FC2ブログ
2020’03.12・Thu

生丸雉の燻製

我が家は毎年8~10羽程度丸雉燻製を作っています。
大抵はクリスマスの少し前と、1月末~2月初の年2回。
そのうち1月末~2月初の時期は、この時期の一瞬だけ手に入る冷凍ではない平飼いの生の雄丸雉を使います。
鶏と違い雉は産卵時期が決まっているので、美味しい時期も決まります。
飼育の雉は、その一番美味しい時期に纏めて絞めて冷凍し、年中販売されるのですが、この絞める時期だけ存在する一度も冷凍していない生丸雉を分けて貰っています。
その貴重な雉3羽を使って、今回は親戚筋へのお使い物として、丸雉燻製作り。・・・2/3日
※なお私の雉燻製に対する思いと一度も冷凍していない丸雉の素晴らしさは過去のこの記事に書いています。

これが一度も冷凍していない国産雄丸雉(下写真)

IMG2020020300.jpg


足には蹴爪があって、これは雄にしかありません(下写真)。

IMG2020020301.jpg


燻製に不要な頭ともみじを除去。
これは冷凍保存し、本数が溜まったらスープストックを取ります(過去記事での例:例1例2)。(下写真)

IMG2020020302.jpg


ソミュール液と一緒にPE袋に封入し、冷蔵庫で2日間塩漬け(下写真)。
ソミュール液等詳細は過去記事 を参照のこと。

IMG2020020303.jpg


塩抜き、ボイル、乾燥、温燻し、3羽の丸雉燻製の出来上がり(下写真)。

IMG2020020600.jpg


雉のボイルで出た黄金スープはZIPロックに小分けして、雉ブロードとして冷凍保存(下写真)。

IMG2020020601.jpg


ラベルを貼って真空包装して、出来上がり(下写真)。

IMG2020020700.jpg

これが驚くほど美味いんだな♪
私の持論は「燻製は雉、焼きは窒息鴨」です。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie燻製  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
いいね~
自家製の雉の燻製。
こうした物を肴にすると、酒が進みそうです。

ポチ、っと!

kasugai90:2020/03/12(木) 20:48 | URL | [編集]

それほど美味しいのなら大事にしないといけませんね。f(^^;)

お国の鳥が~。。。と言っても、桃太郎さんのお供以外に、
一度も野生の雉なんて見た事ないだのは私だけなのかなあ。
と思って調べたら、たくさん放鳥されてるんですね。(汗)

akkyan:2020/03/13(金) 14:17 | URL | [編集]

> kasugai90さん
最高に美味しい燻製です。
ちょっと酒が進み過ぎるのが欠点です(笑)
ポチ、ありがとうございます。

duckbill:2020/03/13(金) 23:39 | URL | [編集]

> akkyanさん

> それほど美味しいのなら大事にしないといけませんね。f(^^;)
勿論、こんな美味しいのですから、絶滅するまで食べてはいけません。
燻製にしているこの雉は、一応飼育ものですから・・・と言い訳を言いながら、実はついこの前、野生の雉を食べたばかりだったりします。(;^_^A

duckbill:2020/03/13(金) 23:50 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL