• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターのパルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※FB、Twで拡散希望~♪

紹介されているサイトのページ
パルテノン多摩 http://www.parthenon.or.jp/people/3088.html
るるぶ http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=P30587
ことさが http://cotosaga.com/event/1581183/?f=eventedit_new
イベントナビ http://www.event-navi.ne.jp/d_top.php?eventID=0000045925
イマdeタマ https://imatama.jp/event/detail?id=1236
イベ活 http://event21.co.jp/ibekatu/user/0003436.htm
スポットクリップ https://spotclip.jp/spots/345613


2009’01.26・Mon

ハモンセラーノ完食

消費中のハモンセラーノ原木が完食(前回までの状態)。 昨年の10/31日(その記事)から食べ始めなので、3ケ月弱での完食だ。一般の家庭内消費にしてはちょっと早い。
このハモンセラーノは原木内の骨格の位置や形状をしっかり確認したかったので、骨格をそのまま残すような食べ方をした。

IMG0901260.jpg


骨格の写真を何枚か撮ったので後は、骨を鋸で小さく切って真空引きし、とりあえず冷凍庫へ.。この骨は実に濃厚な良いスープがでるのでスープ用の秘密兵器だ。通常の豚骨の延長で考えたらとんでもない。少しの骨で本当にビックリするほど濃厚な旨みと特有な香りが出る。又皮も大事な食材だ。スープやソース類にちょっと使うだけで、なかなか家庭では出せないような味がでる。この皮は原木買いでもしない限り手に入り難いだろうから結構貴重だ。

IMG0901261.jpg


実は次のハモンセラーノも既に入手している。これまでと同じメーカーの物だ。これでこのメーカーのものは3本目。これから食べ始め、管理の難しい梅雨時期前までで消費する予定。
これを手配する時に当家のヨメは、「今度はハモン・イベリコ・ベジョータにしましょうか」などとバブリーなことを抜かしよりました。あらゆるバブルが弾け、世間が大変になっている時に、そんなバブリーなことは許されません。そもそも当家は食費だけが異常に高すぎます!。エッ!その大半の原因は専ら私にあるとおっしゃるとですか。いや・・その・・認識していない訳ではありません・・ハイ。
・・・ということで結局いつものハモンセラーノに落ち着きました。

IMG0901262.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie生ハム  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL