fc2ブログ

手打ち麺2023 No.14~No.18

自分で打った手打ち麺(蕎麦、うどん、中華麺、生パスタ)には1年通しのロットナンバーを入れています。
これは2023 No.14~No.18 の記事になります(先回は手打ち麺2023 No.12~No.13)。



2023 No.14 ひもかわ風 幅広平打ち麺 4人前
粉:金とび 180g、あやひかり 180g
水:162g(45%)、塩 16.2g

これはわらびさんの白樺湖山荘にお邪魔していた時(10/6~10/10)の10/7日昼に打った、かなり幅広の平打ち麺。
延しにパスタマシンを使っています。
このパスタマシンは我が家が使っていた初代のマシンを山荘に寄贈したもの。
今我が家で使っているパスタマシンより、同じダイヤル数字でも薄い設計になっていたようで、想定よりずっと極薄の麺になってちょっと苦労しました(下写真3枚)




これを自宅から持って来た合鴨ガラで取ったスープストックと合鴨の腿肉、笹がき牛蒡、セリを使って、鴨うどん仕立てにしました(下写真2枚)。



ピロピロ、つるつるトロン。
この手の麺はたまりません♪



2023 No.15 ほうとうサイズの平打ち麺 2人前
粉:金トビ 200g、水 90g(45%)、塩 9g

これは↑の [ひもかわ風 幅広平打ち麺] を打った山荘滞在の2週間後に又、山荘に滞在(10/20~10/23)した時の、10/21日夜に打った平打ち麺です。
この時期は野のきのこのシーズン。
毎週採れるきのこが変化していきますから、この時期は何度もこの山荘にお邪魔しています。

当然採った野のきのこを沢山いれたきのこ鍋で楽しみますが、この平打ち麺もきのこ鍋の〆に鍋に投入する麺として打ったもの(下写真2枚)






2023 No.16 手打ちフズィッリ 3人前
粉:オーション 210g、水 94.5g(45%)
塩一つまみ、Ex.V.オリーブオイル大匙1

2日前にパスタ用のイタリアンパセリソースを作りました(その記事)。
そのイタリアンパセリソースの味見を兼ねて、この日の賄い昼食でショートパスタのフズイッリを手打ちすることにしたのです。・・・11/1日

捏ねた生地を2~3mm程度の厚みに延して(下写真)、



生地を8mm幅、4~5cmの長さ(この日はちょっと短め)に切る(下写真)。



端を編み棒に斜めに巻き付けて、掌で前にグルッっと押し付けるように巻き付け、編み棒を外して出来上がり(下写真)。



茹で塩1%のグラグラ熱湯に投入し、8割方が浮き上がって(大体2分)から、2分半で茹で上がりです。

このフズィッリをイタリアンパセリソースと和えた、
[ フズイッリと莢インゲンのイタリアンパセリソース和え ]
Fusilli e fagiolino, alla salsa di prezzemolo.
フズィッリ・エ・ファジョリーノ・アッラ・サルサ・ディ・プレッツェーモロ
に仕立てて頂きました(下写真)。


イタリアンパセリソースの味は想定通り合格です♪
※このパスタのレシピ等詳細は、カテゴリ「パスタ」の記事として掲載しています(この記事)。



2023 No.17 3本指カヴァテッリ 2人前
粉:オーション 120g、水 54g(45%)
塩 一つまみ、Ex.V.オリーブオイル 大匙1

-20℃冷凍ストッカーを開けたら、トリッパが目についたのです(下写真)。



トリッパは牛の第2胃袋(通称ハチノス)。
これをトマトで煮込んだ料理はイタリアでは有名な料理で、およそモツ料理というイメージの味とは違う、もっと高級な味なのです。
私も大好きなのですが、臭み抜き等下処理に結構時間と手間のかかる料理で、手軽ではありません。
今年の5月に、久しぶりにトリッパの臭み抜き等の処理をして柔らかく茹で、いつでもさっと使えるように小分け冷凍していました(その記事)。
こうしておく事で、面倒なトリッパ料理も手軽に簡単につくることが出来ます。

折角見つかったのですから、この日の昼にショートパスタ(今回は3本指カヴァテッリ)を手打ちして、トリッパと合わせることにしたのです。・・・11/7日

作り方やカヴァテッリ自体の詳細は過去記事に詳しく書いています(この記事)。(下写真2枚)




トリッパをトマトと合わせるのは定番ですし、ショートパスタと合わせる(大抵はカサレッチェと)のも定番。
少し変化をつけるために、カヴァテッリは少し量を減らし(粉量120g)、中粒フレーグラ(50g)も加えることにしました。

[ 手打ち3本指カヴァテッリ、フレーグラ、トリッパのトマト仕立て ]
Cavatelli a tre dita, fregola e torippa, al pomodoro.
カヴァテッリ・ア・トレ・ディータ・フレーゴラ・エ・トリッパ・アル・ポモドーロ


昔からの持論だけれど、やっぱりショートパスタは手打ちに限りますね♪
※このパスタのレシピ等詳細は、カテゴリ「パスタ」の記事として掲載する予定です。



2023 No.18 カレーうどん用太うどん 3人前
粉:あやひかり 300g、水 150g、塩 13.5g

太い手打ち麺でカレーうどんを食べてないなぁ・・・と思って過去記事で検索してみたら何のことは無い、ほんの1ヶ月ちょい前にごんぶとうどんを手打ちして食べていますな(その記事)。
そうなんや~~、すっかり忘れとったわ(笑)

・・・とほんのちょい前に食べたことは判ったけれど、食べたくなった食欲は収まらない。
やっぱりお昼は手打ちのカレーうどんにすることにしました。
でも同じごんぶとではなく、サイズはちょいだけ細い太うどんに、そしてにゅるつるを強調するため、いつもより加水率を上げて、粉もあやひかり100%に(下写真2枚)。・・・11/12日
手延し、手切りです。




うどん以外の具は、豚肉、人参、サツマイモ、玉葱、ピーマン。舞茸、ブナシメジ、葱。
麺の茹では20分(さらに40分茹でると伊勢うどんになってしまいます、笑)。(下写真)



下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
Copyright © 主に食材な備忘録 All Rights Reserved.

Comments 4

There are no comments yet.
kasugai90

寒くなってきましたね~
こうした夜は、鍋かうどんなどの汁物です。

ソバも、今年最後の収穫となっている所が多い。
もうすぐこれの新ソバかな?

ポチ、っと!

  • 2023/11/16 (Thu) 22:48
  • REPLY
duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> kasugai90さん
いきなり冷えてきましたね~。
まだやってないけれど、そろそろ味噌煮込みうどんの季節ですね。
新ソバの抜き実も手に入れなきゃ。
ポチ、ありがとうございます。

  • 2023/11/17 (Fri) 09:07
  • REPLY
akkyan

トマトソースのパスタも嫌いじゃないと気付いた所なので、
「手打ち3本指カヴァテッリ、フレーグラ、トリッパのトマト仕立て」に
いきたいところですが、イタリアンパセリは普通のパセリとは違うとの事。
普通のパセリも嫌いでは無いですが、その味なら嫌だなと思ってたんです。(笑)
って事で、今日は「フズイッリと莢インゲンのイタリアンパセリソース和え」で。m(__)m

duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> akkyanさん
トリッパとトマトの相性も味わって欲しいし、イタリアンパセリが普通のパセリと全く違う味ってことも味わって欲しいし・・・
両方選んだら~(笑)

  • 2023/11/18 (Sat) 08:51
  • REPLY