FC2ブログ

ハルシメジとハリギリ

都内の日毎感染者数が三桁に突入してきた頃の記事です。
日毎感染者数が三桁とは言え、私の住んでいる市はまだ感染者0だし、野のキノコをチェックするだけなら人とも会わないのでコロナ感染リスクもないだろうと、散歩がてらマイスポットのアミガサタケのチェックに行きました。・・・4/6日

アミガサタケは無かったけれど、いつものカリンの株元でハルシメジ(広義)を見つけました。
このカリンの株元に毎年必ず発生するハルシメジは梅タイプではなく、例年も含めた形状の特徴からはサクラ型のノイバラハルシメジか、それに近い種に思えます。。
ノイバラハルシメジの学名は、Entoloma clypeatum (L.) P. Kumm. f. hybridum(Romagn.) Noordel. (1981)(エントロマ・クリペアトゥム・フォルマ・ヒブリドゥム)ですから、学名上はハルシメジ(Entoloma clypeatum)の品種hybridumという位置づけ。
品種名hybridumはいわゆるハイブリッド(hybrid)のことですが、ここでは一般的な「交配種の」という意味よりは「異なる要素を持った」ぐらいの意味で名付けられたのかなと思います。

しかし水分不足のせいか、今年のは例年よりやたら小さい(下写真3枚)。



収穫は小さいのがたったこれだけ(下写真)。



キノコ収穫はぱっとしないけれど、食べて一番美味しい状態のハリギリの新芽が随分出ていたので、夕食用にちょっと摘みました(下写真)。



ちょっとのつもりだったけれど、結局結構な量に(笑)。(下写真)



早速夕食で、ハリギリは天婦羅、ハルシメジは豆腐とお吸い物に(下写真2枚)。


やっぱり季節の野のものは別格です♪

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Comments 6

There are no comments yet.
akkyan

私もプールが閉じたままなので、運動は歩くだけです。f(^^;)
まあバス停も避けてるので接触はゼロですね。

ハリギリって初耳でしたけど、センの木なんですねえ。
下駄の木と言われた方が判るかも。。。f(^^;)

kasugai90

春は、キノコの季節でもありますよね~
今日・明日の雨で、また出てきそうです。

ポチ、っと!

duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> akkyanさん
人と近距離接近やおしゃべりの無い散策なら、感染確率はゼロですよね。
ハリギリは山菜の中では、少しマイナーかも知れないけれど、葉の形と棘で覚えやすい山菜です。
でも苦さは少し強い方だから、akkyanさんには苦手なタイプだと思います(笑)

  • 2020/04/18 (Sat) 09:19
  • REPLY
duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> kasugai90さん
これが2回目のハルシメジだけれど、この雨でもう一回くらい採れるかも知れませんね。
ポチ、ありがとうございます。

  • 2020/04/18 (Sat) 09:20
  • REPLY
akicici

こちらでハリギリはあまり見かけませんがそちらではもう開いているのですね。
おなじウコギ科でもコシアブラはまだ固い蕾です。
おそらく例年通りの4月23日ころの2~3日が収穫期かと。
桜の開花もそうですが東京の方が関西より早いのは経度の差(夜明けが早いから)なのでしょうか。

duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> あきちゃん
この記事は4/6日の出来事ですが、この日がハリギリの新芽を採取するジャストの日だったですね。
今はもう育ち過ぎです。
こちらはハリギリはあちこちにあるけれど、コシアブラは全くありません。
ハリギリを知ってる人は少ないので、コンペジターがいなくて楽ですww
桜もどういう理由なのでしょうね。
こちらの桜は3/25位がピークでもうとっくに終わっています。

  • 2020/04/19 (Sun) 23:01
  • REPLY