• « 2017·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2009’03.14・Sat

苗のその後の経過他

砂培地で育苗中のトマト苗は順調、一本立ちにした。右がコストルート・ジェノベーゼ、左下がサンマルツァーノ・ルンゴ。
成長は遅いけれど、去年も水耕容器にセットしたのは4月末なので、その頃までに育ってくれれば良い。
一本立ちにした際の間引き苗は挿し芽中。発根するようであれば、土耕用の苗に仕立てる。使う予定は無いのだが、せっかく発芽してきたものを摘んで、単に捨てるのは、何だか忍びない。

IMG0903140.jpg


唐辛子苗。鷹の爪(栃木三鷹)はようやく本葉2枚。
唐辛子苗は、去年もそうだったけれど、暖かくなってから一気に生育するので、初期成育の遅さは気にしない。
発芽せず再播種したハバネロは、取りあえず6個だけ発芽した。これで今年もハバネロ栽培が可能だ。
どちら(オレンジかレッドサビナか)がでるかは、着果するまでのお楽しみだ。
スポンジ下から根が十分出るのをまって、育苗培地にセットする予定。
島唐辛子は再播種でも失敗。どうも種に発芽能力がないようで、これは断念。

IMG0903141.jpg


スィートバジルは後から播種したものも入れ、土耕用が7個(土培地にセット)、PETボトル水耕用が2個(砂培地にセット)の全9個用意でき、数は十分確保できた。
先行している砂培地の苗でまだ本葉2枚と、初期成長は遅い。

IMG0903142.jpg


青シソは本葉4枚となった。
土耕用が3個(土培地にセット)、PETボトル水耕用が1個(砂培地にセット)の全4個。

IMG0903143.jpg


リーフレタスは室内においている予備苗はこんな状況。左がサニーレタスで右がチマサンチュ。

IMG0903144.jpg


一方ベランダの簡易温室に入れている水耕容器では、寒い分少し成長が遅いが、これが現在の状況。

IMG090314b.jpg


IMG0903145jpg


IMG0903146.jpg


ベランダは外壁修繕が終わりやっと使用可能になったけれど、何から手をつけていったら良いやら、中々自分のテンションも上がらず、葉っぱのほうで自主的に成長中だ。

こぼれ種から自生しているイタリアンパセリ。良く見ると三つ葉が混じっている。

IMG0903147.jpg


同じくこぼれ種から自生している三つ葉で、こちらは逆に、イタリアンパセリが混じっている。

IMG0903148.jpg


冬越しで生き延びて、殆ど雑草化しているたくましいスープセロリ。

IMG0903149.jpg


外に放置されたPETボトル水耕容器のなかで生き延びた細ネギ(写真右)。こぼれ種で発芽したパクチーが混じっている。
同じくPETボトル水耕容器で完全に枯れたと思ったら、冬を越して復活してきた三つ葉(写真左)

IMG090314a.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieベランダ菜園  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL