• « 2017·07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2015’11.26・Thu

白川郷でのナメコ狩りを兼ねた小旅行

11/21~11/23の連休でお友達と白川郷でのナメコ狩りを兼ねた小旅行に行ってきたのです。

1日目(11/21日)
上野駅でFujikaさんと待ち合わせして北陸新幹線「かがやき」に乗り(下写真)、富山まで。

IMG15112100.jpg


富山で車で迎えに来て頂いたMiyakoさんと合流。
お昼は漢方薬の薬屋さん(下写真)で薬膳料理を頂きます。
昔ながらの越中富山の薬売り。
私の子供の頃も家に薬箱があって、越中富山の薬売りが行商に来て使った分だけ補充するシステム。
歯痛で悩まされていた私はよくケロリンのお世話になりました。

IMG15112101.jpg


薬膳料理は大変優しい味の、自然な食材の滋味食(下写真6枚)。
ドクダミ、はと麦、杜仲を使った薬草茶もとても飲みやすいものでした。

IMG15112103.jpg IMG15112102.jpg
IMG15112104.jpg IMG15112105.jpg

IMG15112106.jpg IMG15112107.jpg


店内はこんな感じで色々な漢方薬が置いて有ります。
勿論、昔ながらの袋に入ったケロリンも有りました(下写真)。

IMG15112108.jpg


富山市ガラス館(下写真)で常設展を見た後、

IMG15112109.jpg


水あめ屋さんに(下写真)
この店は1663年ですから江戸初期の創業です。

IMG15112110.jpg


この後車で氷見に行き、ひみ番屋街を物色。
翌日合流の予定だったわらびさんご夫妻が仕事が早く終わったので夕食に間に合うこととなり、再度富山へ迎えに。
途中高岡で立ち寄ったスーパーの鮮魚の値段にビックリ。
鮮度抜群で、ありえない位安いのです。
小さなカツオ(多分マルソウダカツオ)の身が、小さいのに脂が乗って随分美味しそうだったので、そのお刺身を買って車の中で味見。
カツオというよりメジマグロのような味。
ソウダカツオってこんなに美味しかったんだ~!。カツオより美味しいゾ。

富山駅でわらびさんと合流して、再度氷見方向に戻り、この日泊まる射水市のホテルにチェックイン。
みんなで射水市の居酒屋で夕食を取ったあとホテルに戻り、この日は終了。



2日目(11/22日)
この日は主目的のナメコ狩りの日です。
お昼用に富山で有名な鱒の寿司を色々買い込んで行こうと、まずは高田屋(下写真左)、川上屋(下写真右)、まつ川に立ち寄り。

IMG15112223.jpg IMG15112222.jpg

タップリ鱒の寿司を仕込んで、いよいよ白川郷のMiyakoさんのナメコスポットに出発。

目的の天然ナメコ(食菌)も期待に違わずあちこちに(下写真11枚)
こんなにあるのだから、出来るだけいい状態のものだけを撰んで採取。

IMG15112200.jpg IMG15112201.jpg
IMG15112202.jpg IMG15112203.jpg
IMG15112204.jpg IMG15112205.jpg
IMG15112206.jpg IMG15112207.jpg
IMG15112208.jpg IMG15112209.jpg
IMG15112239.jpg


20cm位のこんな大物ナメコも有りました(下写真)。
ナメコの概念が変わります(笑)
こんなに大きくてもヒダの色も明るく綺麗で、まだ若いナメコなのです。

IMG15112210.jpg


ムキタケ(食菌)も随分発生しています(下写真6枚)
薄茶タイプと緑タイプ(緑がかった色~藍色、赤紫色、下写真3枚目、4枚目も?)がまだ混在していて、この緑タイプは発生時期が遅いのですが、日本菌学会会報の2014/11月号で薄茶タイプと緑タイプが別種であること、そして緑タイプを「オソムキタケ」と名付けることが提案されています。

IMG15112211.jpg IMG15112212.jpg
IMG15112213.jpg IMG15112214.jpg
IMG15112215.jpg IMG15112216.jpg


食べられるキノコ以外に見つけたキノコは、
まず不明菌で傘表は紫がかった薄黄色、傘裏が薄い紫色。
ウスムラサキシメジかと思っっていたのですが、今写真をみたらツバのようなものがあるし・・・でもツボは無かったはずだし、しっかりしたキノコで脆くはなかったのでテング系ではありません(下写真左:傘表、下写真右:傘裏)。

IMG15112217.jpg IMG15112218.jpg


ビョウタケ(不食)(下写真左)とニガクリタケ(猛毒菌)の群生(下写真右)

IMG15112219.jpg IMG15112220.jpg


これはツルリンドウでしょうか?(下写真)

IMG15112221.jpg


採ったナメコでナメコ汁と買ってきた鱒の寿司で野外昼食の筈が、キノコ採りに夢中になって時間が随分過ぎてしまったものだから、とりあえずこの日の宿(平瀬温泉のとある宿)にチェックインしてから、遅い昼食がてら購入した3店の鱒の寿司(下写真)の食べ較べをしたのです。

IMG15112226.jpg IMG15112227.jpg IMG15112225.jpg


富山の鱒の寿司を頂いたり、物産展で買ったりなど、これまで食べたことは随分あるつもりだったけれど、こうやって地元で買って同時に食べ較べをすると、こんなにも美味しく、また店毎にこんなにもバラエティに富んだものだったのかとビックリ。
面白いにも程がある(笑)。
川上屋は生系と言われているらしいけれど、食べてみたらむしろ川上屋は伝統系(下写真左)。
三種の中では鱒もよく締っていて、酸味もしっかり、〆た鱒の旨みもあって押し寿司の正統派。
生系ならまつ川の方がずっと生的(下写真真ん中)。
色もまだ鮮やかな赤色で身も随分厚く、こんなに厚く切ったら原価も大変そう(笑)。
生系が好きな人にはかなり人気も高そうです。
高田屋は他に較べると塩味が強く、その分味はハッキリ(下写真右)。
どれが好みか試しに言ってみたら、皆それぞれ異なっていました(笑)。
どれもレベルがかなり高いのだけれど、強いて私の好みを選べばいかにも押し寿司の味らしい川上屋かな。

IMG15112224.jpg IMG15112228.jpg IMG15112229.jpg


食べたばかりだし、夕食にはまだ時間があるので、宿の部屋に新聞紙を広げ、みんなで取ってきたナメコとムキタケの選別と下処理を行いました(下写真)。
いつもなら面倒な作業だけれど、仲の良い仲間で一緒にやると楽しいものです。

IMG15112230.jpg

ナメコは空気に触れないようにパックすると比較的もつそうなので、それぞれ取り分けたものをジップロックに詰めて空気が入らないようにパックし、温度が低い外の車の中に入れました。

宿の夕食は随分品数が多くてなかなか(下写真8枚)。
変わったところでは鹿の熟成肉の朴葉焼きがでました(下写真5枚目)。
この宿のご主人はマタギなのだそうで、熊鍋などジビエも食べられるようです。
8枚目の柿は部屋から見えた柿がとても美味しそうだったので出して頂いたのです(笑)。
源泉かけ流しの露天風呂も広くて気持ちが良かったです。

IMG15112231.jpg IMG15112232.jpg IMG15112233.jpg IMG15112234.jpg
IMG15112235.jpg IMG15112236.jpg IMG15112237.jpg IMG15112238.jpg



そして3日目(11/23日)
この日は岐阜のジビエの店で東海組と合流しての昼食会、そして帰京の日です。
折角白川郷に来ているのですから、世界遺産の合掌造り集落を見ないって手はありません。
宿で朝食を頂いてチェックアウトし、合掌造り集落に向かいます。

宿を出て30分程で合掌造り集落の駐車場に到着。

IMG15112300.jpg


ここから「であい橋」という吊り橋を渡って荻町合掌造り集落に入ります。
しかし何とも凄い橋なのです。
構造計算を無視したような危うさ感100%のフォルム。
「これって吊っていないよなぁ・・・・荷重に耐えられるの?」と不安になります。
なにせ宙に浮いている部分の長さは100mもあります。
PC吊り床版歩道橋という形式の橋で、要は欄干に相当するワイヤーの張力のみで両端から吊っているのでしょう。
両側の支柱を川側に倒そうとする引っ張り荷重は相当なものかも。
デザイン的には合掌造り集落にとても合っていて、これから別世界に入るぞという雰囲気が十分出ています。
土木学会デザイン賞2003最優秀賞を受賞した橋だそうですナ(下写真)。

IMG15112301.jpg


合掌造り集落はなんとも情緒があって、世界遺産になるのも当然のような気がします。
惜しむらくは雪の季節ならなお素晴らしいのでしょう(下写真4枚)。
何と言っても目に付いたのはその独特な木組。
芯柱の無い合掌構造で内部は随分広いスペースが取れそうだけれど、その木組みが全て縄で縛って組んであるようで、その状態が軒下に垣間見られます(4枚目写真)。

IMG15112302.jpg IMG15112303.jpg
IMG15112304.jpg IMG15112306.jpg


ずっと見ていたいけれど、ここから昼食を取るジビエの店まで140km位有りますから、早々に出発。
12時の約束だったけれど、店に着いたのは12時15分位。
東海組はもう全員到着していて待っててくれてました。
東海組の参加者はカイエさん、Oさんご夫妻、F君、K君、Mさん、Aさんの7名。
我々6名を加え総勢13名で貸切です。
ここは昨年の12月に来て、その素晴らしい料理に大変満足したお店です(その記事)。
特に内臓を抜かないで熟成させた窒息鴨のローストは、その火の通し方が絶妙で素晴らしかったのです。

前菜はむかごのエゴマソース和え、菱の実の素揚げ、豆腐味噌漬け、何とかカブ(何カブだったかなぁ)、猪の角煮?、味女泥鰌、山女?の甘露煮、冬イチゴ、カブの漬物(下写真左)、そして鮎の塩焼き(下写真右)。

IMG15112307.jpg IMG15112308.jpg


コウタケのリゾット(下写真左)と真鯉の洗い(下写真右)。
コウタケのリゾットは香り高く、美味しかったです。
コウタケは何に使っても絶品ですね。

IMG15112309.jpg IMG15112310.jpg


栗、レンコン、銀杏、ムカゴの素揚げ(下写真左)。
栗は殻ごと4つ割にして揚げるのかこの店のやり方です。
そしてアマゴ、金時草、根付きの薊、サツマイモ、干柿の天麩羅(下写真右)

IMG15112311.jpg IMG15112312.jpg


一番待ち焦がれた鴨のロースト(下写真左)と今回初めて食べる鴨ロースのお刺身(下写真右)。
実はこの鴨のローストが残念だったのです。(^^;ゞ
この火の通し方はありえない。
外を強火でカリカリに焼いた後、アルミホイル等で包んで余熱でゆっくり、蛋白質の変性温度域の低温で中心にギリギリ火を通さなければならないのに、この中心はただの生です。
温度が加わわることで、滲み出す血の味もかえって活性化するのに、これでは不合格。
もっとも血も殆ど滲んできませんから、今回の鴨は窒息鴨ではなく、ただの放血鴨なのでしょう。
昨年あれだけ抜群の鴨に絶妙な火の通し方だったのに、それに比べ、今回はただ放血鴨に火の入れ方まで失敗しているし・・・あまりの落差にやるせない。
お刺身もまったりとした食感は悪く無いものの、鴨ならではの血の味も生では活きません。

IMG15112313.jpg IMG15112314.jpg


キノコ鍋(下写真左)とアナグマの肉(下写真右)
キノコ鍋には昨日我々が採ったナメコとムキタケを入れて貰いました。
キノコの味がヤバイ位美味しいです。
アナグマをこの鍋の中でシャブシャブとして頂きます。
アナグマ肉は昨年より全然薄いし小さいけれど、昨年より脂の融点が低くずっと美味しいです。
今年は山にドングリが豊富だったのだそうです。
そのドングリを沢山食べた今年のアナグマの脂肪は特に融点が低いのでしょう。

IMG15112315.jpg IMG15112316.jpg


終わった鍋にクレソン、春菊、ネギをタップリ放り込んで(下写真左)、定番の雑炊(下写真右)。

IMG15112317.jpg IMG15112322.jpg


そしてデザート(下写真)

IMG15112323.jpg


昨年より割高でした。
でも今回は昨年より少ない人数で貸し切っているので、多少の割高は理解できます。
それより、鴨ローストが何とも残念でした。味を落とさず頑張ってください!

今回食べれるかなぁと期待したヌートリアがいました(下写真左)。
残念ながら今年は食べられなかったけれど、鶏肉に似たサッパリした味なのだそうです。
昨年哺乳瓶でミルクを飲んでいた猪の花ちゃんはすっかり大きく育っていました(下写真右)。
雌だと思っていたら雄だったのだそうで、顔を撫ぜた瞬間怒って(それともじゃれて?)突進してきました。
体重80kgの大物で、瞬発力が物凄い。野で会ったら到底勝てません。
花ちゃんはもう家族同然で食用ではありません。
それは名前が付いていた去年から判っていたこと。
この食用のヌートリアだって、店のご主人は「ヌーちゃん!」と呼んでたから、きっと来年もいる筈(笑)。

IMG15112318.jpg IMG15112320.jpg


昼食会が終わったのがPM4時過ぎ。
Miyakoさんの車で岐阜駅まで送って頂き、東京へ。
我が家に帰って早速採ってきたキノコの処理。
水に1時間ほど漬けた後、汚れを綺麗に洗って、ジップロックに小分けし、空気が入らないようにパックした後、直ぐ食べる分を除いて冷凍に。
これで時々天然ナメコとムキタケが食べられます♪

IMG15112324.jpg IMG15112325.jpg



早速翌日の昼食にナメコとムキタケでうどんにして見ました(下写真)。
何だか文句なしの美味しさ♪

IMG15112401.jpg


ナメコは前記した大物ナメコを入れました。
大きいですから小さく裂いて入れた外観はまるで椎茸みたい(下写真)だけれど、これでもナメコなのです。
そしてこんな外観なのに、味も全くナメコそのまま。
当たり前っちゃ当たり前だけれど、外観が外観だけにちょっとビックリ(笑)。

IMG15112402.jpg


しかし、思い出しても楽しい旅行だったなぁ・・・
一緒に旅行して頂いたお友達に感謝いたします。
特にMiyakoさんには何から何まで面倒を見ていただいて、感謝にたえません。
ありがとうございました。m(_ _)m
こんな感じであちこちの場所で年3回くらいキノコ狩り旅行出来たら最高ですね。
私もご案内できる所を開発しなきゃ。(^^;ゞ

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(8) TOP

Next |  Back
良いな良いな~♪
私が学生の頃、一番仲の良かった友達が富山の人で
学校が休みになると帰省について行っておりました。f(^^;)
ますの寿司はホントにお店で味が違いますよね。
みんないつも買うお店は決まってると言ってました。

富山良いですよね~♪
食べ物は最高に美味しいですし。。。
寒ブリにホタルイカやら甘エビやらそれに鮎も・・・。f(^^;)
海の物も山の物も美味しくて。。。(^Q^)

人も優しいし、どこでも歓待してもらいまして・・・。(/_;)
ホントに良いイメージしか残ってません。
んなもんで新婚旅行も北陸巡りでした。。。f(^^;)

旅行に行くなら北陸・・・は我が家の合い言葉です。(笑)
羨ましいなあ・・・そのうち私もまた行きたいです。。。f(^^;)

akkyan:2015/11/27(金) 15:33 | URL | [編集]

> akkyanさん
私は初富山だったのですが、富山いいですねぇ~!
食べ物は美味いし・・・すっかり好きになりました。
そう言えば私の富山の友人も鱒の寿司ならXXだーとか言っていました。
どれもレベルが高いけれど、好みはそれぞれですね。

新婚旅行が北陸巡りだったのですか~!
akkyanさんのことだから新婚旅行もニセコスキー旅行かと思ってました(笑)。
北陸巡り旅行楽しかったでしょうね。
私も富山ナメコ旅行を恒例にしたいなぁ~♪
今回は白エビ食べ損なったし(笑)

duckbill:2015/11/28(土) 01:07 | URL | [編集]

遠路はるばる、岐阜までありがとうございましたー。
鱒ずしも♪
微妙な味の違いが楽しかったですね。
川上屋の方が好みでした。

なめことむきたけのおかげで絶品なお鍋でしたね。
ご馳走様でした♪

caie:2015/12/02(水) 09:12 | URL | [編集]

> caieさん
野で天然ナメコを見るのも採るのも初めてでした。
ナメコを探して45度位の急斜面をかなり登ったのですが全く無くて、苦労して降りてきたら下に沢山あったりと、楽しいキノコ探しでしたよ(笑)。
ジビエ店では、久しぶりでお会いできて嬉しかったです♪
鱒の寿司は私も川上屋派。
日高屋さんのはちょっと塩がきついですね。

天然ナメコとムキタケがあれだけ入るのですから、美味しい鍋でした。
今度は生ハム仕込みin名古屋でまたお会い出来ますね♪

duckbill:2015/12/03(木) 01:00 | URL | [編集]

大好きなナメコがこんなに沢山自生してるなんて(゜o゜;
羨ましい限りです。
家の原木ナメコは一昨年生えたっきりなのでぷんすかぷん(・へ・)
やっぱり毎年植えないとだめなんでしょうかねぇ。

akicici:2015/12/04(金) 00:04 | URL | [編集]

> あきちゃん
天然ナメコは東京じゃ殆ど自生してないので、今回のように生える所に遠出をしないと駄目ですね。
生える所に行けば、あちこちワサワサだもの、これじゃ病み付きになっちゃいます(遠出が)。

> 家の原木ナメコは一昨年生えたっきりなのでぷんすかぷん(・へ・)
> やっぱり毎年植えないとだめなんでしょうかねぇ。

NETで調べたら、
「本格発生は2夏経過してから。3~5年目が最盛期で、その後漸減して、通常8~9年で寿命が終わる」そうですから、毎年植える必要は無いようですよ。

duckbill:2015/12/04(金) 00:56 | URL | [編集]

duckさん 
こんにちは~☆
やっと仕事の大きな峠を越えたので、コメントに来ました~^^

色の濃いムキタケにも名前があったのですね。
勉強になります!!
「オソムキタケ」っていう名も、そのままヤン!てな感じで覚えやすくて良いですね。
味もこちらの方が私好みです。

今回の旅は私も久々にリフレッシュ出来て、めちゃ楽しかったです。
時間に追われないっていいですね~~笑

ナメコうどんの写真を見てたら、私も食べたくなりました。
今日の夜練当番が終わったら作ろうかなっ♥

miyako:2015/12/04(金) 15:51 | URL | [編集]

> miyakoさん
お仕事お疲れさんです。
今回はすっかりお世話になりました。
本当にありがとうございました。m(_ _)m

「オソムキタケ」は提案されて間もないので、まだ仮称ということなのでしょう。
でも発生時期の違いと色の違いがしっかり相関するので、別種として分離されるのはリーズナブルな気がします。
これは判りやすい名付けで秀逸ですよね。
ムキタケモドキとかニセムキタケとかムキタケダマシとか付けられたら、紛らわしくてかないません(笑)

ほんとに楽しい旅でした。
ナメコだけじゃなく、高岡のスーパーも楽しかったもの(笑)

このナメコとムキタケのうどんのナメコはあの巨大ナメコ1個だけです。
1個で2人分に十分でした。

duckbill:2015/12/04(金) 23:41 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL