fc2ブログ

続103・賄いパスタ

私が家で(たまには他所で)作る主に昼食を、私は「賄い」と言っています。
このシリーズ記事は、そんな賄いで作ったものの中のパスタだけを集めた記事です(先回は続102・賄いパスタ)。
賄いですから、冷蔵庫内の残り物や、在庫食材などで作るのがルールです。
いつもの通り、パスタ名には怪しげなイタリア語名も付けていますが、添削大歓迎です(笑)。

※特に記載がなければ、使用しているパスタ量は、乾麺なら乾燥重量、手打ちなら粉重量で、ロングパスタが1人当たり100g、ショートパスタが1人当たり60~80gです。
※この賄いパスタに限らず、我が家の料理は基本的に無化調、無酵母エキスです。
※全ての写真は、写真上で左クリックすることで、大きなサイズで見ることができます。



この日の賄い昼食はパスタで、時々は基本に帰って伝統のシンプルパスタにすることにしました。・・・2/27日

オイル系の基本のシンプルパスタが、アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノなら、トマト系の基本のシンプルパスタは、パスタ・アル・ポモドーロ。
具は一切ないトマトだけのパスタです。
バジルは我が家にはないので、香り葉はイタリアンパセリで代用。
シンプルなだけに奥は深いです。

この日の主な材料:下写真左から右へ、香り葉用イタリアンパセリ、オーガニックホールトマト缶、生トマト。(下写真)



パスタはガロファロのオーガニックスパゲッティΦ1.9mm、チーズはパルミジャーノレッジャーノ。
でも、トマトのシンプルパスタですから、チーズはいらなかったかな~・・・

[ トマトスパゲッティ ]
Spaghetti al pomodoro.
スパゲッティ・アル・ポモドーロ
  • 生トマトはFPでマッシュしピューレ状に、缶ホールトマトもハンドブレンダーでピューレ状にしておく。
  • ソース鍋にEx.V.オリーブオイル、微塵切り(又はスライス)ニンニク、炒める。
  • ニンニクが少し色づいて来たら、FPでピューレ状にした、生トマトと缶ホールトマトを加え、ふつふつ状態で油が分離してくるまで20分位煮詰める。
  • パスタ(この日はガロファロのオーガニックスパゲッティΦ1.9mm)は1%の茹で塩で茹でる。
  • パスタが茹で上がったら湯切りしてソース鍋に投入し、1分~1分半ほど加熱しながらソースと混ぜ、パスタにソースを吸わせる。
  • 塩、胡椒で味を調え、皿に盛り、下したパルミジャーノ・レッジャーノを振り、刻んだ香り葉(この日はイタリアンパセリ)を散らし、黑胡椒を粗く挽きかけ、特別に香りの高いEx.V.オリーブオイルをタラリとかけて完成(下写真)。





ブログに時々コメントを頂くsironemaruさんから、国産生ザーサイを頂きました(その記事)。
からし菜の一種であるザーサイってとても美味しいのです。
株元の肥大した部分は、中華風ザーサイ漬けを仕込んでいるのですが、それ以外の茎・葉の部分を使って、この日の賄い昼食はザーサイと自家製ベーコンのパスタを作りました。・・・3/1日

下写真上から時計回りに、ザーサイ茎&葉、自家製ベーコン、ニンニク&鷹の爪(下写真)



[ ザーサイと自家製ベーコンのパスタ ]
Spaghetti con senape pianta(di Szechuan) e bacon fatta a mano.
スパゲッティ・コン・セーナペ・ピアンタ(・ディ・シェーチュアン)・エ・ベーコン・ファッタ・ア・マーノ
  • ザーサイ茎は3~4mm厚みの斜め小口。
    自家製ベーコンは厚み3mm位にスライスし、粗く刻む。
  • パスタ(この日はガロファロオーガニックスパゲッティΦ1.9mm)は1%の茹で塩で茹でる。
  • ソース鍋にEx.V.オリーブオイル、微塵切り(又はスライス)ニンニク、自家製ベーコン、微塵に切った鷹の爪を入れて炒める。
  • ニンニクが少し色づいて来たら、パスタの茹で汁(大匙4/人前)を加え、フツフツ状態で保つ。
  • パスタの茹で上がり4分前にザーサイの茎をソース鍋に投入し火を入れる。
  • パスタの茹で上がり2分前にザーサイの葉をソース鍋に投入し火を入れる。
  • パスタが茹で上がったら湯きりしてソース鍋に投入し、強火で加熱しながら数十秒一気にかき混ぜ、乳化させてパスタと絡めると同時に、余分な水分を飛ばす。
  • 塩・胡椒で味を調え、皿に盛り、下したパルミジャーノ・レッジャーノをかけ、粗く黑胡椒とピンク胡椒を挽きかけ完成(下写真)。





この日の賄い昼食は、台所を見たらグリーンアスパラがあったのでアスパラのパスタ。・・・3/4日

冷凍在庫が少し溜まって来たイタリアンパセリソースと和えました。
ソースのZIPロックに2024 1/29の日付があるので、このイタリアンパセリソースは今期2回目に作ったソースです(その製作記事)。
味のアクセントに、いつもの酢漬けケッパーも加えています(下写真)。



[ グリーンアスパラのスパゲッティ、イタリアンパセリソース仕立て ]
Spaghetti con asparagi, alla salsa di prezzemolo.
スパゲッティ・コン・アスパラージ・アッラ・サルサ・ディ・プレッツェーモロ
  • アスパラは根本8cm位は皮を剥き、3cm長さの小口に切り、穂先とそれ以外を分けて置く。
    イタリアンパセリソースはボウルにあけ、酢漬けケッパーを混ぜておく。
  • パスタ(この日はガロファロオーガニックスパゲッティΦ1.9mm)は1%の茹で塩をで茹でる。
  • パスタの茹で上がり3分前にアスパラの穂先以外をパスタ鍋に投入し、パスタと一緒に茹でる。
  • パスタの茹で上がり1分前にアスパラの穂先部分をパスタ鍋に投入し、パスタと一緒に茹でる。
  • パスタが茹で上がったら、アスパラごと湯切りしてボウルに入れ、イタリアンパセリソースと良く和え、塩、胡椒で味を調える。
  • 皿に盛り、下したパルミジャー・レッジャーノをかけ、刻んだ香り葉(この日はイタリアンパセリ)を散らし、ミックス胡椒を粗く挽きかけて完成(下写真)。





今年は全然出回らないなぁと心配していた帆立稚貝がやっと出てきました(下写真)。
毎年我が国から大量に輸入していた中国が、福島原発処理水の海洋放出に反対して、帆立輸入を中止したことで」、その混乱が今年の稚貝にまで影響すると言った情報があって、稚貝好きの私としては随分心配していました。



購入した」稚貝は海水濃度の塩水で表面を洗ったあと、やはり海水濃度の塩水に漬けて汚れを吐き出させ(塩水を代えて3回繰り返し)、その後塩水を切り、真空包装後-20℃以下で一旦冷凍していました(下写真)。



この日はこの冷凍した稚貝の1袋を使ったミックスパスタです。・・・3/20日

パスタ(3人前)は最大のシェル型パスタのコンキリオーニ、中粒フレーグラ、イスラエルクスクスのミックス。
袋には茹で時間15分と書いてあるコンキリオーニ、今日は22分茹でたけれど、未だ固いww
このメーカーのコンキリオーニは肉厚なのですね。

写真左上から時計回りに、コンキリオーニ136g、中粒フレーグラ42g、イスラエルクスクス42g、冷凍帆立稚貝、無農薬自家栽培イタリアンパセリ、以上3人前です(下写真)。



[ 稚貝のミックスパスタ ]
Pasta mista alle capesante bambino in bianco.
パスタ・ミスタ、アッレ・カペサンテ・バンビーノ・イン・ビアンコ
  • 稚貝は前述したように事前に海水濃度の塩水で貝表面を洗い、同じく海水濃度の塩水に漬けて汚れ、砂、泥を吐かせたものを使用する。
  • コンキリオーニは1%の茹で塩で22分茹でる。
    コンキリオーニの茹で上がり20分前に中粒フレーグラ、10分前にイスラエルクスクスをパスタ鍋に投入し一緒に茹でる。
  • ソース鍋にオリーブオイルを入れ、スライスした国産ニンニク、自家製鷹の爪を入れ、ニンニクの香りをオイルに移し、辛味も出す。
  • ソース鍋に冷凍のままの稚貝、パスタの茹で汁(大さじ4/一人当たり)、酒(又は白ワイン)を加え、蓋をして、強火で酒蒸しし、火が通って口が開いたら稚貝を取り置く。
  • 残った汁に黒胡椒をふり、必要なら塩で塩味を調える
  • 茹で上がったパスタ類を湯きりしてソース鍋に投入し、加熱しながら、1~2分かき混ぜてパスタにソースを吸わせる。
  • ソース鍋に稚貝を戻し、刻んだ小葱も振り入れ、軽くパスタと和える。
  • 器に盛り、黒胡椒を粗く挽きかけ出来上がり(下写真)。



下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
Copyright © 主に食材な備忘録 All Rights Reserved.

Comments 4

There are no comments yet.
akkyan

今日はもうシンプルに「トマトスパゲッティ」をば。。。m(__)m
ヨーロッパのトマトが不作で値上がりしてるそうです。
原価率から選ぶ事にしました。(笑)

kasugai90

そういえば、最近パスタを食べていない。
ホタテも、同様です。
取りあえず、明日の昼食はパスタ。
晩酌のツマミは、ホタテなどの貝類にしようかな?

ポチ、っと!

  • 2024/03/28 (Thu) 23:16
  • REPLY
duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> akkyanさん
トマト缶はメーカーによって美味しさがまちまちだけれど、このホールトマト缶は美味しかったです。
値段は家内が補充しているので、高いのか安いのか判りません(笑)。

  • 2024/03/29 (Fri) 14:36
  • REPLY
duckbill21
duckbill

Re: タイトルなし

> kasugai90さん
この帆立稚貝のパスタは大好物なのです。
今日はパスタを食べましたでしょうか。
帆立稚貝も出回るし、そろそろアサリ潮干狩りの季節。
貝類のパスタは美味しいですよね~。
ポチ、ありがとうございます

  • 2024/03/29 (Fri) 15:04
  • REPLY