• « 2017·05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2016’06.20・Mon

テントウムシ来る♪他

ちょっとチェックを怠っているうちに、PETボトル水耕栽培しているペッパー類に、アブラムシが付き始めました。
そこでいつものように指で潰そうとしたら、テントウムシの成虫が来ているのを見つけたのです。
何だかこのテントウムシが卵を産んでくれそうな気がしました。
卵を産んでくれて、それが孵化した時に餌が無くては可哀想です。
卵は確認できなかったけれど、当面アブラムシ退治を中止することにしました。

さて、アブラムシ退治を中止している間、日に日にアブラムシは順調に増えて、かなりビッシリ。
さすがにこれ以上は放置できないな~と指で潰そうとした日のこと。
・・・あれ!アブラムシが少なくなっている。
理由はすぐ判りました。
テントウムシの幼虫があちこちでアブラムシを殲滅中(下写真3枚)。
やっぱり卵を産んでくれてたんだ♪

IMG16061700.jpg
IMG16061701.jpg
IMG16061702.jpg

テントウムシの幼虫は何匹いるか判らないくらい。
残ったアブラムシも早晩全滅する筈。

ところで、「テントウムシを呼ぶ方法」という検索ワードでこのブログに来られる方も結構おられますナ。
テントウムシを呼ぶ(拉致ではなく)秘訣は、栽培している植物をアブラムシまみれにすること・・・です(笑)。
テントウムシだって餌が無いところには来ないし、卵だって産む筈がない。
えっ!、アブラムシまみれにしたのに来なかったらどうするって?
まあ、運が悪きゃそういうこともあるかな(爆) ‥…━━━ΣΣΣ≡ヘ(*-ω-)ノ知~らないっと!

一番開花が早かったカイエンペッパー(Cayenne pepper)は随分着果してきました(下写真)。

IMG16061703.jpg


我が家のペッパー類はPETボトル水耕の超隣接栽培(場所が無いので)。
縦にしか伸びる空間がないので、毎年ペッパーもグリーンカーテン状態になります(下写真)。

IMG16061704.jpg


トロ箱水耕栽培のトマトの具合はどうかと言えば、
順調に肥大してきているジャーマン・ジャイアント(German Giant)(下写真右側)と、グレイトホワイト(Great White)(下写真左側)。
何だか順調そうだけれど・・・でもこれ、実は予備苗に着果しているもの(笑)。
予備苗はもう不要ですが、この実を収穫するまでは撤収しません。

IMG16061705.jpg


本物のトロ箱水耕の方はこちら。
まずサンマルツァーノ(San Marzano)(下写真)
樹ボケ気味だったものだから、まだまだ着果数が少なく、これからです。

IMG16061706.jpg


こちらはグレイトホワイト(下写真)。
白系の超大玉トマトです。

IMG16061707.jpg


そしてこちらはピンク系の超大玉トマトのジャーマン・ジャイアント。
このトマトの種はsemireyさんから頂いたものですが、超大玉なのに花房当たりの着果数が多そうですから、結構豊産な種なのかも知れません(下写真2枚)。

IMG16061708.jpg
IMG16061709.jpg


樹ボケ状態で遅れてしまったエバグリーン(Evergreen)とコストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)は、開花はしているけれど、まだ着果は未確認。
今年のトマトはすっかり出遅れてしまったけれど、もともと我が家のトマトは秋冬主体なのでこれからでも大丈夫。
でも着果数を確保しないうちに、サビダニやウドンコにやられたら大変。
チェックをこまめにしているけれど、一応まだどちらも来てはいないようです。
トマト類の草高は私の身長を超えて、もうグリーンカーテンになってきました(下写真)。

IMG16061713.jpg


こちらは土耕山菜の方。
あきちゃんに頂いたコシアブラの苗は4本中2本が根付いたようです。

IMG16061710.jpg


先般の山菜採り旅行でもコシアブラの苗を採取してきていました。
取りあえず植えてみたけれど、根付くかどうかはまだ不明(下写真)。

IMG16061711.jpg


週末の散策の折、山で小さな山椒苗を見つけた家内は自宅に植えようと採取してきました。
でも、どうせ採取するなら根周りの土ごと持ってくればいいものを、土をすっかり落として持ってきたのです。
ただでさえ植え替えにナイーブな山椒を、土をすっかり払った状態で持ってきたら、根付くものも根付く訳が無い。
・・・の筈が、運よく1本だけは根付いたようです(下写真)。
よほど家内に脅されたかな(笑)

IMG16061712.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(8) TOP

Next |  Back
テントウムシさまが・・・。m(__)mハハー
よぉ~しうちにも来ていただく為にアブラムシを呼んで・・・。(゚.☆)ばきっ!

でもホントに凄い食欲ですよね~♪
うちも来てくれた時はあっと言う間に完食なされておりました。f(^^;)

笛かなんかで呼べると良いのにですねえ。。。(笑)

大玉はやっぱり迫力ありますね~♪

お・・・天然物の山椒ですね。f(^^;)
上手く根付くと強いみたいですね。

うちの山椒はまだ3粒を死守しておりますよ。(笑)

akkyan:2016/06/20(月) 15:47 | URL | [編集]

テントウムシの幼虫。
草むらで見つけたら、野菜に付けておきたいです。

ポチ、っと!

kasugai90:2016/06/20(月) 21:48 | URL | [編集]

> akkyanさん
そう、第1段階はまず餌になるアブラムシの飼育からです(笑)

> でもホントに凄い食欲ですよね~♪
今回は幼虫の数も多かったので、ビッシリいたアブラムシも2日くらいで完食でした。

> 笛かなんかで呼べると良いのにですねえ。。。(笑)
ですね~!
もしくは募集広告「テントウムシ募集、住み込み、アブラー食べ放題」が可能だといいのだけれど(笑)

> 大玉はやっぱり迫力ありますね~♪
それも我が家のは超大玉だから、毎年楽しみです。

山の山椒なので棘有りですね。
我が家の棘無し朝倉山椒は今年は全部落果でした。

duckbill:2016/06/21(火) 00:14 | URL | [編集]

> kasugai90さん
我が家も外で見つけたら、大抵連れて帰ります(笑)
ポチ、ありがとうございました。

duckbill:2016/06/21(火) 00:15 | URL | [編集]

今年もトマト順調で良いですね、先日の鱒の鮨は笑いました、今度山荘の熊笹で作って下さい。

わらび:2016/06/21(火) 19:49 | URL | [編集]

> わらびさん
いやいや、今年のトマトはまだ全然着果数が足りなくて、あんまり調子が良くないのです。
酷暑で着果しなくなる前に60個くらい着果数を稼がないと。(^^;ゞ

ふふ、富山の鱒の寿司ならぬ鮭の寿司、なかなかのもんざんしょ(笑)
山荘には熊笹が生えてるし、前日に鱒or鮭のいいのが手に入れば、ワッパ一式も持っていきますね♪

duckbill:2016/06/22(水) 08:28 | URL | [編集]

山で拾って家に移植した苗は、葉が落ちて枯れたように見えてもまだ生きてます。
引っこ抜いてひげ根が取れた苗でも水を与え続けていると翌年になってからでも新芽が生えてきます。

因みに、阿幾左与庵に下宿してるコシアブラさんたちでハンスト衰弱死した方はいらっしゃいませんのでかものはし亭に転入した子たちもきっと復活すると思います😆

akicici:2016/06/23(木) 23:06 | URL | [編集]

> あきちゃん

> 山で拾って家に移植した苗は、葉が落ちて枯れたように見えてもまだ生きてます。
> 引っこ抜いてひげ根が取れた苗でも水を与え続けていると翌年になってからでも新芽が生えてきます。
一応そういうこともあるかな~って考えて、葉がすっかり落ちたものも引っこ抜かないで水をやっていました(笑)。
あきちゃんに頂いたのと、山菜採りで採ってきた苗と、全部根付いたら、来年の我が家のベランダはコシアブラ菜園かな♪(笑)。

duckbill:2016/06/24(金) 09:32 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL