FC2ブログ

水耕用トマト苗作り

スポンジ培地で発芽したトマトをそのまま砂培地へセットした。
鉢底に砂漏れ防止用の不織布を敷いて、煮沸殺菌した洗い砂を入れ、スポンジを埋め込む。受け容器には吸い上げられるように液肥を張る。砂培地の毛細管現象による吸い上げ能力は極めて高い。底が液肥に触れていれば、あっという間に砂全体に液肥が行き渡る。
あとはこの状態で水耕栽培用苗として成長させる。うまくできるかどうかは判らないが、去年のPETボトル栽培で大株に育ったシソは、このやり方で作った苗からの成長だ。
ところで、砂培地ではよく発根する。なので水挿しなら砂挿しの方が断然良い。挿し芽で発根した程度なら土への移植も問題ない。ただし、苗作りのように長く砂培地で育ててしまったものは、全ての根が水耕用になっているようで、土に移植してもなかなかうまく活着できない。従って今回のこのトマト苗も水耕栽培専用苗となる。

IMG0902150.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Comments 0

There are no comments yet.