• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターのパルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※FB、Twで拡散希望~♪

紹介されているサイトのページ
パルテノン多摩 http://www.parthenon.or.jp/people/3088.html
るるぶ http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=P30587
ことさが http://cotosaga.com/event/1581183/?f=eventedit_new
イベントナビ http://www.event-navi.ne.jp/d_top.php?eventID=0000045925
イマdeタマ https://imatama.jp/event/detail?id=1236
イベ活 http://event21.co.jp/ibekatu/user/0003436.htm
スポットクリップ https://spotclip.jp/spots/345613


2009’01.12・Mon

今年最初の自家製カラスミ作り

カラスミといってもボラの卵ではありません。毎年のことですが、当家では今の季節位から5月上旬頃まで、ボラ以外の カラスミに仕立てられる色々な魚卵(助宗鱈卵、鰆卵、鯛卵、ブリ卵、鰈卵など)を見つけた時に買って、 一年分を少しづつ作っていきます。
  ヾ(・・;)オイオイ イチネンブンッテ、ソンナニナンコモタベルモノカ? o(`⌒´*)oウチデハカラスミガ主食ダヨ!!(大嘘)
今日見つけたものは北海道産の生助宗鱈卵、いわゆる通常の生タラコで、今年最初のカラスミ作りになります。80g物で318円とまだ小型で高価ですが、これから段々にもっと大きくて安価なものが出回ってきます。

IMG0901120.jpg


塩水の中で血管を裂き血抜きをした後、塩でまぶして、リードペーパータオル、キチンペーパーで包み冷蔵庫へ。最初は水分が大分出るので、今日はもう1回包み替えをします。
水分が出る塩漬け直後は2~3回/日、その後は1回/日くらいの頻度で包み替えをして、固さと色の変化で水分の抜けを見ながら、当家では4~5日間くらい塩漬けします。
鮮度の良いうちに一気に水分活性を下げて、もはや雑菌が生存できない塩分濃度が高く、水分活性の低い環境をまず内部に作ってやります。

IMG0901121.jpg


詳しい作り方など、去年の製作過程も、カテゴリの[ 自家製カラスミ]で閲覧できます。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援しちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie自家製カラスミ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL