• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターのパルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※FB、Twで拡散希望♪

紹介されているサイトのページ
パルテノン多摩 http://www.parthenon.or.jp/people/3088.html
るるぶ http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=P30587
ことさが http://cotosaga.com/event/1581183/?f=eventedit_new
イベントナビ http://www.event-navi.ne.jp/d_top.php?eventID=0000045925
イマdeタマ https://imatama.jp/event/detail?id=1236
イベ活 http://event21.co.jp/ibekatu/user/0003436.htm
スポットクリップ https://spotclip.jp/spots/345613


2016’11.12・Sat

カレー色々1111

賄い昼食等で作った色々なカレーのシリーズです(前回はカレー色々0910)。

白樺湖オフ会「山下げ会」の折、Fujikaさんにモルジブフィッシュを頂いたのです(下写真)。
モルジブフィッシュは、モルジブやスリランカでハガツオを使って作る鰹節のようなもので、現地のカレーには欠かせません。

IMG16101200.jpg

このところ何回か作って、すっかり気にいっているモルジブ・フィッシュカレー。
モルジブフィッシュが無いのでこれまでは鰹節(削り節)で代用していました。
やっと本物のモルジブフィッシュが手に入ったのですから、作らない手はありません。
早速、挑戦をしました。

[ モルジブ・フィッシュカレー ]
  • メカジキは一口大に切って、少し塩を振り、モルジブのフィッシュカレーパウダーを塗しておく。
  • 鍋にオリーブオイル、砕いたシナモン片、グリーンカルダモンホール4個、クローブホール5、6粒、カレーリーフ生葉を入れて加熱する。
  • スパイスの周りに泡が立ち始めたら、弱火にして2分ほどスパイスの香りを油に移す。
  • 火から遠ざけ少し油の温度を下げてから、ブラウンマスタードホール一つまみを入れ加熱し、ブラウンマスタードの周りに小さな泡が立ち始めたら、クミンホール一つまみを加える。
  • クミンホールがパチパチはぜ始めたら、玉葱微塵切り、刻んだ唐辛子(この日は自家産島唐辛子)を好きなだけ入れ、玉ねぎが狐色になるまで炒める。
  • 鍋にトマトジュース、モルジブフィッシュを2、3つまみ程、下し生姜、下しニンニク、ココナツミルク、お湯でゆるくしたタマリンドペースト、水、月桂樹葉を加え10分程煮る。
  • フィッシュカレーパウダーを塗したメカジキを加え5分ほど煮て、魚醤、塩コショウで味を調え完成。


IMG16101300.jpg

日本の鰹節を砕いて使うならどうか判らないけれど、少なくとも削り節がモルジブフィッシュの代わりになるなんて、と~んでもない思い違いだと言うことが良く判りました。
単に出汁を取る素材と考えたらそうだけれど、モルジブフィッシュは結構具になってます。
薄い削り節とは違い小片ですから、カレーで煮込まれても鰹節と生利節の中間位の固さになっていて、時々口に入ってきては、噛んで味わいを出し、なかなかに重要な存在感があります。
このカレーますます病みつきになりそう♪




これも白樺湖オフ会「山下げ会」に行った折に、蓼科の自由農場で購入してきたもの。
うさぎ肉です(下写真)。

IMG16102401.jpg


色々なジビエの肉を食べている割に、何故かこれまでうさぎ肉を食べていなかったのです。
このうさぎ肉は原村の自由農場でもこれまで何度も見ていたのですが、同じコーナーに熊肉や猪肉、鹿肉もあるので、ついついそちらを買っちゃうし、ウサギ肉は鶏肉に似て大人しい味とも聞いていたので、買うまでもないかぁと思っていたもの。
でもこの時は、何故か買いたくなったのです。・・・たまたま隣に熊肉や猪肉、鹿肉が無かったからかなぁ(笑)

ウサギ肉をどう食べようか迷ったけれど、家内が小さい頃食べたウサギ肉のカレーが美味しかったと言っていたので、カレーに仕立ててみることにしました。

[ ウサギとナスとヒヨコ豆のカレー ]

  • 鍋にオリーブオイル、砕いたシナモン片、グリーンカルダモンホール4個、クローブホール5、6粒を入れて加熱する。
  • スパイスの周りに泡が立ち始めたら、弱火にして2分ほどスパイスの香りを油に移す。
  • 火から遠ざけ少し油の温度を下げてから、ブラウンマスタードホール一つまみを入れ加熱し、ブラウンマスタードの周りに小さな泡が立ち始めたら、クミンホール一つまみを加える。
  • クミンホールがパチパチはぜ始めたら、玉葱微塵切り、刻んだ唐辛子(この日は自家産フィッシュ・ペッパー)を好きなだけ入れ、玉ねぎが狐色になるまで炒める。
  • ガラムマサラを除いたパウダースパイスを入れて、さっと炒めて香りを出す。
    使ったパウダースパイスとその比率は(カレー6人分位の量で1が小さじ1/2程度)、
      クミン
      コリアンダー4
      フェネグリーク2
      シナモン1
      ターメリック1
      クローブ0.5
      ガラムマサラ1後で入れる

  • 鍋にガラムマサラ、一口大に切ったナス、水煮のヒヨコ豆、トマトジュース、ココナツミルク、摺りおろし生姜、摺りおろしにんにく、月桂樹の葉2、3枚、ブロード(我が家では親鶏で取っているチキンブロード。水でも可)で適切な濃度にのばし15分程煮る。
  • 若干の砂糖、塩、胡椒で味をととのえ完成(下写真)。


IMG16102400.jpg

ウサギ肉、結構美味しいですゾ♪
肉は固く、何度も噛む度にジワジワ旨みが出て・・・
( ̄ヘ ̄;)ウーン そうだなぁ・・・親鳥(廃鶏)一歩手前の地鶏のような味?
固さは親鳥程ではなくもっと柔らかいのだけれど、固さの質が違う。
親鳥は皮&筋の固さ、較べてウサギ肉は肉同士の密着度からくる固さ。
鶏胸肉のような筋の無い肉でも、噛んでいて肉と肉が簡単に離れないのです。
旨味とこの独特な食感、・・・多分ブラインドで食べても、今度はウサギ肉と判るかな。
リピート決定です♪



さらに白樺湖オフ会「山下げ会」での食材です。
わらびさんがこのオフ会用に牛のアキレス腱を大量に手に入れていました(下写真)。

201610386.jpg
※この写真はお友達が撮った写真を使わせて頂いています

これを柔らかくなるまで茹でて、色々な料理に使ったのですが、使いきれなかった分を少し頂いてきて、冷凍保存していました。
既に茹でて柔らかくなっているこの牛アキレス腱を使って、カレーに仕立ててみたのです。

[ 牛のアキレス腱とヒヨコ豆のカレー ]

  • 鍋にオリーブオイル、砕いたシナモン片、グリーンカルダモンホール4個、クローブホール5、6粒を入れて加熱する。 スパイスの周りに泡が立ち始めたら、弱火にして2分ほどスパイスの香りを油に移す。
  • 火から遠ざけ少し油の温度を下げてから、ブラウンマスタードホール一つまみを入れ加熱し、ブラウンマスタードの周りに小さな泡が立ち始めたら、クミンホール一つまみを加える。
  • クミンホールがパチパチはぜ始めたら、玉葱微塵切り、刻んだ唐辛子(この日は自家産島唐辛子)を好きなだけ入れ、玉ねぎが狐色になるまで炒める。
  • 鍋にガラムマサラを除いたパウダースパイスを加えて、さっと炒めて香りを出す。
    使ったパウダースパイスとその比率は(カレー6人分位の量で1が小さじ1/2程度)
      クミン
      コリアンダー4
      シナモン1
      ターメリック1
      クローブ0.5
      ガラムマサラ1後で入れる

  • 残しておいたガラムマサラ、ホールトマト(400gトマトホール缶)を加え、鍋の中でトマトをヘラで潰す。
  • 一口大に切り離した煮アキレス腱、ヒヨコ豆1/2缶、下しニンニク、下し生姜、月桂樹、ブロード(我が家では親鶏で取っているチキンブロード。水でも可)で適切な濃度にのばし、10分煮て塩味を調えて完成。


IMG16110200.jpg

グニグニ、コリコリ、プルプル、美味しいです♪
コラーゲンの塊のようなカレー。
何だか肌がツルツルしそうです(笑)

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
ジビエでのいろいろな肉。
シカやイノシシが多いですが、ウサギもありますよね~
でも最近は、野ウサギの数は少ないそうです。

ポチ、っと!

kasugai90:2016/11/12(土) 20:50 | URL | [編集]

> kasugai90さん
シカやイノシシは完全なジビエだけれど、このウサギは食肉用に飼育してい家畜ウサギでしょうね。
ポチ、ありがとうございました。

duckbill:2016/11/12(土) 22:12 | URL | [編集]

むふふ・・・朝食後でセーフ!_(^o^)_

今回は私には味の想像がつき辛いものが並んでますね~。f(^^;)
と言う事で、無難そうな「牛のアキレス腱とヒヨコ豆のカレー」でお願いします。

うちのおでんには和牛のスジ肉を使いますけどこれがとても美味しくて。。。
私はステーキよりも好きなくらいで。。。f(^Q^;)
きっとこのカレーも美味しいに違いないと踏んだ次第です。f(^^;)

akkyan:2016/11/14(月) 09:33 | URL | [編集]

> akkyanさん

> むふふ・・・朝食後でセーフ!_(^o^)_
あれま!残念(笑)

> 今回は私には味の想像がつき辛いものが並んでますね~。f(^^;)
ウサギとかアキレス腱とかだもの、あまり一般的とは言えない食材ですね(笑)。

> きっとこのカレーも美味しいに違いないと踏んだ次第です。f(^^;)
グニグニ、コリコリ、プルプルですから、超美味しいです♪

duckbill:2016/11/14(月) 23:44 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL