FC2ブログ

手打ち麺2020 No.25~2020 No.29

自分で打った手打ち麺(蕎麦、うどん、中華麺、生パスタ)には1年通しのロットナンバーを入れています。
これは2020 No.25~No.29の記事になります。



〇2020 No.25 アネッリはカテゴリ[パスタ]の記事として掲載しました(この記事)。
※手打ち麺は1年通しのロットナンバーを入れています(2020 No.24はこの記事)  



〇2020 No.26 あやひかりのザルうどん 2人前
粉 あやひかり 200g、水 100g(50%)、塩 9g

今日は少し暑い日。・・・6/29日
冷たい昼食がいいなと、手打ちザルうどんにすることにしました。
お友達のカイエさんの近くの店で、「あやひかり」が爆安で売られていて、これは逃せないと10kg程購入をお願いし、6/26日~6/28日に白樺湖山荘でご一緒した際に持ってきて貰いました(重いのをありがとね~♪)。
あやひかりと言えばどんなうどんにもピカ一で適性を示す、duckbill一押しの小麦粉です。
特に冷たいうどんには、あの特有の喉越しの良さが引き立つかな。
あやひかりは元々3kg位は常備在庫しています。
なので今回の10kgを加え、あやひかりの在庫だけで13kg。
在庫している小麦粉の種類は20種位ありますから、それらの小麦粉を入れたら全部で何kg位在庫しているのやら(笑)
・・・ということで、粉もたっぷりあるし、あやひかり100%で打つことにしました。



生わさびで食べようと、本わさびをすりおろしました。
卓球が出来るほど大きい超特大自家製鮫皮おろしは、とてもおろし具合が良かったのですが、余りに具合がいいものだから、白樺湖山荘の備品にされてしまって(笑)、しょうがなく元々持っている鮫皮おろし(3860円で購入)で下ろしたら、小さすぎて下し難~い!
これでも鮫皮おろしの商品サイズでは大サイズなのです(下写真)。



打ったこの太さだと、他の小麦粉なら茹で時間6、7分だけれど、あやひかりなので12分も茹でました。
あやひかりは茹で上がりも早いけれど、長く茹でても茹で伸びが遅い不思議な粉で、長めに茹でた方があやひかりらしさが出るかな。
どうです!このツヤツヤした 艶めかしい外観(下写真)。


ヌメ~、にゅる~、そして顎が疲れるほどモチモチ~っとした食感。
如何にもあやひかりらしい申し分ない味でした♪



〇2020 No.27 あやひかりカレーうどん 2人前
粉 あやひかり 200g、水 100g(50%)、塩 9g

前日打ったあやひかりザルうどんが余りにも、ヌメ~、にゅるー、モチモチ~だったので、これをカレーうどんでも食べたいなと思い、この日の賄い昼食はあやひかりカレーうどんにしたのです。・・・6/30日
前日よりも気持ち細く打ちました(下写真)。



より細くうったことと、熱うどんに仕立てた分を考え、2分短縮して10分茹でにしたけれど、流石に熱うどんには多少茹で過ぎ(笑)。
でも、まだまだしっかりモチモチで、切れずにぐんぐん伸びる・・・しかし凄い粉です。
うどん以外の具は、かしわ、人参、玉葱、ジャガイモ、茄子、トマト。
トロミは超弱く仕立てました(下写真)。





〇2020 No.28 あやひかりのひもころ 2人前
粉 あやひかり 200g、水 94g(47%)、塩 9g

この日は暑い日。・・・7/2日
家内は外出していてお昼に帰ってくるのだけれど、こんな暑い日に外から帰ってきて熱いお昼じゃたまらないだろうな・・・
ということで、この日の昼食はあやひかりを使って打った冷た~~いひもかわうどんに。
名古屋の「きしころ」風に言えば、「ひもころ」?(笑)
超~幅広まであるひもかわの中では、ちょっと幅狭めに打ちました(下写真)。



茹で5分
水で洗ってから、氷水でキンキンに絞めて器に盛り、冷たい自家製かけ出汁を張る。
具はナスと甘長唐辛子の揚げ浸しにわざわざこれ用に揚げた天かすと刻み葱(下写真)。


暑い時のこの手のうどんは、ちょっと抵抗出来ない美味さです♪



〇2020 No.29 自家ブレンド粗挽き蕎麦 2.5人前
蕎麦粉 常陸秋そば 玄ソバ 自家石臼挽き16メッシュ篩 い135.0g
     常陸秋そば 玄ソバ 自家石臼挽き16メッシュ不通過 10.0g
     高山製粉 手挽メッシュ 55.0g
小麦粉 スーパーキング 50g
水 136.0g(54.4%)

随分前に常陸秋そばの玄そばを自分の石臼で挽いて在庫していました。
これはメッシュ16で振るった粗挽き粉。
今回はこれをベースに使います(下写真)。



こちらはメッシュ16を不通過だった粒。
大分大きい鬼殻も入っていますが、ええ~い今回はこれも加えっちゃえ~(笑)。(下写真2枚)



さらに超粗挽きで定評がある高山製粉の手挽メッシュ(これ)も加えて出来上がった蕎麦粉。
これがこの日打つ粉。
粗い鬼殻が目立ちます。



加水は54.4%で纏まり、ジャストな状態です。
菊練り完了、加水がジャストなので粘りも十分出ました(下写真)。



へそ出し完了(下写真)。



手での丸延し完了、加水が適正なので、縁辺は割れません(下写真)。



麺棒での丸延し完了(下写真)。



四つ出し完了(下写真)。



折り目のRを大きくするための8枚重ねのたたみ方(下写真)。



良く見ると、所々で鬼殻の大きさが生地の厚みを超えています(下写真)。



事前に包丁を研ぐのでした。
大きい鬼柄まで入ると、なんとも切れが悪い(下写真)。



包丁の切れは今一だったけれど、普通に長い蕎麦になりました。
久しぶりに野性的な蕎麦が食べられます(下写真)。



如何にも玄ソバの粗挽きな外観。
所々縦に入っている鬼殻の長さは蕎麦の切り幅より長かったりします(笑)
こういう蕎麦は中々外では食べられませんね(下写真)。

※画像をクリックすると拡大で見ることができます


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Comments 4

There are no comments yet.
akkyan

本わさび・・・お蕎麦屋さんが閉まってからは、久しく口にしてないなあ。。。(涙)
昨日もカミさんと、あそこが閉まって、アソコも辞めたしと数えてたら、
寂しい気持ちになりましたよ。f(^^;)

「自家ブレンド粗挽き蕎麦」
香りがここまで届きそうな・・・。(^Q^)

kasugai90

これからは、こうした冷えた麺類がいいですよね~

ポチ、っと!

  • 2020/07/13 (Mon) 22:52
  • REPLY
duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> akkyanさん
美味しい蕎麦屋さんが廃業して、寂しいですね。
この際、我が家のように自分で打つって選択はどうでしょう。
どの店がなくなっても影響ないし、美味しさは頑張れば際限ないし。
ついでに石臼まで買えば、香りも最高ですよ♪

  • 2020/07/13 (Mon) 23:47
  • REPLY
duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> kasugai90さん
これからの季節は冷たい麺ですよね~。
きっと手打ち率も増える筈です。
ポチ、ありがとうございます。

  • 2020/07/13 (Mon) 23:50
  • REPLY