FC2ブログ
2009’04.16・Thu

今期9回目の自家製カラスミ製作その3

今期9回目のブリ卵による自家製カラスミ製作は塩抜き工程が終了し、次は最終工程の天日干し工程だ。
塩抜き後の重量は、NO.1が362g→塩漬け後298g→塩抜き後343g(94.8%)

IMG0904150.jpg


NO.2が309g→塩漬け後264g→塩抜き後284g(91.9%)となった。

IMG0904151.jpg


ベランダの干し網の中で天日干し。
天日干し期間は通常は10日程度だが大サイズなので、当分かかるかも知れない。

IMG0904162.jpg


詳しい作り方や、これまでの製作経過はカテゴリ[自家製カラスミ]で見ることが出来ます。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie自家製カラスミ  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
最初の頃は・・柔らか目が食べたくて、3日位しか・・天日干ししてなかったけど
やっぱり・・10日位干した方が良い気がして来ました。

昨日・・しっかり干した分で、からすみ茶漬けを着作ったら、メチャ美味しくて
すっかり虜になってしまったオムラーです!

これからも・・美味しい食べ方を開発する為に、ばんばん作るぞ~!! ホントかいな??(笑)
いつもの全ポチ~!

オムラー:2009/04/16(木) 14:23 | URL | [編集]

10日全て天日という訳でないのですが、乾燥10日程度の期間の中でせめて丸3日程度は天日乾燥が欲しいというところです。
でもあの大物は15日位は乾燥しないと無理ではないでしょうか。
乾燥期間の中で、勿論天日が多いに越したことはありません。
天日が少ないとアメ色の付き具合が悪いだけでなく、乾燥魚卵臭さがより残るようです。
天日は布団干しでも判るように消臭効果もありますので、十分天日乾燥させると、乾燥魚卵臭が大分カラスミ臭に昇華するようです。
あまり柔らかいと、カラスミと塩タラコの中間のような味ですが、それは明らかに乾燥不足で、一定の乾燥度からカラスミ味となります。

ねっとりも良いのですが、せめて3ケ月熟成させたものは又全然別物ですから、こちらの方もぜひトライしてください。

カラスミ茶漬けも良いですね~。またオムラーさん得意の特製ふりかけにも良いと思います。

ばんばん作りたくても、残念ながらそろそろカラスミ作りの季節も終盤です。
東京で5月上旬位が毎年の仕込みの最後なので、長崎はそれより先行している分、4/末位が最後なのでしょうか。

当方のカラスミ作りも10回に渡って、元の魚卵総重量で2.4kg、カラスミ重量で1.2kg程作りました。
大体1年分は確保できたようです。駄目押しにブリ卵があと1~2腹位仕込めれば御の字というところです。
いつもポチ&拍手v(^_^v)♪ありがと~♪

duckbill21:2009/04/17(金) 02:09 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL