


IMG15062001.jpg


これなら山の上でも色々なきのこが見られるかもと、ちょっと期待したのですが、標高が高い分、きのこの季節にはまだ早く、きのこのは殆ど見つからない。
見つかったのは大きな(真ん中のやつで径15cm)マツオウジ(食菌)と(下写真)、

IMG15062002.jpg


スギエダタケ(食菌)だけ(下写真 1枚目:傘表、2枚目:傘裏)。
実はアマタケ、エセオリミキ、スギエダタケで迷っていたのですが、後日東京きのこ同好会のⅠセンセイに杉の落ち葉環境に発生しているのでスギエダタケではないかと教えて頂きました。

IMG15062003.jpg IMG15062004.jpg


いつも私が見るモミジガサとは少し葉の形状も微妙に違うのですが、これもモミジガサ(シドケ)でしょうか?(下写真)

IMG15062006.jpg




6/21日(日)
昨日ヤマドリタケモドキが見つかったので、もうマイスポットにも出ているかも知れないと、早速チェックに行ったのです。

なんと、もうタマゴタケ(食菌)も出ていました。
少なくとも一昨日には発生して、一昨日の雨でブカブカになったようで、発生の早い順から大分色落ちして痛んでいます(下写真)。

IMG15062120.jpg


こちらはタマゴタケの幼菌(下写真)。

IMG15062107.jpg


ヤマドリタケモドキは、ババ(古くなって痛んでしまったものを言う、ジジとは言わないんだな、笑)になってしまったものも随分あったけれど、綺麗なものも何本かありました(下写真2枚)

IMG15062101.jpg IMG15062102.jpg


こちらは大分ナメクジに舐められたアカヤマドリ(食菌)。(下写真)

IMG15062103.jpg


スミゾメヤマイグチ(食毒不明)。(下写真 1枚目:傘表、2枚目:傘裏)

IMG15062104.jpg IMG15062105.jpg


チチタケ属のきのこ。
キチチタケ(毒菌、以前は食菌)に似ているけれど、キチチタケならヒダを傷つけてでるチチ(乳液)がはっきりと黄色なのですが、このチチは黄色っぽい?ような気もするけれど、はっきりとした黄色とも言えず、かといって不透明な真っ白ともちょっと違う(下写真 1枚目:傘表、2枚目:傘裏)。

IMG15062108.jpg IMG15062109.jpg

チチが、いわゆる「米のとぎ汁」状の半透明なら、下地のヒダ色でこんな黄色っぽい?ような感じになるかも知れません。
もしそうだとすればアイバカラハツモドキ(青木氏仮称)(不食)?
でもサイズがアイバカラハツモドキにしては小さいですね。
アイバカラハツモドキのチチなら味は徐々に辛いそうですから、チチの味も確かめるべきでした。(^^;ゞ

有名な毒菌のクサウラベニタケもあちこちに群生(下写真 1枚目:傘表、2枚目:傘裏)。

IMG15062111.jpg IMG15062112.jpg


こちらは多分シバフタケ(食菌)。

IMG15062113.jpg


そしてこちらはムジナタケ(可食)?(下写真 1枚目:傘表、2枚目:傘裏)

IMG15062114.jpg IMG15062115.jpg




6/23日(火)
昨日も雨模様。水分が多ければきのこはあっという間に発生して、あっという間にババになってしまいます。
昼休みに急いでマイスポットを回りました。

テングツルタケ(可食)か又はヘビキノコモドキ(毒菌)。
テングツルタケなら傘縁辺の条線あり、ヘビキノコモドキなら条線なしだけれど、この写真では条線有りなのか無しなのか結構微妙です(笑)。 
どちらかと言えば、条線なし(ヘビキノコモドキ)・・・かな?
傘裏を見てツバがなければテングツルタケの方だけれど、傘裏は確かめませんでした(下写真)。

IMG15062300.jpg


ヤマドリタケモドキ(下写真)。

IMG15062301.jpg


タマゴタケの幼菌(下写真)。

IMG15062302.jpg


テングタケ(毒菌)(下写真)

IMG15062303.jpg


こちらはキッコウアワタケ(食菌)?
少し古くなっているせいか、傷つけてもすぐの青変はありませんでした(下写真 1枚目:傘表、2枚目:傘裏)。

IMG15062304.jpg IMG15062305.jpg


傘表面の傷が赤褐に変色しているし、柄の色などから、ガンタケ(毒菌)でしょうか。(下写真)
ガンタケは以前は食菌とされていましたが、現在は毒菌とされています。

IMG15062306.jpg


キシメジ属と思われる薄茶色~肌色のきのこ(下写真3枚)。
土から発生し、1枚目の写真のように束生もするし単独で発生もする。
かなり大きくなり2枚目の写真では傘径20cm。
ヒダは密で垂生(3枚目の写真)
カキシメジにも似ているけれど、それにはサイズも大きくなり過ぎるし、ヒダが垂生するのも合致しない。
東京きのこ同好会のK先生にハダイロニガシメジ(青木仮称)(不食)ではないかと教えて頂きました。

IMG15062307.jpg
IMG15062308.jpg IMG15062309.jpg


この日の採取はタマゴタケの幼菌少々とヤマドリタケモドキ(下写真)。

IMG15062310.jpg


ヤマドリタケモドキは塩水に30分漬けて虫出しをした後、スライスして自作ディハイドレーターでカラッカラに乾燥(下写真)。
国産ドライポルチーニが40.3g出来上がり。これは在庫に補充します。

IMG15062311.jpg




6/27日(土)
昨日が雨だったのでマイスポットをきのこチェック。

なんと色合いがヤマドリタケ(食菌)のようなヤマドリタケモドキ(食菌)がありました(下写真)。
傘の色が何ともそっくりだし、柄の色も明るくてそれらしい。
強いて言えば、傘縁辺の色がもっと明るく、そして傘下の柄の色がもっと明るく、傘表面の凸凹が無かったら文句なし。
でもヤマドリタケは亜高山帯で発生するイグチでこの辺で発生することは無いのですから、どんなに似ていてもこれはヤマドリタケモドキです(笑)。

IMG15062700.jpg


抜いてみたら、ほら!柄の上部までしっかり網目があって、間違いなくハンサムなヤマドリタケモドキです(下写真)。

IMG15062701.jpg


タマゴタケ(食菌)もあちこちに(下写真)。

IMG15062702.jpg


スミゾメヤマイグチ(食毒不明)(下写真)。

IMG15062703.jpg


フタイロベニタケ(食毒不明)のような色合いだけれど、ひび割れ模様が無いので、カワリハツ(食菌)でしょう(下写真)。

IMG15062704.jpg


チャニガイグチ(不食)?でしょうか、褐色変性があります(下写真 1枚目:傘表、2枚目:傘裏)。

IMG15062705.jpg IMG15062716.jpg


クサウラベニタケ(毒菌)の群生(下写真)。
もうあちこちに大量に群生していて、これが食菌だったらいいのだけれど(笑)、食中毒例が非常に多い毒菌です。

IMG15062707.jpg


カレバキツネタケ(食菌)。(下写真)

IMG15062708.jpg


オオホウライタケ(不食)。(下写真)

IMG15062709.jpg


アカヤマタケ(可食)、トガリベニヤマタケ(不食)、トガリツキミタケ(不食)、又はヒイロガサ(可食)?
似た候補は色々あるけれど、色々特徴を総合すると一番の候補はトガリベニヤマタケかな(下写真 1枚目:傘表、2枚目:傘裏)。

IMG15062710.jpg IMG15062711.jpg


ビックリする程大きなヤマドリタケモドキ(下写真)。
傘径で30cmと今まで見た中で最大級だけれど、ババにはなっていなくて、悪くない状態。
でもヤマドリタケモドキにも最近ちょっと飽きているし、重いのを持ち帰るのもイヤだし、これはポイっとしてきました(笑)

IMG15062712.jpg


ハチノスタケ(不食)と思って傘裏をみたら網目模様が随分小さい。
レアなサビハチノスタケ(食毒不明)か?と期待したけれど、サビハチノスタケにしては少しサイズが大きく(径6cm)、又網目も小さすぎます。
スジウチワタケ(不食)でしょうね(下写真 1枚目:傘表、2枚目:傘裏)。

IMG15062713.jpg IMG15062714.jpg


死の天使、ドクツルタケ(猛毒菌)。(下写真)
この1本で確実に命を落とす怖いきのこですが、意外に身近なあちこちに生えています。

IMG15062715.jpg


この日の採集は、まずタマゴタケ(下写真)。
最近はタマゴタケも少し飽きているのだけれど、見つけたらやっぱり採取してしまいます(笑)。

IMG15062717.jpg


そして下写真右上から時計回りにヤマドリタケモドキ、カレバキツネタケ、カワリハツ(下写真)。
ヤマドリタケモドキの中にある一番大きい奴は、ポイしてきた巨大ヤマドリタケモドキの近くにあった半分くらいの奴。
ヤマドリタケモドキも飽きているけれど、見たらやっぱり採ってしまいます。

IMG15062718.jpg


一番大きいヤマドリタケモドキはこのままステーキで食べて、残りはいつものように虫出し後、スライスして自作ディハイドレーターでカラッカラに乾燥(下写真)。
出来上がりの国産ドライポルチーニ48.4gを、これも在庫補充。

IMG15062813.jpg


カワリハツとカレバキツネタケは翌日昼にきのこうどんにして頂きました。
カワリハツは辛みもなく結構出汁も出るし、他のベニタケ科のようにボソボソな食感でもなく、普通に美味しいです。



6/28日(日)
午後から所要があって外出。
最寄の駅に向かう途中で遠目にタマゴタケを発見。
帰りに採取することにしてとりあえずパス。

そして帰路。もう薄暗くなっていましたが無事残っていました。

IMG15062814.jpg


そして採取(下写真)

IMG15062815.jpg




6/30日(火)
この日は午前も午後も別々に所用があって外出。
往路でタマゴタケを見つけていたので、所要を終えた帰路で採取(下写真2枚)。

IMG15063000.jpg IMG15063001.jpg


午後は又別件でクライアント先で打ち合わせ。
又その帰路で道脇にヤマドリタケモドキを発見。
袋も持っていなかったけれど、見つけた以上取らないってのも・・・(笑)。
手に持って帰って来ました(下写真)。

IMG15063002.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(8) TOP

Next |  Back
お仕事で最寄り駅までの路傍にタマゴタケっ! や、
ヤマドリタケモドキっ!
が生えてるなんてっ!(・o・)!

どんな秘境の最寄り駅なの(?_?)って思っちゃいます(^_^;)

普段の通勤はお車だから気が付かないのでしょうけど、でも最寄り駅までの道は落ち葉の具合で普段人の通る道じゃない、きっと獣道ですね。

秘密の小路にお宝キノコが生えてるなんて、まぁうらやましい(๑❛ᴗ❛๑)

akicici:2015/07/02(木) 19:09 | URL | [編集]

> あきちゃん
今日は最寄の駅に行く途中で猪に遭遇しました(大嘘)。
獣道を分け入って、切れそうな吊橋を渡って行きます(さらに大嘘)。
下には巨大アナコンダが (°O゜)☆\(^^;) バキ!

ニガイグチとか他のイグチは山の方でみるけれど、ヤマドリタケモドキは山じゃ出会わず、町の公園や街路樹脇に発生する都会のきのこです(ほんとか?、笑)。
タマゴタケは山でも町でも見かけます。
秘密の小路でもないのだけれど、きのこを知らない人は採りませんから、いたるところに出てます♪

duckbill:2015/07/03(金) 01:55 | URL | [編集]

なんか採取するキノコの種類増えてますねー。

私も今しがた勉強会の申し込みをしてみました。
当たれば行けますw

図鑑持参しなくちゃいけないんですけど
お勧めありますか?

caie:2015/07/05(日) 14:10 | URL | [編集]

> caieさん
この所、ますます進化していて、判定できるキノコが続々増加中!
これまで食べた「怪しげなきのこ」の種類も随分増えました(笑)

> 私も今しがた勉強会の申し込みをしてみました。
> 当たれば行けますw

私の推理では、「海上の森のキノコ」じゃな~い?

> 図鑑持参しなくちゃいけないんですけど
> お勧めありますか?

私は最近まで図鑑を一冊も持っていなかったのだけど、ようやくこの前、
「日本のきのこ」と「よくわかるきのこ大図鑑」ってぇのを買いました。
「日本のきのこ」はキノコのベテランの方が大抵もっている本。
「よくわかるきのこ大図鑑」は値段が安いのに大きな写真が綺麗で、凄
く割安な本だけど、眺めて楽しいけれど、調べるための図鑑にしてはき
のこ数が少なくて役に立たない。
どの道どちらも大きくて重い本なので持ち歩きには適さない。
持ち歩きで役に立つには小さくて掲載きのこ数が多いのが良いと思いま
す。
私は見たことがないけれど、ハンディ型きのこ図鑑としては最多の11
55種載っているという「ヤマケイフィールドブックス7 きのこ」
 本郷次雄、2,100 円、山と渓谷社は良いかも知れませんね。

昨日、「きのこの観察会」でチチタケを2本だけ採ってきました。
夏に又チチタケ採りしましょうね♪

duckbill:2015/07/05(日) 15:20 | URL | [編集]

どんぴしゃ!!その通りです!!!

娘が行きたいと言ったので、一緒に行きます。
(当たれば)
食べるのは嫌いだけど、採るはしたいそうで^^;;;

図書の案内ありがとうございます♪
とりあえずハンディタイプを購入してみます。

カレー会、私は15日にしか行けませんがチチタケ採りいけるかしら~??
ドーサを仕込んでいくつもりです。

caie:2015/07/05(日) 20:18 | URL | [編集]

> caieさん
あっ、やっぱり当たった~♪
> 娘が行きたいと言ったので、一緒に行きます。
これもそう思っていた所です(笑)。

抽選に当たって行けたら、キノコの写真沢山撮ってきて見せてね。(^^)

15日の昼くらいまで着けば行けるかな。
夕方着じゃちょっときついかも。

ドーサかぁ、南インドだね!
新作カレー、何を作ろうかなぁ・・・

duckbill:2015/07/05(日) 23:57 | URL | [編集]

一応、山椒カレーの準備していきまーす!

15日は諏訪湖花火の日なので
到着時間は読めません^^;
出来るだけ早く着くように頑張ります。

caie:2015/07/06(月) 21:44 | URL | [編集]

> caieさん
じゃ、うちも山椒カレーの材料は持っていこうかな。
それ以外の新作カレーを何にするか・・・だな

> 15日は諏訪湖花火の日なので
15日に途中の何処かで電話で連絡を取って、そこそこの時間で来れるようなら、チチタケ探しに行かないで待ってますよ。(^^)
行っちゃうと根こそぎなくなっちゃうもの(笑)

duckbill:2015/07/06(月) 23:58 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL