FC2ブログ

ケッパー開花

先回の記事で蕾が見つかってから、約3週間経ちました。・・・5/30日

その時に較べれば、葉も随分増え(下写真)、



蕾の先端も少し開いて、中の花の白い色がちょっと見えるようになりました(下写真)。・・・5/30日



そしてその翌日、全開ではないけれど、もう開花(下写真)。



さらに翌日。
これが全開のケッパーの花(下写真)。・・・6/1日



4日後、隣の蕾も開花(下写真)。



通常塩漬けや酢漬けで出回るケッパーは、咲くある程度前の蕾を、塩漬け又は酢漬けするもの。
一方、咲かせて着果した実も塩漬けや酢漬けで利用でき、こちらはケッパーべりーと呼ばれます。
以前は近所の輸入食材屋さんに、このケッパーべりーも出回ったのですが、最近はとんと見ないのです。
そこで何とか着果させて、自家製ケッパーべりーの塩漬けを作ってしまおう・・・という目論見だったのですが、二つとも敢え無く落花し、着果には至りませんでした。(TT)

お友達のカイエさんの所では、昨年も着果してケッパーベリーが出来ています。
そのカイエさんちのケッパーの花の写真を見ていたら、とんでもないことに気が付いたのです。
カイエさんちの花は、雄蕊の上に雌蕊がぴょんと飛び出しています。
確かにこれなら受粉もし易いと思われます(下写真)。

※写真はカイエさんの撮ったものをお借りして矢印を描画しています


一方こちらが我が家の花ですが、一体雌蕊はどこですのん?www(下写真)。



実はない訳では無く、沢山の雄蕊の長い柄の根本の方に埋もれているのですが、人工授粉させようと思っても雄蕊の長い柄が邪魔になって、人工授粉も出来ない。
これでは着果出来ない訳です。
花を着けて実を着けて次に繋いでいくことは、植物にとってもエネルギーを要する大変な作業なため、株自体が充実してなければ、却って株を弱らせることになります。
例えば2年草では、最初の1年を株の充実に当て、溜まったエネルギーを使って2年目に一気に花実を着けて、種を残した後枯れていくというのが、戦略です。
ケッパーは多年草だけれど、この株はまだ苗。
株が充実しない内に着果しては、むしろ株自体を弱らせてしまうに違いありません。
そんなリスクに保護機能が働いて、不完全花になったのかも知れませんね。

また次の蕾も出てきました(下写真)。



これは正常な雌蕊を持つ花になるのやら、ならぬのやら・・・
まあ焦らなくても、もう着果しても大丈夫な位に株が充実すれば、正常な花を着け自然と着果するかな♪

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
Copyright © 主に食材な備忘録 All Rights Reserved.

Comments 4

There are no comments yet.
akkyan

知らない植物ですけど、ナスの短花柱花みたいな事なんだろうと
現象は理解できました。f(^^;)
じっと声変わりを待つしかないと言う事ですね。(笑)

kasugai90

手に入らない食材は、自作する。
これが、一番確実な入手方法ですよね~

ポチ、っと!

  • 2021/06/30 (Wed) 20:27
  • REPLY
duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> akkyanさん

> ナスの短花柱花みたいな事なんだろうと
ナスよりずっと大げさに発現するけれど、まさにそうだと思います。
> じっと声変わりを待つしかないと言う事ですね。(笑)
そう、ウチの子はおませなもんだから、背伸びして恰好だけの花を咲かせてしまったのですね♪

  • 2021/07/01 (Thu) 10:31
  • REPLY
duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> kasugai90さん

> 手に入らない食材は、自作する。
> これが、一番確実な入手方法ですよね~
いつも我が家はそれでやってきているけれど、早すぎて参考になるサイトが全く無いケースも多く、試行錯誤も多いのです。
ポチ、ありがとうございます。

  • 2021/07/01 (Thu) 10:37
  • REPLY