FC2ブログ
  • « 2018·09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2018’01.28・Sun

ピロピロうどんにゴリゴリうどん

最初はピロピロうどん。
今年から始めた自家製クラテッロの仕込みの後、そのままわらびさん宅で新年会をすることになっていました。
その新年会に、リクエストされていた超幅広うどん(通称ピロピロうどん)を打って行ったのです。
直前に締めたての生丸雉が手に入っていたので、そのガラで出汁を取った雉鍋を食べ、その鍋の締めに超幅広うどんを入れました(下写真)。

IMG18012109.jpg

雉の出汁も素晴らしく、ピロピロっとしてツルツルトロンなこのうどんはやっぱり最高♪

ということで、今年3度目の手打ちうどんは前回(No.2)に続き、超幅広麺となりました。
2018年No.3 超幅広麺 ※今年から手打ちはロットナンバーを付けています。
 使った粉は(香)(特)雀、加水率46%、塩4.5%(粉重量に対し)。

     --------------------------------------------------------------

一方、こちらはゴリゴリうどん。
ミエさんがFacebookで、太くて固いゴリゴリなうどんの記事を載せていたのです。
ピロピロでツルツルトロンなうどんは大好物だけれど、ゴリゴリで顎が疲れて途中で休むようなうどんも好きなのです。
ゴリゴリなうどんって、大抵芯が残っていて、モグモグ咀嚼していると粉の旨みが味わえます。
これはこれで、粉好きにはたまらない。
そんなゴリゴリなうどんを見せられたら、すぐにでも食べたくなるってもんですナ。
自分で手打ちをするいい所は、遠くまで食べに出かけなくても、すぐ食べられること。
さてどんなゴリゴリうどんを食べようかな・・・って、考えるまでもない。
関東圏にはゴリゴリうどんの代名詞みたいな剛麺、「桶川うどん」があります。
このうどん、幅が2.5cm位、厚みも8mm位あり、4本もあればもう一人分。
当然、うどんと言っても啜れないので、モグモグ食べるのだけれど、しっかりとアルデンテなので、醤油顔の顎ではとても太刀打ちできないwww。
顎の筋肉疲れで、その後数日間は口が開かないってなもんですナ(流石にこれはちと盛り過ぎww)
この桶川うどん、一度食べて病みつきになる人と、二度と食べたくないって思う人とに二分するらしいけれど、当然私は前者です。

で、早速その「桶川うどん」を打つことにしたのです。
2018年No.4 桶川うどん
 使った粉は(香)(特)雀、加水:45%、塩4.5%(粉重量に対し)

打ったのがこれ、2人前です(下写真)。

IMG18012500.jpg


これがうどん1本。生麺状態で、幅2.5cm、厚み7~8mm位です(下写真)。 
一人前(生麺150g)は3.5本位かな(笑)

IMG18012503.jpg


汁は関東系、カシワと油揚げとネギ仕立てにしました。
油揚げをこれでもかって位入れるのは必須です。
何故なら、普通のうどんの様に啜れないので、通常なら口の中に汁が入って来ないのだけれど、モグモグしていると一緒に入ってくる油揚げが、汁を口に運び、同時にコクを与えます。
この麺には山のような油揚げがベストの組み合わせに思えます(下写真)。

IMG18012501.jpg


えっ、うどんが見えないって?
ほら!こんな感じのが4本位入ってます(笑)
凄いっしょ? ゴリッゴリだよ!(下写真)

IMG18012502.jpg


これのモリうどん、つまり付け汁で頂く冷たいうどんもあります。
これはさらに超ゴリゴリなので、上級者向き(何の?www)

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
手打ちのうどんで、温まる。
この寒波には、これですよね~

ポチ、っと!

kasugai90:2018/01/28(日) 21:28 | URL | [編集]

> kasugai90さん

> 手打ちのうどんで、温まる。
> この寒波には、これですよね~
だからですね~、寒い季節は手打ちうどんの回数が多くなります(笑)。
ポチ、ありがとうございます。

duckbill:2018/01/29(月) 00:40 | URL | [編集]

両方とも福岡のうどんの対極にあるような・・・。/(゚o゚)ゝ

福岡のうどんってコシが無くて柔らかいんですよ。f(^^;)
やっぱり柔らかい方が好みなのは慣れちゃってるからでしょうかねえ。

akkyan:2018/02/06(火) 08:53 | URL | [編集]

> akkyanさん
福岡のうどんは特徴ありますね。
今度作ってみようかな。
高加水で、釜揚げタイプで使うなら塩なしで打って、茹で時間は倍位かける(笑)。
何だったら、チンチンに沸かした出汁を足しながら食べるかな。
いや腰の無い柔らかうどんも好きですよ♪

duckbill:2018/02/07(水) 01:25 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL