• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターのパルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※FB、Twで拡散希望~♪

紹介されているサイトのページ
パルテノン多摩 http://www.parthenon.or.jp/people/3088.html
るるぶ http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=P30587
ことさが http://cotosaga.com/event/1581183/?f=eventedit_new
イベントナビ http://www.event-navi.ne.jp/d_top.php?eventID=0000045925
イマdeタマ https://imatama.jp/event/detail?id=1236
イベ活 http://event21.co.jp/ibekatu/user/0003436.htm
スポットクリップ https://spotclip.jp/spots/345613


2009’01.30・Fri

自家製カラスミ完成

今期1回目と今期3回目の自家製カラスミが完成した。間の今期2回目の真鱈卵のカラスミの方は大サイズなので未だ乾燥が不十分でもう少し時間がかかる。
写真左端が今期1回目の物。これは天日干し工程に入ると同時に天気が崩れ、最悪のパターンに遭遇した。塩抜き直後のカラスミは塩分濃度が下がり、かつ水分活性もまだ高い状態なので、塩漬け後では最も雑菌に弱い時期。なのでこの時期はまず早めに水分活性を少し下げてやらなければならないのであるが、この時期に天気が崩れなおかつ長引きそうだったために、水分活性を少し落とそうと、自作ディハイドレーターでの強制乾燥をヨメに依頼した。
ちょっとだけ乾燥のつもりであったのだが、ヨメの瑣末なことには動じない大陸的な性格で、一日中ガンガン乾燥されて、その後の天日乾燥の余地が無いくらい、カラカラでバリバリに割れも入ってしまった。なので色もつかない。
ねっとりとしたカラスミとして味わうことは不可能な大失敗だけれども、当家はもともとパウダー状にしてパスタに使うケースが殆どなので、まあ十分使える。結局80g→40gで仕上がったが、勿論これは乾燥させすぎ。

写真中、右が今期3回目の物でこれはとてもうまく仕上がった。写真中が135g→77g、写真右gは115g→68gとなった。手で押して感じる固さからも、丁度良いねっとり感が出ていると思う。
どれもアルコールスプレーで表面を殺菌した後、黴防止にオリーブ油を塗布し、真空引き。そして真空袋には遊びでつけている当家オリジナル食材シール。
今食べても美味しいけれど、当家ではこのまま1年間長期熟成させる。生ハム同様この手の塩漬け食品は長期熟成させると旨みが格段に増す。だから今食べるのはもったいない。当家で今食べているカラスミは去年の今頃作った物で、1年熟成ものの旨さはかなり強烈だ。

IMG0901300.jpg


出来上がり具合が良くわかるように、たまにはアップで(最初の写真の右端の物)。

IMG0901301.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie自家製カラスミ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL