FC2ブログ

ベランダトマト&ペッパーの収穫状況1227

南向きのベランダ1間幅でトロ箱水耕栽培しているトマト類と、コーナー半間幅でPETボトル水耕栽培しているペッパー類の収穫状況です。

先回の収穫が結果として11月の最終収穫になりました。
まずは11月までの月毎収穫集計表を掲載。

2015年度ベランダトマト収穫量(個数&重量)
CJ個CJ重SM個SM重PH個PH重EG個EG重GW個GW重月計(重)
6月3445.5g165.7g00.0g153.0g00.0g564.2g
7月121288.7g241518.1g00.0g4803.0g1114.2g3724.0g
8月8624.2g15982.1g2738.0g2339.5g51833.5g4517.3g
9月4432.0g243.3g2621.5g00.0g00.0g1096.8g
10月173.1g11453.1g00.0g2308.5g00.0g834.7g
11月11976.7g4155.6g1261.5g2188.8g1433.5g2016.1g
累計393840.2g573217.9g51621.0g111692.8g72381.212753.1g
ここで、
CJ:コストルート・ジェノベーゼ、SM:サンマルツアーノ、PH:ポーターハウス・ハイブリッド
EG:エバーグリーン、GW:グレイトホワイト

ペッパー類は、
2015年度ペッパー類収穫量(本数)
ダレ?ペーニョフ ィ ッ シュカイエンアルボル硫黄島島  唐鷹 の 爪ペ ル ーハバネロ
6月 000000000
7月121525000010
8月1428836041372821
9月401180617181
10月1527111622510376
11月1113218199271627
累計5683667841619110055




次に12月からの収穫状況です。

12/10日
コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)を2個(196.1g)、サンマルツァーノ(San Marzano)を1個(65.7g)、グレイトホワイト(Great White)を2個(377.0g)収穫。
ペッパー類は、チレ・アルボル(Chile de Arbol)を4本、硫黄島唐辛子を4本、島唐辛子を20本、ペルー(Peru Yellow)を3本、ハバネロ(chile habanero)を8本収穫。
ダレ?ペーニョ、カイエンペッパー、ハバネロはこれで撤収しました。





12/19日
コストルート・ジェノベーゼを4個(268.0g)、サンマルツァーノを3個(214.0g)、ポーターハウス・ハイブリッド(Porterhouse Hybrid)を1個(395.5g)、エバグリーン(Evergreen)を1個(101.3g)、グレイトホワイトを2個(209.1g)収穫。






12/25日
コストルート・ジェノベーゼを2個(173.1g)、サンマルツァーノを5個(289.5g)、ポーターハウス・ハイブリッドを2個(467.5g)、グレイトホワイトを2個(195.4g)収穫。
ペッパー類は、チレ・アルボルを19本、硫黄島唐辛子を9本、島唐辛子を30本、ペルーを14本収穫。
チレ・アルボル、島唐辛子、ペルーはこれで撤収しました。



今年度のこの日までの収穫総量は
トマト類が
コストルート・ジェノベーゼを47個(4477.4g)、サンマルツァーノを66個(3787.1g)、ポーターハウス・ハイブリッドを8個(2484.0g)、エバグリーンを12個(1794.1g)、グレイトホワイトを13個(3162.7g)収穫。
トマト類収穫総量が15705.3g。 トマト類はまだまだ頑張ります。
ペッパー類は
ダレ?ペーニョ(chile Dahlepeño)を56本、フィッシュ(Pepper Fish)を83本、カイエンペッパー(Cayenne pepper)を66本、チレ・アルボルを101本、硫黄島唐辛子を54本、島唐辛子を111本、鷹の爪を91本、ペルーを117本、ハバネロを63本収穫。
まだ撤収していないペッパー類はフィッシュ、硫黄島唐辛子、鷹の爪の3種となりました。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Comments 6

There are no comments yet.
akkyan

うちのトマトは見事に枯れ上がり終了しましたが、
まだ健在なんですねえ・・・何が違うんだろ。。。(汗)
え?すべてが・・・なるほど。。。f(^^;)

水耕の甘とう美人さんはまだ頑張ってくれてますけど、
今ついてる実がどこまで収穫できるかなあ。。。f(^^;)
来年はもうちょっと頑張る所存です。(笑)

duckbill

Re: タイトルなし

> akkyanさん
我が家のベランダトマトが年を越すのは、まあ毎年恒例なので・・・
多分秘訣は、「撤収しないこと!」(爆)

ペッパー類は冬まで頑張らせても辛さが無くなってしまいます。
その点甘とう美人さんは元々辛くないですから、いつまで頑張らせても問題なし!
甘とう美人さんも大成功だったし、
PETボトルペッパー類、来年はもっと増やしてもいいですね♪

  • 2015/12/28 (Mon) 11:59
  • REPLY
ng

種の採取

初めまして、ngと申します。
いつも楽しく拝見しています。

duckbillさんのブログを参考にして、今年から我が家のベランダでもトマト水耕を開始しました。
特に11~12月にサンマルツァーノとエヴァグリーンが沢山取れて、トマト祭りの真っ最中です。

1点質問なのですが、翌年用のトマト種について、duckbillさんはどのように採取されていますか?
とりあえずゼリーごと採取したのちに、しばし乾燥し種を採取してみたのですが…

  • 2015/12/28 (Mon) 13:53
  • REPLY
duckbill

Re: 種の採取

> ngさん
初めまして!コメントありがとうございます♪
トマトの自家採種はちょっとしたコツがある部分ですから、聞いて頂いて良かったと思います。
トマトは実の中で発芽しないように、実の周りのゼリー部分に発芽抑制物質が含まれています。
自然界では、落ちたトマトの実が、腐って実の周りのゼリー部分も分解されてから発芽します。
トマトの種はただ洗っても周りのそのゼリー部分がなかなか落ちません。
そのため、種をそのまま乾かすと発芽抑制物質を纏ったままになり、発芽率が落ちるのです。
小皿に種とちょっとの水を入れて、ラップをし、3日程度室温に置くと発酵分解して種まわりのゼリー部分が分解されます。
それから種を洗って乾かすと、発芽率の良いトマト種ができます。
出来た種は10~20粒ほど、発芽テストをやって、発芽率を確かめておくと、翌年の失敗を事前に防げます。(^^)
ベランダトマト水耕、頑張ってください♪

  • 2015/12/28 (Mon) 15:35
  • REPLY
ng

>duckbilさん

丁寧にご回答頂きありがとうございました。

乾燥しただけだと種子の周りをガサガサの固形物が覆っていたのですが、恐らく発芽抑制物質だったのですね…
危ないところでした(^^;)

早速、種子を水につけて発酵分解を試みます。

また何かわからないことがあれば御相談させてください!

  • 2015/12/28 (Mon) 21:24
  • REPLY
duckbill

Re: タイトルなし

> ngさん
今回はお役に立てて幸いでした。
また知っている事でお役に立てることが有るかもしれません。聞いてみてください♪

  • 2015/12/29 (Tue) 00:35
  • REPLY