FC2ブログ
  • « 2019·12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2009’06.10・Wed

水耕栽培トマト(ルンゴ)の経過

この前はコストルート・ジェノベーゼの状況だったので、今回はもう1個の水耕栽培トマト、サンマルツァーノ・ルンゴの方の状況だ。
第1花房は7個全部が着果して、現在肥大中。
生育はいたって順調で申し分ないのだが、何だか変!・・・。何が変かって、果実の形がルンゴじゃ無い。
ルンゴ(lungo)は英語ではlong。サンマルツァーノ種を長い果実に、そして果実サイズも少し大きく改良したF1種がルンゴの筈。
でもこの肥大中のトマト、サイズもちょっと小さくてただのサンマルツァーノサイズだし、形も寸詰まりで普通のサンマルツァーノ形だ。全然ルンゴ(長い)じゃない。 (・_・?) ハニャ
おーい!種元の英国T&M社さん、大丈夫だよね~?(笑)
ただのサンマルツァーノの種を間違って袋に入れてないよね~~?(泣笑)
このまま待っていれば長くなるよね~? (T-T) グスッ
第1果房が無理でも、第2果房は長くなるよね~? (┬┬_┬┬) ボロボロ

IMG0906100.jpg


で、そのうちきっと長くなる筈の第2花房だ。(写真下)
こちらも7個中7個全部着果して、肥大中

IMG0906101.jpg


こちらが第3花房、現在着果中。全部着果すればこちらは8個となる。(写真下)

IMG0906102.jpg


他に第1脇芽の第1、2花房、第2脇芽の第1花房が現在開花、着果中で、今の所、無駄花ゼロだ。

こちらはサンマルツァーノ・ルンゴの栽培槽中の根の状態。根量はまだまだこれからだ。(写真下)

IMG0906103.jpg


現在EC1.3。果実も付いて来たら、さすがに枝の伸びは少し遅くなってきた。まだ気温は高くないので、もう少しEC値を上げても(1.6くらいに?)いいかも知れない。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ピーマンのような割れたラインが、只者ではない雰囲気をかもし出していますね。サントリー本気野菜でもルンゴはありますが、T&M社のとはちょっと違う感じ。種から育てられたのですね。僕も2月から「サンマルツァーノ」を種から育てたのですが失敗しました。のでうらやましいです。長くなってくれるといいですね。

katteni:2009/06/10(水) 20:14 | URL | [編集]

そう、そうなのですよ。サントリー本気野菜のは長くなるのですが、このT&M社の種から育てた奴は何だか実の形が違います。
種からの育苗は時期が早いうちからやらなければならないので結構難しさがありますよね。
私のところはコストルートもルンゴも何とか美味く育苗が出来てラッキーでした。
せっかくルンゴなのですから、名前負けしないで長くならないと、何だかなぁという感じですよね(^^)。

duckbill:2009/06/10(水) 21:29 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL