fc2ブログ

続74・賄いパスタ

私が家で(たまには他所で)作る昼食を、私は「賄い」と言っています。
このシリーズ記事は、そんな賄いで作ったものの中のパスタだけを集めた記事です(先回は続73・賄いパスタ)。
賄いですから、冷蔵庫内の残り物や、在庫食材などで作るのがルールです。
いつもの通り、パスタ名には怪しげなイタリア語名も付けていますが、添削大歓迎です(笑)。

※特に記載がなければ、使用しているパスタ量は、乾麺なら乾燥重量、手打ちなら粉重量で、ロングパスタが1人当たり100g、ショートパスタが1人当たり70~80gです。
※この賄いパスタに限らず、我が家の料理は基本的に無化調、無酵母エキスです。
※全ての写真は、写真上で左クリックすることで、大きなサイズで見ることができます。



スプリングキャンプ2022で大盛さんが溺れ蛸を作ってくれました。
とても柔らかく出来ていて大変美味しかったのです。
久しぶりで私も賄いパスタで作ってみることにしました。・・・5/19日

過去ブログを調べてみたら2017年1月に作って(この記事)以来作っていません。
今回使ったトマトソースは、市販のトマトジュース1缶とスプリングキャンプ2022でアッコちゃんが使ってねと残していったトマトソース。
山荘でパスタに使ったけれど、量が多くて、使い切れなかった分をZIPロックに小分けして持ち帰り冷凍保存したものです(下写真)。



ベランダで採れ放題のカーボロネロとイタリアンパセリも使うことにしました(下写真)



さて、問題は肝心な真蛸ww。
実は我が家の食在庫には真蛸は在庫していないのだな。
えっ、買ってくればって?
ノンノン!在庫に有るもので作るのが賄いのルールですゾ。
と言う事で、冷凍在庫している刺身用の水蛸の頭の柵を、代替えで使用することにしました(これはこの時のもの)。



と言うことですから、正確には、溺れ蛸ならぬ溺れ蛸頭になりますwww
溺れ蛸はイタリア語でpolpo affogato(ポルポ・アッフォガート)だけれど、蛸頭なのでTesta di polpo affogato(テスタ・ディ・ポルポ・アッフォガート)とすべきか?
いやいや待てよ・・・頭とはいうけれど生物学的にはあれは胴体だし・・・
さればTorso di polpo affogato(トールソ・ディ・ポルポ・アッフォガート)とするべきか?
いやいや、頭であれ胴体であれ蛸には違いないから、元々のpolpo affogatoでも良い筈。

ってことで、今日の賄いパスタは、溺れ蛸頭
ソースが絡みやすい濃厚ソースなので、パスタは極太のヴェルミチェッローニΦ2.4mm。
茹で時間は袋記載が15分だけれど、21分茹でて、さらにソースの中で3分加熱してソースを吸わせます。
魚介なのでチーズは使いません。

[ 溺れ蛸頭とカーボロネロのヴェルミチェッローニ ]
Vermicelloni con polpo affogato e cavolo nero.
ヴェルミチェッローニ・コン・ポルポ・アッフォガート・エ・カーボロ・ネーロ
  • 蛸頭柵は長さ5cm、幅1~1.5cm位のサイズに切る。
    カーボロネロは、葉柄は8mm幅位の小口に、葉は主脈がまだ太い葉柄側は同じく8mm幅位、その先は2cm幅位の小口に切る。
  • 圧力鍋に切った蛸頭、ヒタヒタの水、トマトジュースを入れて加熱し、圧力高で20分。
  • ソース鍋にEx.V.オリーブオイル、微塵切りニンニク、微塵に切った鷹の爪を入れて炒める。
  • ニンニクが少し色づいて来たら、カーボロネロの葉柄と葉柄側のまだ葉脈が太い部分、圧力鍋の中身、トマトソースを加え、ふつふつ状態で油が分離してくるまで20~30分位煮詰める。
  • パスタ(この日はディ・マルティーノのヴェルミチェッローニ2.4mm)は1%の茹で塩で20分茹でる。
  • パスタが茹で上がったら湯切りしてソース鍋に投入し、カーボロネロの葉も加え、3分程加熱してパスタにソースを吸わせる。
  • 皿に盛り、香り葉(この日はイタリアンパセリ)を散らし、黑胡椒を粗く挽きかけて完成(下写真)。





この日のお昼は賄いパスタ。
冷蔵庫を見たら、黒舞茸、エリンギ、ブナシメジと3種類もきのこがあったので、それに加え、セロリ、熟成5年目に入った自家製原木生ハムも使ったパスタにしてみました。・・・5/26日

この日のパスタの食材(3人前):
黒舞茸、ブナシメジ、エリンギ、香り葉用イタリアンパセリ、セロリ、熟成5年目に入った自家製生ハム。
自家製生ハムは直前に原木からスライスし、トッピングするサイズに小さく切っています(下写真)。



使ったチーズはグラナ・パダーノ。
パスタはガロファロのオーガニックスパゲッティΦ1.9mm。

[ 色々なきのことセロリと生ハムのパスタ ]
Spaghetti con vari funghi, sedano e jamón Serrano.
スパゲッティ・コン・ヴァリ・フンギ・セーダノ・エ・ハモン・セラーノ
  • 原木生ハムは直前に手切りスライスし、トッピングに適したサイズに切っておく。
    黒舞茸は食べやすいサイズに裂いて分ける。
    ブナシメジは培地に接している根元を切って、一本ずつ切り離す。
    エリンギは3センチ幅位に輪切りにし、傘部分は5mm幅位でスライス、軸部分は手で摘まんで縦に裂く。
    セロリは茎を5mm幅で小口に切り、葉は3cm幅で刻む。
    イタリアンパセリは茎は1cm幅の小口、葉は香り葉用に微塵に刻む。
  • パスタ(この日はガロファロのオーガニックスパゲッティΦ1.9mm)は1%の茹で塩で茹でる。
  • ソース鍋にEx.V.オリーブオイル、微塵切りニンニク、微塵に切った鷹の爪、イタリアンパセリの茎を入れて炒める。
  • ニンニクが少し色づいて来たら、パスタの茹で汁(大匙4/人前)を加え、フツフツ状態で保つ。
  • パスタの茹で上がり2分半前に、ソース鍋にバターを加え溶かす。
  • パスタの茹で上がり1分前に、ソース鍋にパスタの茹で汁(大匙4/人前)、きのこ類、セロリ茎を加え、強火で火を通す。
  • パスタが茹で上がったら、湯きりしてソース鍋に投入、セロリ葉も加え、強火で加熱しながら数十秒~1分程一気にかき混ぜ、乳化させてパスタと絡めると同時に、余分な水分を飛ばす。
  • 塩・胡椒で味を調え、皿に盛り、生ハムをトッピングし、下したグラナ・パダーノをかけ、刻んだ香り葉(この日はイタリアンパセリ)を散らし、粗く黑胡椒を粗く挽きかけて完成(下写真)。





この日(5/29日)の賄い昼食を何にしようかと、
「焼きそばはあるの?」と家内に聞いたら、「無い!」と
「ラーメン用の中華麺は?」「無い!」
しょうがない、ご飯ものにしようかと、
「冷や御飯はあるの?」「無い!」
 ・・・・・・・
何を食べようかアイデアも無いぞ!ww
何も無い時はやっぱりパスタだ~。
そして困った時のサルシッチャとトマト缶(笑)
さらに冷蔵庫の中で、茄子と椎茸を発見。(*゚Д゚)ハケーン!!

ってことで、昼食は賄いパスタで、サルシッチャとナスと椎茸のトマトパスタ。
この日の食材:
ホールトマト缶、ブナシメジ(これは気が変わって使わなかった)、椎茸、茄子、サルシッチャ、香り葉用イタリアンパセリ。



パスタはガロファロのオーガニックスパゲッティΦ1.9mm。
チーズはグラナ・パダーノ。

[ サルシッチャとナスと椎茸のパスタ、トマト仕立て ]
Spaghettli con salsiccia, melanzane e funghi shiitake, al pomodoro.
スパゲッティ・コン・サルシッチャ・メランツァーネ・エ・フンギ・シイタケ・アル・ポモドーロ
  • サルシッチャは皮ごと極粗く刻む。
    椎茸の傘は4つ割り、大きければ6つ、8つ割りにし、柄は石突を取り除き、手で縦に適当に裂く。
    ナスはヘタを取って、長さ方向で3分割、縦に4つ割り。
  • ソース鍋にEx.V.オリーブオイル、微塵切り(又はスライス)ニンニク、微塵に切った鷹の爪を入れて炒める。
  • ニンニクが少し色づいて来たら、サルシッチャを加えて炒める。
  • サルシッチャに火が通ったら、缶のホールトマトを加え、加熱しながらヘラでトマトを潰してペースト状にし、ふつふつ状態で油が分離してくるまで20~30分位煮詰める。
  • パスタ(この日はΦ1.9mmのガロファロ オーガニックスパゲッティ)は1%の茹で塩で茹でる。
  • パスタの茹で上がり7分前にソース鍋にナス、椎茸を加える。
  • パスタが茹で上がったら湯切りしてソース鍋に投入し、1分~1分半ほど加熱しながらソースと混ぜ、パスタにソースを吸わせる。
  • 火を止めてからソース鍋に下したグラナ・パダーノを振り入れ、良く混ぜ、塩・胡椒で味を調える。
  • 皿に盛り、再度下したグラナ・パダーノを振り、刻んだ香り葉(この日はイタリアンパセリ)を散らし、黑胡椒を粗く挽きかけ、特別に香りの高いEx.V.オリーブオイルをタラリとかけて完成(下写真)。



下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
Copyright © 主に食材な備忘録 All Rights Reserved.

Comments 6

There are no comments yet.
akkyan

生ハムに心は大きく傾きますが、セロリが引き戻してくれまして。。。(汗)
今日は「サルシッチャとナスと椎茸のパスタ、トマト仕立て 」で。。。m(__)m
こちらは引き戻す勢力がまったく居ませんので。。。f(^^;)

筋クマ主夫

こんにちは!
冷凍庫に水蛸の頭があることに笑っちゃいましたw
普通の家庭じゃまず無いですよ!

そして今回の賄いパスタもどれも美味しそうでお腹空いてきました!

  • 2022/06/15 (Wed) 13:57
  • REPLY
kasugai90

パスタ。
週に1度は食べに行く店も、少し値を上げました。
ウクライナでの事が、こうして影響しているのですね~

ポチ、っと!

  • 2022/06/15 (Wed) 22:30
  • REPLY
duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> akkyanさん
えーっ、セロリってパスタに凄く合うのに~ww
でもサルシッチャは、もっとパスタに合うかなww
トマトとナスとサルシッチャって、鉄板です♪

  • 2022/06/16 (Thu) 09:58
  • REPLY
duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> 筋クマ主夫さん
> 普通の家庭じゃまず無いですよ!
無いですよね~(笑)
我が家の冷凍庫も冷蔵庫も変なものばかり入ってますww
> そして今回の賄いパスタもどれも美味しそうでお腹空いてきました!
ありがとうございます。

  • 2022/06/16 (Thu) 10:05
  • REPLY
duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> kasugai90さん
ウクライナだけじゃなく、急激に進んだ円安も効いているかも知れませんね。
輸入物を中心に暫く物価高が進みそうですね。
ポチ、ありがとうございます。

  • 2022/06/16 (Thu) 10:07
  • REPLY