FC2ブログ

ブロッコリーの茎は山くらげになれるか?

山くらげってご存じでしょうか?
通常は乾燥品で出回っていてこんな感じ(下写真)。

画像元:https://item.rakuten.co.jp/sikokuiryo/4933304042373/


勿論、水で戻して調理するのだけれど、産直等で購入して、山くらげが好きなお友達にあげたことはあっても、私自身は殆ど食べたことは無いのです。
2ヶ月程前のオータムキャンプ2020で、カイエさんが生の山くらげなるものを購入してきたのです。
へぇー! 山くらげ(乾燥品)の乾燥する前ってこんなやつだったんだ~!
初めて見ます・・・って良く見ると茎レタス(ステムレタス)とも書いてありますな(下写真)。

※この写真はカイエさんの撮ったものをお借りしました


それなら、元から知っています。
道理で初めて見るのに、既視感が有りまくりでしたww。
でも、茎レタスが山クラゲだったなんて、それは全く知りませんでした。
この茎レタスを使って、ほんとに山くらげになるのか試してみようと、カイエさんが始めたので、私もお手伝いをしたのです(その顛末)。
で、無事山くらげにはなったのですが、でもその折りに、「これって茎レタスに限るのかなぁ?・・・ブロッコリーの茎でも行けるんじゃね?ww」という疑問が沸いたのです。
疑問があるなら、やっぱり確かめてみないとね~っというのが、今回の記事。
題して、「ブロッコリーの茎は山くらげになれるか?」 です。

--- 1’st トライ --- ・・・11/4日

早速、夕食使うブロッコリの茎だけを(下写真)、



縦割り(10分割)に。
枝も使えるかなと割ってみました(下写真)。



我が家の名物、ディハイドレータにかけて乾燥(下写真)。
この布団乾燥機を使ったディハイドレータは、2007年にブログで紹介(この記事)したら凄い反響があって、色んな方に真似てもらったけれど、これがオリジナル(初代のままの)の布団乾燥機ディハイドレータです。
運転中はこれにガーゼ網の付いた蓋がかぶさります。



1、2時間くらいでカラカラに。
乾燥したブロッコリーの茎は、思った通りまるで山くらげの外観ですゾ!(下写真)



水で戻して、ちょっと齧ってみたら・・・
しまった!外側の皮を剥くのだった~。
皮がかなり固いのです。(^^;ゞとほほ
枝の方は固くて全然無理なのでこちらは廃棄。
茎の方だけを、外側の固い部分をナイフで除去し、ピリ辛のきんぴらに仕上げました。(下写真)。



色々反省が有りますなww
まず食感が若干固い、そして山クラゲと比べれば、シンナリ感が不足。
きっとこれは、
  1. 元々のブロッコリーの茎が若くなくて、そもそも固いこと。
  2. 干す前の切り方が大き過ぎる。
  3. 若干乾燥不足・・・かな。
上記1~3を改良したとして、シンナリ感がどこまで出るかは現時点では不明。
でもブロッコリーの茎の食べ方としては、これはこれで美味しいです。

---2'nd トライ---  ・・・11/10日

家内が、「ブロッコリーを買ってきたから、茎は又山クラゲにトライしてみる?」と言うので、それはやらずばなるまい!
前回の反省をいかし、外側の固い皮は少し厚めに剥いて、前回より小さく(薄く)切って乾燥させました(下写真)。



前回通り、干しあがったものを戻してきんぴら風に(下写真)。


おぉ、今度は見かけもらしいし、シナシナコリコリ・・・何かいい感じです♪
山クラゲって確かこんな感じじゃなかったかなぁ・・
肝心の山クラゲを殆ど食べていないので正確には判らないけれど、結構尾を引く食感と美味さ。
今度本物の山くらげを見つけたら、必ず購入して再確認してみるけれど、何だかいい線行ったような達成感
欠点は、売っているブロッコリーの茎は短いから、ちょっとしか作れないことww

家内が又、ブロッコリーを買って来ました。・・・11/11日
前回よりさらに薄く切って干しました。
ますます山くらげに似てきましたね(下写真)。



でも今度はすぐに使うのではなく、我が家の乾物在庫として保管しました。
山クラゲにどこまで似ているかはまだ判らないけれど、ブロッコリの茎の食べ方としても大変美味しい食べ方です。
ブロッコリを購入する度に、茎は乾燥させてどんどん在庫することにしました。
そうすれば、何時でも使えるし、ちょっとしか作れないという欠点も解消ですww

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Comments 4

There are no comments yet.
kasugai90

レタスはキク科で、ブロッコリーはアブラナ科。
茎の硬さにも、違いがありますよね~
アブラナ科の大根の皮なら、美味しく作る事ができそうです。

ポチ、っと!

  • 2020/11/14 (Sat) 21:22
  • REPLY
duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> kasugai90さん
確かに科は違うのだけど、でも出来上がりは結構いい線いってますよ~。
我が家は元々食べるけど、捨てる方も多いブロッコリの茎の、いい調理方だと思います。
ポチ、ありがとうございます。

  • 2020/11/15 (Sun) 09:54
  • REPLY
akkyan

野菜初心者の私ですから、もちろん山くらげなんて知りません。(汗)
スティックセニョールももう止めちゃいましたしねえ。f(^^;)
でも写真、普通に美味しそうですね。(^Q^)b

duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> akkyanさん
元々山くらげを知っている人は殆ど居ないかも~(笑)
こちらは、なんちゃって山くらげだけれど、ブロッコリーとはもう違った食感。
シナシナコリコリと、中々いい食感で美味しいです。

  • 2020/11/17 (Tue) 00:34
  • REPLY