fc2ブログ

続53・賄いパスタ

私が家で(たまには他所で)作る昼食を、私は「賄い」と言っています。
このシリーズ記事は、そんな賄いで作ったものの中のパスタだけを集めた記事です(先回は続52・賄いパスタ)。
賄いですから、冷蔵庫内の残り物や、在庫食材などで作るのがルールです。
いつもの通り、パスタ名には怪しげなイタリア語名も付けていますが、添削大歓迎です(笑)。

※特に記載がなければ、使用しているパスタ量は、乾麺なら乾燥重量、手打ちなら粉重量で、ロングパスタが1人当たり100g、ショートパスタが1人当たり70~80gです。
※全ての写真は、写真上で左クリックすることで、大きなサイズで見ることができます。



この日の賄い昼食は、台所を見たら実に新鮮なセリと肉厚な椎茸があったので、豚の脛肉も加えてアーリオ・オーリオ系のパスタにしました。・・・2/11日

[ 豚肉、椎茸、セリのスパゲッティーニ ]
Spaghettini con maiale, funghi shiitake e prezzemolo giapponese.
スパゲッティーニ・コン・マイアーレ・フンギ・シイタケ・エ・プレッツェーモロ・ジャッポネーセ

  • 脛肉は固いので小さめの細切れに、椎茸は石突を取って四つ割り、セリは2cm幅の小口に切る。
  • パスタ(この日はΦ1.6mmスパゲッティーニ)は1%の茹で塩で茹でる。
  • ソース鍋にEx.V.オリーブオイルを入れて火にかけ、刻んだニンニクと鷹の爪を入れて炒め、さらに脛肉を加え炒める。
    ニンニクは焦がさない。
  • パスタの茹で上がり2分前にソース鍋に、パスタの茹で湯を入れる(大匙6/一人)。
    それ以前にニンニクが焦げるようなら、加える茹で湯の1/3(大匙2/一人)位は先に加えても良い。
  • パスタの茹で上がり1分半前にソース鍋に椎茸を加え、強火で火を通し、塩・胡椒で味を調える。
  • パスタが茹で上がったら、湯きりしてソース鍋に投入、セリも加え、強火で加熱しながら数十秒一気にかき混ぜ、乳化させてパスタと絡めると同時に、余分な水分を飛ばす。
    セリはその間で十分火が通る。
  • 皿に盛り、香り葉(この日はイタリアンパセリ)を散らし、黑胡椒を粗く挽きかけて完成(下写真)。



セリはタップリ入れたつもりだったけれど、この倍くらい入れても良かったな。



この日の賄い昼食は帆立の稚貝を使ったパスタ。・・・2/14日

[ 稚貝のスパゲッティーニ ]
Spaghettini alle capesante in bianco.
スパゲッティーニ・アッレ・カペサンテ・イン・ビアンコ

  • 稚貝は表面をタワシで洗って汚れを取り、海水濃度の塩水に暫く漬け、泥、砂を吐かせる。
  • パスタ(この日はΦ1.6mmスパゲッティ-ニ)は1%の茹で塩で茹でる。
  • ソース鍋にオリーブオイルを入れ、スライスした国産ニンニク、自家製鷹の爪を入れ、ニンニクの香りをオイルに移し、辛味も出す。
  • ソース鍋に稚貝、刻んだ細葱を投入し、パスタの茹で汁(大さじ2/一人当たり)、酒(又は白ワイン)を加え、蓋をして、強火で酒蒸しし、火が通って口が開いたら稚貝を取り置く(乳化の邪魔になるため)。
    残った汁に黒胡椒をふり、塩味を調える(多分塩は不要)。
  • 茹で上がったパスタを湯きりしてソース鍋に投入し、加熱しながら、数十秒、一気にかき混ぜて余分な水分を飛ばし、乳化させてパスタと絡める。
  • 器に盛り、稚貝を乗せ、香り葉(この日はイタリアンパセリ)を散らし、黑胡椒を粗く挽きかけ出来上がり(下写真)。





この日はわらび邸で「白カビサラミ仕込み会2021」。
コストコで購入したサルシッチャを持って行ったので、お昼にそれを使用してサルシッチャとトマトのスパゲッティを作ったのです。・・・2/20日

[ サルシッチャとトマトのスパゲッティ ](下写真は4人前)
Spaghetti con salsiccia al pomodoro.
スパゲッティ・コン・サルシッチャ・アル・ポモドーロ

レシピは過去記事のこちらを参照のこと。

※この写真は大盛さんが撮影したものをお借りしました




この日の賄い昼食は、8日前に合鴨のガラで作った鴨のラグーソース(この記事)の味見を兼ねたパスタ。・・・2/24日

[ キタッラの鴨ラグーソース仕立て ]
Spaghetti alla chitarra al ragù d’anatra.
スパゲッティ・アッラ・キタッラ・アル・ラグー・ダナトラ

  • 鴨ラグーソースをソース鍋に入れ、熱くしておく。
  • パスタ(この日はキタッラ)は1%の茹で塩で茹でる。
  • 鴨ラグーソースを緩める必要があれば、十分でんぷん質が溶けだしたパスタの茹で湯を加え緩める。
  • パスタが茹で上がったら湯切りし、ソース鍋に入れ、混ぜながら30秒~1分程加熱してパスタにソースを吸わせる。
  • 火を止めてからソース鍋に下したパルミジャーノ・レッジャーノを振り入れ、良く混ぜる。
  • 皿に盛り、下したパルミジャーノ・レッジャーノをかけ、香り葉(この日はイタリアンパセリ)を散らし、黑胡椒を粗く挽きかけて完成(下写真)。



うん、鴨のラグーは美味しいですね♪



この日の賄い昼食は、久しぶりの粒々リゾット。・・・2/28日
この日は、日本米(100g)、中粒フレーグラ(80g)、RISONI(100g)の3種合わせで作りました。
中粒フレーグラの粒々食感がポイントです。

[ ミックスリゾット ]
Risotto misto.
リゾット・ミスト

  • 豚脛肉は固いので小さ目の細切れにする。
  • 鍋にEX.V.オリーブオイルを入れ、ニンニクの微塵切り、刻んだ鷹の爪を入れ炒める。
  • ニンニクが色づいて来たら、細微塵の人参、微塵切りした玉葱、豚脛肉を加え、玉葱が透き通るまで炒める。
  • 鍋に洗わない米を加え少し炒めた後、ブロード(我が家は定期的に親鶏でブロードを取り、冷凍在庫している)を入れ強火で加熱し、沸騰したら中粒フレーグラ(Fregula)を入れ、再沸騰したら弱火に落として20分煮る。
    水量は少し足りない位で煮て行き、必要に応じて随時熱々のブロードか熱湯を追加する。
  • フレーグラの煮上がりの10分前にリゾーニを投入する。
  • 煮あがったら火を止め、下ろしたパルミジャーノ・レッジャーノをタップリ加えて良く混ぜ、塩、胡椒で味を調える。
  • 皿に盛り、香り高いEx.V.オリーブオイルをタラリと入れて、刻んだ香り葉(この日はイタリアンパセリ)を散らし、黑胡椒を粗く挽かけて完成(下写真)。



下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Comments 4

There are no comments yet.
akkyan

ミックスリゾットと悩んだんですけどねえ。。。
今回もサルシッチャとトマトのスパゲッティで・・・。(^o^)b
ボリュームもありそうだし。。。f(^^;)

duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> akkyanさん
ミックスリゾットはお奨めだけれど、トマトとサルシッチャは安定の美味さです。
> ボリュームもありそうだし。。。f(^^;)
他のパスタは一人前だけれど、このトマトとサルシッチャのパスタは4人前なのですww

  • 2021/03/18 (Thu) 17:32
  • REPLY
kasugai90

いろいろなパスタ。
どれも、美味しそうです。

昨日は、久しぶりにパスタを食べたなぁ~
明日も、違ったパスタを食べようかな?

ポチ、っと!

  • 2021/03/18 (Thu) 22:16
  • REPLY
duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> kasugai90さん
パスタ料理はバリュエーションが豊富で、どんな食材でも出来るのでいいですね。
ポチ、ありがとうございます。

  • 2021/03/19 (Fri) 00:50
  • REPLY