• « 2017·09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターの パルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※お友達へお願い♪ ブログ、FB、Twで拡散希望だよ~♪


2017’05.31・Wed

白樺湖山荘での山上げ会

5月4日~6日の間、わらびさんの山荘で行われた白樺湖オフ会「山上げ会」に出かけていました。

原木生ハム仕込み会In名古屋」、そして「原木生ハム仕込み会In東京」で仕込み、各家庭で管理していた生ハム原木を、白樺湖山荘に移します。
私は昨年仕込みの原木2本と今年仕込み原木2本の4本を山上げ(自宅→白樺湖へ移動)。
原木にとって厳しい高湿度の梅雨時期、酷暑の夏期を、夏でも涼しい白樺湖に吊るすことで、理想の環境で熟成させることができます。
高温多湿でも腐敗防止は比較的簡単なのですが、30℃を超えるような高温環境では脂肪の酸化が急激に進み、折角の原木の質を落とします。
丁度この時期は、今期仕込んだ原木の肉の切断面にパテ塗りをする時期。
名古屋の仕込み会からは120日経過、東京の仕込み会からは100日経過しています。
乾燥し過ぎも駄目、乾燥不足も駄目、理想を言えば、この山上げのパテ塗りに時に、丁度ジャストの乾燥具合に持っていかなければなりませんが、勿論、集まった原木がそのような状態かと言えば、乾燥し過ぎもあれば、乾燥不足もあって様々。
本来は丁度良い乾燥具合の時に各自でパテ塗りをすれば良いのですが、生ハム作りに対する各自の練度の問題もあって中々そうも行きません。
まあ、何とかなるでしょ・・・ってことで、毎年皆で揃う山上げ時にパテ塗りを行います。
パテを塗る面の清掃(カビ落とし)を行い、小麦粉、ラード、塩を練ったパテで覆います(下写真)。

IMG17051801.jpg

パテ塗り後はパテ面も含め全面にオリーブオイルを塗布し吊り下げて、山上げ&パテ塗りは終了。
次は夏に原木洗いです。

このオフ会は元々料理ブログのブロ友が、わらびさんの招待を受けて始まったもの。
わらびさんの白樺湖山荘に料理好きが集まり、泊まり込んで、皆で料理を作りまくり、食べまくり、飲みまくり、会話を楽しんできました。
今回集まった人数は、大人21名、子供8名の29名とこれまでのMAX。
最近料理の写真はますます撮る習慣がなくなって、自分の料理すら撮っていないけれど、ほんの少し撮ったものだけでもこんな感じ(下写真)。

IMG17051800.jpg


極め付けは、節を抜いた太い孟宗竹にサワラ一匹を入れて封をし(下写真)。

IMG17051802.jpg


そのまま備長炭で加熱し、竹からでる竹汁蒸気で蒸し上げようって寸法(下写真)。

IMG17051803.jpg


そして、専用に作ったドラム缶ロースターで(下写真)、

IMG17051804.jpg


子猪(ウリ坊)一匹(15kg)をロースト。
丸焼き用の子豚ならNET通販で購入することも出来るけれど、猪はそうはいかない(笑)。 (下写真)。

IMG17051805.jpg


3時間位で綺麗に焼き上がった小猪(下写真)。

IMG17051806.jpg


山荘主と子猪の調達主での入刀式も無事終わり(笑)、(下写真)

IMG17051807.jpg

解体は、私がさせて頂きました(笑)。
勿論、四つ足動物の丸焼きからの解体は、生とは全く異なり、初めての貴重な体験でした。

3日間の楽しい時間も過ぎ、わらびさんから、子猪の保冷剤代わりに同梱されていた猪肉を、大量に頂き(下写真)

IMG17051808.jpg


Miyakoさんからも自家産もち米やキンカン、トマトケチャップ他、沢山お土産を頂きました(下写真)。

IMG17051809.jpg

ホストのわらびさんご夫婦、参加された皆様、今回も楽しく過ごさせて頂き、ありがとうございました。
m(_ _)m

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie生ハム  トラックバック(0) コメント(6) TOP

Next |  Back
ロースト場面はこもってて全然見てなかったのですけど
こんな風だったんですねー。

どんどんお料理がダイナミックになってて凄いなぁと
参加者ながら感心してます(笑)

caie:2017/05/31(水) 16:52 | URL | [編集]

下界は、今日も猛暑でした~
涼しい高原で、いろいろな料理。
青竹蒸しにウリ坊のロースト。
思わず、涎が垂れてきます。

ポチ、っと!

kasugai90:2017/05/31(水) 21:28 | URL | [編集]

なんか・・・すごい大盛況ですねえ。(^o^)
料理好きが集まってるんだから当然美味しいでしょうし、
連れてきてもらう子供たちは幸せだなあ。。。(笑)

「かっぽ酒」ならぬ「かっぽ鰆」も良いですね。f(^^;)

akkyan:2017/06/01(木) 10:18 | URL | [編集]

> caieさん
そうそう、こんな感じだったのです。
しかし食べられないものですね~。
スペアリブ一本食べたら、お腹が一杯になって、結局たべたのはそのスペアリブ一本だけ(笑)
それでもまあ得難い体験でしたね。

duckbill:2017/06/01(木) 20:35 | URL | [編集]

> kasugai90さん
白樺湖は涼しくて快適です。
今回の料理は随分迫力がありました(笑)
ポチ、ありがとうございました。

duckbill:2017/06/01(木) 21:46 | URL | [編集]

> akkyanさん
何だか行くところまだ行った感が(笑)
子供が食べられない味(辛い)も多いから、自宅より美味しいと思っているかどうかは判らないけれど、子供なりに山荘を楽しんでいるようです。

この「かっぽ鰆」、私は食べ忘れて・・(泣)

duckbill:2017/06/01(木) 21:55 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL