• « 2017·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2016’06.04・Sat

コシアブラの苗を頂きました。

白樺湖のオフ会から帰った5/29日、あきちゃんから「コシアブラ送りました」とメールが届いていました。
東京では自生しているところなど全く見たことが無いのですが、あきちゃんの周辺では山菜のコシアブラが結構自生しているようなのです。
私が随分羨ましがるものだから、登山道の路傍に生えてたコシアブラの赤ちゃんを拾ってきて自宅で育てていた苗を送ってくれたようです。
それと自家製の炭酸麦ジュース(モーガンラガー、オールモルツ)が、リニューアルした醸造タンクで美味しく出来たそうで、飲んでぜひ感想をとのことです(笑)。

そして、もう翌日にはもう我が家に届きました♪(下写真)

IMG16053000.jpg


開けてみたら、炭酸麦ジュースの瓶が動かないようにテープで張り付けてあって、根を濡れたキッチンペーパーで巻いて、プチプチで包んだコシアブラの苗が、やはりテープで張り付けてありました(下写真)。

IMG16053001.jpg


できるだけ苗が元気なうちにと、早速植えてみました(下写真)。
東京郊外の山地でも自生しているのを殆ど見かけないということは、東京の温度環境はコシアブラにはあまり適合していないということなのでしょう。
だから東京のそれも平地で上手く根付いて育つかどうかは自信が無いけれど、プランターなら移動ができる分、運よく育っちゃったな~んてこともあるかも(笑)。
芽が摘める位に大きく育てて、ベランダ産のコシアブラです・・・なんて言ってみたいものですナ♪

IMG16053003.jpg


一方、同梱された炭酸麦ジュースの方です。
輸送で澱が舞い上がっている筈ですから、瓶を立てた状態で丸2日おいて澱を沈めた後に、試飲してみました。・・・6/1日
酸化味も全くなく、オールモルトならではのコク、結構華やいだ香り(ハラタウかな?)、何よりバランスが良く、味的には申し分なく美味しいです。
感想をということなので、しいて言えば、
使ったイーストがエールイースト(上面発酵イースト)なのでしょう。
色も味も、ラガーではなく美味しいエールに仕上がっています(笑)。
それと透明度が今一なのですが、これは輸送で舞い上がった澱を沈めるための丸2日が短かったのかも知れません(下写真)。

IMG16060100.jpg


コシアブラの苗&大変美味しい炭酸麦ジュース、ありがとうございました。
改めてお礼申し上げます。m(_ _)m

我が家の炭酸麦ジュース醸造は、思うところがあって暫く中断しているけれど、頂いた炭酸麦ジュースが刺激になりました。
今秋くらいに小規模の実験醸造をしてみようかな♪

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
コシアブラ。
ちょっと山の方に行くと、生えていますよね~
我が家の方では、あまり食べる人がいないので、樹が茂っています。

ポチ、っと!

kasugai90:2016/06/04(土) 22:37 | URL | [編集]

> kasugai90さん

> ちょっと山の方に行くと、生えていますよね~
> 我が家の方では、あまり食べる人がいないので、樹が茂っています。
羨ましい!
毎週末、山の方を散策しているのですが、東京の山ではコシアブラが自生しているのをまだ見たことが無いのです。
ポチ、ありがとうございます。

duckbill:2016/06/05(日) 08:29 | URL | [編集]

ホップもイーストもマイスターの舌にかかってはバレバレですわね😅
インドの青鬼風にしたいけれど、よなよなになっちゃいました。
クリアに仕上げるには煮込みが不可欠なのかも。
簡単手抜きが身上なものですが次回は煮てアク取りしてみようと思います。
品評ありがとうございました。

akicici:2016/06/06(月) 00:16 | URL | [編集]

> あきちゃん
コシアブラ苗も美味しい炭酸麦ジュースもありがとうございました。m(_ _)m

あぁ、やっぱりハラタウホップでしたか。
自分で使ったことのあるホップは何とか見当がつきます。
青鬼やよなよなはカスケードホップ。
青鬼はよなよなよりアルコール度数を上げるし、苦みも増す。
私の場合はナゲットをビタリングに、カスケードをドライホップで使ってかなり再現できました。
カスケードは派手なので惹きつけられるけれど、派手な分飽きが来やすいです。
今はおとなしく華やいだハラタウの方が飽きが来なくて好みです。

duckbill:2016/06/06(月) 01:23 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL