FC2ブログ
  • « 2019·12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2009’02.10・Tue

トマト発芽器

遅ればせながらトマト発芽器を何とか用意。
本当はトマトの種を蒔いてすぐに用意する筈が、何本も持っていた熱帯魚用の温度コントローラ付きヒーターが、何故かみんな壊れていて、やっとこさ無事な1本を探し当てて、製作できた。
製作といっても、PETボトルの蓋に穴をあけヒーターを通し、そのあけた穴をシリコンシーラントで埋め、 水をいれたPETボトルにヒーターを入れ、蓋をしただけ。

IMG0902100.jpg


これを100均一で売っている(でも100円ではない)プラスチックの米びつに入れて、その上に種を蒔いたケースを置いただけ。とりあえずコントローラでPETボトル内湯温は35℃まで設定できるので、何とかなるかも(トマトの発芽には30℃が必要とか)。
ケース内温度を確認するため、これも手持ちのデジタル温度センサーをセットした。でも測定モードが幾つかあって、どれが正しい温度か良く判らず、アナログな温度計を見つけるまで取り合えず測定はお預け。便利すぎるのは結構不便だ。

IMG0902101.jpg


追記:
この構造ではなかなか種周囲の温度が上がらなかったので、後日、ヒータをPETボトルから取り出し、米びつ(発芽器)内に直接水を入れ、その水をヒータで温めるようにし、播種したスポンジを入れたイチゴパックを浮かべるような構造に改造しています。
この改造後の発芽器の性能は申し分ありません。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
水耕栽培のセットはきっとブログに載せていらっしゃるはずだとサーフィンしてみました。
このあたりから以降のを参考にさせていただくといいですよね。やっぱり写真で見せていただくとよくわかります。このころはまだduckbillさんとつながりがなかったころですね。実験的なセットでおもしろいです。

kuishinbou:2010/02/04(木) 08:33 | URL | [編集]

> kuishinbouさん
そうそう、これが今の発芽器の最初の形態です。
でもこれは、あまり温度が種に伝わらず、次に改良したのが以下の記事です。
http://duckbill21.blog75.fc2.com/blog-entry-454.html
写真はないのですが、直接ヒーターを水を張った米びつに入れる形式の、より簡単なスタイル(加工がいらない)になって、今に至っています。
この簡単な形式だと湯温が殆ど種周囲の温度と一致するので、温度計も不要です。

duckbill:2010/02/04(木) 19:11 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL