• « 2017·11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2016’12.25・Sun

生ハム用に電動スライサーを購入

生ハム用に業務用の電動スライサーを購入しました(下写真)。
さすが業務用、重いゾ!でかいゾ!
勿論、業務使用ではなく、趣味使用です(笑)。

IMG16120101.jpg

元々安いデロンギの電動スライサーは持っていました。
ところがこの安物電動スライサーでは生ハムの薄切りは殆ど不可能で、これでは単に切り落としの製造機。
折角の生ハムが、どんどんぐちゃぐちゃの切り落としに変わっていきますナ。(T-T )
最初はこれがデロンギ電動スライサーの所為とは思わず、「生ハムを薄くスライスするのは難しく、超高価な専用のスライサーでもないと無理なのだろう」と思い込んでいたのです。

Fujikaさんがイタリアで購入してきた電動スライサーを持っていて、生ハムを切ってみたと聞いたのです。
そこで、「なかなかうまくは切れなかったでしょ?」と聞いてみたら、「問題なくスライス出来ましたよ」との事だったのですナ。( ̄◇ ̄;)エ~ッ! そうなの?
購入したものが超高価な生ハム専用のスライサーってこともないだろうし・・・
ここに至って漸く、「単にデロンギの電動スライサーが切れないだけか?」と気づいたのです。
調べてみたら、生ハムを切る回転刃は直刃で、デロンギのは冷凍物用の波刃。
もっともその冷凍物もあまり良く切れませんから、単に刃の種類の所為だけではない。
直刃でそこそこしっかりした電動スライサーなら生ハムも切れるのかもと、商品レビューで「生ハムも綺麗に切れた」と書いてあった業務用の電動スライサーを新規購入したという訳です。

早速切って見なくてはなりません。
ハモネロにセットしている消費中の熟成3年物の自家製原木生ハム、残っていたのはランプ部分だけですが、機械切り可能なようにブロックで切り取りました。
脛部分等に残った骨周りの肉を削り取り、これは手切りでビールのアテか料理に使用します(下写真左側)。

IMG16121700.jpg


新しくハモネロにセットする熟成2年物の自家製原木生ハムを清掃。
既に水洗い清掃をしている原木なのでカビはもうありませんが、特にパテ付けした面の表面にはその名残りの黒い汚れが付着しています。
それを丁寧に除去清掃していきます(下写真:清掃途中の写真)。

IMG16121801.jpg


全ての黒ずみ汚れを取り除いた後、さらに念入りに清掃し、表面をパストリーゼ殺菌した後、オリーブオイルをしっかり含侵させます。
どうせスライスする時に周囲は削除するからと、カビの付いたままの原木をハモネロにセットして切っている方がいるけれど、それは論外なのです。
熟成中は酵母菌や良質のカビの力を借りて熟成、香り付けするけれど、ハモネロにセットして消費始めたら、カビ類は一切厳禁。
清潔に保たれなかったら、食わされる方だって堪りません。
さて、その清掃が済んだ2年物原木をハモネロにセットしました(下写真)。
真ん中に大きな黒い傷があるのは、生の後ろ足の購入の時から、傷付けられていて肉面が出ている個所。
黒く見えるのは黒ずみ汚れではなく肉面の色です。

IMG16121802_1.jpg


マサの面から手切りで切り始めてみました。
肉面が出るまで、脂層を薄~くスライスし取り置きます。
この薄くスライスした脂は、後で原木の切り出し面の酸化&カビ防止のため、隙間なく張り付けるのに使用します。
出てきた肉面の色も香りも上出来。
この原木もうまく出来ているようです(下写真)。

IMG16121803.jpg


手切りならこのまま切り進めるのだけれど、今回は購入した電動スライサーで機械切りをしてみるのですから、マサ部分を大きくブロックで切り取り、周囲のパテ部分、酸化した脂肪層を削除して、電動スライサーで早速スライス。
切れ味は抜群、希望していた薄さよりさらに薄く切ることも楽勝です。
肝心の生ハムの方はと言えば、色といい、香りといい、味といい、申し分のない出来上がり。
もう輸入物に対し、全く遜色のないレベルに達していると思います(下写真)。

IMG16121900.jpg

前の原木もそうだったのですが、マサからの切り始めは、ハモンセラーノと言うよりイタリアのプロシュットそのままの味と香り。
切り進めていくうちに、味も香りも段々ハモンセラーノの方に近づいて行く筈。

お友達にも賞味頂こうと、包装もデザインしてみました(下写真)。

IMG16121901.jpg


あっ、そうそう。
購入した電動スライサーがあんまり良く切れるものだから気を良くして商品レビューを書いたら、トングを頂きましたナ(下写真)。
何時もなら、商品レビューなどまず書くことはありません(笑)。

IMG16122500.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie生ハム  トラックバック(0) コメント(22) TOP

Next |  Back
電動スライサー。
これがあると、他の肉にも使えてありがたい。
薄く切った肉で、いろいろな料理が楽しめそうです。

ポチ、っと!

kasugai90:2016/12/25(日) 17:36 | URL | [編集]

> kasugai90さん
しゃぶしゃぶ用のスライスなんてお手の物になりますねぇ
ポチ、ありがとうございました。

duckbill:2016/12/26(月) 01:09 | URL | [編集]

わーお、カッコイイスライサーですね!ぴっかぴか!
そして、切れ味も抜群!
(うふふ。ご馳走様でした☆)
大きさはどれくらいかなあ。
置き場所はどこにされていますか?結構かさばりますよね。
リンク先に、我が家のスライサーが写っている記事をつけてみました。このときは大根をスライスしてます。
イタリアの調理器具屋さんにはマトリョーシカみたいにサイズ違いが幾つも並んでいて、その中で一番小さなものを買ってきました。
うちのは、あまり厚いスライスはできなくて、パンを切ろうとしたこともありましたが、サンドイッチ用くらいがMAXでした。

Fujika:2016/12/26(月) 09:58 | URL | [編集]

すごいですが、もう驚きません。(笑)
duckbillさんちならば有っても全然おかしくないし。。。f(^^;)

包装もカッチョイイです。(^o^)b
この包装を見ただけで、うちでは買えない商品だなと・・・高そうで。。。(涙)

akkyan:2016/12/26(月) 10:39 | URL | [編集]

> Fujikaさん

> (うふふ。ご馳走様でした☆)
こちらこそ、色々ご馳走様でした~♪

> 大きさはどれくらいかなあ。
> 置き場所はどこにされていますか?結構かさばりますよね。
幅が50cmちょっと。
そんなには大きくないけれど、持っているデロンギに比べると2回りほど大きいかな。
常設は元より無理なので、保存食置き場にしている次男の部屋に袋を被せて床置き(笑)。
使うときだけ、よいしょっと持ち上げてダイニングテーブルに乗せて作業してます。

> リンク先に、我が家のスライサーが写っている記事をつけてみました。このときは大根をスライスしてます。
このリンク先にこの記事のリンクも変えさせて頂きました。

> うちのは、あまり厚いスライスはできなくて、パンを切ろうとしたこともありましたが、サンドイッチ用くらいがMAXでした。
我が家のもカタログ値では12mmがMaxです。

duckbill:2016/12/26(月) 19:56 | URL | [編集]

> akkyanさん

> すごいですが、もう驚きません。(笑)
> duckbillさんちならば有っても全然おかしくないし。。。f(^^;)
まだまだ業務用の欲しいものがあるのですな。
段々寝る場所がなくなりそう・・・(笑)

> この包装を見ただけで、うちでは買えない商品だなと・・・高そうで。。。(涙)
そう、滅茶苦茶ぼったくるのです(大嘘、タダだよ~ん)。

duckbill:2016/12/26(月) 20:02 | URL | [編集]

>業務用の電動スライサーを購入しました(下写真)

私も欲しい~、商品名を教えて下さいませ。

美味しい肉そば、肉うどんを提供するお店のお肉はしゃぶしゃぶ用よりも薄くスライスしたお肉を使ってます。
真似して作ろうとしても手動のスライサーじゃぁ薄切りできないんですよね😣
それとか巻き柿を切るときなんか、固くて怪我しそうなので電動がほしいなぁって思ってたんです。

スライスされた生ハムはとても美しいです。
お味の方もきっとシュープリームなのでしょうね😋

akicici:2016/12/29(木) 18:01 | URL | [編集]

> あきちゃん
電動スライサー名はここで書くと宣伝になってしまうので、メールでお知らせしました。
なかなかいいスライサーでお奨めです。

> スライスされた生ハムはとても美しいです。
> お味の方もきっとシュープリームなのでしょうね😋
年々、製作技術、知識、経験が増すにつれ、品質も申し分ないものになってきています。

duckbill:2016/12/30(金) 00:08 | URL | [編集]

まぢで旦那がスライサー欲しがりました。
一番小型のでもいいかなぁ。

caie:2016/12/30(金) 21:00 | URL | [編集]

> caieさん
小型(回転刃径22cm)だと切れるサイズは130mm(横)×110mm(縦)まで。
中型(回転刃径25cm)では切れるサイズは180mm(横)×130mm(縦)まで。
小型でも使えないことはないけれど、切れるサイズが結構差がある割に、重さも1kgしか違わないし(14kgと15kg)、価格だって3000円しか違わないので、小型にするのはかえって勿体なくな~い?

duckbill:2016/12/30(金) 23:55 | URL | [編集]

はじめまして。
私も生ハムのスライサーがほしくて、探しているのですが中々いいものに出会えません。もしよろしければ、商品名を教えていただければと思います。

joe:2017/04/27(木) 08:29 | URL | [編集]

> joeさん
初めまして。コメントありがとうございました。
コメントでお知らせすると、特定メーカーの宣伝になるので、メールでお知らせしますね。
今後とも宜しくお願い致します。

duckbill:2017/04/27(木) 23:19 | URL | [編集]

はじめまして
原木を知人に頂き、昨日より生ハム生活が始まったものの、手切りの分厚さに落胆
こちらで紹介されていましたスライサーがほしくなりました!
よろしければ商品名を教えてください!よろしくお願いします。

原木もらった:2017/08/08(火) 10:50 | URL | [編集]

> 原木もらったさん

初めまして。コメントありがとうございました。
コメントでお知らせすると、特定メーカーの宣伝になるので、メールでお知らせします。
今後とも宜しくお願い致します。

duckbill:2017/08/08(火) 12:49 | URL | [編集]

初めまして
生ハムスライサーを検査しててたどり着きました。
とても良さそうですね!
是非商品名を教えて頂きたいです。
宜しくお願いしますm(__)m

Miho:2017/11/18(土) 22:47 | URL | [編集]

> Mihoさん
初めまして。コメントありがとうございます。
お尋ねの件、メール差し上げました。

duckbill:2017/11/19(日) 00:09 | URL | [編集]

duckbillさん、
メールありがとうございました。
メールにも書きましたが、生ハムは使えないと見ていたので、使えるモデルもあることが分かり良かったです!
たた置く場所を考えると、220にするべきか悩んでしまってます。
数日悩みそうです(*´ー`*)

Miho:2017/11/19(日) 09:30 | URL | [編集]

初めまして、随分前から拝見させていただいています。
スライサーのメーカーを教えていただきて
3年ほど前から
リッター社のスライサーを使っているのですが切り落としなんですよねー。
こんな風に切れるなら挑戦したいです。

epic:2017/11/19(日) 15:01 | URL | [編集]

> Mihoさん
差額はたった3000円なのに、220と250ではスライス寸法つまり、セットできるサイズ(幅、高さ)が全然違います。
220ではあまりにも小さくて、これはかなり致命的な差。
断然250をお奨めします。(^^)

duckbill:2017/11/19(日) 16:39 | URL | [編集]

> epicさん
初めまして。コメントありがとうございます。
スライサーの件、メール差し上げました。

duckbill:2017/11/19(日) 16:57 | URL | [編集]

duckhillさん
そうなんですね?!
教えて頂きありがとうございます。
250にしようと思います♪

Miho:2017/11/20(月) 14:03 | URL | [編集]

> Mihoさん
お役に立てたら幸いです。
何かありましたら、またどうぞ♪

duckbill:2017/11/20(月) 16:59 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL