• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターのパルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※FB、Twで拡散希望♪

紹介されているサイトのページ
パルテノン多摩 http://www.parthenon.or.jp/people/3088.html
るるぶ http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=P30587
ことさが http://cotosaga.com/event/1581183/?f=eventedit_new
イベントナビ http://www.event-navi.ne.jp/d_top.php?eventID=0000045925
イマdeタマ https://imatama.jp/event/detail?id=1236
イベ活 http://event21.co.jp/ibekatu/user/0003436.htm
スポットクリップ https://spotclip.jp/spots/345613


2015’07.12・Sun

続37・野のキノコ

常々キノコに詳しくなりたいと思っているので、それが食べられるキノコであろうと、食べられないキノコであろうと、散策に見かけたキノコは写真を撮って、後でNETや図鑑で調べ、できるだけ何のキノコであるか推定をしています。
時々は山菜も加わります。
勿論まだ知識が足り無いので、推定できなかったり、推定間違いだったりすることも多い筈です。
掲載したキノコや山菜のそんなケースで、正しい名前をお判りの方がおられましたら、ぜひにも教えて頂けると大変嬉しいのです。・・・宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
なお、この記事で食べられる、又は食べたと掲載したキノコや山菜の安全を保障するものではありません。
特にキノコは食菌と知られていても、食べ方によって、又人によっては中毒を起こしたりすることもあります。
実際、食菌として知られているきのこ(スーパーで売られているきのこを含み)の殆どは生で食べれば中毒を起こします。
野のキノコや山菜を食べて楽しむのはあくまで自己責任でお願いいたします。
※全ての写真は、クリックすればより大きなサイズでご覧になれます。
このシリーズの前回はこちら



またまた仕事の締め切り追われていて修羅場の真っ最中!(笑)
キノコの記事も随分溜まっているのだけれど、全部をまとめている時間が無いので、とりあえずキノコイベントを一つだけで更新です。

7/4日(土)
この日は八王子で行われた東京きのこ同好会のきのこ観察会に参加してきました。
※観察会は地権者、又は管理人さんに事前に許可を取って行われています。

雨模様だったのですが、日頃の行いが功を奏し雨も止みました。
この会のきのこ観察会は大抵の雨でも集まるけれど、この日はいつもより少し多く40数名が参加(下写真)。
それぞれ4つのコースに別れて観察開始。

IMG15070400.jpg


これはコテングタケモドキ(食毒不明)。(下写真)

IMG15070401.jpg


カバイロツルタケ(可食)の様に見えるけれど、傘色も白っぽく、柄も白くつるっとしていて、ちょっと怪しいかな(下写真)。

IMG15070402.jpg


ヒナアンズタケ(食菌)。(下写真)

IMG15070403.jpg


ヒロヒダタケ(毒菌)。(下写真)。

IMG15070404.jpg


ヌメリハツ(不食)。
米のとぎ汁のように薄いチチです(下写真 左:傘表、右:傘裏)。

IMG15070405.jpg IMG15070406.jpg


チチタケ(食菌)も2本ほど見つけました(下写真2枚)。

IMG15070407.jpg IMG15070408.jpg


不明なキノコ(下写真 左:傘表、右:傘裏)。
鑑定会でシロコナカブリツルタケ(食毒不明)となりました。

IMG15070409.jpg IMG15070410.jpg


イボテングタケ(毒菌)?(下写真)。

IMG15070411.jpg


イッポンシメジの仲間(下写真 左:傘表、右:傘裏)。

IMG15070412.jpg IMG15070413.jpg


キアミアシイグチ(不食)。(下写真)

IMG15070414.jpg


アカヤマドリ(食菌)の幼菌(下写真)。

IMG15070415.jpg


キアシグロタケ(不食)(下写真)。
キノコ自体は食べられないけれど、良い出汁は出るようです。

IMG15070416.jpg


ヌメリニガイグチ(食毒不明)。(下写真 左:傘表、右:傘裏)

IMG15070417.jpg IMG15070418.jpg


タマゴタケ(食菌)。(下写真)

IMG15070419.jpg


ニガクリタケ(猛毒菌)。
食中毒例の多い毒キノコです(下写真)。

IMG15070420.jpg


鑑定のために採取したきのこを持ち寄り、鑑定会。
一人で探すのと違って目の数も多いですから、結構な種類が集まるのが観察会の楽しいところ(下写真)。

IMG15070421.jpg

IMG15070422.jpg IMG15070423.jpg IMG15070424.jpg IMG15070425.jpg
IMG15070426.jpg IMG15070427.jpg IMG15070428.jpg IMG15070429.jpg
IMG15070430.jpg IMG15070431.jpg IMG15070432.jpg IMG15070433.jpg
IMG15070434.jpg IMG15070435.jpg IMG15070436.jpg IMG15070437.jpg
IMG15070438.jpg IMG15070439.jpg IMG15070440.jpg IMG15070441.jpg
IMG15070442.jpg IMG15070443.jpg IMG15070444.jpg IMG15070445.jpg
IMG15070446.jpg IMG15070447.jpg IMG15070448.jpg IMG15070449.jpg
IMG15070450.jpg IMG15070451.jpg IMG15070452.jpg IMG15070453.jpg
IMG15070454.jpg IMG15070455.jpg IMG15070456.jpg IMG15070457.jpg
IMG15070458.jpg IMG15070460.jpg IMG15070461.jpg IMG15070462.jpg
IMG15070463.jpg IMG15070464.jpg IMG15070466.jpg IMG15070467.jpg
IMG15070468.jpg IMG15070469.jpg IMG15070470.jpg IMG15070471.jpg
IMG15070472.jpg IMG15070473.jpg IMG15070474.jpg IMG15070475.jpg
IMG15070476.jpg IMG15070477.jpg IMG15070478.jpg IMG15070479.jpg
IMG15070480.jpg IMG15070481.jpg IMG15070482.jpg IMG15070483.jpg
IMG15070484.jpg

上記鑑定に対し、後日一部に以下の鑑定訂正がありました。
オオミノヒトヨタケとされた写真のきのこはヒダが紅色をしているのでイッポンシメジの仲間に訂正。
オオキヌハダトマヤタケとされたきのこ、オオキヌハダトマヤタケは傘がこのように反り返ることは無いので鑑定取り消し。
カバイロツルタケとされたきのこは、ツボが鞘状でなく色も白色(傘と同じような色)なので少し疑問符付き。

いつもの通り、この日鑑定されたキノコ&見たキノコを確認できる範囲でメモしておきます(アイウエオ順)。
アイタケ、アカヤマドリ、アセタケの仲間、アメリカウラベニイロガワリ、イッポンシメジ属、イボテングタケ、 ウコンクサハツ、ウコンハツ、ウラグロニガイグチ、ウラムラサキ、オオホウライタケ、オサムシタ、オニタケ、 カバイロツルタケ、カレバキツネタケ、カワリハツ、ガンタケ、キアシグロタケ、キアミアシイグチ、クサウラベニタケ、 クリイロイグチモドキ、クロハツモドキ、コガネヤマドリ、コテングタケモドキ、コビチャニガイグチ、シロウロコツルタケ、 シロクロハツ、シロコナカブリツルタケ、シロタマゴテングタケ、シワチャヤマイグチ、スミゾメヤマイグチ、タマゴタケ、 ダイダイガサ、チチタケ、ツチグリ、ツヤウチワタケ、テングタケ、ナカグロモリノカサ、 ニオイワチチタケ、ニガイグチ属、ニガクリタケ、ニクウチワタケ、ニセアシベニイグチ、ニッケイタケ、ヌメリハツ、 ノウタケ、ノボリリュウタケ、ハイイロカラチチタケ、ハグロチャツムタケ、ハナオチバタケ、ヒナアンズタケ、 ヒビワレシロハツ、ヒロヒダタケ、ホウロクタケ、ホオベニシロアシイグチ、マンネンタケ、ミヤマザラミノヒトヨタケ、 ミヤマタマゴタケ、ムラサキヤマドリタケ。

鑑定の終わったきのこは回収して、放射能測定を行い、この地域の野生キノコの放射線量データとなります。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL